本文へ移動

取付ブログ

レヴォーグSTI カーオーディオの音質アップ 後編

2020-03-26

今日ご紹介する1台は、現在の宇部店の作業から、スバルのレヴォーグSTIスポーツです。

 

 

 

 


RCAケーブルと電源ケーブルをひいて、前のお車でお使いだったPMBのスピーカーケーブルは

末端を焼き直して取り付けて、PSTのスピーカーケーブルは純正のナビオーディオの音を

ハイローコンバーターでRCA化してデッキの外部入力に送ります。
 

 

 

 

フロントドアはフル防振の作業が終わったら、アウター・スラントのバッフルを組み付けて、内側を

金属リングで繋いだ後にセメントコーティングを行います。
 

 

 

 

ダッシュにはワイドスタンドを製作して、こちらも前のお車でお使いのユニコーンツイーターを移設して

取り付けました。
 

 

 

 

ピュアコンは車の買い替えに合わせて3桁から4桁に変更を行って、セブンクリップと呼んでいる7個の

放熱クリップを使ってフィルムコンデンサに熱で影響を与えない様にして、滑らかな音を再生させます。
 

 


 

リアにはアンプ・チャンディバ・イコライザーと25センチウーファー用のエンクロージャーを

組み付けて、エンクロージャー内はセメントコーティングで粗目を付けています。
 

 

 


ピュアディオブランドの25センチウーファーを取り付けて、これで全ての配線が終わって音が

鳴る様になりました。
 

 

 

 

ウーファーの上には荷物を積んでも大丈夫な様にグリルを取り付けて、右サイドだけアンプボードを

付けずに、ダイヤル操作が出来る様にして音調整を行います。
 

 

 

シフト前に1DINスペースを作ってCD-700KKを取り付けて、スバル純正のナビオーディオの

音を外部入力で入れて鳴らしています。
 

 

 

 


ナビのガイド音声はダッシュのスコーカーで鳴らして、システムの構成や造作物は、全て当社の

デモカーのレヴォーグからコピーして事前に製作してから組み付けました。
 

 

 

  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る