レクサス

レクサス RX

IMG_4359
全車異形パネルの専用ナビオーディオ付のお車に、ベーシックパッケージの取付と、ドア防振の施工を行いました。

ドアには丸型ウーファーとダッシュにはスコーカーの真ん中にツイーターが付いたコアキシャルのスピーカーが付いています。


コアキシャルのスピーカーはコイルが付いていて、マグネットの近くにあると音質的に良くない為、ここはJBLのGX302のコアキシャルスピーカーに交換し、真ん中のオレンジのツイーターは配線をカットしてスコーカーのみを使用します。

スコーカーの裏にはピュアディオブランドのPSTケーブルをひいて来ていて、その横にツイーター用のPSTケーブルもひいて来ています。

ダッシュのグリルを組み付けて、その横にピュアディオブランドのATX-25ツイーターを取り付けて、中音と高音を別配線の別ユニットで再生します。

ドアには防振作業を行います。こちらの年式のRXはサービスホールが開いていなくて、プラスチックのパネルで覆われています。

ここのパネルを外すと外板裏のほとんどの部分に何も貼ってない状態でしたので、こちらに防振メタルと防振マットを貼り合せたベーシック防振の施工を行います。

プラスチックのインナーパネルは、はめる前に防振材を貼って響きを抑えて、内貼り裏のプラスチックにはセメントコーティングを行い、静粛性と断熱性をアップしています。片ドア3面のフル防振の状態になって、ドアの作業は完了です。

最後に純正ナビの調整を行い完成です!施工後は、はっきりと立体的な音になり喜んで頂けました。

 
IMG_4414
IMG_4415
IMG_4432
IMG_4434
IMG_4437

レクサス IS

IMG_4359
純正では、異形パネルの専用ナビと車両に専用アンプが付いているため、簡単にデッキとスピーカーの交換が出来ない車種です。
そこでピュアディオ・オリジナルのベーシックパッケージ&ベーシック防振の取り付けを行い、純正ナビとスピーカーを交換せずに音質アップを図りました。まずは防振の作業です。ドアの内張りを外して、外板裏に防振メタルと防振マットを貼り合わせます。低い響きはマットで静めて、カーン!という高い響きは防振メタルで静めます。
また外板裏の震えが減る事でドアのウーファーの鳴りもハッキリと聴こえる様になります。
フロンドドアにプラスして、リアドアにもベーシック防振の施工を行ない、音質アップはもちろん、静粛性アップにも貢献します。
ダッシュの中高音用のスコーカーの部分は、グローブボックス下にセットしたピュアコンで中音のみの再生にします。
レクサスのスコーカーは車種ごとに特性が微妙に違い、ユニットは他と共通でもISでは裏にエンクロージャーが組んでありました。
高音はダッシュ上に角度を付けたピュアディオブランドのATX-25を取り付けて、高音を独立して鳴らします。最後に音を鳴らして、ピュアコンのパーツを交換して音を追い込み完成です。施工後は、音質が上がった事の他に、前後のベーシック防振の効果で車内が静かになり、音楽が聴きやすくなったと喜んで頂けました。
IMG_2989
IMG_2995
IMG_2978
P1240343
IMG_2986
IMG_2991

レクサス LX570

IMG_2958
異形パネルのナビオーディオ付きで、システムアップは簡単には出来ない仕様です。そこで、完全車種別専用設計のベーシックパッケージの取り付けと、ベーシック防振の施工を行ない音質アップを図りました。
ダッシュの上には中音用のスコーカーとピラーの根元にツイーターとドアに縦に楕円のウーファーが付いていて、フロント3WAY構成になっています。
ピラーで横を向いている純正ツイーターは指向性が悪くこもって聴こえるので、LX用のツイータースタンドで角度を付けたピュアディオブランドのATX-25で綺麗な高音を再生します。ダッシュの純正スコーカーはそのまま使用し、周波数レンジとインピーダンスはグローブボックス下にセットしたピュアコンで音域を整えます。
ドアの外板裏には、防振メタルと防振マットを貼り合わせるベーシック防振を施工しました。純正でも静かなLX570ですが、外板裏には防振材がありませんので、施工後の静粛性アップと残響の減衰で大きく変化します。最後に純正ナビの調整を行って作業は完了です。
施工前は、音量を上げてもボワボワこもって聴き辛い上、平面的でしたが、施工後は目の前にクリアなサウンドが立体的に広がり、音量を上げても音楽を楽しく聴けるようになりました。
また、ベーシックパッケージと、ベーシック防振のWパッケージで、音質と静粛性も上がり喜んで頂けました。

レクサス CT200h

IMG_9773
異形パネルの専用ナビオーディオ装着車で、純正のアンプ出力が帯域分けされているため音質アップが困難な車種です。
今回は、前のお車からの移設の作業を行い、フルシステムの取り付けを行いました。
ドアスピーカーはアウターバッフルを製作して、ピュアディオ・ブランドのZSP-MIDを取り付けました。
フロントとリアドアには、外板裏にベーシック防振、サービスホールの穴を塞ぐ防振、内張り裏にセメントコーティングを施して片ドア3面のフル防振を施工しました。
フロアとトランクにも防振作業を行い、音質アップは勿論、静かだと言われるレクサス車でも、静粛性が更にアップしてより高級感が上がりました。
トランクには、外部アンプとサブウーファー、チャンネルデバイダー等を取り付けました。
グローブボックス部を加工して、ナカミチのアンプレスのデッキを取り付けました。
完成後は、目の前でモニタースピーカーを聴いてるかの様な、音にクセが無くクリアでリアルなサウンドが広がる車内へと変わりました。
IMG_9758
IMG_9756
IMG_9746
IMG_9748
IMG_9778
IMG_9763

レクサス CT200h

P1060563
純正のナビとスピーカーをベースに、ベーシックパッケージを取付けて音質アップを図りました。
ドアのスピーカーは縦に低音用の楕円のウーファーがついていて、ダッシュ上には中高音用のスコーカーとAピラーの根本に横向きに高音用のツイーターが取付けてあるフロント3WAY構成です。
純正のツイターは向きと裏の構造が音に良くないので使わず、ユニットは取外しました。
純正ツイーターの前にスタンドを使って角度を付けたJBLの25ミリ外ドームツイーターを取付けました。
運転席下にはマークレビンソンの多チャンネルアンプが付いていて、ここから音信号を取り出してグローブボックス下のピュアコンに送ります。
ピュアコンは通常の4オーム用のブラックボックスでは音が合わなかった為、プレミアム車のインピーダンス違い用をセットしました。
最後に音調整画面を出して、バス・ミッド・トレブル・フェダーの調整をして音を整えたら完成です。
今までセンタースピーカーに頼った平面的な音が施工後は微細な歪も感じない極上な音に、レクサスのマークレビンソン仕様車の音は変わりました。
IMG_9725
P1060579
P1060573
P1060580
P1060582
P1060568

レクサス NX200t

IMG_9609
こちらの車種は、車両に専用アンプが付いていて、スピーカー出力に音域制御が入っているため、普通にスピーカー交換することが出来ない車種です。
そこで純正のナビとスピーカーをベースに、ベーシックパッケージの取付とドア防振の施工を行い、音質アップを図りました。
純正のスピーカーはドアのミッドから低音、ダッシュのスコーカーから高音域と中音域の2WAYで再生されています。
そこでスコーカーの高音域をカットして、中音のみの再生にします。高音域は、ダッシュに角度を付けて取付けた、ピュアディオ・ブランドのATX-25に任せてフロント3WAYにしました。スピーカーの音域分けは、グローブボックス下に取付けたピュアコンで行います。
次にドア防振の作業です。ドアの内張りを外して、外板裏にベーシック防振、サービスホールの穴を塞ぐ防振、内張り裏にセメントコーティングの片ドア3面通称フル防振を施工しました。最後に音調整画面を出してほんの少しトーンの調整を行い完成です。
施工後は、音域のバランスが非常に良く、中高音だけでなく低音までメーターパネルから迫って来る様な鳴り方になりました。
理由はリアハッチ側にサブウーファーが付いており、それが前を向いているためにダッシュに音が乗って来るのではないかと思われます。お客様には、正面から迫って来るサウンドに満足して頂きました。
IMG_9685
IMG_9687
IMG_9629
P1060559
P1060562
P1060555

レクサス LS460L

IMG_9477
プレミアムサウンド付きでシステムップは簡単に出来ない仕様ですが、音に不満がありご来店されました。
そこで、異形パネルのナビオーディオを活かして、スピーカー交換やパワーアンプの取付けと防振作業を行い音質アップを図りました。
純正状態はダッシュボード上の中高音用スピーカーとドアスピーカーの低音のみにした信号が車両アンプから送られてきますので、スピーカーのみ交換してもバランスが崩れてしまいます。
そこで、ピュアディオチューンのミックスコンバーターで、車両アンプから出ている中高音と低音をミックスしてほぼフルレンジ信号を作って後付けのパワーアンプに送ります。
フロントスピーカーはドアにアウターバッフルを製作して、JBLのP560のミッドを取付けました。ツイーターはダッシュ上にワンオフでワイドスタンドを製作してJU60を取付けました。純正のセンタースピーカーはピュアディオブランドのISP-70に交換しました。
能率が上がり出過ぎた音はレベル調整のパーツを取付けて、交換したフロントスピーカーと音を合わせました。
ドアの外板裏には防振メタルと防振マットを追加するベーシック防振をフロントとリアの両方に施工しました。
更にフロントドアに、サービスホールの穴を塞ぐ防振処理を行い、内張り裏のプラスティク部分にセメントコーティングを施しました。
施工後は、純正よりカチッとしたドアの響きになり、音質・静粛性共にアップしました。
音は目の前からクリアで立体的にバランス良く聴こえる様になりました。
サウンドピュアディオでは、純正システムに融合される独自パーツを多く持っていて、普通のカーオーディオ専門店では対応出来ない音作りが可能です。
IMG_0108
IMG_0104
P1230279
IMG_9490
IMG_9988
IMG_9493

レクサス LS600hL

IMG_6453
純正マークレビンソンのプレミアムオーディオ車に、フロント2WAYスピーカーとミックスコンバーターとパワーアンプを取付けました。
ドアスピーカーは、インナーバッフルを製作して、純正位置に取付けました。
ツイーターはスコーカー部分を作り込んで、ワイドスタンドとグリルを一体化したデザインに仕上げています。
ドアにはフル防振を施工し、グローブボックス下にピュアコンを取付けていますが、コイルの交換の他にブラックボックスを開けて中のチューンもLS用に特別に合わせています。
見た目の変化はダッシュボード上のツイーターのワイドスタンドだけですが、わざとらしい音から自然な音色へと変わりました。
b47d2829c9
2c5a2f62a0
IMG_6537

UDIO SPECIFICATION

Head Unit : 純正
Speakers/TW : JBL P560 TW
Speakers/MID : JBL P560 MID
Powre Amplifier : ロックフォード PBR300X2
Speaker Cables : ピュアディオ PST

レクサス RX450h

IMG_7872
標準仕様のオーディオですが、異形パネルでデッキ交換が出来なく、マルチアンプ出力で簡単に音質アップが出来ない車種です。
そこで、純正デッキや純正スピーカーを活かして音質アップ出来るベーシックパッケージの取付けを行いました。
ドアスピーカーは、下から楕円のウーファーとドアを開けるレバーの前にスコーカーが有り、こちらの2つはそのまま活かして一番上のツイーターは外します。
ダッシュボード上にピュアディオ製スタンドを製作してJBLツイーターを取付けます。
ツイーターとツイーターの間にセンタースピーカーが付いていますが、RX用のベーシックパッケージではこちらもミックスして使用しています。
リアの車両アンプの直ぐそばにピュアコンを設置して、ここで周波数分配を行って4系統の信号を前へ送ります。
最後にRXに合ったコイルを取付けて完成です。
ベーシックパッケージは、多数のパーツの中から本当にピークに音が良くなる組み合わせを選んでセットしている為、価格の割にあっと驚く様な高音質で再生する事が可能です。
完成後の音を聴かれ、「本当に音が良くなるんですね!」と喜んで頂けました。
IMG_7892
IMG_7895
IMG_7876
IMG_7878
IMG_7889

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : 純正
Speakers/TW : JBL P560 TW
Speakers/MID : 純正
Powre Amplifier : 純正
Subwoofer : 純正
Speaker Cables : ピュアディオ PST

レクサス RX450h

IMG_4135
全車異形パネルのナビオーディオ付きで、システムアップは簡単に出来ない車種です。
そこで純正スピーカーを活かして、ベーシックパッケージを取付けました。
フロントスピーカーは3WAYになっていて、下から楕円のウーファーに加えて、ドア上部には中音用のスコーカーと高音用のツイーターが並んでいます。
純正ツイーターは耳に近すぎて聞きづらい為、ダッシュボード上にピュアディオ製スタンドを使って、JBLのP560型ツイーターを取付けました。
位置だけでなく、ツイーターの音の広がり感や安定感、そして音の粒立ちの細やかさ等、全ての部分で改善出来ます。
最後にトランクにレクサスRX専用にチューンされたピュアコンを取付けて完成です。
見た目はダッシュボード上にツイーターが付いただけに見えますが、目の前から立体的な音像が広がりました。
また入庫前には、バス・トレブルを大幅に上げても物足りないと言われていましたが、施工後はフラットに近い状態でも迫力があると喜んで頂けました。
2
IMG_4165
IMG_4179
1
IMG_4182
IMG_4184

レクサス GS350

IMG_4716
最初は純正スピーカーを生かして、JBLのツイーターと車種別専用ピュアコンをプラスして音質UPする、ベーシックパッケージを取付けました。
その後、「純正スピーカーでこんなに良い音が出るのなら、スピーカーを替えたらもっと良い音が出るのではないか」という事で、ピュアディオブランドのISP-130ミッドをアウターバッフルを製作し取付けました。
ドアにはベーシック防振に加え、特殊セメント処理によりこもりをシャットアウトするドアコーティングと更に、サービスホールを金属シートで塞ぐ防振の計3面を施工する、通称フル防振を施工しました。
入庫時は、のっぺりで平面的な印象でしたが、取付後には立体的で広がりが出て表現力も大幅に改善されました。
お客様には、「全然違いますね!」と喜んで頂けました。 
IMG_5874
IMG_0263
IMG_5868
IMG_9351
P1210776

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : カロッツェリア FH-7100DVD
Speakers/TW : JBL P560 TW
Speakers/MID : ピュアディオ ISP-130 MID
Powre Amplifier : ナカミチ PA2004P
Subwoofer : ピュアディオ MX-10SP
Speaker Cables : ピュアディオ PST
Lines : ピュアディオ SKY

レクサス CT200h

IMG_8896
レクサス純正のポップアップ式画面の専用ナビオーディオ付き車で、フロント7スピーカーとリアがサブウーファーを含めて3スピーカー合わせて10スピーカーのプレミアムサウンド車です。
ディスプレイの後ろにはセンタースピーカーと、その両端にはスコーカーが装着されており、普通にスピーカー交換が出来ない車種です。
そこでこちらのスピーカーを活かして、JBLのツイーターとピュアコンをプラスするベーシックパッケージの取付けと、ドアの防振の作業を行いました。
ピラーの横向きの純正ツイーターは鳴らさない様にして、JBL製のツイーターを専用のスタンドを作製して、ダッシュ上に正面に向けて取り付けました。
純正スピーカーと後付けのJBLツイーターのバランスは、グローブボックス下に取付けるピュアコンでコントロールします。
「ツイーターの質感」+「取付け位置」+「フィルターの質感」の3つの要素で、純正とは全く別な音の表現と広がり感を手に入れることが出来ます。
また、レクサスのオーディオは調整が3トーンしかありませんので、ピュアコンでの調整は効果が大きいです。
次にドアの内張りを開けて外板裏に防振メタルと防振マットを貼り付けるベーシック防振の施工と、内張りにセメントコーティングを行いました。
ノーマル状態でも十分静かだったそうですが施工後、大幅に静かになったそうです。
全ての施工が終わって最後はナビオーディオの音調整を行い完成です。
すると、ボーカルがしっかり聴こえる様になり、こもりが解消され更に引き締まった低音になりました。
また、静粛性もアップし喜んで頂けました。
P1210749
IMG_8913
P1210750
IMG_8910
IMG_8925

AUDIO SPECIFICATIO

Head Unit : 純正
Speakers/TW : JBL P560 TW
Speakers/MID : 純正
Powre Amplifier : 純正
Subwoofer : 純正
Speaker Cables : ピュアディオ PST

レクサス GS430

IMG_7095
純正マークレビンソン付きのお車です。
インピーダンスが通常のカーオーディオ用システムとは違ううえ、マルチアンプシステムで、簡単には音質アップをすることができません。
ピュアディオでは、アドオンという形で入門用のベーシックパッケージを取り付けすることも可能ですが、こちらのお客様は前の車からシステムを載せ換えて使用されております。
 
もちろん、後付のシステムがメインではありますが、マークレビンソンのシステムも使用することができ、純正DDチェンジャーなども使用することができます。
 
スピーカー等の交換を行っております。
ドアには防振加工、アウターバッフルを作成し、ZSP-MIDを取り付けしております。
 
トランクスルー部にはサブウーハーを取り付けしておりますが、普段は気にせず使う事ができるよう、スピーカーグリルを取り付けしております。
IMG_4679
IMG_4680
IMG_4681
IMG_4686
IMG_4684

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : ナカミチ CD700-K
Speakers/TW : B&W SS25 TW
Speakers/MID : ピュアディオ ZSP-MID
Equalizer : アルパイン PXA-H900
Subwoofer : B&W N802BASS
Powre Amplifier : ナカミチ PA2002P×2
Speaker Cables : ピュアディオ PMB
Lines : ピュアディオ ZSL

レクサス RXハイブリッド

IMG_0953
レクサスプレミアムサウンド付きの車両でした。
 
純正オーディオが異形パネルで交換が難しい車種ですが、音質に不満を持たれる方が多いです。
 
スピーカーを交換するにも、フロント3WAYの構成の上、外部アンプ付で、簡単にスピーカー交換ができません。
 
そこでベーシックパッケージの取付を行いました。
 
純正では平面的で、こもった印象をお持ちでしたが、取付後には、目の前の空間に立体的な音像が現れこもりも勿論なくなり
 
「全然違う」
 
と喜んで頂けました。
 
IMG_0969
IMG_0971
IMG_0958
IMG_0964

AUDIO SPECIFICATIO

Head Unit : 純正
Speakers/TW : JBL P560 TW
Speakers/MID : 純正
Speaker Cables : PUREDIO PST

レクサス GS350

P1170184
お車の乗換えをきっかけに来店されました。
量販店ではスピーカー交換できないとレクサスは断わられるパターンが多いようです。
 
そこで、ベーシックパッケージを取付けしました。
純正状態では少しこもった印象や、平面的なイメージが強く、音が広がらないイメージでした。
原因はダッシュボードの上に、上向きで着いているツイーターです。
こちらは、指向性が上向きの上、抜けも悪いので高域用ではなく、中域用にします。
そして、ダッシュボードの上に指向性を合わせてJBLのツイーターを取付けし、高音をバトンタッチします。
全体の音のバランスをピュアコンを使ってコントロールしたら完成です。
 
音が立体的になり、広がりが出るようになりました。
また、純正ナビではDVDが見れなかった為、DVDプレーヤーをグローブボックスの中に取付けました。
地デジチューナーも取付けし、ソース面も充実しました。
P1130780
P1170189
P1170186
P1130774
P1170194
P1170192

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : 純正ナビ
Speakers/TW : JBL 508TW
Speakers/MID : 純正
DVD : パイオニア DVH-P560
Subwoofer : 純正
Speaker Cables : ピュアディオ PST

レクサス RXハイブリッド

IMG_1703
標準仕様のオーディオにベーシックパッケージを取り付け致しました!
 
純正状態では、音が平面的なイメージで、どこか高域が伸びないイメージでした。
しかし、マルチアンプ式のフロント3WAYの為に、単純にスピーカー交換しただけでは、バランスを取ることができません。
 
そこで、ベーシックパッケージの出番です!
純正ツイーターは指向性がそれている上に、耳からの距離が一番近い位置にあり、他のスピーカーとのバランスが取りづらい状態ですので、交換します。
JBLのツイーターをダッシュボードの上に指向性を合わせて取り付けします。
そのJBLのツイーターと、その他の純正スピーカーとのバランスをピュアコンを使って細かくコントロールします。
 
すると、今まで平面的だったはずの音楽が、立体的に目の前いっぱいから聴こえてくるようになりました!
画像_014
IMG_1707
IMG_1728
IMG_1710

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : 純正
Speakers/TW : JBL 508TW
Speakers/MID : 純正
Speaker Cables : PUREDIO PST

レクサス GS350

IMG_4638
純正ナビゲーションと純正スピーカーが装着された状態で入庫となりました。
ツイーターとピュアコンがセットになった、ベーシックパッケージとドアスピーカーにオリジナルのISP―130MIDを取付けております。
純正のツイーターの位置は、ダッシュボードの上に上向きについている為、音がガラスに反射し指向性が反れてしまっています。
そこで、ピュアディオオリジナルのツイータースタンドを作製し、指向性を合わせてダッシュボードの上に取付けます。
ピュアコンを駆使して、各スピーカーとのマッチングを最適化します。
すると、お客様には
「モヤモヤ感が消え、凄くスッキリした!純正ののっぺりした平面的な音が立体的になった!」
と、喜んで頂けました。
IMG_4632
IMG_4627
IMG_4634
IMG_4635

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : 純正
Speakers/TW : ピュアディオ CATTW
Speakers/MID : ピュアディオ ISP-130MID
Powre Amplifier : 純正
Subwoofer : 純正
Speaker Cables : ピュアディオ PST

レクサス RXハイブリッド

画像_381②
レクサスプレミアムサウンド付きの車両でした。
 
純正オーディオが異形パネルで交換が難しい車種ですが、音質に不満を持たれる方が多いです。
 
スピーカーを交換するにも、フロント3WAYの構成の上、外部アンプ付で、簡単にスピーカー交換ができません。
 
 
そこでベーシックパッケージの取付を行いました。
 
純正では平面的で、こもった印象をお持ちでしたが、取付後には、目の前の空間に立体的な音像が現れこもりも勿論なくなり
 
「全然違う」
 
と喜んで頂けました。
IMG_8578
IMG_8576
画像_368
画像_399
画像_373

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : 純正 マークレビンソン
Speakers/TW : JBL P560 TW
Speakers/MID : 純正
  Speaker Cables : PUREDIO PST

レクサス GS350

IMG_1894
純正オーディオが異形パネルの為、デッキ交換が難しい車種です。
また、量販店でスピーカー交換をしようと思ったら断られたそうです。
 
そこで、当店のベーシックパッケージを取付けしました。
純正デッキもスピーカーも交換せず、音質アップが出来ました。
純正状態では、ツイーターがダッシュボードの上に上向きで付いている為、指向性が反れていて、
さらにグリルに遮られてしまって抜け、拡散性ともに悪い状態でした。
そこで、JBLのツイーターをダッシュボードの上に指向性を合わせて取付けです。
ドアスピーカーとの役割分担をしっかりピントを合わせて、各周波数ごとのインピーダンスのずれを整えたら完成です!
 
「全然違う!」と喜んで頂けました。
P1200654
P1200650
P1200655

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : 純正
Speakers/TW : JBL P560TW
Speakers/MID : 純正
Powre Amplifier : 純正
Subwoofer : 純正
Speaker Cables : ピュアディオ PST

レクサス GS350

IMG_6945
標準仕様のオーディオが着いておりましたが、大きな不満は無かったそうです。
当店のホームページをたまたま見られ、興味を持たれてご来店されました。
 
 
そこで、代車のミラカスタムの音を聴かれ、驚いたようです。
1週後にまたご来店され、「もう、一回聴いたら忘れられなくて…着けてください!」と、ベーシックパッケージを取り付けしました。
 
純正では高域がハッキリせず、全体的に平面的な印象でしたが、施工後は特に高域がキレイに出るようになり、ハッキリと聴こえるようになりました。
その他の音域も、キレが良く、音割れもせず、全音域がハッキリと聴こえるようになりました!
また、奥行きや、広がりが出て、立体的な音へと変化しました。
遠方からのご来店、ありがとうございました!
IMG_6966
IMG_6956
IMG_6959
IMG_6943
IMG_6939

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : 純正 
Speakers/TW : JBL P560TW
Speakers/MID : 純正
Powre Amplifier : 純正
Subwoofer : 純正
Speaker Cables : ピュアディオ PST