本文へ移動

取付ブログ

ハイエース・ワゴン カーオーディオの音質アップ

2022-01-13
今日ご紹介する1台は、昨日の宇部店の完成車から、トヨタのハイエースです。



10人乗りの3ナンバーのワゴン車です。



以前乗られていたお車からナカミチのCD-700Mなどを移設して取り付けて、
システムアップも同時に行っています。



ドアにはフル防振の施工の後に、アウターバッフルを製作して、ピュアディオブランドのZSP-MIDを
移設して取り付けています。



ツイーターは新しくJU60をワイドスタンドを製作して取り付けました。



4列目のシートの右下にはエンクロージャーを製作して、JBLの25センチのサブウーファーを
取り付けています。



4列目シートの左下には下段にナカミチのPA-504のアンプを取り付けて、
その上にアンプボードを製作して、ピュアディオチューンのチャンネルディバイダーと、
30バンドのアナログイコライザーを取り付けています。



フロントのツイーターとミッドの音調整を行うピュアコンは運転席と助手席の間の足元に取り付けて、
その上にボードを取り付けて、上から踏まれても問題無い様にしてあります。



チャンネルディバイダーが付いているのでピュアコンは8ピースが上限で、
その8ピース構成の組み合わせをあれこれと変えて音調整を行って、
後ろに行ってチャンネルディバイダーとイコライザーの調整も行って、
かなり時間をかけて音調整を行いました。



CDナカミチのCD-700MのCDとFMラジオの音にプラスして、
ピュアディオがチューンしたブルートゥースレシーバーも取り付けて、
デッキのデジタル入力に入れて、CD-700Mの上質なDAコンバーターを通して、
スマートフォンの音をクリアーな音で鳴らしています。



ナカミチ製品の音は時代遅れと思っておられる方も多いでしょうが、
時代の先端を行くトレンドの音は実際の音楽とは違う妙に明るくて音のキレが良過ぎるので、
サウンドピュアディオは昭和の時代から一貫してFMの放送局のモニタースピーカーの様なクセの無い
本来の音楽に近い音を再生するという方針を変えていません。



それが嫌いな人もあれば好きな人もある訳で、でもFM放送に関わっているお店が他に無いので、
そのスタジオ的なサウンドというのはサウンドピュアディオでしか表現出来ないというのが現状です。



  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る