本文へ移動

取付ブログ

レヴォーグ アイサイトX車の音質アップ

2021-09-15
今日ご紹介する1台は、先日の宇部店の作業から、スバルの新型レヴォーグです。



縦に長いディスプレイが付いているアイサイトXが装着されているお車に、
ベーシックパッケージの取付と、ベーシック防振の施工の、Wパッケージの作業を行いました。



まずはドアの内張と防水シートを外して、外板裏に防振マットと防振メタルを貼り合わせます。



防水シートと内張りを元に戻せば、ドアの作業は完了です。



この時点で外板裏の残響が減っているので、ドアの開閉音が入庫時と変わって高級感が増しています。



ベーシックパッケージなのでドアの16センチスピーカーはそのまま使用して、
純正ではダッシュのツイーターの下限周波数がゆるく落としてあるのを・・



ピュアディオブランドのATX-25ツイーターを取り付けて、純正の倍のスロープで中音域を落として、
ツイーターの適切な向きも合わさって、上質な高音を再生させます。



グローブボックス下に取り付けたピュアコンでは、純正状態ではアンプからストレートに繋がって、
何の制御もしていないドアスピーカーを、こもってしまう高音域をカットして、ゆるい低音域を
インピーダンスをやや上昇させて重みを付けて、ドアの防振の効果と合わせて純正の鳴りとは大幅に表現力を
アップさせています。



全ての結線が終わったら純正オーディオの音調整機能を動かして音を整えます。



バランス・フェーダーの他にボーカルイメージコントロールとバーチャルイメージエンハンサーが
入っています。



イコライザーは低・中・高の3バンドで、純正のオーディオは普通高音が弱くて低音が強いのですが、
レヴォーグのアイサイトX車は逆の音の傾向があります。



音調整の時にハンドルリモコンを使って音量と選曲を操作していたら、タコメータの下に表示が出て来ました。



これは輸入車みたいで走行中には便利ですね。



アイサイトX車のディスプレイオーディオはかなり音に強いクセが付いていますが、
1台目の車両でかなり時間をかけてピュアコンの値を探り出しているので、2台目以降は半分以下の時間で
スムーズに調整は進みました。



アイサイトXで快適な新型レヴォーグが、音質と静粛性をアップさせて、更に快適なレヴォーグへと
進化しました。



  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る