本文へ移動

取付ブログ

セレナeパワー カーオーディオの音質アップ

2020-06-26

今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の作業から、日産のセレナeパワーです。
 

 

 

前に乗っていたお車からシステムを移設して取り付けていたところから、システム変更を行いました。
 

 

 

ドアは方ドア3面のフル防振の施工を行った後に、アウター・スラントのバッフルを製作して、

ピュアディオブランドのZSP-MIDを移設して取り付けています。
 

 

 

ダッシュにはワイドスタンドを製作して、JU60ツイーターを取り付けて、

ハイエンドのフロント2WAYとなっています。
 

 

 

更にリアの左のラゲッジ下には25センチ用のエンクロージャーを埋め込んで、

ピュアディオブランドの黄色いケブラーコーンの限定のウーファーを取り付けています。
 

 

 

ウーファーには頑丈なグリルを取り付けて、普通に荷物が積める様になっていて・・
 

 

 

ラゲッジの右下には下段にナカミチのパワーアンプを取り付けて、

上の段にはピュアディオチューンのチャンネルディバイダーと、ピュアコンが載っていて、

スピーカーケーブルはピュアディオブランドのPMBを後ろから前に4本ひいています。
 

 

 

ここまでは昨年の取り付けて、今回は前の車の時からお使いだったサイバーナビを取り外して、

アルパインのセレナ専用のフロートタイプのビッグXに交換しました。

 

 

 

上の写真がアップし過ぎてあまり大きさの差がイメージ出来ませんが、

7インチから11インチに一気にアップして、大きい画面に慣れるともう7インチには戻れません。
 

 

 

ナビが変わったので中のセッティング機能を一からやり直して、カロッツェリアで

タイムアライメントと呼んでいて、アルパインではタイムコレクションと呼んでいる機能は全てゼロにします。
 

 

 

スピーカー・ケーブル・ピュアコンなどが全て上級バージョンを使用しているので、

あまりイコライザーを動かさなくても、最初から音は整っています。
 

 

 

サウンドピュアディオのFMのラジオ番組の中の2分のPRのコーナーでは、

「なるべくナビはカロッツェリアかアルパインを取り付けて来て下さい。」と言っていて、

以前はあまりアルパインは推奨していませんでしたが、ここ数年は音がかなり良くなって来て、

良い音を再生する2メーカーとしてラジオでPRしています。

 

 

 

  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る