バモス

IMG_0574
パナソニックのストラーダのナビ付きで入庫となり、ベーシックパッケージの取付けを行いました。
バモスのドアスピーカーはかなり下の方にあり、中音域の高い音は届きません。
また、ドアの上の方に純正ツイーターが付いていますが、ドームが小さい上に向きが悪くて音がドリンクホルダーに当たってしまうのでここは使用しません。
そこでダッシュボードの上に、JBLの大き目の外ドームタイプのツイーターを、ピュアディオ製スタンドを使って、仰角と左右の振り角を調整しセットします。
すると外ドームタイプのツイーターなので、音の拡散性も良く、見晴らしのいい場所から音を降り注ぎます。
グローブボックス下にはピュアコンをセットして、最後にナビのイコライザーの調整を行って完成です。
すると、ドアスピーカーは純正のまま使用していますが、ピュアコンで周波数特性とインピーダンス特性をコントロールしているので、入庫時とは音のキレと滑らかさが違います。
入庫前は下の方から聴こえていた音が、施工後は目の前からクリアに聴こえる様になり、お客様には音の仕上がりに喜んで頂けました。
IMG_0624
IMG_0619
IMG_0579
IMG_0622
IMG_0635
IMG_0583

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : パナソニック CN-R500D
Speakers/TW : JBL P560 TW
Speakers/MID : 純正
Speaker Cables : ピュアディオ PST

VAMOS

vamos_1
バモスは音質アップしようと思った時に、たくさんの問題点がありました。ダッシュボードの奥行きが短く、ツィータースタンドのポジションを決めるのに苦労しました。また、ドアの形状が左右で形状が違う為、アウターバッフルを作成するのも一工夫が必要です。さらにエンジンがリアラゲッジルーム下にある為、アンプなどのハードをエンジンルームのカバー開く様にメンテナンスを考え、アンプボードを作製しました。
おかげで、純正とは比べ物にならないよう音質へと変化しました!
vamos_2_01
vamos_2_05
vamos_2_06
vamos_2_08
vamos_2_09

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit :Nakamichi CD-700Ⅱ
Subwoofer : PUREDIO MX10SP.LTD
Speakers/MID : PUREDIO ZSPMID
Powre Amplifier :Nakamichi PA-1002LTD
Speakers/TW :