本文へ移動

取付ブログ

ホンダ・ステップワゴン カーオーディオの音質アップ

2020-02-12

今日ご紹介する1台は、先日の宇部店の作業から、ホンダのステップWGNです。

 

 


ホンダ純正のギャザーズのナビオーディオを装着しておられる状態で入庫となって、

以前取り付けられたシステムを移設して取り付けていたところからのシステムアップを行いました。




ダッシュに取り付けているJU60ツイーターは以前のお車から

お使いの物をそのまま使用していて・・




 

 

ドアにアウター化して取り付けていた13センチミッドを、

ピュアディオブランドのZSP-LTD15に交換しました。





リミテッド15というネーミングながら、ZSP誕生から15周年が2016年ですから、

もう発売から4年が経過していて、今では好評のためレギュラーモデルとなっていて、

第二世代のZSPとなっています。

ミッドの交換に合わせてピュアコンのパーツを交換して、MTLと呼んでいる

コイルの他にブラックボックスを4桁シリーズに交換しました。




それに加えてPMBケーブルの末端の焼き直しを行って、焼き直しはやってもやっても

後から増えて来て、これは先日の写真の使い回しではなくて、後ろの車が変わっているので、

今日現在の焼き直し希望の山盛りです。





ハンダ槽に電源を入れて、1時間弱で370度まで上げて、末端の焼き直しを行います。

 


固まっているハンダが温度の上昇で柔らかくなって来て、真ん中から溶けた

金属があふれ出て来て、まるでターミネーターの1シーンの様です。





ピュアコンの交換とケーブルの引き直しが終わったら音が鳴る様になって、

ホンダ純正のナビの音調整に入ります。




音に不自然にクセを付ける機能は全てオフにして、イコライザー調整で

本来の音楽に近い音になる様に調整して行きます。





調整画面から一度再生画面に戻して聴かないと、調整画面で良くても

再生画面では音がやや抑圧されて聴こえるナビオーディオが多いので、

調整画面⇒メモリー⇒再生画面⇒調整画面を何度も繰り返して音を追い込んで行きます。

 

 

 

 



ミッド交換・MTL交換・ブラックボックス交換・ケーブルの末端焼き直しで、

見た目の変化はありませんが、見えない部分の改善で音の新鮮さがかなり増しました。

  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る