本文へ移動

取付ブログ

トヨタ・ハイエース スピーカーの音質アップ

2019-09-08

今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の作業から、
トヨタのハイエースです。
 
 

 
イクリプスのナビオーディオを装着した状態で入庫となって、
ベーシックパッケージの取付と、
ベーシック防振の施工のWパッケージの作業を行いました。
 

 
まずインパネを取外して、ナビを一度取り出して、
裏から音信号を取り出して、
ピュアディオブランドのPSTケーブルでグローブボックス下までひいて行きます。
 
 

 
床の鉄板の影響を受けない様に厚めのMDF板を敷いて、
その上にハイエース専用の値のピュアコンを取り付けます。
 
 
 

 
ピュアコンでは周波数幅とインピーダンスとレベルを調整して、
ダッシュに取り付けたピュアディオブランドのATX-25ツイーターと、
ドアの純正16センチスピーカーに分配して送られます。
 
 
 

 
エッジに黄色いスポンジが付いているハイエース専用に設計された16センチスピーカーは、
見た目の貧弱さに反して低音は出過ぎるぐらい出ていて、
これまで全てのハイエースでピュアコンとイコライザーの両方で少しずつ低音のレベルを下げて、
それで全体のバランスと取っているぐらいの低音の量が出ています。
 
 
 
 
スピーカーの特性以外ではハイエースのドア自体が低音が出やすい構造で、
もちろんベーシック防振で外板裏に振るえが伝わらない様にしているからのパワフルさもあります。
 
 
 
 
防振メタルと防振マットの絶妙な貼り加減によって、
ドアがあまり重たくならない割に有効な防振効果が得られる様にしてあります。
 
 
 
 
全ての結線と組み立てが終わったらナビのイコライザー調整などを行います。
 
 
 
このナビは一見グラフィックイコライザーに見えますが、
実は7バンドのイコライザーの中心周波数が選べて、
その動かす幅も3つから選べる様になっていて、
実際はパナメトリックイコライザーとなっていて、
単なる上下の調整以外の部分で時間がかかって、
何度も調整してはメモリーしてを繰り返して、納得の行くセッティングにたどり着きました。
 
 
ノーマル時やセッティングが煮詰まっていない時はオンの方が音が良く感じた
ハーモナイザーとラウドネスも、最後にはオフにした方が音がスッキリとまとまって、
エフェクトをかけない素の音の良さが表現出来る様になりました。
 

 
ハイエースのベーシックのWパッケージは見た目の変化が少ない割には、
仕上がりの音はガッツリ変わったというイメージがあり、
長時間乗られる方が多い車だけに、
聴いている時間当りのコストパフォーマンスはとても高いと思っています。
 
  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る