マーク X

マークX G's

IMG_4963
カロッツェリアのサイバーナビ&トレードインスピーカー、そしてパワードのウーファーが付いている状態で入庫となり、ベーシックパッケージ+ベーシック防振のWパッケージの施工を行いました。
ドアの内貼りを外すとスピーカー用の信号が、純正のスピーカーコードからエレクトロタップを使用して取っていました。また、スピーカーを外すとドアの外板裏にネットワークが貼ってあり、鉄の影響も磁気の影響も受けている状態でした。
ベーシックパッケージでは、ネットワークの動作をしているピュアコンをダッシュボード下にセットします。磁気の影響を受けない位置で、MDFの板をしいて鉄板から少しでも距離を置いて、解像度が少しでも上がる様にと材質にもこだわっています。
また、ドアの中にネットワークが付いているとトレードインのツイーターもドア側に付いていて、この位置ではミッドに対してツイーターが近すぎます。そこでツイーターはダッシュ上にピュアディオオリジナルのATX-25を取り付けて、上質な高音を良い場所から降り注ぎます。ATX-25の根元まではピュアディオブランドのPSTケーブルで伝送していて、トレードインの細いケーブルに比べたらかなりの低ロスで伝送します。これまでサイバーナビからの音はドアスピーカーのケーブルの末端から取っていましたが、サイバーナビを一度取り外し、ナビ裏からPSTケーブルでピュアコンまで送る様にします。ただナビ裏はアルパインのウーファー用のケーブルがエレクトロタップで取ってあって、ゴチャゴチャ配線になっていましたので、サイバーナビからRCAの出力が出ていたので、付属アンプまでSKYのケーブルで引いて、スピーカーコードからの分岐は全て撤去しました。
これでウーファーも力強くて切れの良い音になります。最後にサイバーナビの音調整機能を使って調整して、全てのスピーカーのバランスを取り完成です。
施工前は、サブウーファーのVOLが最大になっていましたが、MIDスピーカーの音と干渉し物足りないうえに全体的にこもった印象でしたが・・・
サウンドピュアディオのオーディオチューンで、音質アップはもちろん、更に静粛性もアップしG’sのイメージにふさわしいサウンドにチェンジしました。
IMG_4957
IMG_4928
IMG_4921
IMG_4951
IMG_4926
IMG_4966

マークX

IMG_5933
オーディオレスで入庫となり、デッキ取付、ドア防振、ベーシックパッケージの取付を行いました。
純正のドアスピーカーは16センチの丸型で、楕円タイプのウーファーよりは中音域が濃い状態です。
ダッシュボード上には、中高音用のスコーカーが付いていますが、ドアからの中音も十分で、後付のツイーターもスコーカー程ではないものの、ツイーターとしてはレンジが広い方なので、16センチ+ツイーターの2WAY構成で鳴らしています。
ツイーターはピュアディオブランドの25ミリ径の外ドームタイプのATX-25を取付けました。
デッキはカロッツェリアのCD・DVDプレイヤーのFH-6100DVDを取付けました。
ドアスピーカーとツイーターの音域分けとインピーダンスのコントロールは、グローブボックス下に仕込んだピュアコンで行います。
ベーシックパッケージの他には、ドア防振の施工も行いました。
ドアの外板裏に防振メタルと防振マットを組み合わせて貼るベーシック防振と、ドア内のサービスホールを塞ぐ防振を行いました。
また、ドアの内張り裏のプラスティックにセメントコーティングを行い、片ドア3面の防振、通称フル防振を施工しました。
完成後の見た目は、ダッシュボード上にツイーターがのっただけですが、自動車メーカーがコストを削っている部分を見事にカバーし、とても上質なマークXが完成しました。
IMG_9249
IMG_9293
IMG_5938
IMG_9242
P1230076
IMG_9248

マークX

IMG_8301
サイバーナビが付いた状態で入庫となり、純正スピーカーはそのままに、ツイーターとピュアコンを取付て音質アップを図る、ベーシックパッケージの装着を行いました。
ダッシュ上には、マークX専用のツイータースタンドを製作して、JBLのP560型ツイーターを取付ました。
また、グローブボックスの下には、車種別専用ネットワーク「ピュアコン」を取付ました。
ドアスピーカーは純正のままですが、ここから発せられる音はピュアコンを通して周波数レンジとインピーダンスが改善してありますので、滑らかで、音圧が上がった様に感じられる様になります。
純正状態ではこもっていてハッキリしませんでしたが、施工後目の前から立体的に聴こえる様になり「こんなに変わると思わなかった!」と喜んで頂けました。
IMG_8345
IMG_8292
IMG_8295
IMG_8351

AUDIO SPECIFICATION [basic package対応]

Head Unit : カロッツェリア AVIC-ZH0009
Speakers/TW : JBL P560 TW
Speakers/MID : 純正
Speaker Cables : ピュアディオ PST

マークX

IMG_4467
トヨタ純正のスーパーライブサウンド付きで入庫になりました。
後付の物を付けたりしなくても良いように、スーパーサウンドを選んだものの音質が満足できず、当店にいらっしゃいました。
 
そこで、ベーシックパッケージとドアにベーシック防振を施工を致しました。
お客様に音を聴いて頂くと、音の良さは勿論の事、体感パワーが上がっている事に驚かれていました。
車両のアンプのパワーはそのままなのですが、ピュアコンによる音の交通整理で同じ周波数が重ならない様に工夫してあります。
その結果、最初の同じ周波数が重なっている事により、音の希薄さがなくなっているので、パワーが上がった様に感じられます。
 
最初は音が良くなるか半信半疑だった様ですが、「音のグレードが上がった割には低価格だった」と喜んでいただきました。
IMG_1960
IMG_1961
P1200682
P1200671
P1200676

AUDIO SPECIFICATION [basic package対応]

Head Unit : 純正   
Speakers/TW : JBL P560 TW
Speakers/MID : 純正
Powre Amplifier : 純正 
Subwoofer : 純正
Speaker Cables : ピュアディオ PST

MARK X

markx_1
あまり大きな音で聴くのが嫌いな僕ですが、なぜか低音だけはしっかり出てくれるのが好きなんです。そんな難しい要望に応えてもらって、小さい音量でもハッキリ聴こえるのに、低音もしっかり鳴るシステムになりました!(ユーザー様より)
Favorite artist / 浜崎あゆみ
markx_1_01
markx_1_02
markx_1_03
markx_1_04

AUDIO SPECIFICATION [basic package対応]

Head Unit : carrozzeria DEX-P1
Subwoofer : PUREDIO MX10SP
Speaker Cables : PUREDIO PST
Channel Divider : ALPINE PXG-H701S     
Powre Amplifier/FRONT : Nakamichi PA302S
Lines : PUREDIO SKY
Speaker : JBL GT6.0c
Powre Amplifier/SW : Rockford punch 75.2

MARK X

markx2_1
ドアには防振加工や、アウターバッフルを作成し、ピュアディオオリジナルのZSP-MIDを取付けしております。
スラントタイプのアウターバッフル専用設計というかなりマニアックな設計コンセプトながら、かなり人気の高いモデルです。
「いつかはZSP-MID!」と言って下さるお客様も多く、発売から11年以上のロングセラーになっております。トランクにはサブウーハーや外部アンプを取付けすることで、迫力が増しただけでなく、繊細さも加わりました!
markx2_2_01
markx2_2_02
markx2_2_03
markx2_2_04

AUDIO SPECIFICATION [basic package対応

Head Unit : NAKAMICHI CD-700ⅡK
Powre Amplifier : NAKAMICHI PA-2004P
Speakers/MID :PUREDIO ZSPMID
Navi : Panasonic CN-DV255FD

MARK X

markx3_1
おいしいコーヒーを入れる為、おいしいお水を汲みに行くオーナーのH様の要望で、水を積んでも大丈夫な様に左側に外部アンプなどの機材をまとめ、軽い防水処理をしたフタで収めました。もちろん、ドア防振やアウターバッフルを作成し、モニタースピーカーで音を聴いているかのような仕上がりです。こんな音で水を汲みに行くなんて、とても優雅で贅沢な、おいしい時間ですね。
markx3_2_01
markx3_2_02
markx3_2_04
markx3_2_05
markx3_2_07

AUDIO SPECIFICATION [basic package対応

Head Unit : NAKAMICHI CD-700Ⅱ
Speakers/MID : PUREDIO ZSPMID
Powre Amplifier : NAKAMICHI PA-2004P
Head Unit : NAKAMICHI MD-45Z
Subwoofer : PUREIO ZSP-F20
Channel Divider : ARC MX1P