本文へ移動

取付ブログ

スバル・フォレスター カーオーディオの音質アップ

2020-09-26

今日ご紹介する1台は、昨日の宇部店の完成車から、スバルのフォレスターです。

 

 


スバル純正のナビオーディオに、ピュアディオチューンのハイローコンバーターを使って

RCA信号を取り出して、フルシステムの取り付けを行いました。
 

 

 

リアのラゲッジ下にエンクロージャーを埋め込んで、

ピュアディオブランドの25センチのZSPウーファーを取り付けて、

ラゲッジの上の奥の方にナカミチのPAー1002Nを2台と、

ピュアディオチューンのチャンネルディバイーダを取り付けて、後から上にアンプボードを取り付けます。

 

 

 

フロントドアは方ドア3面のフル防振の施工を行い、アウター・スラントのバッフルを製作して、

以前のお車で使用されていたZSP-MIDを移設して取り付けました。

 

 


ダッシュにはワイドスタンドを製作して、JU60を取り付けました。

 

 


グローブボックス下にはMDF板を敷いて、その上に合計8ピース構成のピュアコンを取り付けて、

ツイーターとミッドの周波数幅とインピーダンスとレベルを調整しています。

 

 


ピュアコンで調整出来ない周波数の上下は、スバル純正のナビオーディオのイコライザーで

調整をおこないますが、これは中身がカロッツェリアのサイバーナビですね。

 

 


現行のサイバーナビは31バンドと5バンドのイコライザーが二重に入っていて、

5バンド側をパッケージのフラットかカスタムのフラットで微妙に音が違います。

 

 


今回はカスタムをフラッツとにして、その後で31バンドイコライザーを調整しました。

 

 


バッテリーは音質を重視してボッシュのハイテックシルバーを使用しています。

 

 


ただしこのフォレスターはフロントにバッテリーが2個付いているタイプで、

右側のボッシュはメーカー指定でHTPという黒いタイプの物を使用しています。

 

 


かなり随所に工夫がしてあり、消費電力を極力使わずに極めた音を表現しています。

 

 

 

  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る