本文へ移動

取付ブログ

トヨタ・ハリアー スピーカーの音質アップ

2021-02-22
今日ご紹介する1台は、一昨日の宇部店の作業から、トヨタのハリアーです。



トヨタ純正のナビオーディオを装着した状態で入庫となって、ベーシックパッケージの取付を行いました。



この年式のハリアーはドアの下部に16センチスピーカーが付いていますが、
グリルの下にドアポケットがあるために、平均的な取付位置よりはやや高い部分にあります。



ダッシュの上にはスコーカーサイズのグリルが付いていますが、中身はツイーターで高音のみで、
JBL仕様は中音域から出ています。



純正ツイーターは配線を抜いて鳴らなくして、ドアスピーカーをピュアコン通しで中低音の再生にして、
ダッシュの両端にスタンドを使ってピュアディオブランドのATXー25ツイーターを取り付けて、
フロント2WAYのシステムにします。



元々の2WAYから2WAYなので構成はそのままですが、指向性の向きの良い場所に
高性能なツイーターを付けているのと、純正の16センチスピーカーはインピーダンスや音域幅などを
コントロールしているので、ドアの音質を改善した上に上質な高音を乗せているので、
ノーマルのスピーカーとは全く違うイメージに進化しています。



今回使用したピュアコンは白いラベルのRRタイプで、
ノーマルに対してプラス4000円の高音域の粒立ちが細かい物で、9割以上の方がRRタイプを
選択されます。



今回はコイル2個とSSF2個の合わせて6ピース構成で、オプション1品プラスで
更に音の細かい調整を行っています。



全ての結線が終わって音が鳴る様になったら、ナビオーディオの音設定を行います。



この表示はデンソーテン製で、まずは音を強調する機能は全てオフにして、
素の音にしてからイコライザー調整を行います。



デンソーテン製のナビのイコライザーはパナメトリック式で、
最初に動かす周波数と動かす幅を決めて、それからレベルを上下させるので、
かなり熟練しないとうまく調整出来ません。



最近のナビはイコライザーをフラットにしても出力が完全なフラットでない場合が多いので、
イコライザーの調整幅を少なくして、ピュアコンの値を動かして、それでトータルで滑らかな音を
再生させています。



土曜日は2時40分に福岡店でステップワゴンの調整が終わり、それからノンストップで
宇部店に帰って来て、5時前にはハリアーの調整を終わらせました。



ピュアコンの基本的な数値のマニュアルがあるのですが、ナビの音のクセに合わせて、
より滑らかな音にするために、1台1台耳を通して細かい調整をしています。



  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る