本文へ移動

取付ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

トヨタ・アルファード カーオーディオの音質アップ

2019-05-17

今日ご紹介する1台は、現在の宇部店の作業から、
トヨタのアルファードです。
 
 

 
オーディオレス車に以前からお持ちのシステムの移設作業を行って、
新しいアイテムも少し追加しています。
 
 

 
メインデッキはナカミチのCD-700KKにその上に
パナソニックの大画面ナビを取り付けています。
 
 
ブルーレイディスクが再生出来る物で大画面だと
今だとパナソニックを選ぶ様になります。
 
 
グローブボックスは加工して、CD-700KKとデジタルで
連動するCDチェンジャーを取り付けています。
 
 
 
天井にはキットを使ってアルパインのフリップダウンモニターを取り付けています。
 
 
 
スピーカーはドアに方ドア3面のフル防振の施工を行い、
アウター・スラントのバッフルを製作して、
ピュアディオブランドのZSPのブラックの限定モデルを取り付けています。
  
見た目はカタログモデルのISP-130に似ていますが、
価格はZSP-LTD15の倍以上します。
 
 
ツイーターはB&Wの30ミリ外ドームタイプの物をもう20年ぐらい使用されていて、
以前乗られていたお車から移設して取り付けています。
 
 

 
20年ぐらい使用すると新品の時とは同じ特性とはなりませんが、
現状のコンディションに合わせてワンオフでピュアコンのチューニングを行っていて、
新しいミッドと20年使ったツイーターとでピッタリマッチングする様に工夫しています。
 
 
ラゲッジのアンダーボックスには25センチウーファーと
パワーアンプとプロセッサーを取り付けていて・・

 

 
プロセッサーは長年使われたアルパイのH900をタブレットを使って
調整するタイプのプロセッサーに交換しました。
 
 
H900は内部配線が酸化して来て性能が落ちて来ていたのと、
イコライザーのステップが1デジベルから0・5デジベル刻みになって、
これまで1デジベル下げるかそのままかで迷っていたのが、
その中間が出せる様になったので、
これまで以上の細かい音の表現が可能になりました。

 
サウンドピュアディオは推奨商品は音の傾向が合う物ばかりを選んでいるので、
使える物は使えるまで使って、交換する必要がある部分だけ最低限の交換で済むために、
10年・20年という長い目で見ればお得な買い物となります。

トヨタ・プリウスα スピーカーの音質アップ

2019-05-16

今日ご紹介する1台は、先日の福岡店の作業から、
トヨタのプリウスアルファです。
 
 
アルパインのプリウスアルファ専用のビッグXを装着した状態で入庫となって、
ベーシックパッケージの取付けと、ベーシック防振の施工の、
Wパッケージの作業を行いました。
 
 
プリウスアルファはドアに縦に楕円のスピーカーが付いていて、
ローエンドはかなり伸びているので、
パワードのウーファーの必要が無いぐらいの低音が出ています。
 
ただし、外板裏の鉄板は何も貼ってない状態なので残響が起こり、
音が濁ってしまうので、ベーシック防振でメタルとマットを貼り付けて残響を抑えて、
スピーカーの音質だけでなく、外からのロードノイズの進入を防ぐというメリットもあります。
 
 
ダッシュには中高音を鳴らすスコーカーが付いていて、ここを一度取り外して、
裏に付いている下限周波数を決めるコンデンサを大きくて上質な物に交換します。
 
 
 
 
スコーカーを元の場所に戻して、その手前に
ピュアディオブランドのATX-25ツイーターを取り付ければ、
フロント2WAYから3WAYへの変更となりました。
 

 
インパネを分解して一度ビッグXは取り外して、
裏からピュアディオブランドのPSTケーブルで音信号を取り出します。
  
PSTケーブルのPSTとはピュア・サウンド・テクノロジーの略です。
 
 
音信号はグローブボックス下に送って、プリウスアルファと
30系プリウス専用チューンのピュアコンに送って、
ここからドアスピーカーとダッシュのスコーカーとATX-25に分配して送られます。
 
 
 
全ての結線が終わって音が鳴る様になったら、ビックXの音調整機能を動かして、
まずはタイムコレクションを全てゼロに設定して、
時間差で音が良くなった様に誤魔化すのではなくて、真に生の音に近づけます。
 

 
イコライザー操作は上げてメリハリを付けるのではなくて、
ベーシックのWパッケージでかなり改善されているところから、
耳に付く部分を少し下げて音を整えています。
 
 
もう何十台と施工を行っているプリウスアルファのWパッツケージですが、
メリハリの様なクセを付けて音が良くなった様に錯覚させるのではなく、
歌っているボーカリストの声を知った上で行うセッティングは、
純正スピーカーをベースにしながらも生声に近いサウンドを実現しています。
 

ギャラン・フォルティス カーオーディオの音質アップ

2019-05-15

今日ご紹介する1台は、先日の札幌店の作業から、

三菱のギャラン・フォルティスです。




パナソニックのストラーダの1DINモデルを装着した状態で入庫となって、

ベーシックパッケージの取付と、ベーシック防振の施工と、ドアスピーカーの

交換のトリプルパッケージの作業を行いました。

 


最近トリプルパッケージという言葉をよく書き込みますが、元はベーシックパッケージに

ベーシック防振をWパッケージと呼んでいて、それにもう1品プラスをトリプルパッケージと

呼び始めたので、もう1品がリアのベーシック防振だったり、フロントのセメントコーティングだったり、

今回の様にフロントのドアスピーカー交換もトリプルパッケージとなります。



作業の方はまずドアの内張を外して、何も貼ってない外板裏に防振メタルと防振マットを貼り合わせます。

 


最近四角のマットにアルミ剥き出しの無塗装の物が写っていますが、原材料費の値上がりを

未塗装でカバーして、効果はそのままで同じパッケージ価格を維持しています。




純正の16センチスピーカーは取り外して、16・5センチのJBLのGX600Cのミッドを

取り付けました。



そして内張を組み付けたらドアの作業は完了です。


 

続いてAピラーの内張を外して、下から高音域の性能を上げたピュアディオブランドの

PSTケーブルをひいて来ます。

 


先端は24金メッキの端子が付けてあって、その根元は銀入りハンダで固めてあり、

ケーブルの酸化防振と抜け防止に役立てています。



ダッシュにはスタンドで角度を付けたピュアディオブランドのATX-25ツイーターを取り付けて、

ピラーの内張を組み付けたら出来上がりです。

 




グローブボックス下にはMDF板を敷いて、オプション1品を加えた合計6ピース構成の

ピュアコンを取り付けました。

 


GX600Cのミッドにはかなり巻きの少ないコイルが適正で、何も無いボビンから一から

銅線を巻いて行ったコイルを使用しています。

全ての結線が終わって音が出る様になったら、ストラーダーの音調整機能を使って

細かいセッティングを行います。

 


スピーカーのタイムディレイは使わないチャンネルも含めて全てゼロにします。




スピーカーの銘柄をあらかじめ選んでいるのと、6ピース構成のピュアコンで

あらかじめ音が整えてあるので、イコライザーは1カ所1クリック動かしただけで

ピークのポイントに達します。





色々なスピーカーを平面のディスプレイでお客さんに選んでもらうのが良いお店

というイメージが業界に付いていますが、実は選びに選んだ少数のスピーカーに

多くのパーツの中から本当にマッチングする1品を探す方が親切なお店ではないか?と

自分は思っていて、クセが無くて本来の音楽の音に合わせるというのがサウンドピュアディオの魅力と

なっています。


ギャラン・フォルティスは入庫時に比べたら、クリアーで体に染み入るサウンドに変わって納車されました。


 

ホンダ・Nボックス カーオーディオの音質アップ

2019-05-13

今日ご紹介する1台は、現在の宇部店の作業から、
ホンダのNボックス・カスタムです。
  
既にシステムが付いているお車ですが、
ナビとツイーターとピュアコンの交換を行いました。
 

 
ドアには方ドア3面のフル防振の施工を行った後に、
アウター・スラントのバッフルを製作して
ピュアディオブランドのZSP-MIDを以前乗られていたお車から移設して取り付けていました。
 
 
デッキはナカミチのCD-500のアメリカ向けバージョンのラジオの周波数を日本用に変えて、
音質面もチューニングしてあるCD-500PPと呼んでいるバージョンを取り付けていて、
上段にはカロッツェリアのサイバーナビの1DIN+1DINのディスプレイ部分を
取り付けていましたが、ナビの調子が悪くなったので、
同じタイプでも年式の新しい物に交換しました。
 
デッキを外して2DINタイプのサイバーナビをお勧めしたのですが、
やはりナカミチデッキと1DINタイプの組み合わせがよいという事で、
1DINモデルを探してきました。
 

 
ツイーターはNボックス用にワンオフでワイドスタンドを製作して、
JU60を取り付けました。
 

 
当初はブラックボックスが2連のピュアコンだったのをそのまま使用して音を鳴らして
一度聴いて、後からもう一度4連ボックスにして聴き比べてみました。
  
2連ボックスでも音はきちんと出るのですが、
音の荒い部分が微妙に残っている部分をスムーズに取り去って音に奥行き感が出て、
やはりJU60は4連ボックスでないと本来の性能が出せないな、実感出来ました。
 

 
サイバーナビの音調整ではサブウーファーを取り付けていないシステムなので
本来はスピーカー設定ではオフにしないといけないのですが・・
 
 
 
オフにするとローエンドを絞って聴きやすくしているためにZSP-MIDでは少し物足りなく感じて、
接続していないウーファーの設定をオンにしてローエンドを伸ばして、
必要な下限のレンジはピュアコンで調整して決めました。
 
 

イコライザーはフラットでセットして、
10ピース構成のピュアコンのパーツの組み合わせで音を追い込んであるので、
ナビの調整機能に頼らなくても良い音が再生出来ます。
 
 

ただサイバーナビはパッケージされたフラットとカスタムの部分を
フラットで使うので微妙に音が違って、
それが年式によってどちらが良いかが変わって来ます。

 
今回はカスタムのポジションでフラットで再生したのが一番抑圧感がなくて、
トータルで生音に近い音楽を再生出来る様にセッティングしました。

ホンダ・Nボックス スピーカーの音質アップ

2019-05-12

今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の作業から、
ホンダのNボックス・カスタムです。
 
 
 
ホンダ純正のギャザーズのナビオーディオを装着した状態で入庫となって、
ベーシックパッケージの取付けを行いました。
 
 
 
 
まずはパネルを取り外してナビを前に引き出して、裏から音信号を取り出して、
ピュアディオブランドのPSTケーブルをグローブボックス下までひいて行きます。
 
 
 
 
グローブボックス下にはMDF板を敷いて、
現行Nボックス専用チューンのピュアコンを取付けます。
 
 
 
 
Nボックスのドアスピーカーはかなり下の方に付いているので、
ミッドの上限周波数を決めるコイルは巻き数の少なめの物を使用して、
先代のNボックスは専用の灰色のコーンのスピーカーを使用していたのが、
現行では他のホンダ車と共通の黒いコーンの物を使用しているので、
先代よりも巻の少ないコイルを使用して、
リスナーの耳に丁度良い中高音を再生させています。
 

 
 
ダッシュにはピュアディオブランドのATX-25ツイーターを取付けて、
斜め前方から外ドームツイーターで広がりのある上質な高音を再生しています。
 
 
 
 
ピュアコンからツイーターの根元までは高音域を重視した構造の
PSTケーブルを使用していて、ATX-25の発売に合わせて開発していて、
高音域しか通さない部分にフルレンジ構造の物を使っても
使わない部分にコストがかかっているので、あえて高音重視の物を作る事で、
同じ販売価格ながら音質をこれまで以上に上げる事が出来ました。
 

 
 
 
全ての結線が終わったら純正ナビのイコライザー調整を行って、
2カ所1クリック動かした所がピークポイントと判断して、プリセットして保存しました。
 
 
 
今回のベーシックパッケージの取付けは既存のお客様がお母様に母の日のプレゼントとして
取付けられたもので、ベーシックパッケージの1台目を開発した時は、
奥様の誕生日のプレゼントに何か5・6万円ぐらいで良い音にならないもいのか、
というご希望に応えた物がベーシックパッケージの原型になっています。
 

 
ヒット商品の原型はフルシステムをお持ちのお客様が、
「家族の方にも良い音で音楽を聴いて欲しい!」気持ちを
『純正スピーカーをそのまま使用してコストを抑えて良い音!』という手法で実現した物で、
今回の取付でベーシックパッケージの原点をあらためて確認しました。
  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る