本文へ移動

取付ブログ

日産デイズ スピーカーの音質アップ

2021-04-07
今日ご紹介する1台は、先日の福岡店の作業から、日産のデイズ・ハイウェイスターです。



うちの青いノートeパワーはまだ普通のレーダークルーズですが、このデイズはそれより優れた
プロパイロット付いています。



日産純正の大画面ナビオーディオが装着された状態で入庫となって、ベーシックパッケージの取付と、
ベーシック防振の施工の、Wパッケージの作業を行いました。




先代のデイズのドアの中央付近のスピーカー位置から、ドアの下部にスピーカー位置が変わって、
同じデイズでも全く特性が違って、ピュアコンの値は完全に変わっています。



新型デイズ用はドアスピーカーの上限周波数を伸ばすためにコイルの巻き数を少なくして
バランスを取っていて、先代の3分の1以下の巻き数になっているので、
1種類のコイルで全ての車種に対応させようとしているトレードインスピーカーでは表現出来ない音を
再生させる事が出来ます。



ベーシックなのでドアスピーカーはそのまま使用して、ベーシック防振とピュアコンを通す事で
ノーマルそのままとはかなり音質が変わっています。



これは防振前の写真で、ドアの後ろに大きなシルバーの防振マットが貼ってあるのは工場装着で、
かなりロードノイズの入りやすいドアだと分かります。



この防振材の他に、方ドア8枚の防振マットと防振メタルを貼り合わせて、ドア全体の響きを静めます。



新型デイズはピラーの根元に純正ツイーターが付いていますが、向きがそれていて、
ユニットの質感が悪いのと、車体の鉄の影響で磁力線が曲がるので音質が劣るので、
ダッシュの上に仰角・振り角を付けたピュアディオブランドのATXー25ツイーターを取り付けて、
見晴らしの良い場所から上質な高音を再生させています。



全ての取付が終わって音が鳴る様になったら、純正ナビの音設定画面に入って細かく調整します。



これはパナソニックのストラーダの画面ですね。



最初から100センチのディレイがかかっているのを全てゼロにして、イコライザーを数カ所
1クリックずつ動かして音の微調整を行います。



いくらイコライザーの調整画面で良い音と感じても、一度メモリーすると微妙に音色が変わってしまい、
再生画面で音を確認して調整画面に入ってを何度も繰り返して、より生音・生声に近づけて行きます。



お客様には店内デモカーの音を聴いて頂いて購入を決めて頂きましたが、
「なぜ純正スピーカーでこんなにいい音が出るんですか?」と聞かれて、
「純正スピーカーだからこの音なんですよ。」とご説明していました。



つまりカー用品店で販売しているスピーカーは、音域によって強弱を付けたり、
材質で音を必要以上にタイトにしているために、本来の音にしようにもクセが強すぎて無理で、
こもっていたり音が軽い純正スピーカーのこもっている部分を改善して、
インピーダンスをやや上昇させたり防振施工で音に重みを持たせて、
そこに上質なツイーターの音を加えてトータルで音質をアップさせていて、
歌っている本人の声を確かめた上でセッティングを行っているので、
ベーシックのWパッケージはドアスピーカーがそのままでも素晴らしい音を再生出来る様になっています。



カーオーディオがなぜこの様な元の音楽と違う音になったかと考えると、
元々カー用品でドレスアップの一部として考えられていたので、トレンドの音が出来て、
実際の音楽と違う音が良い音になってしまったのだと思われます。



音楽好きであるボーカリストの方のファンクラブに入っておられて、ファンイベントで何回か本人の生声を
ご存じのお客様には、ベーシックのWパッケージの音には大変満足して頂けました。



  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る