本文へ移動

取付ブログ

ポルシェ911 BOSEサウンド車の音質アップ その2

2021-10-13
今日ご紹介する1台は、先日の福岡店の作業から、ポルシェ911TのBOサウンド車の続きです。



ドアの内張を外して、外板裏とインナーパネルの響きを調べて、防振メタルと防振マットの貼り位置を
マーキングしました。



インナーパネルには中音用のスコーカーを付けるスペースがあって、ここが奥の容量が少なくて・・



そこにマグネットの大きなユニットを入れているので、容量不足から中音域が後ろ髪を引かれる様な
状態だったんだなと思いました。



ここはマグネットの小さなJBLのGX302を入れてみて、一度マッチングを確かめてみます。



ドアには20センチサイズのフロントマグネット型のウーファーが付いていて・・



こちらは後ろが薄くてストロークが短いので、表面は16・5センチと狭くなっても、
ストロークが大きく取れるJBLのスタジアムGTO600Cのミッドバスを一度付けて見て
マッチングを探ります。



外した内張裏はツルツルなので、粗目を付けてセメントコーティングが付きやすいように施工を行います。



伝送系のアクセサリーを付けるために助手席のキックパネルにはヒューズボックスを開けると、
最近の車は小型サイズの平型ヒューズが多い中、フルサイズの平型ヒューズが付いていて、
ここはやっぱりポルシェだなと思って見ていました。



今日は水曜日で福岡店はお休みなので、明日からまたポルシェの作業を再開します。



(後はその3に続く)



  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る