メルセデス・ベンツ

CAL180 シューティングブレーク 

IMG_3966
純正デッキが異形パネルで簡単に交換出来ない上に、純正スピーカーを取り外すのが困難なため、音質アップのハードルの高い車種です。そこで、純正デッキと純正スピーカーを活かして音質アップを図るベーシックパッケージとベーシック防振のWパッケージを施工しました。純正ツイーターはミラー後ろに付いていますが、向きとユニットの質とフィルターの質、更に鉄が近くにあるため磁力線に影響があるのでこの場所は使いません。そこで、JBLの25ミリドームのツイーターをダッシュ上に取り付けます。角度を付けたツイータースタンドを使い、指向性を合わせて取り付けし、見晴らしの良い場所からリスナーに上質な高音を届けます。純正スピーカーと後付ツイーターの音域とレベル調整はピュアコンで行ない、レスポンスを上げて、スッキリとした聴きやすい音に変わりました。次にベーシック防振の施工です。純正の吸音材では取れないレベルや周波数のロードノイズを、インナーパネルのプラスチックに防振メタルを貼って高い周波数の響きを静めます。ドアポケットの内側にも防振メタルを貼り、空洞の鳴りを無くしました。施工後は、防振との相乗効果で音がグッと締まり、「同じスピーカーとは思えない。ここまで変わるとは思わなかった!」喜んで頂けました。
IMG_3915
IMG_3916
IMG_3911
IMG_3955
IMG_3962
IMG_3959

ベンツ Cクラス ワゴン

H22.12.12_327
Cクラスのワゴンは、実際に購入し、社外ナビへの交換や、アウターバッフル、ドア防振の調査を行った車種でしたので、安心して頂けている車種の1つです。
 
こちらのお客様も社外ナビ+1DINオーディオの計3DINの取付加工に加え、外部アンプやサブウーハーの取付を行う、通称フルシステムです。
 
トランクの床スペースを利用し、ハードの取付、左側面のスペースを利用して、サブウーハーを取付ました。
 
見た目は純正に近い状態で仕上がりましたが、音はまるで別物。
 
目の前で演奏しているかのような、リアルな音に仕上がりました。
H22.12.12_310
H22.12.12_326
H22.12.12_322
H22.12.12_308

Head Unit : Nakamichi CD-700K

Head Unit : Nakamichi CD-700K
Speakers/TW : B&W SS25TW
Speakers/MID : PUREDIO ZSP-MID
Equalizer : ALPINE PXA-H900
Powre Amplifier : NAKAMICHI PA2002PKV×2
Powre Amplifier : NAKAMICHI PA1002N
Subwoofer : PUREDIO ZSPSS25BASS
Lines : PUREDIO ZSL4G/ZSL1G

BENZ SL

benz1_1
今回はお客様よりコメント頂きました。
もう3台目になりますが、いつもお世話になっています。今回も素敵な音になって、車に乗る楽しみが、大きくなりました!!これからも宜しくお願いします。
benz1_2_01
benz1_2_02
benz1_2_03
benz1_2_04

AUDIO SPECIFICATION

Head Unit : NAKAMICHI CD-700Ⅱ
Speakers/TW :秘
Subwoofer : 秘
Speakers/MID : PUREDIO ZSPMID
Power Amplifier : NAKAMICHI PA-2002P