本文へ移動

取付ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

トヨタ・ハイエース スピーカーの音質アップ

2018-07-19

今日ご紹介する1台は、先日の宇部店の作業から、
トヨタのハイエースです。
 

 
カロッツェリアの楽ナビが装着された状態で入庫となって、
ベーシックパッケージの取り付けと、ドア防振の施工を行いました。
 

 
まずはドアの内張りを外して、2ヶ所のインナーパネルを外します。
 
 
インナーパネルを外して外板裏が見える様になったら、
響きの中を8ヶ所見つけて、防振メタルと防振マットを貼り合せます。
 
 
見える場所には丸のマットが2枚と四角のマットが1枚写って
い後5枚見えない部分に貼ってあります。
 
 
続いて外した内張りの裏はツルツルしているので、
表面を処理して粗目を付けて・・
 

 
セメントコーティング材を塗って乾かします。
  
これで薄いプラスチックの鈍い響きが抑えられました。
 
 
ドアの作業が終わったら楽ナビから音信号を取り出して来て、
グローブボックス下に取り付けるピュアコンに送ります。
  
MDF板にパーツを貼り付けて、
音決めが終わった後にアンダーカーペットの下に入れ込みます。
 
 
ハイエースはスピーカーの位置が低く、
低音は良く聴こえますが高音域から中音の手前までが不足して聴こえて、
その分いつもよりツイーターの再生レンジを広げて、不足分を補います。
 
 
ツイーターは25ミリ外ドームのピュアディオブランドのATX-25で、
レンジが広い割に荒い音がしない所がこのツイーターの魅力です。
 

 
全ての作業が終わったら楽ナビのイコライザー調整を行って音を整えます。
 
 
事前にピュアコンで音が調整してあるので、
イコライザーはほんの少し動かすだけでピーク値に達します。

 
ピュアディオではハイエースの入庫がかなりありますが、
ドアにサービスホールが開いていなくて、
鉄とプラスチックのインナーパネルで覆われているので、
片ドア2面の防振を行っただけで、
通常の3面のフル防振とほぼ同じ効果を得る事が出来ます。

そのためべーシック防振とセメントコーティングの両方を施工されるお客様が多く、
ドアに付いている黄色いリングが付いているスピーカーも、
見た目の貧弱さに反してかなり低音が出ていて、
量販店でトレードインスピーカーに換えられた方は
一度ノーマルに戻してからベーシックの施工をされる方がおられました。

 
純正スピーカーは人に見せる必要が無いので、
見た目には全くお金をかけておらず、
逆に耐久性にはしっかりコストがかかっているのと、
中音と低音の間に薄い音域が無いので、
純正を活かしたベーシックパッケージがお客様から喜ばれているのです。

ホンダ フィット スピーカーの音質アップ

2018-07-18

今日ご紹介する1台は、先日の札幌店の作業から、ホンダのフィット・ハイブリットです。
 
 

ホンダ純正のギャザーズのナビオーディオを装着した状態で入庫となって、ベーシックパッケージの
取り付けと、ベーシック防振の施工の、Wパッケージの作業を行いました。
 
 

インパネにマスキングを行い、ナビを一度取り外して、裏から直接音を取り出して、
ピュアディオブランドのPSTケーブルで送ります。
 
 

グローブボックス下にMDF板を敷いて、その上にフィット3専用のピュアコンを貼り付けます。
 
 
 
ここで周波数幅とインピーダンスとレベルを調整して、取り出した高音域はダッシュ上に取り付けた
ピュアディオブランドのATX-25ツイーターに送り・・
 
 

中低音域はドアの純正スピーカーに送ります。
 

フィット3のドアは低音が出過ぎるぐらい出ていて、安いパワードのウーファーを
取り付ける必要が無いレベルの音圧が出ます。
 

ただしドアの外板裏は何も防振材が貼ってなくて、なかり残響が残るドアでもあるので、
内張りを一度外して外板裏にピンポイントで防振材を貼って響きを抑えます。
 
 
 
カーン!という高い響きには防振メタルで防振して・・
 
 

ボン!という低い響きには四角い防振マットで抑えて、中音域よりの響きは丸の表面に模様が入った
マットで抑えて、片ドア8ヶ所の響きをピンポイントで抑える事により、ドアが重たくならずに、
ブジルゴムの使い過ぎでゴムの響きがプラスされた音楽本来の音とは違う音が混じる事が無くて、
小気味良い音で再生出来る様になります。
 
 
全ての作業が終わったらギャザーズの調整機能を使ってイコライザー調整などを行いますが、
この画面はパナソニックのストラーダがベースの様です。
 
 

最近のストラーダではスピーカーディレイというタイムアライメント的な機能が最初からかかっていて、
それは全てゼロにしてから音調整に入ります。
 
 
 

以前同じ機種のお客様がデーラーで何かの交換作業でバッテリーを一度外すという事だったので、
イコライザー画面を写真に撮って、作業終了後にイコライザーを元に戻しても前の音とは違って、
何だか変な感じに聴こえると相談に来られた事があります。
 
タイムディレイは調整機能の深い所に隠れているのでトップ画面では分からず、基点の全スピーカーに
100センチのディレイを全てゼロにしたら音がスッキリと元の状態に戻りました。
 
一般的に良い音は真に音楽をきちんと再生するというよりも、どこかに処理を加えて
耳の錯覚を利用して良い音の様に聴かせるというものばかりです。
 
 
生演奏や生の声を基準にしたサウンドピュアディオの音に耳が慣れてしまうと、
人工的に処理した音が不自然に聴こえて、我慢出来なくなります。
 

BMW3シリーズ カーオーディオの音質アップ

2018-07-16

今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の完成車から、
BMW3シリーズのセダンです。
 
 
全車異型パネルの専用ナビオーディオ付きのお車で、
ベーシックパッケージの取り付けと、
オプションの追加の取り付けを行いました。
 
 
現行のBMWはほとんどの車種でベーシックパッケージでも
ドアのスコーカー部分の交換が必要で、
今回の320Iもドアの内張りを外して交換を行ないました。
 

 
ベーシックの価格表にはJBLのGX302と
インナーバッフルとレインガードを含む価格が載っていて、
そのため他の車種より高い設定ですが、中身はお買い得な設定となっています。
 
 
内張りを組み付けるとGX302のコアキシャルツイーター部分のオレンジが見えますが、
こちらは配線がカットしてあって、スコーカーとして中音域のみを再生しています。
 
 
高音はダッシュに取り付けたATX-25で再生させて・・
 
 
 
前席左右のシート下のウーファーと合わせてフロント3WAYの再生として音質をアップさせます。
 
 
今回は通常はオプションのシート下ウーファーの交換が含まれていて、
床に埋まっているウーファーを一度取り外します。
 
 
 
エンクロージャーと一体化したウーファーの薄型のユニットを取り外して、
サイズを合わせるバッフルを製作して、JBLの16・5センチウーファーに交換しました。

 
 
ウーファーが純正かJBL製かでピュアコンの値が違って、
通常はもっと小さい値が付くのですが、
JBLのインピーダンス3オームウーファーを取り付けた場合、
フロント信号がフルレンジのために
3WAYのユニットをつないだ時の剛性インピーダンスが変わるので、
スコーカー部分のコイルの値が上がって、何故か320番となります。
  
以前の取り付けでここが開いている時にお客様がピュアコンの数字を見られて、
「車が320だから320専用という意味なんですね。」と聞かれましたが、
動作している数字と車のグレードが偶然合っただけなので、
同じ320でも取り付け条件が変われば320ではありません。

 
それと現行のBMW3シリーズはMスポーツとラグジェアリーで
座面下の構造が違うのでピュアコンの値が微妙に違って、
前期型と中期型と後期型で車両アンプの音のクセが違っていて、
これを合わせると2x3で6種類のパッケージが必要で、
更に2オームのセンタースピーカー付きの車両が4オームのフルレンジ車と
パッケージの内容が違い、そこからMスポーツとラグジェアリーで音の傾向が違うので、
同じ3シリーズでも毎回微妙な数値の変更と、
バス・トレブル。フェダーの調整を行わないといけません。
 
 
そんな同じ車種が何台入庫しても気の抜けない調整も終わり、
お車を一度外に出してホースでドアに水をかけて、
ゲリラ豪雨を想定した雨漏りチェックを行いました。
 
 
雨漏りチェックの後は車両をもう一度ピットに入れて、
エアコンが効いた中で濡れたボディーを拭き取ります。

 
福岡店のピットは火曜・水曜の休みの日もエアコンを切っておらず、
気温24度の湿度37%の状態で拭き取りを行うので、
日が照る中での拭き取りとは訳が違います。
  
日本の気候が段々変わって来ているので、エアコン付きピットと、
雨チェックはこれからのカーオーディオの取り付けには必要だと自分は考えています。

トヨタ・アルファード カーオーディオの音質アップ

2018-07-15

今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の作業から、
トヨタのアルファードです。
 
 
先日一度ベーシックパッケージとドア防振の作業を行っていましたが、
追加の作業で再び入庫となりました。
 
 
 
こちらのアルファードはJBLサウンド車で・・
  
 
 
ドアに縦に楕円のウーファーに車両アンプから低音のみを送られて来ていて・・
 
 
 
スコーカーサイズのコアキシャルスピーカーで中高音を鳴らして、
車両アンプからはあらかじめ低音がカットして送られて来ています。
 
 
 
 
普通だったらATX-25ツイーターとでフロント3WAY化するところを、
今回はJU60を使ったフロント3WAYのシステムにバージョンアップしました。
 
 
 
 
スコーカー音域の上の方と、JU60の下の周波数が重なってしまうので、
いつもよりツイーターレンジを狭くして、
ピュアコンも8ピース構成で複雑なスロープを作って微調整を行います。
 
 

 
特に車両スコーカーの上限周波数を決めるコイルは値を決めるのがシビアで、
全て1から手作業で巻いた物を使用しています。
 
 
ただJU60に比べると車両スコーカーの方が音が軽く感じて、
巻き数を上げて行くと重みが出るものの必要な部分までそげてしまい、
コイルに使う銅線の材質を変えて、それで音色を調整しました。
 
 
そのため数字が書いてあるシールの色が変えてあり、
巻き数と材質をあれこれと変えて音色を生演奏や生声に近くなる様に合わせました。
 
 
 
結果的には3トーンが全てセンターの位置が一番音のバランスが良くて、
アルファード・ヴェルファイアのJBLサウンド車の
バージョンアップとしては最高の出来になりました。
 
 
 
 
お客様はサラウンドを入れて聴かれていたので、
サラウンドのオン・オフの両方できちんと聴ける様にセッティングしていて、
どちらを選択して頂いてもいい様にしてあります。
 

 
本当は続きでJU60のセッティングまで行ければ良かったのですが、
交通事情が悪かったので自分が移動出来ず、
実績があるATX-25で一度納車されて頂いて、
後からもう一度入庫して頂いてから時間をかけてJU60でセッティングを行いました。
 
 
最初の1台は時間がかかりますが、一度ツボを押さえてしまえば、
次は同じ内容のピュアコンを作れば良いので、
短時間で最高の音にたどり着ける様になります。
 

マツダCX-3 カーオーディオの音質アップ

2018-07-14

今日ご紹介する1台は、昨日の宇部店の作業から、マツダのCX-3です。
 

 
 
 
マツダコネクト付のお車にフロントスピーカーの交換と、
前後のドア防振の施工を行いました。
 
 
 
 
フロントドアは外板裏へベーシック防振の施工と、
インナーパネルのプラスチックの表面へ金属シートの貼り付けと、
内張り裏にセメントとコーティングの施工の、
方ドア3面のフル防振の作業を行いました。
 
 
 
 
通常はセメントコーティングは次の日の納車となりますが、朝10時に入庫して頂いて、
それから吸音フェルトを一度外して粗目を付けてから塗りを行いますが、
昨日は晴天で気温も高かったために天日干しで乾かして、
夕方にはドアに組み込む事が出来ました。
 
 
 
実はCX-3のお客様は大阪府からご来店頂いていて、
当日出庫で出来る所まで施工という事で、
フロントのセメントコーティングは必ず施工して欲しいという事だったので、
総勢4人掛かりで1日で仕上げました。
  
 
 
リアドアは静粛性アップを目的にベーシック防振の施工を行っています。
 

 
 
スピーカーは純正の16センチを取り外し、
ピュアディオブランドの13センチサイズのZSP-LTD15を、
インナーバッフルを製作して取付けました。
 
 
 
内張りを組み付けてグリル部分を見ると、
けっこう中の黄色いケブラーコーンがハッキリ見えて、「
CX-3はインナーでも音ヌケが良さそうだな。」と思って見ていました。
 
 
 
 
ツイーターはダッシュの上の純正部分は使用せずに、
スタンドを使ってピュアディオブランドのATX-25を取付けています。
 
 
ただしこのツイーターは以前乗られていたCX-3のボーズサウンド車から移設されて来た物で、
1・5のクリーンディーゼル車から1・8のクリーンディーゼル車に買い替えられて、
前回ボーズサウンド車でシステムアップに制約が多かったので、
買換えの時にはオーディオの自由度が高い標準仕様車にされました。
 
 
 
ハンドルの右下を分解して、マツダコネクトの車両アンプから音信号を取り出します。
 

 
音信号はグローブボックス下に取付けたピュアコンに送り、
そこからドアスピーカーとツイーターに分配して送ります。
  
各ユニットへの周波数幅と、レベルとインピーダンスをピュアコンの数値をあれこれと変えて調整します。
 
 
周波数幅とレベルは誰でもイメージ出来る部分ですが、
インピーダンスはコイルとコンデンサの比率を変えて音色をコントロールする手法で、
同じ周波数幅でもコンデンサを大き目でコイルを小さめにすると音がしゅっと鋭く立つ感じで、
逆にコンデンサを小さめでコイルを大き目にすると、
音がゆったりして聴こえるので、
その比率を変えて本来の音に近い音色に合わせるのがピュアディオ独自の調整方法です。
 
 
 
ピュアコンの組合せで音を調整しているのでマツダコネクトの調整はほぼしなくてもよく、
リアのノーマルスピーカーの音が混じるのが少し気になるので、
フェダーを1クリック前に動かして全体の量感が減らないレベルで、
前に余分な音が重ならないという絶妙なバランスに合わせています。
 

 
 
現在は大阪からだと山陽自動車道が使えず、
時間をかけて中国自動車道を使って宇部店まで来て頂いて、
ご希望通り当日出庫で納車する事が出来ました。
 
出来上がった音には「大満足です!」と喜んで頂きました。
 
 
交通の不便な中、遠方よりのご来店ありがとうございました。
 
  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る