アテンザ

アテンザワゴン

IMG_2052
マツダコネクトをベースに、フル防振の施工とスピーカーの取付けを行い音質UPを図りました。
ドアには16センチの純正フルレンジスピーカーが付いていますが、グリルの抜けが悪く、高域が聴こえずこもった状態でした。
そこで、ドアにはアウタースラントのバッフルを製作して、ZSP-MIDを取付けました。アウターバッフルにする事で、上方向、手前方向に角度を付けて指向性を合わせて製作しておりますので、大幅に音質アップが可能です。
また、ドアの室内側にスピーカーを付けますので、スピーカーの裏側が水に濡れて故障してしまう心配も無く、より長くコンディションを維持する事が出来ます。
ダッシュ上にはワイドスタンドを製作してJU60ツイーターを取付けました。次にドアの内張りを外して、外板裏にベーシック防振の施工とインナーパネルのプラスチックの響きを抑える防振、取り外した内張りの裏には下処理を行なった後にセメントコーティングの施工を行ないました。
ドアのZSP-MIDとダッシュのJU60ツイーターの周波数レンジとインピーダンス特性は、グローブボックス下に取付けた4連ボックスのピュアコンとオプションパーツを駆使して調整を行い、調整機能が少ないマツダコネクトでも細かく繊細な調整をする事が出来ます。
施工後は、こもりが消え目の前から自然でクリアな音色が楽しめる様になりました。
IMG_2043
IMG_2029
IMG_2054
IMG_2021
IMG_2009
IMG_2028

アテンザワゴン

IMG_1268
お客様のアテンザワゴンです。
オーディオレス車に、カロッツェリアのサイバーナビを装着した状態で入庫になり、ベーシックパッケージの施工を行いました。
 
アテンザの標準仕様には、純正ツイーターが付いていません。
かと言って、純正ツイーターグリルの中にツイーターを取付けすると、まずグリルで繊細な高音が引っかかり、次に音が発せられてあまり距離を置かずに、高音がガラスに当たれば音が篭ったり、暴れたりと良い事はありません。
 
そこで、ベーシックパッケージの魅力でもある、ピュアディオ専用ロットで生産されたJBLツイーターと、そのツイーターの位置を車種ごとに5度刻みで仰角を付けている手製スタンドを取付けます。
 
見た目のスマートさと失う物の差を考えれば、ピュアディオ式のツイーターの取付けは音質・コストの両面から理想の取付けです。
 
そしてグローブボックスの下で見えない所に付いている、車種別専用のピュアコンがその車の車内と純正スピーカーの特性を最大に活かした音場コントロールを行います。
 
結果、スピーカーを交換することなく、篭りが無くなり、元の演奏にかなり近づける事ができました。
IMG_1276
IMG_1273
IMG_1269
IMG_1272

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : パイオニア AVIC-ZH09
Speakers TW : JBL P560TW
Speaker MID : 純正
Speaker cable : PUREDIO PST

アテンザ

IMG_7186
クリーンディーゼルが話題のアテンザの音質アップをしました!
純正BOSE仕様でしたが、低音がボワボワと鳴り聴き辛く、また広がりや、高域の伸びが無いことが気になっておりました。
 
そこで、ベーシックパッケージの取付です!
 
指向性の合わない純正ツイーターは使わず、JBLのツイーターを、ダッシュボードの上に指向性を合わせて取付します。
スコーカーとドアのバスとのバランスや役割分担をしっかりと振り分けます。
 
また、センタースピーカーも調整します。
 
出来上がった音は、しっかりと低音がコントロールされ、タイトでスピード感が出ました!
 
また、伸びが無かった高域も、しっかりと必要な分ほど伸びるようになり、広がりも感じるようになりました!
IMG_7221
IMG_7193
IMG_7200
IMG_7191
IMG_7222

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : カロッツェリア C9P9
Speaker cable : PUREDIO PST
Speakers TW : JBL P560TW
Speaker MID : JBL P560MID

アテンザ

IMG_3948
クリーンディーゼルで話題のアテンザにスピーカー交換等の作業を行いました。
純正状態では、かなり低音が出ていて、ボワボワと耳障りな音でした。そこで、スピーカー交換と、ドア防振を行いました!純正スピーカーは17cmのスピーカーが、かなり大きなマウントで取付けしてありましたが、インナーバッフルをワンオフ作成し、13cmのMIDを取付け。施工前は、「そんなに小さくて、大丈夫ですか?」と言われておりましたが、取付け後の音を聴かれて、「低音全く問題なしですね!」と喜ばれておりました!
目の前で立体的に聴こえる音は、一度体感すると病みつきになります。
IMG_3970
IMG_3963
IMG_3960
IMG_3972

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : ディーラーオプション パイオニア製    
Speaker cable : PUREDIO PST
Speakers TW : JBL P560TW  
Speaker MID : JBL P560MID

アテンザ

IMG_3359
アテンザのスピーカー交換等を行いました!新車購入前からご相談を頂き、オーディオレスでの入庫となりました。お持ちだった機材を使って音質アップをしました。カロッツェリアのDEH-P01は、銅メッキシャーシをはがして取り付けです。音が伸びやかに、艶っぽくなりました。スピーカーはツイーターがJU60、MIDがZSP-MIDで、現行ピュアディオ商品の最上級ユニットを取付けしました。ツイーターは専用のワイドマウントをワンオフ作成し、指向性やMIDとの位置関係、また、鉄板との距離を保つ事で、磁力線が歪む事を防いで、音質優先で取付けを行っております。ディーゼルエンジン車ですので、燃費良し、走って良し、さらに今回聴いて良し!とたくさん走りたくなる車に仕上がりました!
IMG_3496
IMG_3497
__IMG_3495

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : DEH-P01   
DVD : Panasonic
Speakers TW : PUREDIO JU60TW
Speaker MID : PUREDIO ZSP-MID
SW : PUREDIO MX-10ZSP S25
Speaker cable : PUREDIO PMBSKY

ATENZA

atenza_1
純正CD&MDにスピーカーを取り付けて音質アップとの事でしたが、スピーカーを選ぶ際には質か量かでお客様が質を選択されたので13cmをチョイス。純正ヘッドの割には音圧を感じるほどしっかりと音が出ました。入庫前とは明らかに違う音の差にお客様も大満足で帰られました。
Favorite artist / EXILE
atenza_1_01
atenza_1_02
atenza_1_03

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : 純正
NAVI : SONY NVX-DV9
Speakers : momo MMC5250
Speaker Cables : PUREDIO PST

ATENZA

atenza1_1
最初の音のイメージは低域の量感があり過ぎて、ボーカルが埋もれてしまっている状態でした。純正スピーカーにはツィーターがついておらず、お客様もボーカルが聴こえないと、不満があり今回純正オーディオを生かした、ベーシックパッケージを取付ました!
見た目はダッシュボードの上にツイーターが乗っただけですが、見えないところにピュアコンを仕込んで、アテンザにあわせたセッティングを行う事で、デッキもスピーカーも変えずに、全く別物の音へと変化するという、魔法のような出来事を実現させています。
atenza1_2_01
atenza1_2_02
atenza1_2_04
atenza1_2_05

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : 純正
Speakers/MID : 純正
Speakers/TW : PUREDIO ZSPTW