本文へ移動

取付ブログ

VWルポ カーオーディオの音質アップ

2020-06-22

今日ご紹介する1台は、先日の福岡店の作業から、フォルクスワーゲンのルポGTIです。
 

 

 

以前ベーシックパッケージの取付とデッキの交換をして頂いていました。
 

 

 

ツイーターはピュアディオブランドのATX-25を使用して・・
 

 

 

純正のドアスピーカーは純正の16センチからJBLの16・5センチの物に交換していました。
 

 

 

今回はJBLの25センチのサブウーファーを取り付けるために入庫となりました。
 

 

 

ピュアディオカタログに掲載されているベーシックウーファーシステムに、

追加でグリル付きの本格手になエンクロージャーに変更してあります。
 

 

 

ウーファー専用のJBL製のモノラルアンプはフロントシート下に取り付けて・・
 

 

 

こちらも追加で手元でウーファーレベルがコントロール出来るモデル変更してあります。
 

 

 

ピュアコンは最初の4ピース構成から、LCTというパーツを追加して、

フロントスピーカーのローエンドを調整出来る様にして、6ピース構成となっています。
 

 

 

デッキの内蔵フィルターを使ってフロントのローエンドを抑える事も出来ますが、

それだと中高音にくすみが出てしまうので、フルレンジで出力した後に高音域を別にコントロールして、

中低音のみを別にコントロールしているので、高音域はノンロスで影響を受けない様になっています。

 

 

 

最初のフロント2WAYの時は低音をやや抑えるために100ヘルツをマイナス1で

イコライジングしていたのを、ウーファー取付後は低音はコントローラーで

自由にコントロール出来る様になって、しかも25センチウーファーでしっかりと再生出来るので、

全てフラットで音が滑らかな状態で再生させています。

 

 


サブウーファーが何故サブと呼ばれているかというと、本来はフロントスピーカーで出きらない

低い周波数をプラスする事で、無理して低音を鳴らすよりも上質な中高音を鳴らすための物で、

ウーファーを目立たせ過ぎるとサブではなくてメインになってしまうので、

ピュアディオ的にはあくまで音質を良くするための本来のサブウーファーとして鳴らしています。

 

 

 

そのためフロントスピーカーとウーファーの音のつなぎの調整は絶妙で、

車の板金塗装の職人が、これまでの塗装と新しく塗装し換えた所のつなぎ目が分からない様にする仕事と、

かなり似た部分があります。

 

 


パワフルでクリアーな車1台で3WAYとなったルポGTIが完成しました。

 

 

 

  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る