ジムニー

IMG_4994
スピーカー交換、アウターバッフル、外部アンプ、サブウーハー等の取付と、静粛性アップの為に各部車体の防振を行いました。
純正スピーカーはキックパネルにあり、ダッシュボードの陰に隠れている為、高域が耳まで届きにくくこもりがちです。
また、スピーカー裏のスペースが無く、スピーカーが小口径である事から、低音はほとんど出ません。
そこで、スピーカーはドア移設&ピュアディオ製のスピーカーへ交換しました。もちろん、そのままは取付できませんので、アウターバッフルを作製、ドア防振を施工して取付しました。ツイーターはダッシュボードの上に、ワイドマウントを作製して、ピュアディオ最上級のJU60ツイーターを取付しました。
トランクには、外部アンプとサブウーハー、チャンネルデバイダー等を取付しました。
デッキはカロッツェリアのDEH-P01で、銅メッキシャーシの天板部分を銅メッキレスへ加工して取付です。完成後の音は、純正から大幅に音質アップしました。
また、しっかり低音は出ているのに、サブウーハーではなく、目の前から低音が聴こえてくるようになり、自然に音楽を楽しめるようになりました。
IMG_5430
IMG_1
IMG_5434
IMG_5435
IMG_2

ジムニー

IMG_4348
アルパインのトレードインスピーカーとJVCのパワードのウーファーが付いておりましたが、音に不満をもたれてご来店されました。
ジムニーはドアにスピーカーが付いておらず、キックパネルに10センチのスピーカーが付いていて、高音が耳まで届かずこもっており、スピーカーを変えただけでは改善されませんでした。
そこで、ベーシックパッケージの取り付けを行い音質アップを図りました。
ダッシュ上に、角度を付けたピュアディオブランドのATX-25を取り付けて、高域の改善を行ないます。
既にアルパインのコアキシャルに交換してあるところを、純正のフルレンジに戻して濃い中音域を再生させます。
元々高音が伸びていない純正スピーカーの高音をピュアコンで更にカットして、ATX-25ツイーターで広い音域の高音を再生します。
ATX-25の手前までは、ピュアディオブランドのPSTケーブルで引いて来ていて、低ロスで音信号を送っています。
グローブボックス下にはピュアコンをセットして、ツイーターのレベルと下限周波数とインピーダンスのコントロールと、純正スピーカーはインピーダンスをやや上昇させて、再生周波数の上限と下限の両方をコントロールする手法を取って、ツイーターの手前までとウーファーの手前までの音の狭い範囲の音を再生させているので、意外と高音質に変身します。
最後にストラーダの音調整機能を使って音を整えて、ちょっと苦しい鳴りをしていたジムニーの音も、スムーズになり生演奏の音に近づきました。 
IMG_4366
IMG_4351
IMG_4352
IMG_4367
IMG_4365
IMG_4369

ジムニー

IMG_2970
オーディオレスで入庫となり、スピーカーの取付と防振作業を行いました。フロントスピーカーはドアではなく、キックパネルのサイドに10センチの物が付いています。ダッシュボードの陰に隠れていて高音が耳まで届かず、またスピーカーの裏の容量も少ないので低音も出ずらい状態です。
そこでドアのポケットの前方を加工して、アウターバッフルを製作しJBLのP560のミッドを取付けました。
ドアの外販裏とサービスホールと内貼り裏の片ドア3面に防振を施工する、フル防振も行いました。その他にリアのラケッジとシート下に防振の作業も行いました。
これで音質アップは勿論、雪解けのシャバシャバ音はバッサリ軽減されます。
ツイーターはJBLの外ドームタイプをワイドスタンドを製作して取付けました。
グローブボックス下に仕込んだピュアコンで、ドアスピーカーとツイーターの音域分けとインピーダンスのコントロールを行う事で、音が滑らかになり、ダッシュボードの上から音楽が聴こえるようになります。
ナビオーディオは、カロッツェリアの楽ナビで、バックカメラを取付けて後が見えやすくなっています。全ての結線を終えて、ナビの調整を行い完成です。
すると、目の前に自然な音色が広がり、低音はタイトでクリアになり気持ち良く聴けるようになりました。
また、車体の防音性はワンクラス以上上がり、個性的で贅沢なジムニーに仕上がりました。
 
IMG_3248
IMG_3263
P1220675
IMG_3273
IMG_3265

ジムニー

IMG_1736
コアキシャルのトレードインスピーカーに交換したものの、音が良くないとの事で入庫となりました。
そこで、ツイーター部分をカットし、ダッシュボードの上にJBLのツイーターを取付け、ピュアディオオリジナルパーツ“ピュアコン”でコントロールしていきます。
ピュアコンを装着することにより、今お使いのシステムを買い替える事なく、アップグレードできます。
すると、大幅にクリアになり、目の前から聴こえるようになりました。
P1200647
IMG_1734
IMG_1733

AUDIO SPECIFICATION [basic package対応]

AUDIO SPECIFICATION   [basic package対応]
Speakers/TW : JBL P560 TW
Speakers/MID : パイオニア TS-F1010
Speaker Cables : PUREDIO PST