本文へ移動

取付ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

BMW5シリーズ カーオーディオの音質アップ

2017-09-21
昨日は午前中にBMWのG30型5シリーズのデモカーの試聴の希望があったので、

いつでもデモ出来る様にスタンバイしていました。
 
 
作業場から駐車場がカメラで写る様になっているので外を見たらうちの白い3シリーズ以外に

2シリーズと5シリーズのワゴンが止まっていて、店内に入ったら今日試聴予約の方とは別なお客様でした。
 
 
試聴ではドアに10センチのアウターバッフルを製作して防振している方が音がシャープで・・
 
ノーマルの方は内張りを含めてドア全体から音が出ている感じで、
単純な量としては純正側の方が出ている様でした。
 
しかし再び聴き返すと余分な音がかなり付帯していて、

正確に音楽が鳴っている訳ではないという事が確認出来て、デモカーと同じ仕様にする事になりました。
 
ピットの右後ろのレーンに入庫して、周りをマスキングして作業にかかりました。
 
 
お客様はトランクにサブウーファーが取り付けられたいとの要望もありましたが、
 
トランクスルー部分の下には2個あるバッテリーの大きい方が収まっていて、

クランプで電気の状態を磁気で調べている様だったので、
 
「自分のところのデモカーでも怖くて外したぐらいなので、
 
メンテナンスで支障があってはいけないので・・」と諦めて頂きました。

ホンダ N-ONE スピーカーの音質アップ ~その2~

2017-09-20
今日ご紹介する1台は、先日の福岡店の作業から、ホンダのN‐ONEです。
 
 
月曜日にご紹介した赤いボディーに黒いルーフのN‐ONEとはグリルとホイルが違い・・
 
 
内装色も違う別なお車です。
 
 
「あれっ? 出庫したはずなのに?」と一瞬目を疑ってしまい、「こんな事もあるんだな。」と
同じカラーが続いた事を驚きました。
 
 
 
ナビオーディオは富士通テン・イクリプスのモデルが装着された状態で入庫となって、
ベーシックパッケージの取り付けを行いました。
 
 

一度ナビオーディオを取り外して、裏からダイレクトに音信号を取り出して、
グローブボックス下までPSTケーブルで送ります。
 
 
このナビを一度取り外してダイレクトに信号を取り出すという、
手間のかかる作業とPSTケーブルの使用が良い音の根源です。
 
 
 
取り出した信号はグローブボックス下にMDF板を敷いた上に、N‐ONE専用チューンの
ピュアコンのブラックボックスとコイルを通した後に純正のドアスピーカーと
ダッシュの後付けツイーターに分配して送ります。
 
 
ツイーターはおなじみのピュアディオブランドのATX-25です。
 
 
見た目の変わった部分はダッシュにツイーターが乗っただけですが、
純正のドアスピーカーの音質が変わった上に上質なツイーターの音が加わっているので、
想像していたよりも音が良くなったと言われる方が多いのが、ベーシックパッケージの特徴です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ホンダ・N‐ONE スピーカーの音質アップ

2017-09-18
今日ご紹介する1台は、先日の福岡店の作業から、ホンダのN‐ONEです。
カロッツェリアの楽ナビが装着された状態で入庫となって、ベーシックパッケージとドア防振の施工を
行ないました。
 
 
ベーシックパッケージはドアの純正スピーカーはそのまま使用して、
ホンダ純正はネジが上部1個しか付いていない一見貧弱な作りになっていて、
これで良い音が再生出来るとはとても思えません。
下2ヶ所にフックがあって、上1本で締め上げると周りのエプトシーラーが
密着して低音が出るという仕組みです。
 
 
工場での取り付けスピードを重視している割には低音が出ていて、中音域にはクセが付いてません。
 
ただ高音域は不足しているというか、こもっているので、その部分はピュアコンでカットして、
ピュアディオブランドのATX-25ツイーターを追加して上質な高音を再生させています。
またドアスピーカーはインピーダンスをやや上昇させて音に重みを付けていて、
中低音もノーマルの状態と比べて上質になっています。
更にドアの中には片ドア3面のフル防振の施工を行なっていて、外板裏のベーシック防振と、
サービスホールを塞ぐ防振と、ドアの柔らかく鈍い響きを無くすセメントコーティングを行い、
フル防振の状態にしています。

トヨタ・ハリアー カーオーディオの音質アップ

2017-09-18
今日ご紹介する1台は、先日の作業から、トヨタのハリアーです。
純正ナビ付きのお車にキットを使用してカロッツェリアのサイバーナビを装着した
状態で入庫となって、スピーカーとアンプの取り付けを行いました。

ドアはフル防振の施工を行なった後にアウター・スラントのバッフルを製作して、
JBLのP660のミッドを取り付けています。
ツイーターはピュアディオブランドのATX-25をスタンドを使って取り付けました。
ノーマルでこんな感じだったラゲッジを加工して・・
ラゲッジのフタを加工して、ウーファーのグリルを取り付けたらスッキリと
ユニットは収まりました。
最後にサイバーナビのイコライザーを調整して、ハリアーのフルシステム
の作業は完了しました。

トヨタ プリウスG’s カーオーディオの音質アップ

2017-09-17
今日ご紹介する1台は、本日の福岡店の作業からトヨタのプリウスG’sです。
 
 
サイバーナビを装着した状態で入庫となって、ベーシックパッケージとドア防振の作業を以前行って頂いていました。
 
 
 
 
今回はフロントドアにピュアディオブランドのZSP-LTD15を取り付けるために入庫となりました。



ツイーターはJBLの25ミリ外ドームタイプで、これまではダッシュ上に付いている
純正スコーカーで中音域を鳴らして・・
 
 
ドア内には楕円を13センチの円に変換するバッフルを製作して、黄色いケブラーコーンのスピーカーを付けました。
 
 
 
近くで見るとZSP-LTD15が付いているというのが分かります。
 
 
ZSP-MIDがアウターバッフル専用モデルだったのがLTD15はインナー・アウター両用に設計を変えたので、
これまで諦めておられた方もZSPのレコーディングスタジオ的なサウンドを手に入れる事が出来る様になりました。
 
 
 
 
 
 
良い組み合わせが見つかったら、最後にイコライザー調整を行ったら全ての作業は完了です。
 
 
 

 
あっ!忘れていましたが、仕上がった後は外でホースで水をかけて、
ゲリラ豪雨にあっても雨漏りしない様にテストを行います。

 
 
 
 
30系プリウスとプリウスアルファは電源の環境とドアの構造の関係で、工夫すればけっこう良い音が再生出来ますね。
  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る