本文へ移動

取付ブログ

アクセラ BOSEサウンド車の音質アップ

2020-09-23

今日ご紹介する1台は、先日の宇部店の作業から、マツダのアクセラです。

 

 


ドアにフロントマグネットのウーファー付の、BOSEサウンド車に、

ベーシックパッケージの取付と、ドア防振の作業を行いました。

 

 


まずは前後のドアの外板裏にベーシック防振の施工を行いました。

 

 


続いて前後のドアの内張にセメントコーティングの施工を行いました。

 

 


この日は天候が良かったので、天日干しでコーティング剤を乾かしました。

 

 


リアのハッチの内張と、Aピラーの内張にもセメントコーティングを加えているので、

かなり静粛性を上げる施工となっています。

 

 


ベーシックパッケージのツイーターは、アップグレードのATX-30Jを使用して、

ダッシュのスコーカを中音のみの再生として、高音域をガラスの反射無く鳴らしています。

 

 


車輛のBOSEアンプから取り出した音信号はグローブボックス下に取り付けたピュアコンに送って、

ここで中音域と高音域に分配しています。

 

 


全ての結線が終わって音が鳴る様になったら、マツダコネクトの音調整を行います。

 

 


バスとトレブルとフェダーを動かして、スタジオレベルとコンサートホールのPAの音の中間ぐらいで

セッティングして、納車の前にスタジオレベルだともう1クリックバスを下げて、

「PAレベルだとトレブルを1クリック上げて。」とご説明しました。

 

 


アクセラのお客様はある女性バンドグループのファンで、ライブにも行かれた事があるとの事で、

入庫時に低音が強めに設定してありましたが、ノーマルのドアではかなり低音が逃げていた音が、

防振の効果でかなり低音が前に出て来る様になって、バスは1クリック下げる状態になりました。

 

 


その女性グループの方のボーカルの方はピュアディオ関連の番組に出演された事があって、

生の声を直接聞いた事があるので、その事を井川ブログで知られて、わざわざ鳥取県からお越し頂きました。

 

 

 

GOTOトラベルキャンペーンを利用して良い宿に安く宿泊されたそうで、

1泊されて代車で山口県観光をされて、作業が出来上がったらご自分の車で帰る事が出来るという、

「GOTOキャンペーンは自分の仕事とは全く関係ないと思っていたのに。」と、

こんな恩恵があるんだなと感じた作業でした。

 


 

  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る