本文へ移動

取付ブログ

日産セレナ スピーカーの音質アップ

2019-08-10

今日ご紹介する1台は、
現在の福岡店の作業から日産のセレナです。
 
 
 
 
日産純正のナビオーディオを装着した状態で入庫となって、
ベーシックパッケージの取付けと、ベーシック防振の施工の、
Wパッケージの作業を行いました。
 
 
 
ベーシックパッケージなのでドアの16センチスピーカーはそのまま使用します。
 

 
 
サービスホールを塞いでいるインナーパネルを外すと、
最低限の防振マットが貼ってあるので、
ドア全体の響きが抑えられる様に防振マットと防振メタルを貼り合わせます。
 
 
 
 
純正のマットで取りきれない振動を、
響きの周波数に合わせた防振材を使ってドア全体の響きを抑えています。
 

 
 
次に純正のナビを一度取り外して、
裏から音信号をピュアディオブランドのPSTケーブルで取り出します。
 
 
 
 
グローブボックス下にMDF板を敷いて、
オプション1品を加えた6ピース構成のピュアコンを取付けます。
 
 
 
ブラックボックスは今回も白いラベルの4000円追加のRRタイプです。
 
 
 
ピュアコンで制御した音信号は純正ドアスピーカーと、
ダッシュに取付けたピュアディオブランドのATX-25ツイーターに送られて、
フロント2WAYの完全なセパレートスピーカーとして鳴らしています。
 
 
 
セレナのドアスピーカーはかなり下の方にあるので、
ドアからの上限周波数を伸ばすために、ピュアコンのコイルは巻の少ない物を使用します。
 

 
ナビのセッティング画面を出すと見慣れたクラリオン製の6バンドイコライザーで、
6バンドの組合せをあれこれ変えて最も生音に近いパターンを探します。
 

 
 
自分の調整用CDの他にお客様のCDカードに録音された音源を聴きながら調整して、
SDカードの1割ぐらい進んだ時点で自分が実際に会って
生声を聞いた事があるアーティストさん2人の楽曲があって、
元の声を知っているだけに妙なプレッシャーがかかります。
 
 
一度調整を途中で休憩して、ブログを書きこんだ後に再び調整に戻ります。
 
  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る