本文へ移動

取付ブログ

カローラツーリング カーオーディオの音質アップ

2020-09-21

今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の作業から、トヨタのカローラツーリングです。

 

 


トヨタ純正の大型ディスプレイオーディオを装着されたお車にベーシックのWパッケージを

取り付けて頂いていたところから、インナーバッフルを製作してドアスピーカーの交換を行いました。

 

 

 

まずドアの内張を外して、純正の16センチスピーカーを取り外します。

 

 

 

車室内からピュアディオブランドのPSTケーブルをひいてきて、インナーバッフルを製作して取り付けて、

上に金属シートでレインガードを製作して、マグネットやターミナルが濡れない様にします。

 

 


レインガードを付ける事でスピーカーの寿命が延びて、良いコンデョションで聴き続けられるので、

作業工程に含んでいます。
 

 

 

今回使用するスピーカーはJBLのクラブ602CTPのミッドのみで、

19ミリ径の付属ツイーターに対して、ベーシックパッケージのATX-25は25ミリ径のために、

周波数レンジが広いためにこちらを使用します。

 

 

 

16・5センチのミッドを取り付けて、周りをシール材で塞いだら、

内張を組み付けたらドアの作業は完成です。

 

 

 

ただしミッドの特性が変わったので、グローブボックス下のピュアコンのコイルの値は変更します。

 

 


最後にディスプレイオーディオのバス・ミッド・トレブルの3トーンを動かしたら全ての作業は終了です。

 

 


カローラ系のディスプレイオーディオは3トーンをフラットにしても出て来る音はフラットではないので、

そこを不満に思われて入庫される方が多くおられます。

 

 

 

ベーシックのWパッケージで音質改善されますが、ドアスピーカーを交換すると

更に音のクリアーさが増します。
 

 

 

  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る