本文へ移動

取付ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ホンダ・フィット3 カーオーディオの音質アップ

2017-10-27
今日ご紹介する1台は先日の宇部店の作業からホンダのフィットです。

ホンダ純正のギャザーズのナビオーディオを装着された状態で入庫となって、
ベーシックパッケージとベーシック防振のWパッケージの作業を行わせて頂いていました。
今回は2回目の入庫で、ドアスピーカーの交換と防振をもう1面プラスする作業を行いました。

今回使うスピーカーはJBLのP660の16・5センチミッドで、インナー取付を行います。
もう現行モデルではありませんが、このモデルはコストパフォーマンスに優れていて、
後のモデルよりも魅力的だったので、国内在庫が残り70セットになった時に全数買い取りました。

ドアの内貼り裏にはセメントコーティングを行って、
乾燥した後に元々付いていた白い吸音フェルトを貼り付けてドアに組み付けます。
外からの見た目は変わりませんが、スピーカーの交換と防振が1面だったのが2面に増えて、
音質も静粛性もアップしました。
ツイーターは鳴らしこんでいても、ミッドの方は新品なのでエージング用のCDを再生して音を慣らします。

トヨタ・エスティマ カーオーディオの音質アップ

2017-10-26
今日ご紹介する1台は先日の札幌店の作業から、トヨタのエスティマです。
パナソニックのストラーダが装着された状態で入庫となって、
スピーカー一式とパワーアンプの取り付けを行いました。
まずドアの内張りを外して防振作業を行います。

バッフルにJBLの560GTIのミッドを取り付けたら、ドアの作業は完了です。
エスティマのノーマルのスピーカーグリルと比較すると、こんな感じです。

次にAピラーの内側にピュアディオブランドのPSTケーブルをひいて行って・・
全ての結線が終わって音が出る様になったら音調整で、まずはサラウンド効果をオフにして・・

スバル・フォレスター カーオーディオの音質アップ

2017-10-23
今日ご紹介する1台は先日の福岡店の作業から、スバルのフォレスターです。
スバルオプションのダイアトーンのサウンドナビを装着した状態で入庫となって、
ベーシックパッケージの取り付けとベーシック防振の施工を行ないました。
サウンドナビは200リミテッドというディーラー向けの専用モデルです。
ベーシックパッケージはドアスピーカーは純正をそのまま使用しますが、
お客様がお持ちだった15年前のJBLのセパレートスピーカーのツイーターはレベルが下がっていましたが、
ミッド方は健常に動作したので使う事にして、インナーバッフルを製作して取り付けました。
先日のB&Wはミッドに対してツイーターが長寿で今回は逆で、ピュアディオのピュアコン方式は
パッシブネットワークのパーツがバラバラで選べるので、2WAYのどちらかが生きていたら、
片方に新しい物を追加してマッチングを取り、ユニットも単品販売なので、
買わなくていい物にはお金がかからないし、
マッチングも市販のネットワークでは出せない領域の音が再生出来るので、
かなりお得なシステムだと思います。

全ての結線が終わって音が出る様になったら、
サウンドナビの音の調整機能の使う部分とオフにする部分を探してから・・

メモリーを行なった後に再生画面に戻して音を確認して、
それでイメージが違ったらまた調整してと、
最近のナビオーディオは調整画面と再生画面で音が違う場合が多いので、
かなり時間がかかる様になりました。

アバルト595 カーオーディオの音質アップ

2017-10-22
今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の作業から、アバルトの595です。
こだわりのミッション車です。
 
今回はシステムアップのための2回目の入庫でした。
 
ツイーターは前回ベーシックで取り付けた物をそのまま使用します。

純正ツイーターの位置は波紋が広がるデザインの物ですが、
後付けのATX-25の向きとかなり違いがあるのがお分かり頂けるでしょうか?
デザインの良い場所と指向性の向きの良い場所でこれだけの差があります。
外から見ても黄色いケブラーコーンが確認出来ます。
 
ラゲッジにはエンクロージャーを製作して、JBLの25センチウーファーを取り付けました。

グリルを付ければコーンに直接物が当たる事がなく、コネクターが付いていて、
荷物を積む時は一時的に外す事も出来ます。
全ての結線が終わって音が出る様になったら音を鳴らして、エージングとイコライザー調整を行います。

アウディA3 スピーカーの音質アップ

2017-10-21
今日ご紹介する1台は、昨日の宇部店の作業からアウディA3です。
航空写真で地図の表示が出る、異形パネルの専用ナビオーディオ付のお車に、
ベーシックパッケージの取付けとドア防振の施工を行いました。
ドアスピーカーは表から見るとゴルフ7と共通みたいですが・・
中を開けたら20センチサイズのパサートと同じサイズの物が付いていました。
内張りには吸音フェルトが貼ってあり、
静粛性アップを図っていますが、このフェルトでは取れない周波数があるのと、
スピーカーの音が小気味良くないので、内貼り裏にセメントコーティングを行いました。
取り出した信号はその下に取付けるピュアコンに送って、
現行のA3用のピュアコンを通して、
純正ドアスピーカーと後つけツイーターに分配します。
最後にスピーカーのエージングを行った後に、
アウディのサウンド調整機能をわずかに動かして、A3の作業は終了しました。
  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る