S660

71c9450a76
ドアスピーカーはホンダ純正をそのまま使用し、車種別専用設計のピュアディオ・オリジナルのベーシックパッケージ&ベーシック防振のWパッケージを施工しました。
最初に防振メタルと防振マットを貼り合わせるベーシック防振の施工を行ないました。S660のドアは横に長く、外板裏に防振材が無くてビンビンと響き余分な残響が出やすい上、走行ノイズが入りやすいため、ベーシック防振は大きな効果を発揮します。
ダッシュボード上にオリジナルのATX・25ツイーターを、角度を付けたツイータースタンドを使って、リスナーに向けて指向性を合わせてセッティングします。
S660の場合、左右でダッシュボード上の形状が違うので、別々の角度のスタンドを使用して左右の音を合わせます。
グローブボックス下にピュアコンを取付し、ツイーターとドアスピーカーの周波数レンジとインピーダンスを整え、純正デッキの2トーンを調整して完成です施工後は、ドアが横に長いので低音の伸びが良く、中音域も濃く鳴っていて、ロードノイズの進入が減り、それにプラスしてスピーカーのエネルギーが外に漏れ難いのでオーディオのボリュームをあまり上げなくても、自然に聴こえ、目の前に立体音像が浮かび上がる様になりました。
254cdb04e1
8d7d37bf01
bf1424e306
P1310972
bff949f007
16cfe00d3a

S660

IMG_2416
純正オーディオをそのまま利用し、ベーシックパッケージ&フル防振、スピーカー交換の施工を行いました。
S660はドアの縦横比率が違って、音のチューニングは工夫が必要です。ドアの後ろの方がリスナーの耳に近くて、外板裏がビンビン響くので、ベーシック防振は絶対に必要な車種です。
防振メタルと防振マットの組み合わせで、ドアがあまり重たくならず響きを抑える事が出来ます。
ドアには、インナーバッフルを製作して、JBLのP560の13センチミッドを装着しました。
上半分に金属シートでレインガードを作ってマグネットや端子に雨水がかからない様にします。
ダッシュ上には、JBLの25ミリ外ドームタイプの物をスタンドを使って角度を付けて取り付けます。
ツイーターとミッドの音域とインピーダンスやレベルはグローブボックス下に仕込むピュアコンで行います。
最後にデッキの調整を行って完成です。
施工後の見た目はほとんど変わらず、ツイーターがダッシュボードの上に乗っただけですが、目の前から立体的な音像が浮かび上がる様になり喜んで頂けました。
IMG_2424
IMG_0108
IMG_2427
IMG_2432
IMG_2429
IMG_0111

S660

P1270050
純正オーディオはそのままにベーシックパッケージの取付けとベーシック防振の施工を行い音質改善を図りました。
オーディオはエアコンの操作パネルの下にスイッチが付いていて、エアコンの吹き出し口の上にディスプレイが付いていて、DINサイズのデッキが付かない構造です。
CDプレイヤーは付いておらず、ポータブル機器を繋ぐ事を前提としています。
そこでアドオンできる防振やベーシックパッケージが大きな効果を発揮します。
フロントドアは横に長いドアの為、外板裏はかなり響きます。
そこで外板裏に防振メタルと防振マットを組み合わせて貼るベーシック防振を施工しました。
ベーシック防振の効果で、スピーカーのエネルギーが外に漏れ難く、ロードノイズの侵入も減るのでオーディオボリュームをあまり上げなくても良く聴こえます。
ドアスピーカーは純正ですが、グローブボックス下に仕込んだピュアコンで純正スピーカーの特性を変えた上、上質なツイーターの音と融合させます。
普段のホンダ純正のベーシックパッケージの音にドアが横に長いので低音の伸びが良く、中音域も濃いめで鳴っていて「これで本当に純正スピーカーなの?」という驚きの音質に仕上がりました。
4d55464eae
639b089742
P1270073
8a980cc64d
cafcd7d15d