本文へ移動

取付ブログ

トヨタプリウス スピーカーの音質アップ

2021-01-23
今日ご紹介する一台は、先日の宇部店の作業から、トヨタの50系プリウスです。


50系プリウスは発売されて直ぐに実写を購入してパッケージ開発を行なっていて、
今回のお車はマイナーチェンジ後のリアのライトが変わったモデルです。




デンソーテン・イクリプスのナビオーディオを装着した状態で入庫となって、
ベーシックパッケージの取り付けと、ベーシック防振の施工の、ダブルパッケージの作業を行いました。





ドアスピーカーは16センチの丸型で、外板裏の残響が残りやすいタイプで、
複数の材質とさまざまな形の防振剤で、ドアの響きを効率的に落とします。




ダッシュの中高音を鳴らすスコーカーは一度取り外して、付属の小さなコンデンサを
大型の物に交換して、中音域の再生に有利な状態にします。




そしてダッシュの上に適切な仰角と振り角を付けた、ピュアディオブランドの
ATXー25ツイーターを取り付けて、ドア低音⇨スコーカー中音⇨ATXー25高音の、
フロント3WAYスピーカーとなりました。




純正の2WAYの状態はドアの16センチスピーカーは全帯域で鳴っていて、
そこにスコーカーの中高音をプラスして、同じ周波数が広い範囲で重なっていたのを、
6ピース構成のピュアコンできちんと帯域分けを行なって、スコーカーの裏に
大型のコンデンサーを取り付けているので、実際には8ピース構成と同じ動作をさせて、
ノーマルの2WAYに比べたら驚くほど表現力が上がりました。



全ての取り付けが終わったらナビオーディオのイコライザー調整を行います。





デンソーテン・イクリプスのナビは、最初に動かす周波数をいくつかの中から選んで、
それから動かす幅を3つの中から選んで、それからレベルを上げ下げするという、
かなり複雑な調整方法です。





当社が購入した初期型の50系プリウスも同じ方式のナビで、パッケージを開発した時の
調整ではかなり苦労しました。



通常は4ピース構成のピュアコンを6ピースにして、調整する音域を増やして、
50系プリウスのベーシックパッケージは開発されて、デモカーは10ヶ月使用してから、
高値が付くうちに手放して、今は手元にありません。



実車を買って時間をかけて開発したからこその、素晴らしいサウンドに、お客様も喜ばれていました。
  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る