アウディ

TTロードスター

IMG_3863
純正ではドアスピーカーとツイーターの2WAY構成で、ドアから大きめのスピーカーで低音の量を感じますが、その分ダッシュのツイーターが負けてしまっているのが弱点でした。そこでピュアディオ・オリジナルのベーシックパッケージ&ベーシック防振のWパッケージの施工を行ない音質改善しました。
純正ツイーターの位置はグリルで音がひっかかり、ガラスにデリケートな高音が反射するので使わず、スタンドを使って振り角と仰角を付けたピュアディオ・ブランドのATX-25ツイーターを取り付けました。ナビから取り出した信号をグローブボックス下のピュアコンに送ります。このピュアコンで周波数レンジ・インピーダンスを整えて、純正スピーカーの特性を変えた上、オリジナルのツイーターの音と融合させる事で、音に艶が出て、高・中・低音のバランスが整い大幅に改善する事が出来ました。
次にベーシック防振の施工を行ないました。TTのドアは横に長く、響きが多いためセンターに長く防振材が入っています。その隙間に防振メタルと防振マットを加えて更に響きを少なくします。外からのロードノイズ防止で吸音材が内貼りに貼ってありますが、ベーシック防振で外板裏の響きを抑えているので、更に静粛性が上がりました。ナビ部分はカロッツェリアの製品に交換して、作業は終了です。
TTクーペでは多くの実績があり、フロントスピーカーだけでもサブウーファーに近い音域まで再生出来きて、オープンにしてもパワフルに再生出来るシステムが完成しました。
IMG_3901
IMG_3904
IMG_3891
P1240507
IMG_3902
IMG_3881

S3

IMG_3302
MMI付き、アウディサウンドシステム付き車です。全車異形パネルオーディオ付きで、簡単に音質アップするのが難しい車種です。純正では、高音が出ているものの、質感が悪く、はっきり聞こえず聞きづらい状態でした。
そこで純正ナビをベースに、スピーカー交換とドア防振の施工を行い、音質アップを図りました。純正のツイーターは、向きが指向性のいい所から反れていて、車体の金属が近くて磁力線がねじれる為ここは使用せず、ダッシュ上にS3専用のワイドマウントを製作し、JBLの外ドーム型ツイーターを取り付けました。理想的な指向性と金属の影響を受けない位置で、スムーズな高音を再生し、純正より滑らかで伸びの良い高音へと変わりました。
ドアスピーカーはインナーバッフルを製作して、JBLの13センチミッドスピーカーを取り付けております。純正サブウーファーが付いているため、13センチににサイズを絞ることで、より密度の高い中域を再生し、バランスを整えました。インナーバッフルにはレインガードを取り付けて、スピーカー裏のマグネットや端子に雨水がかからないよう対策しております。
外板裏には、防振メタルと防振マットを貼り合わせるベーシック防振、内張り裏は下処理を行いセメントコーティングを施しました。余分な響きを抑えることが出来て、よりクリアで音が強くなります。
ツイーターとドアスピーカーの周波数レンジとレベルを決定するハイパスフィルターは、グローブボック下に取付けるピュアコンで制御し、純正に対して音質を向上させています。施工後は、今まで聞こえてこなかった細やかな音が広がり、ただスピーカーを変えただけでは味わえない表現をする事が出来る様になり、立体的で自然な音が車内に広がり喜んで頂けました。
IMG_3384
IMG_3389
IMG_3394
IMG_3347
IMG_3383
IMG_3339

A4

IMG_2593
純正のナビオーディオをベースに、スピーカーの取付けと防振作業を行い音質アップを図りました。
純正ツイーターの位置はミラーの後ろで、向きが真横に装着されて指向性が悪いためここは使用しません。
そこで、ダッシュ上にはワイドスタンドを製作してJU60ツイーターを取付けました。
モニタースピーカとしてもプロの現場で活躍中のツイーターで、音の輪郭をハッキリさせ、質の高い高域を再生します。
ドアには、ピュアディオ・オリジナルのフル防振を施工しました。施工箇所は、外板裏とインナーパネルのプラスティック部分と内張り裏の片ドア計3ヵ所です。
純正でも静粛性が高い車種ですが、施工後は音質アップはもちろん、より静粛性もアップしました。
スピーカーはアウター・スラントのバッフルを製作して、ピュアディオブランドのZSP-MID取付けました。
純正オーディオにピュアディオチューンのハイローコンバーターを取り付けて、リアのトランクスペースにアンプボードを製作して、パワーアンプとピュアコンをセッティングして、最後に純正ディスプレイに調整画面を出して、音調整を行い完成です。
プレミアムなアウディがピュアディオのオーディオシステムを加える事で、よりプレミアムな車に変身しました。
IMG_2672
IMG_0325
IMG_0352
IMG_2675
IMG_2671
IMG_0399

RS4

画像_376
スピーカーはJBLの60周年記念の560GTiのセットを取り付けています。
ドアには外板裏のベーシック防振とインナーパネルの防振、それから内張りのセメントコーティングの片ドア3面のフル防振の作業を行っています。
スピーカーはアウターバッフルを作製して取付けしました。
ウーファーは何のマークも無い黒い物ですが、お客様のご希望でホーム用のユニットを分解して取付けています。
後方から見るとエンクロージャーを付けていて、その下の床にアンプとチューニングしたチャンデバとイコライザーが取付けてあります。
最後の音の決め手は、デッキとアンプとプロセッサーに電源を送るボッシュのバッテリーです。
輸入車用の特殊サイズのシルバーXバッテリーを取付けた後に音調整を行って完成です。
施工後は、ダッシュボードいっぱいにステージが広がるような、自然でクリアな音色になりました。
画像_383
画像_381
画像_392
画像_386
画像_382
IMG_1299

AUDIO SPECIFICATION [basic package対応]

Head Unit : ナカミチ CD700K 
Speakers/TW : JBL 560GTi TW
Speakers/MID :  JBL 560GTi MID
Powre Amplifier : ARC 2150SE OXBLOOD
Equalizer : ARC MEQ30P
Lines : ピュアディオ SLG
Speaker Cables : ピュアディオ PST

A7

IMG_6576
純正BOSE仕様の純正ナビ付きの車です。
インピーダンスの違いやスピーカーの数、5.1chとスピーカー交換も難しく、デッキの交換も難しい車種です。
今回は、前の車からの移設の作業を行いました。
スピーカーはアウターバッフル、フル防振を施工し、ピュアディオオリジナルのZSPMIDを取付しました。
純正の小口径ボックス付きのスピーカーに比べ、抜け、厚み、質感ともに大幅に改善しました。
トランクには外部アンプ、サブウーファー等を取付しました。
純正サブウーファーは床下に埋め込まれており、モゴモゴとハッキリしない状態でしたので、こちらもクリアに大幅改善です。
デッキはグローブボックス部を加工し、アンプレスデッキを取付しました。
こちらは純正部を加工しておりませんので、完全に元に戻すことが可能です。
ダッシュボードの上には、オリジナルのユニコーンツイーターを専用のA7用スタンドを作製し取付しました。
純正ナビも活かしており、ナビの案内音声は純正と変わらず使用することが出来ます。
もちろん純正ソースも使用可能です。
あたかもモニタースピーカーを車内で聴いてるかのうような、クリアでリアルな音が目の前に広がる、特別な一台となりました。
IMG_7466
IMG_7461
IMG_7463
IMG_7469
IMG_7470

AUDIO SPECIFICATION [basic package対応]

Head Unit : ナカミチ CD700K
Speakers/TW : ピュアディオ ユニコーンTW
Speakers/MID :  ピュアディオ ZSP-MID
Powre Amplifier : ナカミチ PA2002PKV
Equalizer : アルパイン H900
Subwoofer : ピュアディオ ZSPSS25
Lines : ピュアディオ ZSLG
Speaker Cables : ピュアディオ PMBSKY

TT

IMG_7923
アウディ純正の専用ナビオーディオを装着した状態で入庫となり、ベーシックパッケージの取付け+ドアスピーカーの交換を行いました。
純正位置にあるツイーターは、ダッシュボード上に上向きに付いております。この位置だと、フロントガラスに反射してしまい音が粗くなってしまう事、指向性がずれている事、音の抜けが悪い事とデメリットが目立ちます。
そこでこちらは使用せずに、ダッシュボード上にツイータースタンドを使用して、JBLツイーターを正面よりもやや内側に向けて取付けました。
ツイーターの性能と理想的な指向性の相乗効果で、大幅な音質アップになります。
続いてドアの内張りを外してスピーカー交換を行いました。
純正では、薄型で表面積の大きなユニットを使用していますが、こちらは外し同じ位置にインナーバッフルを製作して、JBLのP560ミッドに交換して、濃い中域とキレのいい低音に変えます。
そしてグローブボックス下にピュアコンを取付て、ツイーターとミッドの周波数帯域とレベル、それにインピーダンスなどの特性をコントロールしていきます。
最後にイコライザーを調整し完成です。お客様には、「費用対効果が高い」と喜んで頂けました。 
 
IMG_8069
IMG_8066
IMG_7928
IMG_7916
IMG_8053

AUDIO SPECIFICATION [basic package対応]

Head Unit : 純正
Speakers/TW : JBL P560 TW
Speakers/MID : JBL P560 MID
SpeakersCable : PUREDIO PST 

A3

IMG_5272
BOSEサウンドシステム付きで入庫しましたが、純正では低音が強くボワボワとしていて聴きずらい状態でした。
そこで、ドアにベーシック防振と、特殊なセメント処理によりこもりをシャットアウトするドアコーティングを施工しました。
ドアスピーカーはアウターバッフルを作製してZSP-MIDを取付け、ダッシュボード上にはピュアディオ製スタンドを作製しJBLツイーターを取付けました。
トランクには、以前の車から外部アンプを移設し、ピュアコンをセッティングして音の交通整理をします。
すると、スピーカーの音質と車内の静粛性がアップし、ボワボワしていた音がタイトになり、ダッシュボードいっぱいに音が広がるようになりました。
IMG_5550
IMG_5548
IMG_5544
IMG_5543
P1210268
P1210269

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : ナカミチ CD700M   
Speakers/TW : JBL 508 TW
Speakers/MID : ピュアディオ ZSP-MID  
Powre Amplifier : ナカミチ PA1002(N)

A3

IMG_2700
サイバーナビが装着された状態で入庫となりました。
純正のスピーカーはそのまま生かし、JBLツイーターとピュアコンをプラスして音質アップさせるベーシックパッケージの施工を行いました。
また、フロントドアは通常のベーシック防振に加えて、内張りの防振の施工を行いました。ピュアディオの防振は、車種毎に純正の防振位置を把握し、音の響きのつぼを押さえて施工しておりますので、短時間で最小限のコストで最大の効果を発揮することが出来ます。
また、内張りに施工するセメントコートは、内張りの余分な残響と鈍い響きを抑え、クリアでタイトな音になります。最後にピュアコンを取付し、ツイーターとスピーカーのセッティングをして完成です。
過去に他店でスピーカーを交換され、純正スピーカーを使う事に不安があったそうですが、お客様には、「こんなに変わるんですね。純正スピーカーとは思えない!」と喜んで頂きました。
IMG_2692
IMG_2693
P1200910

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : パイオニア AVIC-VH0009   
Speakers/TW : JBL P560 TW
Head Unit : パイオニア AVIC-VH0009
Speaker Cables : ピュアディオ PST

A3

IMG_7041
デッキはすでに交換されておりましたが、スピーカーは純正でした。
音がこもって聴こえる為、改善すべくスピーカー交換と、ベーシック防振を行いました!
 
 
スピーカーはJBLのP560のセットです。
ドアにはインナーバッフルをワンオフ作成し、ツイーターは専用のスタンドを作成して、いずれもベストな取り付けを行いました。
 
また、もともとドア合成が高い車種ではありますが、さらにベーシック防振を行うことで、より最適な響きへと変化しました。
 
 
デモカーを購入してテストして、データーを残してありますので、今回の取付では最短の時間で最良の結果を得る事ができました。
 
見ためはダッシュボードの上にツイーターが載っただけですが、見えないところにピュアコンを仕込み、セッティングをすることで、タイムアライメントを使わないのに、目の前で音楽が再生されているかのうような、立体的な音になりました!
IMG_7087
IMG_7084
IMG_7064
IMG_7086

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : パイオニア DEH-970
Speakers/TW : JBL P560 TW
Speaker/MIDk : JBL P560 MID 
Speaker Cables : PUREDIO PST

A5

H25.10.25アウディA5_2
ナビ、オーディオが一体パネルで、デッキ交換ができません。
 
今回は純正ナビオーディオはそのままに、デッキの追加、フロント、サブウーハーともに外部アンプの取付け、スピーカーの交換を行いました。
 
ドアはフル防振を施し、アウターバッフルを作製しました。
 
サブウーハーは、リアトレーの純正を使用していますがアンプはより高音質なものへと交換し、チャンネルディバイダーを使用し、コントロールをしております。
 
ピュアコンをグローブボックス下に仕込んで、音の調整を行い、完成です。
 
純正と比べると、夢のように音が良くなりました。
H25.5.5_9
H25.5.5_7
H25.5.5_6

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : NAKAMICHI CD500PP
Speakers/TW : JBL 508 TW
Speakers/MID : PUREDIO ZSPJW MID
Powre Amplifier : ARC KS125.2 P.V
Powre Amplifier : ARC XXD2080P
Channel divider : ARC MX-1P
Subwoofer : 純正
Lines : PUREDIO SKY
Speaker cable : PUREDIO PST

A1

H25.10.23_A1
オーディオ部分がディスプレイと操作部が分かれているタイプで、デッキ交換ができないタイプです。
 
また、アンプもトランクに別体の物が付いております。
 
スピーカーも通常のスピーカとインピーダンスが違う上、ツイーターとMIDスピーカーのインピーダンスも倍、半分の違いがありますので、スピーカー交換も簡単にはできません。
 
しかし、純正ツイーターは指向性がそれていて、高音がはっきりと聞こえません・・・
 
そこで、ピュアディオのインピーダンス交換技術がお役に立ちます。
今回はツイーター、MIDスピーカー共に交換しインピーダンス交換の上、ピュアコンを使って音色をコントロールしました。
ダッシュボードの上から、目一杯広がり、音が立体的に聴こえるようになりました。
H25.10.23_A1_2
H25.10.23_A1内装

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : 純正   
Speakers/TW : JBL P560 TW
Speakers/MID : JBL P560 MID
Speaker cable : PUREDIO PST 
Powre Amplifier :純正
Subwoofer : 純正

Audi A3

audi_1
Favorite artist / 吉田美和
audi_1_01
audi_1_02
audi_1_03

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : ECLIPSE AVN8803HD   
Speaker Cables : PUREDIO PST
Speakers : polk audio db6500

Audi A3

audia3_1
audia3_1_01
audia3_1_02

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : carrozzeria AVIC‐HRZ08   
Speakers/TW : JBL T08GTi
 Speakers/MID : JBL P550c MID
Speaker Cables : PUREDIO PST