本文へ移動

取付ブログ

マツダ・アクセラ スピーカーの音質アップ

2020-09-14

今日ご紹介する1台は、先日の宇部店の作業から、マツダのアクセラです。

 

 


マツダコネクト付きのお車にベーシックパッケージの取付と、

ベーシック防振の施工のWパッケージの作業を行いました。

 

 


たしかマツダコネクトはアクセラが最初に採用して、シフトの後ろにダイヤルとスイッチが付いているのは、

アウディを意識してという説もありますが・・

 

 


作業はまずドアの内張とインナーパネルを外して、外板裏に防振マットと防振メタルを貼り合わせます。

 

 


ベーシックパッケージなので純正の16センチスピーカーはそのまま使用しますが、

このアクセラのプラスチックのバッフルはとても固くて、ユニットは低音が出過ぎるぐらい出ています。

 

 


ベーシック防振が終わってドアを開閉すると、余分な響きが抑えてあるので、

オーディオの音以前にドア自体の響きが変わっています。

 

 


ダッシュの両端には純正ツイーターのグリルがあり、

上向きにツイーターが付いているのでガラスの反射を受けて、

グリルによる高い音域のひかかりがあるので、この位置は使用しません。

 

 


運転席から見てガラスにツイーターが反射して見えるという事は、音がガラスに反射しているという証拠です。

 

 

 

グリルの手前にスタンドを使って適切な仰角・振り角を付けて、

JBLのP560のツイーターを取り付けました。

 

 


このツイーターは前の乗られていたお車で使用されていた物で、移設して取り付けています。

 

 


マツダコネクトの車両アンプからピュアディオブランドのPSTケーブルでグローブボックス下まで

音信号をひいてきて、MDF板を敷いた上にピュアコンの4点セットを取り付けました。

 

 


ブラックボックスは以前使われていた物がそのまま使用出来たので、

外付けのコイルをアクセラ用に交換して対応しました。

 

 

 

全ての組み立てが終わったらマツダコネクトの調整を行います。

 

 


バス・トレブルはフラットで、フェダーを若干前に振って、そこがピークポイントだったので、

そこで調整を終了しました。

 

 

 

<p>これまで使われていたツイーターのコンディションが良かったのと、

ブラックボックスがそのまま使えたので、かなり出費が少なくて良い音が再生出来ました。

 

 

 

  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る