CX-3

IMG_3289
マツダコネクトと標準仕様のスピーカーはそのままに、ベーシックパッケージとベーシック防振の施工を行い音質アップを図りました。
ドアには、防振メタルと防振マットを組み合わせて貼る、ベーシック防振を施工しております。施工箇所は、外板裏、インナーパネルのプラスティックの部分とドアポケットの片ドア3箇所です。ドアの響きを確かめて、各箇所に適材適所の防振材を使うため、軽量で最大限効果を得ることが出来ます。
デリケートな高音を再生するツイーターは、純正のダッシュ上の位置ですと、音がグリルにひっかかり更にガラスに反射してと悪条件なのでここは使いません。
そこで、ピュアディオ・ブランドのATX-25ツイーターをダッシュ上にセットし、角度を付けたスタンドを使ってリスナーに指向性を合わせて取り付けます。
ガラスで一度反射した高音を聴いていたのが、ストレートに聴こえる様になり、ツイーターとフィルターの性能も上がり上質な高音を再生します。
ドアスピーカーは、低音から高音までフルレンジで再生していましたが、ピュアコンで中低音のみの再生にします。防振で外に漏れていたエネルギーが減り、バスがセンターで低音が出すぎるぐらいになったため、トーンコントロールを下げてバランスを取りました。
純正ではトーンコントロールを大幅に動かさないと物足りなく、またこもって聞こえておりましたが、施工後はバス-1でもこもりがなく、しっかり聴こえるようになり喜んで頂けました。 
IMG_3315
IMG_3326
IMG_3329
IMG_3325
IMG_3332
IMG_3330

CX-3

IMG_0165
専用のナビオーディオのマツダコネクトをベースに、ベーシックパッケージの取付けとベーシック防振の施工を行いました。ドアスピーカーは2オームスピーカーのBOSE仕様車で、低インピーダンスがマルチアンプの為、普通にスピーカー交換が出来ない車種です。
そこでスピーカーは交換せず、車種別専用設計のベーシックパッケージを取付けて音質アップを図りました。ダッシュのツイーターは使わずに、ツイータースタンドを製作して角度をつけた当店オリジナルブランドの、ATX-25ツイーターを取付けて高域を任せます。ツイータースタンドに角度をつけてリスナーに向けて指向性を合わせる事で、ATX-25ツイーターの性能が最大限に発揮できて、大幅に高域が改善されます。グローブボックス下に取付けたピュアコンで車両アンプのゆるいスロープを、スパッと切れの良いスロープに改善します。次にドアにベーシック防振を施工し、最後にマツダコネクトの音調整を行い完成です。施工後は、フラットでも自然でバランス良く音がまとまり、お客様には「全然違うじゃないですか!」と喜んで頂けました。
IMG_0177
P1230871
P1230870
IMG_0181
IMG_0178
IMG_0180

CX-3

8fa7aeb57b
異形パネルのナビオーディオのマツダコネクトをベースに、ベーシックパッケージを取付けて音質アップを図りました。
ドアスピーカーは標準仕様でこのまま活かします。
純正のツイーターは、ダッシュボード上のガラスの手前に付いており、ユニットの能率が悪くここの位置では高音がガラスに反射して音のイメージが変わるので使いません。
そこで、純正ツイーターの横にスタンドを使ってピュアディオブランドのATX-25TWを取付けました。
純正ツイーターのマグネットの影響を受けない為に、中のユニットは取外しています。
次にマツダコネクトの車両アンプから取り出した信号をグローブボックス下のピュアコンに繋ぎます。
CX-3の標準スピーカーにチューンしてあるユニットですので、パーツの交換なしで一発でピークポイントに達します。
最後にマツダコネクトのバス・トレブル・フェダーを調整し完成です。
お隣の県からお越し頂きましたが、遠くから足を運んで来て頂いたかいあって、音の仕上がりには満足して頂きました。
0b03e2f2dc
8e9177c201
38ed00c359
197695170a
1550cd7630

CX-3

P1260913
マツダコネクトの専用オーディオ付きで入庫となり、スピーカーの取付けとドア防振を行いました。
まず、ドアの内貼りを外して、外板裏に防振メタルと防振マットを貼る、ベーシック防振を施工しました。
響きを確かめながら、一番ベストな貼り合せで施工するため、軽量で最大限効果を得ることが出来ます。
ドアスピーカーは、インナーバッフルを製作してJBLのスピーカーを取付けました。
ダッシュボード上の純正ツイーターの位置では、デリケートな高音がグリルにひっかかり、更にガラスに反射してと悪条件です。
そこでピュアディオ製スタンドを使い、仰角・振り角を付けて上質なJBLの外ドームタイプのツイーターを取付けます。
この様にリスナーに向けて指向性を合わせて設置することで、ツイーターの本領を発揮させることが出来ます。
助手席下にツイーターとスピーカーの繋ぎを合わせるためピュアコンをセットして、最後にマツダコネクトの調整を行い完成です。
すると、見た目はツイーターが追加されただけですが、施工前と比べスコーンと気持ちがいい鳴りになりました。
P1260914
P1260915
385e45f201
P1260855