フリード

IMG_5574
お客様のホンダのフリードです。
フルモデルチェンジ後のフリードが早速入庫しました!
ドアの純正スピーカーはフルレンジが付いており、高域が耳まで届かず低音がモゴモゴとこもっている状態でした。
そこで、サウンドピュアディオオリジナルの車種別専用設計“ベーシックパケージ”と“ベーシック防振”のWパッケージを施工して音質&静粛性アップしました!
 
“フリード”の詳しい施工内容はこちら↓↓ 
ホンダ・新型フリード カーオーディオの音質アップ
IMG_5605
IMG_5592
IMG_5580
IMG_5585
IMG_5584
IMG_5593

フリード

IMG_4082
純正のドアスピーカーは、低域~高域までを一種類のスピーカーで再生するフルレンジスピーカーで、入庫前は音がモゴモゴしていてこもっている状態でした。そこで、ピュアディオ・オリジナルのベーシックパケージを取り付けて、音のバランスと質感のアップを図りました。
まずは高域の改善です。以前に乗られていたお車から、JBLの25ミリ外ドームツイーターをフリードに適正な角度を付けたスタンドを使って取り付けます。ナビの裏から音信号を取り出して、ピュアディオブランドのPSTケーブルでグローブボックス下に送ります。グローブボックス下のピュアコンで分配した後、一方を純正ドアスピーカー配線につなぎ、もう一方をダッシュ上のツイーターの手前までひいて行きます。ナビ裏からツイーターの手前までPSTケーブルで送っているので、かなり低ロスでの伝送になっています。そしてピュアコンのブラックボックスは以前の物をそのまま使用して、コイル部分はフリードに合う物を新たに取り付けています。
更にオプションのSSFを加えて、最後にホンダ純正のナビオーディオのイコライザー調整を行い完成です。
施工後は、入庫時と同じ純正スピーカーと思えない程大幅に音質改善する事ができ、モゴモゴしていたヴォーカルや楽器の音が目の前からクリアに聴こえて、「こんなに変わると思ってなかったです。」と喜んで頂きました。
IMG_4111
IMG_4117
IMG_4110
IMG_4106
IMG_4109
IMG_4115

フリードスパイク

IMG_4641
カロッツェリアの楽ナビが取り付けしてありましたが、スピーカーは純正でした。
純正状態では、とにかく低音が強く、下手なパワードウーハーなら不要なほどの量で、おかげでかなり高音が出ず、こもった印象でした。
 
そこで、ピュアコンを使ってMIDスピーカーの再生音域をコントロールし、負担を減らしつつ、各周波数毎のインピ-ダンスのずれをコントロールします。
不得意な高域はツイーターにバトンタッチします。
ダッシュボードの上にJBLのツイーターを取り付けし、指向性をしっかりと合わせて取り付けします。
すると、あんなにこもっていたのがうそのように透き通り、目の前に音像が浮かぶようになりました!
IMG_4648
IMG_4647
IMG_4646
IMG_4649
IMG_4651

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : カロッツェリア AVIC-MRZ009
Speakers/TW : JBL P560 TW
Speakers/MID : 純正
Speaker Cables : PUREDIO PST

フリード ハイブリッド

DSCN4796
ホンダ純正のギャザーズ製、大画面ナビ付で入庫しました。
 
こちらのナビはそのまま生かして、JBLのツイーターとピュアコンをプラスするベーシックパッケージと、ドアの外板裏に防振マットと防振メタルを貼って、残響を抑えるベーシック防振を施工しました。
 
16cmの純正スピーカーの苦手な中音~高音にかけての部分は、ピュアコンでカットし、音色の綺麗な部分をセレクトして使います。
 
カットされた音域は、JBLのツイーターに任せます。
 
すると目の前に、ダッシュボードいっぱいに自然と立体的な音像が現れ、バランスの良い音へと変化しました。
DSCN4880
DSCN4802
DSCN4876

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : GOTHERS VXM-135VFNI 
Speakers/TW : JBL P560 TW
Speakers/MID : 純正
Speaker Cables : PUREDIO PST