BRZ

IMG_4067
ケンウッドのナビゲーションとトレードインタイプのスピーカーが装着された状態で入庫となりました。先日札幌店で施工したBRZの音を聴かれて気に入って頂き、ベーシックパッケージとドアスピーカーの取付と、ドア防振の施工を行いました。入庫時は、ソニックデザインのエンクロージャータイプのスピーカーが付いていて、一部に薄い音域があり、イコライザーでそこを上げると計測上はフラットになっても音色は不自然でした。
そこで、ドアにインナーバッフルを製作してピュアディオ・ブランドのISP-130を取り付けました。ツイーターはダッシュのグリルの中に付いていますがここは使わずに、角度を付けたBRZ専用のスタンドを使って、ピュアディオ・ブランドのATX-25ツイーターを取り付けました。これまでは、内側に寄って上を向いていたツイーターから比べると、かなり左右のセパレーションが良くなって、ステレオ感は全く違います。ピュアディオのベーシックパッケージでは床に板をひいて、そこにブラックボックスとコイルを貼りつけていますが、板の材質にもこだわっていて、板の厚みで他からの影響をなくしているのと、パーツの周りの剛性を上げて音の解像度を上げています。
防振の作業は、ドアの外板裏に防振メタルと防振マットを貼り合せるベーシック防振と、内側の鉄板のサービスホールを塞ぐ防振を加えて、ドア全体をエンクロージャーとして使用する様に改良しました。これで音質は大幅に改善されるのと、外からのロードノイズの進入も大幅に減ります。
最後にデッキのイコライザーを調整して完成です。サウンドピュアディオではナビごとの音のクセや調整時の変化を把握して、そのシステムで最も生の音に近いポイントを探してから納車しています。
IMG_4097
IMG_4072
IMG_4102
IMG_4093
IMG_4094
IMG_4092

BRZ

IMG_2908
   ソニックデザインのソニックプラスが装着された状態で入庫になりました。ツイーターは純正位置にアルミテープで固定されておりました。ツイーターグリルの上に、純正グリルの2重のフタになってしまい、音の抜けが悪く、直上を向いていて指向性が反れて車両中央に寄っているため、ステレオ感を得られにくく広がりが感じられずこもった印象でした。
そこでツイーターはオリジナルのATX-25へ交換、BRZ専用スタンドを使用して、指向性を合わせて取り付けました。ドアスピーカーは小口径のスピーカーが小さいエンクロージャー(BOX)に入った状態で付いておりましたが、中低域が薄く、広がりもかけるため、オリジナルのISP-130へと交換しました。
ドアの外板裏の鉄板が余分に響くのを防ぐ、ベーシック防振を施工しました。すると、静粛性もアップして、走行中の聴こえ方は大きく改善されました。ツイーター&ミッドの役割分担を、グローブボックス下に取付したピュアコンで行い、ピンポイントでセッティングします。
最後にナビのイコライザー等のセッティングを行い完成です。全体的に自然で立体的で広がりのある音になり喜んで頂けました。
IMG_2920
IMG_2931
IMG_2916
IMG_2923
IMG_2929
IMG_2933