本文へ移動

取付ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

マツダ・アテンザ カーオーディオの音質アップ

2019-06-23

今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の作業から、
マツダのアテンザ・ワゴンです。
 
 
マツダ純正のナビオーディオを装着した状態で入庫となって
以前3年以上前にJBLのP560ツイーターを使用した
ベーシックパッケージを取り付けて頂いていて、
そこから何回かシステムアップで入庫されていて、
福岡店が新しい店舗になってからは初めてのシステムアップとなりました。
 
 
ドアスピーカーはJBLのP560のミッドに以前交換されていて、
最初はインナーで使用されていたのを後から
アウター・スラントバッフルを製作して表に出しています。
  
一度インナー取付の時にカロッツェリアの5万円台のパワードの
ウーファーを取り付けた事があるのですが、
低音の量がアップしたものの、低音の質が実際の音楽と差があり、
ただの空気振動が増しただけでお客様は不満足で、
パワードウーファーを取り外して
13センチスピーカーをアウター・スラントに変更した方がより生の演奏に近い状態になって、
それから何年間かこの状態で音楽を聴かれていました。
 
 

今回はP560のミッドを取り外して、
ピュアディオブランドのZSP-LTD15に交換して、
ピュアコンの値をあれこれ変えて、システムにマッチさせました。
 
 
P560とターミナルの形状が違うので、
ケーブルの末端をカットして端子を付け替えて、
アウターの内側にセメントコーティングがしている部分を若干修正しました。
 

このアウターの内側のセメントコーティングは内側のリングの剛性を上げるのと、
粗目を付ける事でスピーカーの排圧の影響を少なくして、
トータルで音質をアップさせています。
 
 
これまでお使いだったJBLのP560ツイーターはそのまま使用するものの、
P560ミッドに比べてZSPの方が高音域の伸びが良くて、
これまでツイーターのレンジを広げて再生していた高音を、
ZSP側で高音を2割ほど伸ばし、
逆にP560ツイーターの音域を2割ほど減らして、
クロスポイントの上げる事でこれまで表現出来なかった
クリアーな音を再生出来る様に改善しました。
  
分かりやすく説明すると、ツイーターの下限周波数を減らして負担を少なくすると、
ちょっと荒い感じがあった部分が無くなり、艶のある綺麗な音で鳴る様になり、
ミッドの材質の良さでツイーターの下限周波数まできっちり再生出来るので、
ミッドが受け持っている中低音以上の音まで大幅に改善出来たという事です。

 
グローブボックス下の10ピース構成のピュアコンは4ピース交換と、
ブラックボックス4個を中に手を入れてカスタマイズして、
8ピースは違う値に変えているというぐらい変更しています。
 

 
運転席で自分が音を聴いて、何番から何番に変更と指示を出して、
柳井君が何度もパーツ交換をおこなって、
実際にはスピーカーを付け替える時間よりも
音調整にかかっている時間の方がかなり多くかかっています。
 

 
調整に使う音源は自分が生音や生声で何十回と聴いた事がある
アーティストさんのCDと、お客様のSDカードの音源とFMラジオなどです。
  
FMラジオは地元製作の番組だと流れて来る
パーソナリティーの方の声はほとんど生声で聞いているので、
音にズレがあるとすぐに分かり、またSDカードの中の音源は
自分が複数回会って生声を聞いているボーカリストの方2名の楽曲が入っていました。
 
 
 
ピュアコンのパーツの組み合わせが限界に来た後に、
純正ナビのイコライザー調整を行いましたが、
このナビ自体が低音を強調している傾向にあったので、
5バンドのうちの2バンドを下げて、聴感上のフラットに合わせました。
 

 
ドアのスピーカーを交換しただけなのに、ツイーター音域まで改善出来て、
音の仕上がりにお客様にはとても満足して頂きました。
 

マツダ・アクセラ BOSE車の音質アップ

2019-06-22

今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の作業から、
マツダのアクセラです。
 
 
 
 
マツダコネクトの専用ナビオーディオでBOSEのプレミアムサウンドのお車に、
ベーシックパッケージの取付けと、ベーシック防振の施工の、
Wパッケージの作業を行いました。
 
 
 
 
まずはドアの内貼りを外して、外板裏に防振メタルと防振マットを貼り合わせて、
余分な響きを抑えます。
 
 
 
 
アクセラのBOSEサウンド車はフロントマグネットの
薄型20センチウーファーがドアに付いているので、
そのままのドアでは残響が多くて歯切れの悪い低音になっていますが、
ベーシック防振でキレの良い低音に変わって、外からのロードノイズも減って、
快適なアクセラに変ります。
 
 
 
 
ダッシュ上はセンタースピーカーを含む3個のスコーカーが付いていて、
ここから中高音を鳴らしているのですが、
グリルの音のヌケが悪いので丸にくり抜いて、
ホームオーディオ用のスコーカーのグリルが付けてありました。
 

 
 
 
左右のスコーカーの横にはスタンドを使って角度を付けて
ピュアディオブランドのATX-25ツイーターを取付けて、
スコーカーにはピュアコンで上限周波数に制限をかけて、
ドアのウーファーと組み合わせて低音⇒中音⇒高音と完全な3WAY構成として音質アップを図りました。
 
 
 
車両のボーズアンプから音信号を取り出して、
グローブボックス下に取付けたピュアコンでスコーカーとツイーターの音域分けを行います。
 
 
 
今回はスコーカーとセンタースピーカーのグリルに加工がしてあり、
手順書に載っているパーツの値では音が合わず、
グリルの変更でリスナーの耳まで届く間の自然減衰が少ない事を考量して、
数値を少し動かしてマッチングを取りました。
 
 
 
全ての結線が終わって音が鳴る様になったら、
マツダコネクトのバスとフェダーを若干動かして、
音をスッキリとさせて生音・生声に近い様に合わせました。
 

 
 
ボーズサウンド用の調整機能2つは入れたり切ったりを繰り返して、
どちらが良いか迷いましたが、最終的にどちらもオフにして出庫しました。
 
 
アクセラのお客様には音の仕上がりにはとても満足して頂きました。

トヨタ86 カーオーディオの音質アップ

2019-06-21

今日ご紹介する1台は、先日の宇部店の作業から、
トヨタの86です。
 
 
 
 
オーディオレスの状態で入庫となって、
以前乗られていたお車からシステムを移設して取付けました。
 

 
デッキはナカミチのCD-700KKに、
グローブボックスを加工して5枚CDチェンジャーのMF-51を取付けています。
 
 
 
ドアは方ドア3面のフル防振の施工を行った後に、
アウター・スラントのバッフルを製作して、
以前の車でお使いだったピュアディオブランドの
ZSP-MIDを移設して来ています。
 もう13年ぐらいお使いですが、いまだに健在に動作しています。
 
 
 
ツイーターはイギリスのB&Wの物をワイドスタンドを製作して取付けて、
こちらもミッドとセットで13年ぐらい使用されていますが、
まだアッテネーターでレベルを下げて使うぐらい健常です。
  
 
86のダッシュの純正位置は中音が外側で高音が内側という、
オーディオ的には変なレイアウトになっていますが、
ツイーターを内側に付ける事でモノラル的な音になり、
ボーカルが目の前に定位しやすいというメリットがありますが、
これはあくまで耳の錯覚で、
高音域はダッシュの端と端で鳴らすのが最も自然な音に近いという事で、
ピュアディオではこの様な取付け方になっています。
 
 
 
デッキはアンプレスの物を使用しているので、リアのラゲッジ下に
パワーアンプとデジタルプロセッサーを取付けて、
右サイドには25センチのサブウーファーを
エンクロージャーに取付けて背面に取付けています。
 
 
普通はグローブボックス下に取付けるピュアコンは、
ラゲッジに取付ける事で後ろから4本のスピーカーケーブルで音を送って、
ミッドとツイーターがトランクルームで繋がっているので、
ミッドの逆起電力がツイーターに影響せず、
元々クリアーな音が更にクリアーさを増して再生されています。
 
 
それと使用しているピュアディオブランドのスピーカーケーブルは
全て370のハンダ槽に漬け込んで焼き直しがしてあります。
 
 
 
 
秘伝のタレみたいな継ぎ足し継ぎ足し18年間使ってきたハンダは、
表に不純物をあぶり出して、
それをすくって綺麗なハンダのプールに漬け込んでリフレッシュさせます。
 
 
SKYのラインケーブルはRCAプラグを付け替えて、
ハンダ付けも新しくして、この部分もリフレッシュさせました。
 

 
 
 
通称SKYのラインケーブルと呼んでいますが、
正式にはSKY-2で、
よくカーオーディオ専門店が無印のケーブルをオリジナルケーブルと言っているのと違い、
専用の配合で自社用のロットで2000メートル生産の
100メーターロール20巻を一括仕入れしている専用のケーブルです。
 
 
 
 
基本的に13年前のシステムをそのまま移設してあるのですが、
13年の間に唯一新しく取付けたのはデジタルプロセッサーで、
輸入した物を全て1台づつチューニングを行って音のクオリティーを上げて、
これまで運転席とトランクを行き来して行なっていた
イコライザーとチャンネルディバイダーの調整を、運転席に座ってタブレットで行います。
 

以前からお使いの物をベースに、
今現在のピュアディオのノウハウをつぎ込んで、
クオリティーの高いフルシステムが完成しました。
 
 

BMW3シリーズ カーオーディオの音質アップ

2019-06-20

今日ご紹介する1台は、先日の札幌店の作業から、
BMWの3シリーズ・ツーリングです。
 
 
全車異形パネルの専用ナビオーディオ付きのお車に、
スピーカーの取付と、ドア防振の作業を行いました。
 
 
ドアスピーカーは10センチサイズから
1センチ絞ったピュアディオブランドのISP-90に交換して・・
 

 
ツイーターはダッシュ上にワイドスタンドを製作して、
JU60を取り付けて、
自分が乗っていた3シリーズ・ツーリングと同じ仕様にしてあります。
 
 
床下のウーファーはミューディメイションの薄型BMW専用タイプで、
ここのウーファーはこれよりも価格の高い物が世の中には沢山ありますが、
これ見よがしに主張するタイプの音ではないので、
ピュアディオでは推奨しています。
 
 
 
ドアのサービスホールにはウレタンの防水カバーが付いていて、
それを一度外して外板裏に防振メタルと防振マットを貼り合わせる
ベーシック防振の施工を行いました。

  
 
 
フロントだけでなくリアドアにもベーシック防振の施工を行って、
外した内張は前後ともセメントコーティングの施工を行って、
自分が乗っていた3シリーズツーリングと全く同じ仕様となりました。
 
 
自分が3シリーズツーリングを購入した時は、2週間ノーマルのドアで走行して、
一度4枚ともベーシック防振を加えて、「ドイツ車だからこのままでもいいか。」
と思っていましたが、その後セメントコーティングを4枚ドアに加えて、
「今のドイツ車にはこんなに効果があるんだ!」と、
自分でも驚くぐらいの音質と静粛性がアップしました。

 
そういう意味では、一度施工して実績のある作業なので、
安心して頂けると思います。
 
 
フロントの3WAY構成となったスピーカーは
グローブボックス下の10ピース構成のピュアコンを使用して、
こちらもデモカーで実績のある値を装着しています。
 
 
 
ただしF30・31型の3シリーズのオーディオは
前期・中期・後期でプリやパワー部のクセが微妙に違って、
年式によってナビ側の調整は一律で行う訳に行きません。
  
1クリック動かしただけでイメージが大きく変わる事もあって、
ここはかなり神経を使う所です。

 
F30・31の前期方調整では苦労して、
実車を買って実験しようとしたら届いたのが中期型で微妙に特性が変わっていて、
そこで2パターンの特性に合わせたパッケージを開発したら
後期型でまた微妙に特性が変わってと、
ここまで苦労して開発たF31のデモカーとほぼ同じパターンのシステムで、
札幌から送られて来た写真を見て、開発当時の苦労を思い出しました。
 

レガシィ・マッキントッシュ車の音質アップ

2019-06-19

今日ご紹介する1台は、先日の札幌店の作業から、スバルのレガシィです。

 



純正のマッキントッシュのプレミアムサウンド車で、豪華な見た目に反して音はそれなりで、

不満を解消するためにベーシックパッケージの取付と、ドアスピーカーの交換を行いました。

 


 

 

 

まずドアの内張を外すと、防振用の厚いゴムでサービスホールが塞がれていて、

16センチスピーカーで低音を鳴らしていました。




ダッシュのスコーカーと合わせて2WAY構成となっており、4代目レガシィの様に3WAYや

4WAY構成の複雑なシステムではありませんでした。

 




そこでドア低音・ダッシュ中高音をドア中低音・ダッシュ高音に構成を変えて聴きやすくして、

スピーカーユニットも新しい物に交換する事にしました。

 


16・5センチのJBLのGX600Cのミッドに交換して、表面の固い材質でツイーターの

手前の音域までしっかりと鳴らします。
 

 

ダッシュの純正スコーカーは鳴らさず、ピュアディオブランドのATX-25ツイーターで

上質な高音のみを鳴らします。



運転席下には純正のマッキントッシュアンプが付いていて、そこから音信号を取り出して、

グローブボックス下までピュアディオブランドのPSTケーブルでひいて行きます。




マッキントッシュ仕様車は通常のカーオーディオよりもインピーダンスが高く、4Ωで設計している

通常のピュアコンではアンプやピュアコンのアッテネーター部分が発熱してしまい、長時間使用すると

故障につながるので、手前にインピーダンス変換パーツを入れて、8Ωの動作にして使用しています。

 


一般的にプレミアムサウンドはインピーダンスが低い場合が多く、その時は低インピーダンス専用の

ブラックボックスを使用して対応しているので、同じプレミアムでもインピーダンスの

高い低いの方向が違うと対応の仕方も違って来ます。

 


入庫時は3トーンがほぼマックスまで上がっていても音が物足りなかったのが、

高音・中音はセンターで、低音はやや下げ気味でちょうど良い音に仕上がりました。

 


この現象は同じ周波数が違う方向からぶつかるとキャンセルされて

体感出来る音圧が減って来るのを、ピュアコンでここから高音、ここから中低音と

綺麗に帯域分けしているので、無駄に音がぶるかる事が無く、ドンシャリと呼ばれている

高音と低音を強調して単純に音圧を上げる方法と違い、全ての音域を均等に上げて

スムーズに再生しているので、音質的に一番生音に近いポイントが、体感音圧も
一番良いポイントとなるという、
一石二鳥的な効果を得る事が出来るのが

ベーシックパッケージなのです。

  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る