本文へ移動

取付ブログ

ハリアーG’s カーオーディオの音質アップ

2020-06-25

今日ご紹介する1台は、現在の宇部店の作業から、トヨタのハリアーG’sです。
 

 

 

アルパインのハリアー専用のビッグXを装着した状態で入庫となって、

フロント2WAYのシステムを取り付けて頂いていたところからのシステムアップで入庫しています。
 

 

 

ドアにはアウターバッフルを製作して、ピュアディオブランドのISP-130を取り付けています。
 

 

 

ツイーターはダッシュにピュアディオブランドのATX-25を取り付けて、フロント2WAYの

スピーカーで聴かれていました。
 

 

 

リアにはPHDのアンプを取り付けていて、ピュアコンはリアに取り付けて、

アンプから最短でLRを入力した後に、フロントまで4本のPSTケーブルで独立して音を送っています。
 

 

 

ピュアコンのブラックボックスは前のお車から移設して来ていたので、

最新のアップバージョンに交換して、それに合わせて周辺のパーツも新しくしました。


 

 

同時にバッテリーをボッシュのハイテックプレミアムに交換して、かなり音の感じが変わったので、

一からイコライジングをやり直しました。
 

 

 

一度全てのバンドをフラットにして、ビッグXの周波数と動かす幅を選んだ後にレベルを操作する、

パナメトリック式を時間をかけて調整しました。
 

 

 

パナメトリック式はグラフィックに比べると調整がややこしくて、ただグラフィックで表現出来ない所まで

調整出来るというメリットもあります。
 

 

 

イコライザーを動かすのと同時にピュアコンのブラックボックスと周辺パーツも同時にあれこれと交換して、

音を追い込みました。
 

 

 

ミッドが耳に近いので、耳につく所が何カ所かあって、そこを適度下げる事によってスタジオレベルに近い

音色に合わせました。

 

 

 

スピーカーは同じでも、ケーブルはわせる方法と、ピュアコンのバージョンアップと、バッテリーの交換と、

時間をかけたセッティングで、驚くほど生音・生声に近いサウンドに生まれ変わりました。

 


 

  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る