レヴォーグ

IMG_4646
スバル純正のダイアトーンのサウンドナビ&スピーカー付きのお車に、スピーカー・アンプ・ウーファーなどのフルシステムの取付&防振の施工を行ない音質アップを図りました。
ダッシュのスコーカーはダイアトーンに交換してありましたが、純正グリルの中に付いている為、純正グリルに音が引っ掛かりデリケートな高音は損なわれます。そこで、ツイーターはワイドスタンドを製作して、JU60を取り付けて、質・指向性の大幅な改善を行ないます。
ドアスピーカーはアウター・スラントのバッフルを製作して、ピュアディオブランドのZSP-MIDを装着しました。
レヴォーグのドアの内張りには白い吸音材が貼ってありますが、何もしない所から強いロードノイズが入ってくるという事でしょう。一度吸音材を剥がして、プラスチックに粗目を付けてからセメントコーティングを行い、ロードノイズの進入を防いでプラスチックの軽い響きも無くして音質アップを図ります。
次にドアの内貼りを外して、外板裏のベーシック防振とサービスホール塞ぐ防振を行い、片側3面のフル防振の状態にしました。同じ様にリアドアにもセメントコーティングを含むフル防振の施工を行っています。
リアのラゲッジルームは床のカバーを外して・・ウーファー・アンプ・チャンネルディバイダーを取り付けました。上のふたは作り直して、ウーファー部分はグリルで音が抜ける様に作り、見た目は純正のラゲッジと変わらない見た目です。
またスピーカーケーブルはピュアディオブランドのSKY-3の高級ケーブルを使用して、超低ロスで音を伝送しています。
全ての結線が終わり音を鳴らして、グローブボックス下のピュアコンのパーツの値を調整し完成です。ナビではほとんどの機能を使わず、最低限の調整で素の音に近いサウンドに調整しました。元々はフルダイアトーンのレヴォーグでしたが、最終的にはスピーカーはフルにピュアディオの推奨モデルに変わり自然な音へと変化しました。
IMG_4756
IMG_4661
IMG_4706
IMG_4750
IMG_4761
IMG_4757

レヴォーグ

IMG_6177
オーディオレス車にカロッツェリアの楽ナビが装着された状態で入庫となりました。
純正スピーカーをベースに、JBLのツイーターとピュアコンを取付けて音質アップを計るベーシックパッケージとベーシック防振を取付けました。
ダッシュ上には、中高音用のスピーカーがありますが、こちらは周波数レンジを変えて中音用として使い、高音域はピュアディオ製スタンドを使って適度な角度を付けたJBLに任せます。
次に、ドアの外板裏に純正の防振材をさけて防振メタルと防振マットを施工し、静粛性をアップさせます。
最後に、グローブボックス下に仕込んだピュアコンで、ドアの低音、ダッシュの中音、後付けツイーターの高音の3つの帯域分けを行います。
すると、純正スピーカーを使っているのが信じられないくらい、自然と目の前に音像が浮かび上がる音へと変わりました。
お客様には、大変喜んで頂けました。 
P1210383
P1210384
P1210385
P1210381

AUDIO SPECIFICATION [basic package対応

Head Unit : パイオニア AVIC-MRZ099
Speakers/TW : JBL P560 TW
Speakers/MID : 純正
Speaker Cables : ピュアディオ PST