取付ブログ

 

トヨタ・ヴェルファイア スピーカーの音質アップ

2017-11-03
今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の作業から、トヨタのヴェルファイアです。
アルパインのヴェルファイア専用の11インチのビッグXを装着した状態で入庫となって、
ベーシックパッケージの取付けと、ベーシック防振の施工のWパッケージの作業を行いました。
CDのディスクと比べたら11インチのビッグXがかなり大きいという事がお分かり頂けるでしょう。

防水シートの上にゴムの防音材が貼ってあって、外からのロードノイズの進入を防いでいます。
メタルとマットの枚数は方ドア8枚で、間に何も貼ってない場所があるにも関わらず、
響きの中心を抑えているので、ドアが重たくならない割に効果があります。
純正スピーカー側もインピーダンスなどを調整して音がハッキリして、
ただツイーターを追加しただけのチューンナップツイーターとは違って、
6個のスピーカーのトータルの音域やインピーダンスの整合性を合わせて音をコントロールしています。

日産ウイングロード カーオーディオの音質アップ

2017-11-02
今日ご紹介する1台は現在の札幌店の作業から、日産のウイングロードです。
サイバーナビが装着された状態で入庫となって、フロントスピーカーの取付を行いました。
ツイーターはピュアディオブランドのATX-25ツイーターをスタンドを使って角度を付けて取付けています。
ドアはフル防振の施工を行った後にアウター・スラントのバッフルを製作して、
ドアの鉄板とバッフルを金属リングで繋いで、内側にセメントコーティングを行って固めました。
ピュアディオブランドのZSP-LTD15を取付けたらドアは完成です。
ノーマルのスピーカーグリルと比べたらやや上を向いて、
やや手前をスピーカーが向いているのがお分かり頂けると思います。

グローブボックス下のピュアコンはオプションを全て加えた10ピース構成で、4連ボックスに
⇒SWR⇒MTL⇒SSFのフル装備で複雑なスロープを作って、より本物に近いサウンドを表現しています。

スズキ スイフト カーオーディオの音質アップ

2017-11-01
今日ご紹介する1台は先日の札幌店の作業から、スズキのスイフトです。
 
 
ドアは片ドア3面のフル防振の施工を行なった後にアウター・スラントのバッフルを製作して、
ピュアディオブランドのZSP-LTD15の取り付けを行っています。
 
 

ダッシュにはワイドスタンドを製作して、JU60ツイーターを取り付けています。
 
 
リアのラゲッジ下にはピュアディオチューンのチャンネルディバイダーを取り付けて、
フロント用の中高音と、サブウーファー用の低音に音を分離して、
フロントがナカミチの2CHアンプと、リアがJBLのウーファー用のモノラルアンプに接続し、
合計5個のスピーカーを駆動しています。
 

ウーファーはピュアディオブランドの25センチウーファーをサイドを作り込んで取り付けていきます
 
 

 
ピュアコンの組み合わせで音を調整したら、最後にデッキのイコライザーを少し動かして
音を追い込んで、納車の準備に入ります。
 
 
 
音が出て車種による僅かな違いを修正するだけでピークポイントになるので、
安定した結果が約束されています。

新型N‐BOX スピーカーの音質アップ

2017-10-30
今日ご紹介する1台は昨日の福岡店の作業から、ホンダの新型N‐BOXです。
ピュアディオでは先代のN‐BOXは購入して実車を使ってデーター取りをしていたので、
宇部店からN‐BOXを移動して来て先代と新型の差異を調べてからベーシックのWパッケージの取付けを
行いました。

まずはドアの内貼りを外して、ドアの響きを調べます。

先代と新型の違いは、これまでは外板裏に鉄の張りが少なく、
内側の鉄板に張りが多く使われていたのが逆転して、
外板裏に張りが多く内側に使ってある鉄が少なくなっています。

そのため先代の様に低いボン!という響きよりも、カーン!という高い響きの部分が多く、
そのためベーシック防振ではメタルを使う比率を増やしています。
黒いコーンのスピーカーに代わっていました。
この黒いコーンはN‐ONEやN‐WGNと同じ材質で、
N‐ONEと先代のN‐BOXは着座位置からのスピーカーの距離が違うのに何故か同じ聴こえ方になり、
2車種で同じベーシックパッケージが使えるという不思議な状態でした。

新型N‐BOXは初めての入庫だったので、一度先代用のピュアコンを取付けて試してみる事にしました。
右は大幅に変わっていました。
また純正ツイーターはドアのレバーの前にあり、真横から聴こえていたので、
ベーシックパッケージの位置ではかなり前方にあって、かなり聴き易い状態にあります。

日産エクストレイル カーオーディオの音質アップ

2017-10-29
今日ご紹介する1台は先日の宇部店の作業から、日産のエクストレイルです。
その日は縦に2台エクストレイルと兄弟車が並んで作業していました。
入庫時に音を聴いた時はソースがラジオで、「AMにしてはまあまあ音がいいな。」と思ったらFMでした。
これがWパッケージの装着と音調整でどこまで良くなるか楽しみです。

まずはドアの内貼りを外して、外板裏に防振メタルと防振マットを貼り合わせます。

図面にどこに何を貼るか図解してありますが、指で鉄板を軽く弾いて、
ここが響きの中心という事を確かめて、そこに材質を書いたテープを貼って、
それから防振材を貼って行きます。
取り出した信号はピュアディオブランドのPSTケーブルに繋いで、
グローブボックス下に取付ける現行エクストレイル専用のピュアコンを通して、
純正ドアスピーカーと後つけツイーターに分配します。
純正スピーカーのこもった音域はカットして、綺麗に再生出来る部分のみにして、
足りなくなった高音はピュアディオブランドのATX-25ツイーターで再生して、
トータルで生演奏や生の声により近い音に変身させます。
100センチとゼロでは音の立ち上がりが違い、もやっとした感じがスカッとして聴こえます。

そこからエージング用CDを何枚か再生して、音が慣れたところでイコライザー調整を行います。