本文へ移動

取付ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

マツダ CX-5 BOSEサウンドからの変更

2020-01-29
NEW

今日ご紹介する1台は、先日の福岡店の作業から、マツダのCX-5です。

 

 

フロントに20センチサイズのフロントマグネット式のウーファーが付いているBOSEサウンド車で、

以前にベーシックパッケージと前後のドア防振の施工を行って頂いていました。

 




今回は純正のBOSE対応のナビを取り外して、カロッツェリアのCD・DVDプレイヤーに交換して、

BOSEアンプを使わずにダイレクト配線に換えて、スピーカーを交換しました。

 


 

 

これまではドアはウーファーで低音のみを鳴らして、ダッシュのスコーカーで

中高音を鳴らしているのを、ピュアディオブランドのATX-25を取り付けて、

ピュアコンで中高音を分離させて、フロント3WAY化して鳴らす様にしていました。

 




フロントのウーファーは取り外して、16・5センチサイズのインナーバッフルを製作して、

JBLのクラブ6500Cのミッドのみを取り付けて、ピュアディオブランドのPSTケーブルで

車室内からピュアコンを通した中低音を送って来ています。

 

 

 

純正スコーカーは鳴らさずに、フロント3WAYから2WAYに変更して、

ドアからゆとりのある中音を再生する様にしました。


リアドアの純正のBOSEの13センチスピーカーは取り外して・・

 




JBLの2WAYコアキシャルのスピーカーに交換しています。




このCX-5では前後の内張にセメントコーティングの施工がしてあり、

内張のもわもわした響きが抑えられて、ドアスピーカーのサイズも絞った事もあり、

カチッとした小気味良いサウンドに生まれ変わりました。





ピュアコンは3WAYから2WAYに変更したのでパーツの値を変えて対応して・・

 




最後にCD・DVDプレイヤーのイコライザーを調整して、音を整えてから出庫しました。

 




マツダのBOSEサウンド車からBOSE部分を取り外して

フルレンジ化される方はごくまれにおられますが、先代モデルの前期だから出来る技で、

低音の量は減りますが、質感を重視したいと思われる方にはお勧めのシステム変更です。

スズキ・ワゴンR カーオーディオの音質アップ

2020-01-27

今日ご紹介する1台は、昨日の宇部店の作業から、
スズキのワゴンRです。
 
 
 
 
パナソニックのストラーダを装着した状態で入庫となって、
以前からお使いだったシステムを移設して取り付けていました。
 
 
 

 
ドアには方ドア3面のフル防振の施工を行った後、
アウターバッフルを製作して、JBLのGT6・0Cを取り付けていました。
 
 
 
確か2台前のお車から移設し続けておられて、
もう20年ぐらい使用されています。
 

 
ミッドは健常に使えているのですが、ツイーターの方が劣化して来て、
レベルが下がってレンジも狭くなったので、
ピュアディオブランドのATX-30に交換しました。
 
 
 
 
グローブボックス下のピュアコンはブラックボックス4連のATX-30用に交換して、
ストラーダの内蔵アンプからRCA信号に変換する
ハイローコンバーターもピュアディオチューンの物を使用しています。
 
 
 
 
ハイローコンバーターはオーディオテクニカの4CH用の物の内側2レーンを撤去して、
パーツを大型化して低ロスで変換出来る様にして、
音の新鮮さを失わない様にRCA変換しています。

 
 
 
失われた新鮮さは後で取り戻す事が出来ないので、
ハイローコンバーターのチューニングはかなり費用対効果が高いチューンです。
 

 
ハイローコンバーターからの信号はピュアディオブランドのSKYケーブルで
リアに送られて、
ピュアディオチューンのチャンネルディバイダーで
フロント用の中高音とウーファー用の低音に分離されて、
ロックフォードの小型アンプで増幅してスピーカーに送ります。
 
 
写っているアンプはフロント用で、
ウーファー用のアンプは下の段に隠れています。
 
 
そして今回はリアのウーファーをJBLの25センチの新品に入れ替えました。
 
 
 

 
使える所は使って、傷んで来た所のみを交換しても、
ピュアディオのピュアコンというシステムだと周波数特性が自由に変えられるので、
推奨ユニットであれば換えたいユニットのみを交換でマッチングをきちんと合わせる事が出来ます。
 
 
全ての結線が終わって音が鳴る様になったら、
ストラーダのイコライザー調整を行います。
 
 
 
 

 
自分の調整用CDでこの楽曲ならこの音色でこのレベルならスタジオレベルという基準がありますが、
お客様の聴かれ方がコンサートのPA的な鳴らし方の方が良いだろうと、
通常のセッティングよりはややPA風にセッティングしてあります。
 
 

 
ワゴンRのお客様は、宇部店の前の山陽小野田市の現在は倉庫になっている場所に
お店がある時から、
長い期間お付き合い頂いている方で、その頃からPAよりの音を希望されていました。

熱の加え方と抜き方

2020-01-26
最近は毎日4桁シリーズと呼んでいるZで始まる数字4桁で中の
コンデンサの値を表記しているピュアコンを作っていて、
これまでのユーザーの方の入れ替え用で火曜日も出て来て製作しないと
需要に間に合わない状態になっています。
 
 
 
その細かいコンデンサの値合わせもさることながら、
ハンダ付けの熱の加え方と熱の抜き方で音質が変わるという事は意外と知られていません。
 
 
 
現在は2個のコンデンサを合わせてハンダ付けするのに放熱クリップ6個使用して、
コンデンサのフィルニに対して熱で影響が無い様にしています。
 
 
 

熱が加わったら音が荒くなるのは前から分かっていましたが、4桁シリーズを製作するに当たって
製造前と製造後の値に微妙に変化があるという事が分かって、これまで以上の
熱クリップを行う様になりました。
 

またハンダ付け後はエアーで急冷却を行っていて、その空気は湿気などが混じらない様に、
ハンダ付け場所専用のコンプレッサーを使用しています。
 
 
 
ハンダこては2000年代の初めはまだスイッチで15Wと90Wを切り替えて、
それで温度を調整するという方法で、ハンダ付け前にこて先に温度計を当ててから付けるという、
非常に効率の悪いやり方をしていました。
 
 
 

今ではデジタルで最初に温度を設定すれば、小手先温度が下がれば自動で目標温度に合わせてくれます。
 

しかもスイッチを押せばどんどんハンダが送られて来て、左手でハンダを差し込んでいた時に比べると、
左手が違う作業で使えるので非常に効率的です。
 
 
 
 
これがオプション等を加えて10万円程度なので、「自分は10万円のハンダこてを
使っています。」というと、どなたも大きくて重いこてを想像されます。
 
 
実際にはこんなに小さくて、15W・90W切り替えのハンダこてよりも軽いです。
 
 
 
ただ製作室には大きく重もたいハンダこてみたいな物も存在しています。
 
 
これはハンダこてではなくて、基盤に付いているハンダを吸い取る機器です。
 
 

温度調整のコードと、吸引するためのチューブの二つ付いたコントローラーがあって、
グイグイ基盤のハンダを吸い取ります。
 
 
 

これだけ機械化してもまだ定休日に出て仕事をしないと間に合わず、
もし機械化していなかったらもっと効率が悪いんだろうなと思い、
2000年代の初めの数千円のハンダこてを使っていた時を考えたらゾッとします。
 
 

追伸
熱の加え方と抜き方といえば、ゆで卵の作り方が同じ様な理論で、最初に出来の良い卵を常温にしておいて・・

ホンダNボックス カーオーディオの音質アップ

2020-01-25

今日ご紹介する1台は、現在の福岡店の作業から、
ホンダのNボックス・カスタムです。
 
 

 
 
 
ホンダ純正のギャザーズの大画面ナビオーディオを装着した状態で入庫となって、
ベーシックのトリプルパッケージを取付して頂いていました。
 

 
 
 
 
ピュアディオブランドのATX-25を装着したベーシックパッケージに、
ドアのベーシック防振を加えるとWパッケージになりますが、
トリプルパッケージはこのWパッケージに何か
もう1工程加えた状態をトリプルパッケージと呼んでいるので、
前後のベーシック防振を行っても、
フロントドアにセメントコーティングを加えてても
どちらもトリプルパッケージと呼んでいます。
 
 
 
 
 
今回のNボックスはフロントドアが純正からJBLのクラブ
6500Cのミッドに交換してあるので、
1品プラスでトリプルパッケージと表現しています。
 

 
 
 
 
追加作業ではベーシック防振のみだったフロントドアに
サービスホールを塞ぐ防振を加えて、
外した内張りにセメントコーティングを加えて、
方ドア3面のフル防振の状態にアップします。
 

 
 
 
 
ツルツルの表面ではコーティング剤がくっつかないので、
手作業で粗目を付けて行きます。
 

 
 
 
 
実は塗る時間よりも粗目を付ける下地作りの方がはるかに時間がかかっています。
 
 
 
 
 
下地作りが終わったら手作業でコーティング剤を塗り込んで行って、
意図的に厚い薄いをランダムに作って、
内貼りが重たくならない割に振動が通過しにくくなって、
音質と静粛性アップの他に、断熱性もアップさせます。
 

 
 
 
 
青白かったコーティング材も乾いて来ると化学変化で茶色がかって来て、
カチッ!と堅い仕上がりになるので、
柔らかいマットをべたべた貼って行く通常の防振とは得られる結果が全く違います。
 
 
 
 
 
16・5センチ用だったインナーバッフルをこれから作り直して、
ピュアディオブランドのZSP-LTD15に交換して行きます。
 

日産プリメーラ カーオーディオの音質アップ

2020-01-23

今日ご紹介する1台は、現在の宇部店の作業から、
日産のプリメーラです。
 
 
 
 
 
純正デッキ+グローブボックスを加工して
アルパインの1DINデッキを取付けた状態でフルシステムが組んであるお車に、
リフレッシュプランで音質アップを図りました。
 
 

 

 
 
 
 
リアのアンプボードを取り外して、更にウーファーボックスも取り外して、
ラゲッジ周りを一度バラバラにします。
 
 
 
パワーアンプはフロントがARCの2CHで、
ウーファー用にロックフォードのモノラルアンプが付いています。
 
 
作り直したウーファーボックスを組み付けて、
新品のJBLウーファーを取付けて、
レスポンスが良くてかなり低い周波数から低音を再生させます。
 

 
 
 
 
ドアスピーカーはアウターバッフルに
ピュアディオブランドのZSP-MIDを取付けていて、
一度取り外してインピーダンス測定を行い、
金属リングなどを修正して取付けました。
 

 
 
 
 
ツイーターはダッシュにJU60の前のハイエンドツイーターのユニコーンを取付けていて、
一度外してインピーダンスとレベルを計ったら、まだ新品に近いレベルで鳴っていたので、
アッテネーター回路でレベルをやや下げて鳴らすのが適正ぐらいでした。
 

 
同じツイーターでも直射日光を長時間当てるか、
それとも日よけを使ってあまり直射日光を当てないかで寿命はかなり違ってきます。
 
 
 
店頭では手製のツイーター日よけを無料で配布してありますので、
是非ご活用の上、ツイーターを長く良いコンディションで聴ける様にしましょう。
 
 
 
 
 
ピュアコンはラゲッジに取付けていて、
前までPMBのスピーカーケーブルで4本に分けて
バイワイヤー接続して高音質再生をさせています。
 

 
 
今回は4桁シリーズのピュアコンを使って、
これまで2桁のピュアコンを使っていたので一気に細かい音の表現が出来る様になりました。
 
 
 
最後にデッキのバス・トレブルの調整と、
リアのチャンネルディバイダーの調整を行って、
リフレッシュプランの作業は完了しました。
 

 
 
基本は10数年前に購入されたままですが、ウーファーとピュアコンの交換と、
後は細かいメンテナスで驚くほど音が透き通ってパワフルになりました。
  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る