本文へ移動

取付ブログ

トヨタ・ヤリス カーオーディオの音質アップ

2020-09-12

今日ご紹介する1台は、昨日から今の午前にかけての福岡店の作業で、トヨタのヤリスです。


なんとマニュアルミッション車です。




ディスプレイオーディオ付きのお車に、ベーシックパッケージの取付と、

ベーシック防振の施工と、ドアスピーカーの交換を行いました。


ヤリスの取付は今回が初めてで、ドア防振のポイントを探って、

ピュアコンの適性の値を探りました。

 

 


ドアのスピーカーグリルは特殊な形状で、かなり苦労してマッチングを探りました。




ピラー根元に純正ツイーターの位置がありますが、ここはデザイン的に良くても

指向性の向きが悪いのと、鉄に近かくて磁力線が曲がるので使用せず、

ダッシュ上にスタンドを使って仰角・振り角を付けて、ピュアディオブランドの

ATX-25ツイーターを取り付けました。


 

次にドアの内張を外して、インナーパネルをを外して、外板裏にベーシック防振の施工を行います。

 

 

 


後でドアスピーカーを交換しましたが、一度純正の16センチの組み合わせで鳴らしてみました。

 

 

16センチスピーカーの穴に13センチサイズのインナーバッフルを製作して、

上半分にレインガードを付けました。

 




取り付けたスピーカーはピュアディオブランドのISP-130で、

前に乗られていたお車から移設して取り付けています。

 




初めてのヤリスなのでグローブボックス下のピュアコンはあれこれと交換して、

やや下向きのグリルのヤリスの特性に合う値を探しました。





トヨタのディスプレイオーディオは最初の音がフラットとは言えず、

トレブルとミッドを上げ気味にして、少し勢いを付けて聴感上のフラットにしました。

 

 


一度はこれまでのピュアコンのパーツでマッチングを出したのですが、

後もう一歩をP出したくて、ピュアコンのブラックボックスは

ヤリスのディスプレイオーディオに合わせたチューニングの物を新たに製作しました。

 



苦労して専用チューンでマッチングを取ったので、お客様には大変喜んで頂きました。

 

 

 

 追伸
最初はCDやDVDが再生出来なかったトヨタのディスプレイオーディオですが、

ユーザーの不満が多かったという事で、オプションで助手席下にプレイヤーが付く様になっていました。

 

  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る