フォルクスワーゲン

ゴルフオールトラック

IMG_3678
純正ナビはそのままに、車種別専用設計のベーシックパッケージに加え、スピーカーの交換とドア防振の施工を行い音質アップを図りました。
純正のツイーターはピラー根元に取付けているため、指向性の向きが反れてしまいヴォーカルの声がどこか聴きづらい状態でした。そこでツイーターの質感を上げるため、ダッシュボードの形状に合わせてスタンドを製作して、ピュアディオブランドのATX-25ツイーターを取り付け、高域を大幅に改善します。
ドアスピーカーはインナーバッフルを製作して、ピュアディオブランドのISP-130を取り付けました。
国産車に比べてドアの剛性が高いですが、外板裏に防振メタルと防振マットを組み合わせて防振するベーシック防振を施工してスピーカーのエネルギーが外に漏れないようにしております。また、内張り裏にセメントコーティングを施し、音質と静粛性をアップしました。
ドアスピーカーとツイーターの周波数レンジとインピーダンスは、グローブボックス下にセットしたピュアコンで行います。
施工後は、純正では聴こえてこなかった細やかな音や防振によってスピーカーからの音に厚みが出て、目の前からクリアな音がハッキリと聴こえ、お客様に「こんなに変わると思いませんでした!」と喜んで頂きました。
IMG_3727
IMG_3705
IMG_3685
IMG_3708
IMG_3716
IMG_3729

ゴルフオールトラック

IMG_0217
純正ナビをそのまま活かして、フロントスピーカーやアンプ等の取付けと、ドア防振の施工を行い音質アップを図りました。ドアにはフル防振を施工しております。
施工箇所は大きく分けて3ヵ所で、外板裏と内張りのプラスティックと鉄板の部分、内張り裏のプラスティックです。音質と静粛性アップの他に、断熱性も上がります。
ツイーターはワイドスタンドを製作して、JU60ツイーターを取付けております。
ドアには、アウタースラントを製作して、ピュアディオブランドのZSP-MIDを取付けました。
リアのラゲッジには、アンプ、サブウーファー用アンプ、チャンネルディバイダーが取付けております。
サブウーファーとユニットは以前乗られたお車から移設して取付けました。
最後にナビの調整を行い完成です。
施工後は大幅に音質、量感がアップし、本来の演奏に近づき喜んで頂けました。
IMG_0535
IMG_0540
IMG_0534
IMG_0541
IMG_0539
IMG_0544

ゴルフオールトラック

IMG_0104
純正ナビオーディオをベースに、スピーカー・外部アンプ・チャンネルディバイダー・ウーファー等の取り付けと、ドア防振の作業を行いました。ナビオーディオのCDやSDの挿入口はグローブボックス内にあり、この後ろにパワーアンプが付いています。ここから音信号を取り出して、ピュアディオチューンのハイローコンバーターに繋いでRCA信号に交換して、リアのラゲッジに送ります。
リアのラゲッジには、イコライザー⇒チャンネルディバイダー⇒フロントアンプ⇒ウーファー用アンプが取り付けられていて、エンクロージャーに組んだ25センチのシルバーのZSPウーファーを装着しております。
ツイーターはダッシュ上にワイドマウントを製作して、JU60を取り付けました。
ドアには、アウタースラントのバッフルを製作して、ピュアディオブランドのZSP-MIDを装着しました。
ドアの外板裏とサービスホールのプラスティックとドアポケットの内側の3ヵ所にベーシック防振を施工しました。
今回は更に、内張り裏のプラスティック部分にセメントコーティングを施しました。
手作業で厚い部分と薄い部分を作り、更に規則性を持たせない事で振動が通過するのを防いでいます。
JU60ツイーターとZSP-MIDはグローブボックス下のピュアコンで周波数レンジとレベルとインピーダンスを調整します。
最後にラゲッジにアンプボードを作って、ウーファーのグリルを作ったら完成です。
施工後は、純正デッキで鳴らしているとは思えない音のクオリティーにも拘らず、見た目は純正っぽい仕上がりで喜んで頂けました。
IMG_0253
IMG_0249
IMG_0242
IMG_0111
IMG_0234
IMG_0244

パサートCC

IMG_2783_-_コピー
純正ディナウディオシステム付きで入庫になり、デッキ交換、スピーカー交換、外部アンプの取り付け、フル防振などの作業を行いました。純正スピーカーは3WAYでしたが、低音が出過ぎていて、ブーミーな印象でした。そこで、最初は純正のスコーカー&バスを活かして、JU60ツイーターの追加を行い3WAYシステムで取り付けました。
ドアには、ボディー外板、インナーパネル、内張りの3面のフル防振を行いました。
グローブボックス下にピュアコンを取付け、3WAYの役割分担を細かくセッティングします。
聴いて頂くと純正スピーカーとは思えない程音が良いが、JU60ツイーターの音が想像を超えて良かったため、ミッドも追加で交換し、2WAYに変更しました。
アウターバッフルを製作し、オリジナルのZSP-LTD15を取り付けしました。
質感もピッタリあって、モニタースピーカーのような、正確な音になり、喜んで頂けました。
IMG_2767
IMG_2652
IMG_2582
IMG_0285コピー
IMG_2775
IMG_2770

ゴルフ7

IMG_1885
純正デッキと純正ドアスピーカーを活かして、車種別専用設計のベーシックパッケージとベーシック防振のWパッケージを施工して音質アップを図っております。
ダッシュ上には、ピュアディオ・オリジナルのATX―25ツイーターをスタンドを使って角度を付けて取付けます。ドアのスピーカーはそのままに、グローブボック下にゴルフⅦの特性に専用チューンしたピュアコンを取付けます。ピュアコンで純正スピーカーの周波数特性を変えた上に、ATX―25ツイーターの音と融合させる事で、一般的な国産のトレードインスピーカーより滑らかな音が再生できます。
また、フロントドアには防振メタルや防振マットを貼り合わせるベーシック防振を施工しております。
もともと鉄板の剛性が高い車種ですが、ベーシック防振を追加する事で、音がグッと締まってスピーカーの音質がアップし、更にロードノイズもバッサリ低減し静粛性もアップして、走行中の音の聴こえ方が格段に良くなりました。
IMG_1909
IMG_1890
IMG_1900
IMG_1911
IMG_1899
IMG_1907

up!

3794f46990
異形タイプの純正オーディオ付車に、ベーシックパッケージの取付とベーシック防振の施工を行いました。
まず、純正デッキの裏側にある純正配線からピュアコンに送る信号を取出します。
ドアスピーカーは純正をそのまま使用しますが、ダッシュボード上にはスタンドを使って角度を付けたピュアディオ・ブランドのATX-25ツイーターを取付ました。
ドアは国産車の様にサービスホールが大きく開いておらず、また鉄板が硬く残響が少ないです。
通常ベーシック防振は、外板裏の1ヵ所に防振メタルと防振マットを組み合わせて貼りますが、アップはスピーカー裏とサービスホールのプラスチックとドアポケットの3ヶ所に貼りました。
使っている量は国産車と同じなので料金は同じです。
グローブボックス下に、アップ専用にチューンしたピュアコンを取付けてセッティングをして完成です。
施工後は、高音の大幅な改善と目の前にクリアな音像が広がる様になりました。
また、防振を施工した事で音質アップは勿論、静粛性もアップして特別なアップ!になりました。
96626bca83
7a99dae06d
bbbdcdfdd4
P1270484

up!

697cc4a516
ドアに付いている13センチのフルレンジスピーカーを活かして、ベーシックパッケージの取付と、ベーシック防振の施工を行い音質アップ!を図りました。
ヘッドユニットは、カロッツェリアの1DINデッキが装着された状態で入庫となりました。
まずは、こちらのデッキを取外して、裏から音信号を取出して、グローブボックス下のピュアコンに送ります。
ピュアコンからの信号は、ドアスピーカーとダッシュボード上に取付けた、ピュアディオブランドのツイーターATX-25に分配します。
こちらのお車は、もともとツイーターが付いておりませんので、ダッシュボード上に上質なツイーターをプラスする事によって、高音の大幅な改善と、目の前にクリアな音像が広がります。
次にドアの内貼りを外して、ベーシック防振の施工を行います。スピーカー裏とサービスホールのプラスティック部分とドアポケットの内部の3箇所に、防振メタル等を貼ってプラスティックと鉄の余分な響きを抑えます。
全ての作業を終えて、ピュアコンの調整パーツとデッキのイコライザーの調整を行って完成です。
ピュアコンのパーツの1刻みの変化は、イコライザーの1クリックよりも細かい音調整を行っているので、フラットでもクリアな音を再生する事が出来ます。
 
a3c918dcad
52615161e9
貼り前左
f38aa95fc7
ピュアコン取付位置写真

ゴルフ7

IMG_2087
異型パネルの専用オーディオ付きで入庫になりました。
純正では、平面的で低音がだらしない・・・との事で、当店のブログを見てご来店頂きました。
 
そこで、ピュアコンとJBLツイーターをプラスするベーシックパッケージとドアにベーシック防振を施工しました。
 
純正ツイーターの位置では
①ツイーターの向き
②拡散性
③磁力線が曲がる(ツイーターのすぐ後ろが鉄の為)
④能率
⑤周波数レンジ・フィルター
上記、5点が理想的ではなく、デメリットが多いです。
 
そこで、ピュアコンで音の交通整理をして、JBLの上質なツイーターをダッシュボードの上に指向性を合わせて取付けます。
すると、上記5点の問題点が改善され、音が立体的で滑らかになります。
 
また、ベーシックドア防振は
①ドア外板
②サービスホールの樹脂パネル
③ドア内張りのポケット裏
上記3箇所に施工します。
(※上記3箇所は欧州車のみになります。国産車はドア外板の1箇所です。)
 
すると、プラスチックの微妙な響きがなくなり、音がクリアになり、また車内も静かになりとても快適な車になりました。
お客様には、「全然違う!低音がかなり締まりましたね!」
と喜んで頂きました。
IMG_2090
IMG_2089
IMG_2097
IMG_2095
IMG_2094

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : 純正
Speakers/TW : JBL 560 TW
Speakers/MID : 純正
Powre Amplifier : 純正
Speaker Cables : ピュアディオ PST

ティグアン

IMG_9249
    純正デッキはそのまま生かしておりますので、コーナーセンサーや、CDチャンジャーなどの便利な機能は生かしつつ、音質アップを行いました。
ドアにはアウターバッフルを作製し、スピーカー交換を行いました。
もちろん、ドア防振も3面施工の、通称フル防振です!
トランクには外部アンプや、サブウーハーの取り付けを行いました。
トランクスルー部にサブウーハーを取付しました。
お客様のご要望により、シートとのギャップを無くすべく、スピーカーグリルをシート面で作製し、サブウーハーは隠れるようにしました。
ワンタッチで外す事も可能です。
出来上がりの音は、サブウーハーの音を感じさせず、迫力のある音へと仕上がりました。
IMG_9693
IMG_9686
IMG_9684
IMG_9700
P1200336

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : 純正
Speakers/TW : JBL JU60TW
Speakers/MID : PUREDIO ZSP MID
Channel divider : ARC MX-1P
Powre Amplifier : NAKAMICHI PA-1002CE
Powre Amplifier : ROCKFORD PUNCH50.1
Equalizer : ARC MEQ30P    
Subwoofer : PUREDIO MX-10ZSP
 Lines : PUREDIO SKY

ゴルフ6

IMG_4977
アウターバッフルやドア防振を施工し、ZSP-MIDを取付しました。
また、トランクには外部アンプやサブウーハーを取付しております。
よくキャンプや旅行に出掛けられますのて、荷室を犠牲にしないよう、サブウーハーはトランク側面にJBLの20cmタイプを取付しました。
IMG_4982
IMG_4980
IMG_4979
IMG_4983
P1160407
P1160408

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : ナカミチ MB-6
Speakers/TW : JBL 508 TW
Speakers/MID : ピュアディオ ZSP
Powre Amplifier : ナカミチ PA502
Channel divider : ARC MX-1P
Subwoofer : JBL MS10-SD2

パサートオールトラック

画像_024
 他店にてサウンドナビを取り付けしたそうですが、音に違和感を感じ来店されました。
 
調整もしてもらったとのことでしたが、どうも調整機能をオフにした方が聴きやすい…
 
 
そこで当店のブログを見られ、共感され、ベーシックパッケージの取り付けに至りました。
 
純正スピーカーを生かしての取り付けで、見た目はツイーターがダッシュボードの上に乗るだけですが、出来上がりの音はまるで別物になりました!
 
目の前に音像が広がり、調整機能を使わずに抜けが良くクリアに聴こえるようになりました!
画像_020
画像_019
IMG_1786

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : ダイアトーン サウンドナビ
Speakers/TW : JBL P560 TW
Speakers/MID : 純正
Speaker Cables : ピュアディオ PST

ジェッタ

IMG_5464
お使いだったナビゲーションはそのままに、音質アップを行いました。
純正スピーカーは3WAYのシステムでしたが、バスが腰の辺りに取り付けしてあり、不自然な感じの音色でした。
 
そこで、スピーカーの構成を変え、2WAYにしました。
まずは指向性の改善です。
横向きだったツイーターは、指向性も抜けも、位置も悪かった為、使いません。
ダッシュボードの上にJBLのツイーターを取付、指向性、抜け、拡散性、位置、そして質のすべてを改善しました。
MIDスピーカーはアウターバッフルを新たに作成し、ドアの前方中央くらいの高さに取り付けをしました。
そして、それぞれの再生周波数のレンジが最適になるように、ピュアコンを取付て、細かく調整しました。
音がスッキリとクリアに聴こえるようになり、自然に目の前で音楽が演奏されているようになりました!
IMG_5469
IMG_5470
IMG_5472

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : パナソニック CN-HW880D
Speakers/TW : JBL P560 TW
Speakers/MID : JBL P560 MID
Powre Amplifier : ナカミチ PA1002N
Speaker Cables : ピュアディオ PST

ニュービートル

IMG_2662
ニュービートルは以前、札幌店のデモカーとしても活躍していたこともあり、意外と入庫の多い車種です。
 最初はベーシックパッケージの取付から始まり、何回かに渡りシステムアップしました。
ドアには防振、アウターバッフルの施工を行い、オリジナルのMID、ZSP-MIDを取付しております。
トランクには外部アンプを取付し、サブウーハーも床下に埋め込み加工を行いました。
普段はグリルネットを取付しておりますので、気にせず荷物を載せることができます。
IMG_2930
IMG_2933
IMG_2927
IMG_2929
IMG_2926

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : NAKAMICHI CD-500PP
Speakers/TW : PUREDIO JU60TW
Speakers/MID : PUREDIO ZSPMID
Channel Divider : ARC MX-1P
Powre Amplifier:NAKAMICHI PA-504CE
Subwoofer : PUREDIO MX10SP LTD

ゴルフ7

DSCN3768
7に変わり、純正オーディオが異型パネルに変わり、デッキの交換が出来ず、簡単に音質アップする事が難しくなりました。
 
そこで、純正のデッキ、スピーカーを生かしたチューニングをするベーシックパッケージの取付を行いました。
 
 
まずは、ツイーター。純正状態だと指向性が悪い、ユニットの能率が悪い、グリルの抜けが悪いの3拍子が揃っている為、使いません。
 
そこで、ダッシュボードの上にJBLのツイーターを取付します。
 
 
また、純正ミッドスピーカーとの役割分担の為、ピュアコンを取付し、音のバランスをコントロールします。
 
 
すると、音がはっきりと聴こえる様になり、目の前に立体的な音像が現れる様になりました。
DSCN3810
DSCN3770
DSCN3770

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : 純正
Speaker Cables : PUREDIO PST
Speakers/TW : JBL P560 TW
Speakers/MID : 純正

ゴルフ6

IMG_9474
ご来店前には、ゴルフ専用のトレードインスピーカーに交換したそうですが、あまり良くならず、ご相談にいらっしゃいました。
 
 
ツイーターは純正位置に収めてあり、MIDはインナーバッフルでの取付でした。
 
キットに付属のデッドニングキットを使って防振をされておりましたが、スピーカー裏の吸音材に水がしみこんでいて、スピーカーが濡れてしまっていたり、音に伸びが無く、こもった印象でした。
 
そこで、お客様のご希望もあり、スピーカー交換に加え、ピュアコンを取付しました!
 
響きが取れすぎてしまっていた防振&吸音材は剥がして、MID&ツイーターをピュアコンにてセッティング。
すると…
「音がダッシュボードの上に自然に定位する!」
「こもりが無くなって凄く良くなりました!」
と喜んで頂けました!
 
IMG_9523
IMG_9479
IMG_9526
IMG_9484
IMG_9531

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : 純正
Speaker Cables : PUREDIO PST
Speakers/TW : JBL P560TW
Speakers/MID : JBL P560MID

ゴルフⅤ

golf_1
ゴルフ Vは純正スピーカーが3WAYで、ドアウーハーが腰の位置、スコーカーがドアハンドルの下辺りにあり、スピーカー交換が簡単には出来ません。また、3WAYの不自然感もあった為、2WAYに変更!…といっても、アウターを取り付ける場所のドアの鉄板にサービスホールが空いていません。かつ内部にはウィンドウメカがある為、スピーカーの背圧を逃がすためのホールも空けられなくMIDスピーカーの音の張り出しをよくするのに大変苦労しました。その甲斐あって、音の完成度は高く、2WAYならではの自然な音色になりました!
golf_1_02
golf_1_03
golf_1_01

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : KENWOOD L707
Speakers/MID : JBL P550c
Speaker Cables : PUREDIO PST
Speakers/TW : JBL T08GTi
Navi : carrozzeria AVIC-DRV05

ゴルフ V

GOLF_N1
ゴルフⅤはミッドスピーカーの位置が腰の辺りにあり、そのまま鳴らすと音が偏って聴こえる感じをうけました。それを改善する為にはサブウーハーではなく、リアスピーカーを取付け音のバランス整えました。
golf_n2
golf_n3
golf_n4
golf_n5

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : CARROZZERIA AVIC-HRZ009GⅡ
Speakers/TW: JBL P560TW
Speakers/MID : JBL 6.0C MID
Powre Amplifier:NAKAMICHI 1000PA

ゴルフ ヴァリアント

golf4_1
ゴルフⅤはすでに何台も取付け、実績は有りましたが、ステーションワゴンは初めてでした。が、中をあけて見ますと、全く同じで今までの取付け実績+αの新技術導入で、さらに音質が向上しました。
golf4_2_01
golf4_2_02
golf4_2_04

AUDIO SPECIFICATION [basic package対応]

Head Unit :CD-700Ⅱ
Navi : CN-HDS965TD
Speakers/TW :
Power Amplifier : PA-2002P
Speakers/MID : PUREDIO ZSPMID
Subwoofer : MX10SPZSP

パサート

IMG_9287
純正ナビゲーションをそのまま生かして音質アップをしております。ドア剛性が高い車種ではありますが、さらに防振加工を施し、アウターバッフルを作成しております。また、ダッシュボードの上には専用のワイドタイプのマウントをワンオフ作成してJU60ツイーターを取付けしております。トランクには外部アンプやサブウーハー等が取付けしてあります。ピュアディオチューニングのイコライザー、チャンネルデバイダーを駆使して、とても純正ナビゲーションで再生しているとは思えないほどのクオリティに仕上ております。
IMG_9261
IMG_9246
IMG_9277
IMG_9278
3_5

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : 純正ナビゲーション
Speaker Cables : PUREDIO PST
Head Unit : 純正ナビゲーション
Speakers/MID : PUREDIO ZSP-MID

ポロ

polo2_1
スピーカー(MIDはインナー)を替えてピュアコンを入れただけですが、ドアに張りついていた音が目の前で鳴っているようになりました。音に一体感が出てきて、雰囲気もガラッ☆と変わりました。
polo2_2_01
polo2_2_02
polo2_2_03

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit :純正ナビゲーション
Speakers/TW : PUREDIO ZSPTW
Speakers/MID : P550CMID

ポロ

polo3_1
オーディオを組むと共に打合せが進むにつれ、最終的にシステムアップをして頂いております。サブウーファーは当初付いておりませんでしたが、それでも低音がしっかり鳴っておりました。後々、オーディオを使用されて頂いている合間に、サブウーファーまで取り付けのさらなるシステムアップとなりました。
 
polo3_2_02
polo3_2_03
polo3_2_04

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : NAKAMICHI CD-700Ⅱ
Speakers/TW :
CD Changer : NAKAMICHI MF-51
Speakers/MID : PUREDIO ZSPMID
Powre Amplifier:NAKAMICHI PA-1002
Subwoofer : PUREDIO MX10SP

トゥアレグ

touareg_1
最初は、低音が強くこもり気味でした。そこで、ツイーターの交換と、ピュアコンを取付けし、音質を改善しました!ツイーターと、MIDスピーカーの音域をコントロールする事で、音がスッキリします。また、ヴォーカルが浮き上がり、低音もタイトに鳴る様になり、クリアーな音色に生まれ変わりました。
touareg_2_01
touareg_2_02
touareg_2_03
touareg_2_04

AUDIO SPECIFICATION [basic package対応]

Head Unit : Panasonic CN-HDS940D
Speakers/TW : JBL T08Gti
Speakers/MID : 純正
Subwoofer : ALPINE SWW-5000