本文へ移動

取付ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ベンツCクラス カーオーディオの音質アップ

2019-06-29

今日ご紹介する1台は、先週の宇部店の完成車から、
メルセデスベンツのCクラスセダンです。
 
 
 
 
専用のナビオーディオ付のお車にフロントスピーカーの交換と、
パワーアンプとデジタルプロセッサーの取付を行いました。
 
 
 
先代のCクラスのドアの下の方の16センチスピーカーから、
現行モデルではドア上部に10センチスピーカーへと位置が変って、
ピュアディオ推奨の13センチスピーカーが付けられなくなりました。
 
 
 
そこで9センチサイズのピュアディオブランドのISP-90に交換する事になって、
このスピーカーは事前に鳴らし込みをしないと本調子が出ないので、
毎回福岡店のピットでエージングを行って、それから各店舗に送って取付けています。
 
 
 
 
グリルの目のせいか、接写しても中身が見えませんが、
10センチの純正から1割サイズを絞って、
9センチでエッジ辺りの音をグリルにひかからずに再生しています。
 
 
それとドア内は前後ともセメントコーティングを含む防振がしてあります。
 
 
 
 
ツイーターはダッシュにワイドスタンドを製作して、JU60を取り付けています。
 

 
 
ダッシュ下に付いている純正ウーファーはそのまま使用して、
フロント3WAY構成としていて、
ここまでは当社のデモカーのBMWと全く同じ仕様にしています。
 
 
 
当初はデモカーと同じ輸入ブランドをピュアディオでチューンした
音ヌケけのいいアンプを取付けて鳴らしたのですが、
純正デッキの特性がベンツとBMWで違って、
妙にキンキンした様な音になったので、
アンプをヌケよりも艶を重視したナカミチのPAー504をリファインしたモデルを取付けました。
 

 
 
音がまとまって来たのですが、リアスピーカーが
純正のままで前と質感が合わないので、
フェダーをフロントに8ポイント振って、気にならないレベルに合わせました。
 
 
 
純正のイコライザーと表示されている3バンドのトーンは全てセンターで使用して・・
 
 
 
 
純正ウーファーとフロントスピーカーの音のつながりと、
31バンドのイコライザー調整をピュアディオチューンの
デジタルプロセッサーで行いました。
  
(調整時の写真を撮り忘れの為に、他の車種から引用)
 
 
取付条件にかなり制約ある現行ベンツCクラスに、
シンプルながら極めた音質のシステムを取付けました。
 

トヨタ・ハイエース スピーカーの音質アップ

2019-06-28

今日ご紹介する1台は、先日の福岡店の作業から、
トヨタのハイエースです。
 

 
 
 
パナソニックのストラーダと国産メーカーのトレードインスピーカーが
装着された状態で入庫となって、
トレードインスピーカーを取り外してからベーシックパッケージの取付けと、
ベーシック防振の施工の、Wパッケージの作業を行いました。
 
 
 
まずはドアの内貼りを外して、トレードインスピーカーのミッドを取り外します。
  
 
このハイエースは自転車競技のトランスポートとして使用されていて、
遠い時には東北まで遠征されるそうで、
妙に音を絞り込んだトレードインスピーカーだと聞き疲れしてしまい、
純正スピーカーに戻して音が良くなるならという事で外す事になりました。
 
 
 
インナープレート2枚を一時的に取り外して、
外板裏に防振メタルと防振マットを取付けて、
トレードイン用のインナーバッフルを取り外します。
 
 
 
 
黄色いふちのハイエース用の純正の16センチスピーカーに戻して、
インナーパネル2枚を取りつけてから内貼りを組み付けます。
 
 
 
次にトレードインスピーカーのツイーターを取り外します。
 

 
 
 
ピラーのこんな上にツイーターが付けてあって、
ハイエースの低い位置のドアスピーカーとの高低差で、
完全に中低音と高音がバラバラになっていました。
 
 
 
 
ダッシュの上にピュアディオブランドのATX-25ツイーターを取付けて、
通常よりは周波数レンジを下方向に広く取って、
ドアの下の方にある純正の16センチスピーカーとの音を繋がりやすくしています。
 

 
 
 
ハイエース専用の値で、
白ラベルのRRピュアコンと呼んでいる4000円アップの物をグローブボックス下に取付けて、
ドアとツイーターの絶妙な音のバランスを取っています。
 
 
 
 
最後にストラーダのイコライザー調整を行って音を整えました。
  
ストラーダの年式によって微妙に音が違うのと、
調整時に「これがいい!」とおもっても、
メモリーした途端に音のニュアンスが微妙に変わっているので、
メモリーした後の音を確認して、
何度も調整⇒メモリー⇒調整メモリーを繰り返して、
最も生音に近いポイントを探します。
 
 
ハイエースのお客様は音の仕上がりにはとても満足して頂いて、
現在は東北に向けて自転車競技のために長旅に出られています。

新しい測定器を導入

2019-06-27

宇部店には店頭とピットの間に製作室という
ピュアコンやケーブルの組み立てを行っている部屋があって、
あまりにゴチャゴチャしているので、通称ジャングルと呼んでいます。
 
 
昨日の仕事は空のボビンに一から銅線を巻いてコイルを作る作業と・・
 
 
SKY-3のケーブルの末端に焼き入れを行って、端子を付けるという作業でした。
 
 
端子を付ける作業は製作室で行いますが、
焼き入れを行う場所はピットの奥にあり、
ハンダ槽のスイッチを入れても目標温度の370度になるのに時間がかかるので、
トタン板をつなぐときのハンダ小手を使って早く温度が上がる様にしています。
 
 
 
目標温度に近づいたので無駄なあがきはやめて、
濁った表面の不純物を取り除いて、
SKYケーブルの末端を漬け込みます。
 
 
 
漬け込みで少しづつハンダが減って来るので、
秘伝のハンダに独自の配合で、
棒ハンダとロールからほどいたハンダを加えて一定の量を維持しています。
  
ただグッドブランドの太洋電機さんがたまに訪問される事があって、
今の使い方はかなり無理があるので、
上のグレードの機器に変えて欲しいと言われていますが、
先に欲しい測定器があったので、ハンダ槽の買い替えは次の機会にします。
 
 
ジャングルの中には自分の机と従業員の机があって、
従業員の方はグッドのハンダ吸煙器のパイプが2本通っていて、
従業員の健康のために10数万円出して導入委して、
自分の机の方は2万円程度の吸煙器を使っています。
 
 
その吸煙パイプの奥に2台の測定器があって、
これはコイルとコンデンサと抵抗とスピーカーのインピーダンスの4つの項目を切り替えて
測定出来て、でも正確な測定を行うには切り替えを行った後で
キャリブレーションを取らないといけなくて、
その時間がもったいないのでここでは下がコンデンサ専用の設定で、
上がコイル専用の設定から動かさない様にしています。
 
コイルに比べてコンデンサの方が測定の桁の小数点以下が多くいるので、
下の横長の方が高い測定器で、
横長は1台だけで製作を行う3人が交代で1台を使っていたので、
とても不便を感じていました。

 
自分の机にはコイル専用で使う測定器と、
その上の長年のハンダの煙で表面が茶色になっている機械は
現在スピーカーのインピーダンス専用で使っていて、
一番上は抵抗の測定専用の機械となっています。
 
 
今年の春に宇部店には新卒の社員が増えて、
ジャングルはもう狭くて人が入れないので、
ピットの一番端に机を置いて仕事をしている状態です。
  
ここにコイル専用の設定をした測定器を置いていたのですが、
遂に桁数の多い測定器を今回導入して、
自分の机とここを行ったり来たりして測定を行っています。
 
 
昨日の作業は容量の大きなコンデンサの測定で、
小さい容量だと100個単位での入荷ですが、
これは50個づつで、
入荷時に全て測定して値をテプラーで貼り付けます。
 
 
 
これは80マイクロFのコンデンサですが、
規定値よりもやや少ない表示がされています。
 
 
次は規定値よりも多い表示が出ていますが、
これはメーカーの出荷時の誤算範囲なので製品として問題ありません。
 
 
しかしサウンドピュアディオでは全て高度な測定を行い、
値が下の方の物と中心ぐらいの物と、上の方の物に分類して、
更にそこから左右でピッタリ合う様にペアリングして行きます。
 
 
この様に同じ値でペアリングして、
更にどういう時に上の方や下の方を使うなど、
実際に音を鳴らすときには目利きならぬ耳利きが必要になります。
 
 
ただし全てをピッタリで合わすとコストがとんでもなくかかるので、
最後の桁が1違うぐらいは良しとして、
それでペアリングしても最終的には売り物にならないコンデンサが出て来て、
メーカーの値をそのまま信じて仕事をしていたら、
自分がよく言っている生音や生声に近いという表現は出来なくなるので、
こういった作業には力が入りますし、使う測定器の質だけでなく、
何度も測定条件を変えて誤差が出る可能性を避けて、
コストがかかってもその測定条件から一切変えないというのも、
少しでも元の音に近い状態で聴いて頂きたいという思いから来ています。
 

スバルXV スピーカーの音質アップ

2019-06-26

今日ご紹介する1台は、先日の札幌店の作業から、スバルのXVです。

 

 

オーディオレスの状態で入庫となって、8インチのサイバーナビを取り付けて、

ベーシックのWパッケージも一緒に取り付けました。

 




専用の取付キットを使って取り付けて、上の段の小物入れは蓋付に変わります。


スピーカーは先代のXVがドア16センチのダッシュがスコーカーだったのが、現行では

ドアが楕円スピーカーにダッシュがツイーターに変更になっています。

 



そのため低音の量が出ているものの中高音を薄く感じてしまい、ダッシュにスタンドを使って

前を向けたピュアディオブランドのATX-25ツイーターを取り付けて、純正ツイーターよりも

広い音域を反射がなくリスナーに届けて、立体的な音を再生させます。


ドアの外板裏にはベーシック防振の施工で、響きの中心を8カ所見つけて、

防振メタルと防振マットを貼り付けて、ドアスピーカーの音が鉄板を振るわせ難くして、

音質改善と静粛性をアップさせています。



このベーシック防振は左右ドアで工賃込みで2万4千円とかなり安く設定してあり、

ベーシックパッケージを購入して頂いた方への感謝価格となっています。

 



よく感謝価格という言葉を耳にしますが、それは今まで買って頂いた方は普通の値段で、

大ヒット感謝価格で値段を下げると後から買った人はメリットがあっても、最初に買った人は

メリットがありません。

 


サウンドピュアディオでは最初から一律価格を設ける事で、買う時期によっての損得を無くして、

ベーシックパッケージがより良く鳴るというセットオプションとしてベーシック防振をご用意しています。


グローブボックス下のピュアコンは、通常の4ピース構成の物にオプションを加えて、

6ピース構成として、ドアの楕円スピーカーの鳴りをより良く改善しています。


全ての組み立てが終わって音が鳴る様になったら、8インチサイバーナビの

31バンド・0・5デジベルステップのイコライザーを調整して音を整えます。


純正スピーカーは音が悪いから使い物にならないという一般的な価値観と真逆の手法で、

低価格ながら生音・生声に近い音が再生出来る、ベーシックのWパッケージが完成しました。

トヨタ・ヴォクシー スピーカーの音質アップ

2019-06-24

今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の作業から、
トヨタのヴォクシーです。
 
 
 
 
ヴォクシーZS専用のアルパインのビッグXを装着した状態で入庫となって、
ベーシックパッケージの取付けを行いました。
 
 
 
 
まずインパネを分解して、一度ビッグXを手前に取り出します。
 
 
 
ビッグXの裏のスピーカーケーブルから音信号を取り出して、
ピュアディオブランドのPSTケーブルの
全音域タイプの物でグローブボックス下まで送ります。
 
 
 
グローブボックス下には発砲スチロールをくり抜いてMDF板を敷いて、
その上にヴォクシー専用のピュアコンを取付けます。
  
 
下にMDF板を敷く事で音質を向上させていて、
発砲スチロールにそのまま貼り付けるとぼやけた音になります。
 
 
この部分は自分が中学生の時代のホームステレオを分解した時に、
何故かMDF板が敷いてあって、その時はそんなにピンと来なかったのですが、
カーオーディオの仕事を初めてしばらくして、
ゴムや発泡スチロールなどの上にネットワークを置くと音がハッキリせず、
昔ホームステレオを分解した時の事を思い出して
MDF板を敷いたところ音がハッキリしたのに艶もあり、
「それでMDF板を使っていたんだ!」と気付いてからこの手法を使っています。
 
随分前にメーカーの技術者の方に、
「なぜMDF板をホームステレオに使かっていたのですか?」と質問した事があって、
その理由は中のコイルに信号を通すと人には確認出来ないレベルの微弱振動が起こって、
それが材質によってはコイルに跳ね返ってストレスを与えてしまい、
MDF板は微弱振動をスムーズに逃がす事が出来るから音に良いという話でした。
 
 
 
ピュアコンで周波数幅とインピーダンスとレベルをコントロールした信号は2分岐されて、
1方はダッシュに後つけしたピュアディオブランドの
ATX-25ツイーターに高音域を重視した構造のPSTケーブルで送られて・・
 
 
 
 
もう1方は全音域タイプのPSTケーブルで、
ドアスピーカーに行く純正配線の途中に接続しています。
  
 
よくベーシックパッケージはドアの純正スピーカーの音はそのままに、
ATX-25の上質な高音をプラスすると勘違いされていますが、
ドアスピーカーの上の方のこもる音域はあらかじめカットしていて、
中低音のみにして、更にインピーダンスを若干上げて音に重みを付けているので、
改善されたドアスピーカーの音に上質な高音をプラスしているので、
「想像していたより良い音がする!」と驚かれます。
 
 
全ての結線が終わって音が鳴る様になったら、
ビッグXのセッティング機能を使って音を追い込んで行きます。
 
まずタイムコレクションは全てゼロにして、
全てのスピーカーから同じタイミングで音が発せられる様にして、
正確な音色で音楽が聴ける様にします。
 
 
 
 
ビッグXのイコライザーはパナメトリック方式で、
最初に動かす周波数と動かす幅を決めて、
それからレベルを上下させる方式で、
グラフィック式に比べるとセッティングに時間がかかります。
 
 
基本的に自分が直接お会いして生演奏や生声で聴いた事のあるアーティストさんの楽曲で
音を追い込んで、お客様の普段お聴きの音源も聴いて、どの様に聴こえるか確認しています。
 
 
SDカードの中にはこれから生の声を聞く予定があるアーティストさんの楽曲が入っていて、
「実際に会ったらどんな風に聴こえるのだろうか?」と思いながらセッティングしていました。
 
 
でもこれまでお会いして生声を聞いた事がある
ボーカリストの方の声がキチンと聞こえていたので、
そこは大丈夫です。
 
 
今回も音の変化・・ じゃなくて、音の進化にお客様にはとても喜んで頂きました。
  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る