本文へ移動

取付ブログ

ノートeパワーNISMO カーオーディオの音質アップ

2019-08-12

今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の作業から、
日産のノートeパワーNISMOです。
 

 
日産純正のナビオーディオを装着した状態で入庫となって、
ベーシックパッケージの取付と、ベーシック防振の施工と、
ドアスピーカーの交換のトリプルパッケージの作業を行いました。
 
 

 
まずはドアの内張を外して、何も貼ってない
外板裏に防振メタルと防振マットを貼り合わせて行きます。
 
 

 
ノートeパワーだけで2台、そしてガソリン車も合わせると
合計3台のノートを持っているピュアディオですから、
防振のツボは完全に押さえていて、ドアが重たくならない割に振動が消える防振を行っています。
 
 
 
純正の16センチスピーカーは取り外して、
JBLのクラブ6500Cのミッドのみを取り付けて、
車内側からピュアディオブランドのPSTケーブルを裏まで引きました。
 
 
 
ツイーターはダッシュにピュアディオブランドの
ATX-25を取り付けて、クラブ6500Cの付属ツイーターよりもかなり広い周波数レンジで、
JBLのセットでは出す事の出来ない中高音を再生させています。
 

 
本来なら昔のPシリーズのセット物で出た音質なのですが、
JBLが普及タイプの25ミリ外ドームツイーターの生産を数年前からやめているので、
JBL+ピュアディオブランドで今は手に入らなくなった
『低価格で元の音に忠実な高音質』を実現しています。
 
 
純正のナビは一度取り外して、裏から音信号を取り出して、
PSTケーブルでグローブボックス下に送ります。
 
 
 
グローブボックス下にはオプションを1品加えた6ピース構成の
ピュアコンを取り付けていて、ATX-25+クラブ6500Cの組み合わせの
代車兼デモカーのガソリン車のノートとスピーカーの組み合わせが同じなので、
同じ値を取り付けています。
 
 
 
ガソリン車の白いノートは一時期13センチサイズの5万円台の
スピーカーの試作品を取り付けていましたが、
現在は入手不能の素材があったために量産化が不能で、
現在はJBLのクラブ6500Cのミッドがドアに付いているので、
今回のeパワーNISMOと同じ組み合わせとなっています。
 
 

 
日産純正のナビオーディオは中身はパナソニック製で、
2カ所1クリックづつ動かした所が一番生音に近かったのでそこで調整を終了しました。
 
 
カー用品店やカーオーディオ専門店では普通平面のディスプレイで試聴して
スピーカーの銘柄を選ばせていますが、実車を買って実験して、
実車でデモンストレーションしているので、
聴いた音と同じ音が自分の車の中で聴く事が出来て、
「店で聴いた時とイメージが違う。」という間違いが起こりません。
  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る