エスティマ

エスティマ ハイブリッド

IMG_2530
お使いのカロッツェリアの楽ナビをベースに、ベーシックパッケージ&ドアスピーカーの取付とベーシック防振の施工を行い音質アップを図りました。
ピュアディオオリジナルの防振メニュー“ベーシック防振”は、ドア外板裏の響きに合わせて、3種類の防振メタルと防振マットを使い分けて防振します。適材適所にピンポイントで施工するので、軽量かつ均一に余分な残響を無くして音質アップするだけではなく、外からのロードノイズも入り難くなり一石二鳥です。
ドアには、インナーバッフルを製作して、JBLのP560の13センチミッドを装着しました。
ダッシュ上にはピュアディオブランドのATX-25ツイーターを取付けて、上質な高音を再生します。
グローブボックス下にピュアコンを取付けし、エスティマ・ハイブリッド専用にインピーダンス&周波数レンジをチューニングします。音が滑らかになり、ピタッとピントが合った音になります。
施工後は、デッキが変わっていないのに本来の音楽の表現に近づき、音楽を聴いて楽しい空間へと変わりました。
IMG_0222
IMG_0226
IMG_0241_2
IMG_2535
IMG_0240
IMG_2533

エスティマ

IMG_0260
ベーシックパッケージの取付とフロントドアにフル防振+リアドアにベーシック防振を施しております。更にドアスピーカーの交換を行って、音質アップを図りました。スピーカーはインナーバッフルを製作して、JBLのP560の13センチミッドに交換しました。
スピーカー配線も、ピュアディオブランドのPSTに交換しております。ドアの内張りを戻すと見た目は変わりませんが、スピーカー交換+ケーブル交換とドア防振の3つの効果でかなり音質はUPしました。ドアスピーカーが変わった為、グローブボックスに仕込んでいるピュアコンの値を変更します。ツイーター部の値はそのままに、ドア部は純正スピーカーに比べるとコイルの巻数を増やして、オプションのSSFも追加しました。最後に純正デッキの調整を行い完成です。純正スピーカーでも環境を整えると驚く程良くなりますが、質の高いスピーカーに交換する事で、更に音質がUPします。
IMG_0253
IMG_0252
IMG_0258
IMG_0267
IMG_0256

エスティマ 

IMG_9591
トヨタ純正の大型画面のナビ付で入庫となり、ベーシックパッケージの取付とフロントとリアドアに防振作業を行ないました。
フロントとリアドアには、外板裏の響き易いポイントを見つけて、特殊な加工を施した防振メタルと防振マットを貼ってスピーカーの音質アップと車内の静粛性をアップさせるベーシック防振を施工しました。
この他に、フロントドアのみサービスホールを塞ぐ防振と内張り裏のセメントコーティングの、片ドア合計3面のフル防振を施工しました。
次にダッシュ上に、ピュアディオ製スタンドを使用し、JBL製のツイーターを取付けました。
このダッシュ上のツイーターと純正スピーカー、そして天井のエキサイターと呼ばれているスピーカーに、グローブボックス下にセットしたピュアコンから音が分配されて送られます。
最後に純正ナビの7バンドのイコライザーを調整して完成です。
すると、入庫時のモワモワとした低音が解消され、低音がビシッと締まり、「全然違う!同じスピーカーなのに不思議!」と喜んで頂けました。
IMG_9186
IMG_9183
IMG_0429
IMG_0431
IMG_9187
IMG_9196

AUDIO SPECIFICATION [basic package対応

Head Unit : 純正 NSZA-X64T
Speakers/TW : JBL P560 TW
Speakers/MID : 純正
Speaker Cables : ピュアディオ PST

エスティマ ハイブリッド

エスティマ_ハイブリッド
仕事用に使っておられますので、あまり大掛かりには取付できませんが、純正状態ではこもって聞きづらい状態でした。
 
そこで、ベーシックパッケージの取付を行いました!
純正MIDスピーカーの再生範囲をコントロールしつつ、周波数ごとのインピーダンスの乱れを整えてなり方をガラッと変えてしまいます。
純正スピーカーが苦手な高音は、上質なツイーターをプラスします。
JBLのツイーターを指向性や拡散性、MIDとの位置関係を考慮し、最適な場所であるダッシュボードの上に取り付けをします。
そして、それぞれの役割分担をピュアコンを使ってハッキリさせていきます。仕上げにデッキのイコライザー等の機能を調整して出来上がりです。
エスティマ_ハイブリッド1
エスティマ_ハイブリッド2

AUDIO SPECIFICATION [basic package対応]

Head Unit : 純正 NH3T-W56
Speakers/TW : JBL 508TW
Speakers/MID : 純正
Speaker Cables : ピュアディオ PST  

エスティマ

IMG_5008
オーディオレスでの入庫で、フルシステムの取付を行いました。
 
デッキはアルパインのナビゲーションです。
 
こちらのモデルはプリアウト出力がありませんので、チューニングハイローコンバーターを使用して、上質なプリアウトに返還して外部アンプへと入力しました。
 
外部アンプ等の機材は、センターコンソールのあった場所と、フロントシートの後ろのスペースを使ってレイアウトしました。
 
ドアにはフル防振を施工し、アウターバッフルを作成しました。
取付したのは、JBLのP560のMIDです。
 
出来上がった音は、エスティマの広いダッシュボードいっぱいにステージが広がったような音へと仕上がりました。
IMG_5592
IMG_5590
IMG_5595
IMG_5603

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : ALPINE IVA-D305J 
Speakers/TW : JBL 508 TW
Speakers/MID : JBL P560 MID
Channel divider : ARC MX-1P
Powre Amplifier : ALPINE MRV-F900
Subwoofer : ロックフォード FRC-3205
Lines : PUREDIO SKY
Speaker Cables : PUREDIO PST

エスティマ

estima_1
こちらのエスティマにはまずベーシックパッケージ+ドア防振を取付けし、気に入って頂き、その後、さらに良い音にするために今のシステムへシステムアップしました。ドアにはアウターバッフルを作成しスピーカー交換を行いました。さらに、ウォークスルーに外部アンプなどのハードを置き、サードシートの収納を活かせるようにしています。使い勝手に合わせた取付けを行う事ができました! 
estima_1_01
estima_1_02
estima_1_03
estima_1_04

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : Nakamichi CD700II K
Speakers/MID : PUREDIO ZSPMID
MONITOR : ALPINE TVE-T730
Channel divider : Rockford 3SIXTY
Powre Amplifier : Nakamichi PA2004P
Lines : PUREDIO ZSL SLK
Speakers/TW : PUREDIO UNICORN TW
NAVI : ALPINE NVE-N555
Speaker Cables : PUREDIO PMB

エスティマ

estima3_1
この型のエスティマは、ピュアディオのデモカーとして購入し、テストしたため、お客様の車への取付けもスムーズに行えました。アウターバッフルのスラントや、形状、ドア防振の施工方法、ツイーターの設置位置や設置角度など、かなり細かくデータ取りを行う事で、2台目以降は入庫した際はスピーディに、ピークポイントでの取り付けをする事ができます。
estima3_2_01
estima3_2_02
estima3_2_03

AUDIO SPECIFICATION [basic package対応

Head Unit : NAKAMICHI CD-700II K
Channel Divider : ALPINE PXA-H900
Navi :ALPINE NVA-HD55S
Speakers/MID :PUREDIO ZSPMID
Powre Amplifier : NAKAMICHI PA-2002P

エスティマ

estima4_1
取付け前は、低音が強調された感じがあり、こもった印象でした。そこで、ベーシックパッケージを取付けました!ツイーターが追加し、MIDスピーカーの苦手な音域を補います。それぞれの役割分担をしっかりと行う事で、全体のバランスがとれスッキリとした音になりました。
estima4_2_01
estima4_2_02
estima4_2_03

AUDIO SPECIFICATION [basic package対応]

Head Unit :純正ナビゲーション   
Speakers/TW : PUREDIO ZSPTW
Speakers/MID : 純正