フィット

フィット3 ハイブリッド

IMG_2125
お使いのカロッツェリアのサイバーナビを活かして、ベーシックパッケージとスピーカーの取り付けと、ドア防振の作業を行いました。ダッシュ上には、スタンドを使って角度を付けたピュアディオ・ブランドのATX-25ツイーターを取り付けました。
ドアスピーカーは13センチのインナーバッフルを製作して、ピュアディオ・ブランドのISP-130を取り付けました。外板裏の何も防振材が貼ってない部分に、防振メタルと防振マットを組み合わせて貼るーシック防振を施工しました。
後はサイバーナビから音信号をグローブボックス下に引いてきて、ピュアコンに繋ぎます。
ここからドアスピーカーとツイーターに音を分配して、フィット3にISP-130インナーで最もバランスが取れるコイルを装着し、イコライザー調整を行って完成です。お客様に出来上がりの音を聴いて頂き、「もっと早く付けておけば良かった」と言われるくらい喜んで頂きました。
IMG_2128
IMG_2119
IMG_2113
IMG_2115
IMG_2099
IMG_2122

フィット

IMG_4463
札幌店にあるデモカーのフィット3を試聴して頂き、純正スピーカーでも良い音になる事に驚かれ、デモカー同様ベーシックパッケージの取付とベーシック防振の施工を行いました。
純正の状態ではツイーターが無く、ドアのフルレンジスピーカーのみで再生されている為、高音が耳まで届かずこもって聞こえます。
そこで、ダッシュボードの上にJBLの外ドーム25ミリサイズのツイーターをセットして、高音域を任せます。
純正ナビオーディオの裏からは、ダイレクトに音信号を取出し、グローブボックス下にセットした、フィット3専用のピュアコンへ送ります。
こちらのピュアコンで、インピーダンス特性と周波数特性をコントロールして、ドアスピーカーとダッシュボード上のツイーターに送ります。
すると、今までスッキリしなかった純正のドアスピーカーが、ピュアコンで不得意な周波数をカットした事と、インピーダンスをコントロールした事で、驚くほどいい音になりました。
ドアには、音質アップ&静粛性アップの為、ベーシック防振とBピラーにも防振を施工しました。
ドアの余分な残響が抑えられ、ボワボワしていた低音がスッキリしました。
最後に組立てた後に、バス・トレブルの調整を行い完成です。
施工後は、デッキもスピーカーも変えずに大幅に音質アップする事が出来ました。
静粛性もアップし一石二鳥!「こんなに変わるものなんですね!」と喜んで頂けました。
IMG_4485
IMG_4491
P1220930
IMG_4473
IMG_4478

フィット

IMG_4549
オーディオレス車にカロッツェリアのDEH-970とトレードインスピーカーが着いていましたが、音に不満がありご来店されました。
入庫時の状態を調べてみると、トレードインスピーカーで低音が痩せており、ツイーターの取付け環境が悪く、役割分担がきちんとされていない上、位相がずれていました。
そこで今回は、ダッシュボード上にJBLのP560型ツイーターを取付け、ドアスピーカーは、トレードインのミッドからピュアディオブランドのISP-130のミッドに交換しました。
それらをコントロールするピュアコンをグローブボックス下に取付けました。
外からの見た目は変わりませんが、音質は格段に向上しました。
フロントドアとリアドアには、ドアの外板裏とサービスホールと内張り裏のドア3面のフル防振作業を行いました。
ここまで車が静かになると、Bピラーの根元から入ってくるロードノイズも気になります。
そこで、Bピラーにも防振を施工しました。
出庫した時には、入庫時とは全く別なグレードアップした車になりました。
お客様には、「きちんと楽器の音が分かれて聴こえます!」と喜んで頂けました。
IMG_4609
IMG_4607
IMG_4606
IMG_4610

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : パイオニア DEH-970
Speakers/TW : JBL P560 TW
Speakers/MID : ピュアディオ ISP-130
Speaker Cables : ピュアディオ PST

フィット

IMG_1677
オーディオレスで入庫になりました。
前車からCDデッキとツイーターを載せ換えて、ベーシックパッケージを取付しました。
純正状態では、ツイーターが無く、かなりこもった印象でした。
また、音が下のほうからモワモワと鳴っている印象でした。
 
ベーシックパッケージ取付後には、目の前から音楽が聴こえるようになり、同じ純正スピーカーというのがウソのようにこもりが消え、低域もタイトになるようになりました!
IMG_1681
IMG_1684
IMG_1679
IMG_1680

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : パイオニア DEH-780   
Speakers/TW : JBL 508TW
Speakers/MID : 純正
Speaker Cables : ピュアディオ PST  

フィットシャトル ハイブリッド

IMG_6762
楽ナビをメインデッキとして使用し、音質アップをしております。
MIDスピーカーはもともとお持ちだったボストンのスピーカーを使用したいとのご要望でしたので、アウターバッフルやドア防振を完璧に施工し、環境を整えて取り付けを行いました。
ツイーターはセットのものはお持ちでは無かった事もあり、JBLのP560のツイーターを取り付けしました。
銘柄は違いますが、そこはピュアコンの力の見せ所です。
 
 
うまくクロスポイントを合わせ、マッチングさせることができました。
お仕事でも使用される為、シンプルなシステム構成ですが、完成度の高いシステムになりました。
IMG_6772
IMG_6770
IMG_6767
IMG_6773

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : カロッツェリア AVIC-MRZ09  
Speakers/TW : JBL P560TW
Speakers/MID : ボストン RC51LF
Speaker Cables : ピュアディオ PST

フィット

IMG_7762
アウターバッフルや、ドア防振などの基礎になる部分をしっかり施工し、スピーカー交換や外部アンプ等を取付けしました。
 
 
スピーカーはピュアディオの最上級ユニット、JU60ツイーター&ZSP-MIDです。
DEENの池森さんにも使って頂いている、プロユースのモデルです。
 
トランクには外部アンプ、サブウーハーを取付けしておりますが、荷物を気にせず載せられるよう、かなり頑丈に天板作成してあり、放熱対策も同時に行っております。
IMG_3857
IMG_3859
IMG_3854
IMG_3868

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : カロッツェリア DEH-970
Speakers/TW : PUREDIO JU60TW
Speakers/MID : PUREDIO ZSP MID
Powre Amplifier : Nakamichi PA504
Channel Divider : ARC MX-1P VⅡ
Subwoofer : PUREDIO MX10SP
Speaker Cables : PUREDIO PST
Lines : PUREDIO SKY

フィットシャトル ハイブリッド

IMG_9533
カロッツェリアのサイバーナビをメインに、音質アップをしております。
 
最初はベーシックパッケージを取付しておりましたが、ステップアップをしてアウターバッフルの作製、ドア防振をフルで施工し、スピーカー交換も行いました。
 
 
内蔵アンプを使ったシンプルなシステムですが、ダッシュボードの上いっぱいに音が広がります。
 
タイムアライメントなど使わない為、自然で伸びやかな音が楽しめます。 
IMG_9538
IMG_9537
IMG_9539
IMG_9540

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : カロッツェリア AVIC-ZH07
Speakers/TW : JBL 508TW
Speakers/MID : ピュアディオ ZSP JW
Speaker Cables : ピュアディオ PST

FIT

fit6_1
オーディオレスで入庫になり、お持ちのナビを取付けしました。
さらに、純正スピーカーを生かして、ベーシックパッケージを取付けしました!
見た目はダッシュボードの上にツイーターが乗っただけのようですが、実際にはほとんどの方が、スピーカーを変えるよりも音が良くなった!と喜んで頂けます。ツイーターの指向性の最適化、MIDとツイーターの再生周波数の最適化、各周波数ごとのインピーダンスを整えたりすることで、同じスピーカーを使っているとは思えない程、音が滑らかで、自然と目の前に立体的な音像が浮ぶようになります。
fit6_2_02
fit6_2_03

AUDIO SPECIFICATION [basic package対応]

Head Unit : ECLIPSE AVN5503D
Speakers/TW :PUREDIO ZSP TW
Speakers/MID :純正