フーガ

IMG_9237
ー交換とフル防振を施工しました。
ドアスピーカー下から、ウーファー→スコーカー→ツイーターのグリルが付いています。スコーカ位置には、インナーでピュアディオブランドのISP-70を取付けました。ドアのウーファーは、JBL16.5センチのP660ミッドバスに交換しました。
ミラーの裏のツイーターは使わずに、ダッシュボード上にワンオフでワイドスタンドを製作して、JU60を取付けました。
ドア内には外板裏に防振メタルと防振マットを貼り合わせたベーシック防振と、内側の鉄板はサービスホールが無いタイプなので、鉄の響く部分にメタル防振を施しました。
最後にグローブボックス下に取付したピュアコンのパーツを交換して、音を追い込みます。
一般的なパッシブネットワークは、コイルの巻き数を変える事が出来ず、アッテネーターの切り替えでツイーターレベルを下げるくらいしか出来ませんが、ピュアコンでツイーターのハイパス、スコーカーのバンドパス、バスのローパスなど細かいセッティングをする事が可能です。
純正ナビには2トーンしかありませんが、ピュアコンで細かいセッティングをする事で、バランスの良い、クリアな音に変化し、喜んで頂けました。
IMG_9299
IMG_9294
P1230552
IMG_9247
IMG_9298

フーガ

IMG_3506
当店ユーザーからのご紹介でいらっしゃいました。
当店にいらっしゃる前に、他店プロショップにてスピーカー交換、サブウーハーの取付を行ったそうですが、純正の時よりも聴き辛くなってしまったそうです。
入庫し調べてみると、各スピーカーの極性がばらばらだったり、配線が雑だったり、ネットワークが鉄板にビス止めされていたり・・・と。原因が多々ありました。
 
そこで、まずは各部の修正と、ピュアコンの取付を行いました。
同じスピーカーでもここまで変わります!というところ所まで変化しましたが、もう少しグレードアップしたいという事で、アウターバッフルの作製をし、オリジナルのZSP-MIDを取付けました!
「全然違うね」と、大変喜んで頂けました。
IMG_3643
IMG_3641
IMG_3635

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : 純正ナビ
Speakers/TW : JBL P560 TW
Speakers/MID : ピュアディオ ZSPMID
Speaker Cables : PUREDIO PST