本文へ移動

取付ブログ

新型デイズ スピーカーの音質アップ ~前編~

2019-07-10

今日ご紹介する1台は、福岡店の作業から日産の新型デイズです。

 



日産純正の大画面ナビオーディオを装着した状態で入庫となってベーシックパッケージの取付と、

ベーシック防振の施工のWパッケージの作業を行っています。
 

 

新型車でまだ取り付けデーターが無いために、一からパッケージ開発を行い、

福岡店は火曜・水曜定休日ですが、店が閉まっている中ピットだけを稼働させて、

自分一人出て来て開発を行いました。
 

 

ちなみに現在は働き方改革で社員の残業・休日出勤は禁じられているので、

労基と関係ない経営者が出て来て一人で仕事をしないといけません。


新型デイズと先代の大きな違いは2カ所で、まずドアスピーカーが中央から下に移動していて、

これまでの中音が強くて低音が薄い状態から、一般的な低音が強くて中音が薄い状態になりました。

 


ツイーターはダッシュの先端からAピラーの根元に移って・・




ツイーターは相変わらず小さなコンデンサで下限周波数を決めているタイプです。

 



純正ツイーターはユニットとフィルターの質感が荒く、リスナーに対して指向性の向きがズレていて、

マグネットが鉄の影響を受けているので使用せず、ダッシュにスタンドを使って角度を付けた

ピュアディオブランドのATX-25ツイーターを取り付けて、外ドームで拡散させた

上質な高音を再生させます。


ドアスピーカーは純正をそのまま使用して、工場装着の防振マットが貼ってない部分の

響きの大きい部分を見つけて、防振メタルと防振マットを貼り合わせて、外板裏の残響を抑えます。

ドア裏の構造が複雑なのと、既に1枚防振マットが貼ってあるので、防振メタルをいつもよりも

多めに使って防振を行いました。

 

 


純正のドアスピーカーとATX-25を組み合わせるためのピュアコンは先代のデイズ用は

ドアスピーカーの位置が違うから全く合わず、モコはスピーカー位置はほぼ同じですが

特性が違うため、今回は新たにブラックボックスから開発しました。



福岡店ではパーツのストックに限りがあるので、宇部店に持ち帰って本日内容を決めて、

明日福岡店に持って行って現車合わせを行って、最終的な音決めを行います。

  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る