本文へ移動

取付ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

フォルクスワーゲン・ゴルフGTE スピーカーの音質アップ

2020-07-06

今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の作業から、フォルクスワーゲンのゴルフⅦです。
 

 

 

フロントグリルに青いラインが入っているGTEです。

 

 

 

純正のナビオーディオを活かして、ベーシックパッケージの取付と、ベーシック防振の施工の、

Wパッケージの作業を行いました。
 

 

 

まずはドアの内張を外して、工場装着の黒い防振材が貼っていない部分に、防振メタルと防振マットを

貼り合わせます。
 

 

 

カーン!という高い響きの中心にはメタルを貼って、ボン!という低い響きの中心にはマットを貼って、

ドア全体の響きをスムーズに抑えています。

 

 

 

ゴルフⅦはインナーパネルがドア内で響いて、ここが耳に近くて不快なので、防振マットと防振メタルで

響きを抑えています。
 

 

 

更にドアポケット内は走行中に余分な音が渦を巻いた様に聞こえて、ここも不快なので、

ポケット内に防振メタルを2枚貼って、静粛性を上げています。
 

 

 

その作業は実走行騒音の入り方を調べて、運良く放送関係者の方の車を借りる事が出来たので、

時間をかけて調査出来て、しかも高速道路での走行も行っています。

 

 


ベーシックパッケージは純正のドアスピーカーはそのまま使用して、

ピラー根元の純正ツイーターは鳴らさない様にして、ダッシュ上に仰角・振り角を付けた外ドームタイプで

音を拡散させるピュアディオブランドのATX-25ツイーターを取り付けました。
 

 

 

グローブボックス内にあるプレイヤー部の後ろにパワーアンプが付いているので、一度前に取り出して、

裏からピュアディオブランドのPSTケーブルで音信号を取り出して、グローブボックス下に送ります。
 

 

 

グローブボックス下にはMDF板を敷いて、その上にゴルフⅦ専用チューンのピュアコンを取り付けます。
 

 

 

ツイーターの周波数レンジとレベルを調整して、ドアスピーカーに無理に入れる必要のない周波数は

カットして、インピーダンスはやや上昇させているので音に重みが出て、軽くて低音の量だけ出ていたのが、

締まった低音になりました。

 

 

 

全ての結線が終わって音が鳴る様になったら、純正オーディオの3トーンを調整します。
 

 

 

ベーシックのWパッケージでは中高音はフラットのままが一番自然に音楽が聴けて、

低音はマイナス1がスタジオレベルの音になりますが、好みによってはバスをゼロにして

低音強めにして聴くのも良いでしょう。

 

 

 

ゴルフⅦのベーシックのWパッケージは防振にかなり手が入っていて、ピュアコンは最初から

アップバージョンのRRタイプを使用していて、価格は11万円プラス税とお求めやすい価格に

設定されています。

 

 


そのため大人気商品となっていて、1週間に2台入庫した時もありました。

 

 


今回はプラグインのGTEの初めての入庫でしたが、ピュアディオ福岡店には充電設備があるために、

走行用のバッテリーにチャージをして出庫致しました。

 

 


宇部店の方が福岡店よりも早くプラグインの設備を設置しましたが、音だけでなくEV設備を早くから

用意しているというのが、サウンドピュアディオの先見の目ならではです。

 

 

 

マツダCX-3 ボーズサウンド車の音質アップ

2020-07-05

今日ご紹介する1台は、昨日の宇部店の作業から、マツダのCX-3です。
 

 

 

ボーズサウンド車のシステムアップで、今回は3度目の入庫となります。
 

 


最初はベーシックのWパッケージを装着されたところから始まり、

2度目の入庫ではダッシュのツイーターをJU60に交換して・・

 

 


ドア内はフル防振にアップさせて、インナー取付でJBLの670GTIのミッドバスを取り付けました。
 

 

 

今回はリアのボーズ製ウーファーを取り外して、JBLの25センチウーファーと、

ウーファー専用のモノラルアンプを取り付けました。
 

 

 

県外から来店されて1日で仕上げて欲しいというご要望にお応えするために、

事前に造作部分は作り置きしており、写真を見ながら組み付けて行きました。

 

 

 

他のお客様のCX-3で作ったエンクロージャーとアンプボードを予備でもう1台分作っておいたので、

寸法はピッタリ合います。
 

 

 

フロントからバッテリー電源とACC電源を引いて来て、ボーズ用のウーファーアンプから

ハイレベルインプットでウーファー信号を取り出しました。
 

 

 

JBLのクラブA600のモノラルアンプは、手元でレベルコントロール出来るので、

マツダコネクトのバスを動かさなくてもウーファーのレベルの上下が出来るから便利です。
 

 

 

全ての結線が終わって音が鳴る様になったら、バス・トレブル・フェダーの調整を行いますが、

ウーファーレベルが単独で動かせるので、バスとトレブルはセンターで良く、その分中高音が滑らかになって

聴こえました。
 

 

 

CX-3のお客様は滋賀県からお越し頂いて、帰りに色々なジャンルの音楽を聴きながら帰られたら、

ウーファー音量が増しただけでなく、中高音まで改善されていた事に驚かれて、

今朝会社に出て来たらお礼のメールが届いていました。
 

 

 

今回はご家族の方も一緒に山口まで来られて、作業中は代車で観光をされていましたが、

夕方に宇部店に戻って来られた時に、店頭にこれまで多くのボーカリストの方にお会いしている写真を

見られて驚かれていました。

 

 


日本で唯一多くのボーカリストに実際に会って生声を聞いた上での車室内での音造りなので、

2府3県を越えて来店されていて、その期待と1日という納期にお応えした作業でした。

 

 

 

遠くからのご来店ありがとうございました。

 

 

 

 

 

追伸

 


CX-3にはブリヂストンのレグノが履かせてありました。

ピュアディオのお客様はレグノの装着率が高いですね。

 

 

トヨタ・カムリ カーオーディオの音質アップ

2020-07-04

今日ご紹介する1台は、現在の福岡店の作業から、トヨタのカムリです。
 

 

 

トヨタ純正のナビオーディオ付きのお車に、以前乗られていたお車からシステムを移設してきて取付ています。
 

 

 

ドアはフル防振の後にアウター・スラントのバッフルを製作して、ピュアディオブランドの

ZSP-LTD15を取り付けています。
 

 

 

ツイーターはJBLの508GTIの外ドームツイーターで、もう10年ぐらい使い続けておられます。
 

 

 

トランクスルー部分にはエンクロージャーを製作して、ナカミチのサブウーファーを取り付けています。
 

 

 

純正のスピーカー出力をピュアディオチューンのハイローコンバーターでRCA化して、

リアに取り付けたチャンネルディバイダーで低音の中高音に分割して、

フロントアンプとウーファー用アンプに送ります。
 

 

 

フロントの2CHアンプから出た音はグローブボックス下のピュアコンに送って、

中音と高音に分割して、パーツの微妙な値の違いの組み合わせによって、微細な音の調整を行っています。
 

 

 

ウーファー用のアンプは今回JBLの新製品をアンプボードの上に取り付けて、

その上に蓋をして2弾重ねでアンプボードを形成しています。
 

 

 

全ての結線が終わって音が出る様になったらナビオーディオのセッティング機能を使って音を調整します。
 

 

 

フェダーで純正のリアスピーカーの音を絞っている他は、3トーンは全てフラットで

一番生音・生声に近く、1クリック動かしただけで逆にバランスが狂うぐらいの完成度の高さです。

 

 

 

純正のスピーカー出力もピュアディオチューンのハイローコンバーターでRCA化する事で、

アンプやプロセッサーなどの後付けの機器を接続出来る様になります。
 

 

 

ノーマルのハイローコンバーターでもRCA化は出来ますが、一度失なわれた音の新鮮さは

プロセッサーでも取り戻せず、最初のレベル以上で音にメリハリを付けるだけなので、

わざわざここをチューニングして音の新鮮さを守っていて、今回の様に3トーンがフラットでも

素晴らしい音を再生する事が出来るのです。

 


 

今日も福岡のFMラジオはWサウンドピュアディオ

2020-07-04

今日の福岡県のFMラジオは同じ時間にサウンドピュアディオの番組が放送されます。

土曜日の12時30分から現在放送されている『サウンドピュアディオプレゼンツ 音解(オトトキ)』の

傑作選の放送は、当初6月の4週の放送予定を1か月延長して、7月末までとなりました。
 

 

先週はオフィシャル髭男ディズムさんのインディーズ時代に収録された番組を放送して、

「あのヒゲダンをインディーズの時代にゲストにするとは、先見の目がある!」と高評価を頂きました。
 

 

今日の12時30分からは、インディーズからメジャーに移る時の

オフィシャル髭男ディズムさんご出演回の再放送で、

この後のヒゲダンのヒットの連発を考えたら、かなり面白い回となります。
 

 

その音解の裏ではクロスFMの『テイク・イット・イージー』が12時から放送されていて、

こちらではサウンドピュアディオがチューンしたレコードプレイヤーでアナログ盤を再生するのが大好評で、

12時30分からは先月ピュアディオ福岡店に取材に来られた時の音源が放送されます。



どちらも聞きたい方はどちらかをラジコのタイムフリー機能を使えば可能ですので、

本日の12時30分からのFM福岡とクロスFMのサウンドピュアディオ関連の番組を是非お聞き下さい。


なおFM山口では11時30分から、オフィシャル髭男ディズムさんの2回目の音解の放送が行われます。

トヨタ・アクア トレードインスピーカーからの変更

2020-07-03

今日ご紹介する1台は、昨日の宇部店の作業から、トヨタのアクアです。
 

 

 

三菱製のナビオーディオを装着した状態で入庫となって、トレードインスピーカーを取り外して、

ベーシックパッケージの取付を行いました。
 

 

 

まずはドアの内張を取り外して、金属のインナーバッフルが付いたトレードインスピーカーの

ミッドを取り外します。
 

 

 

次にトヨタ純正のプラスチックのフレームの16センチスピーカーに戻します。
 

 

 

金属のプレートで音のキレは良かったのですが、逆に音は不自然で、本来あるはずの音が出ていないので、

純正の16センチの方が派手さはなくてもピュアコンを通せば本来の音に近くなります。

 

 


またスピーカーケーブルは純正スピーカーの末端から取り出して、それを更に細いケーブルで延長して、

その先にネットワーク回路とツイーターがあるので、これでは良い音は再生出来ません。
 

 

 

ベーシックパッケージでは手間がかかってもナビの根元から太くて導電率の高いピュアディオブランドの

PSTケーブルで音信号を取り出しているので、ツイーターまではかなり低ロスで音を送っています。
 

 

 

またグローブボックス下に取り付けているピュアコンにはMDF板を敷いていて、

床の鉄板からの距離を離して音への影響を避けて、ドアの中の鉄板に直接ネットワーク回路を

貼り付けているトレードインスピーカーとは比べ物にならないクオリティーで再生しています。
 

 

 

トレードインスピーカーではドアの中にネットワーク回路があるので、

ミラー裏の内張の上にツイーターが付いていますが、ベーシックパッケージではピュアディオブランドの

ATX-25ツイーターをダッシュ上に取り付けていて、斜め前から上質な高音を再生させて、

狭い感じの音場がかなり広がった聴こえ方になりました。
 

 

 

入庫した時はナビの音調整は音を強調する機能が全てマックスになっていて、

ベーシックパッケージの取付後は様々な部分で改良が出来たので機能は全てオフにしても

音が迫ってくる感じで、しかも自然な音色で、入庫時とは全く違うサウンドに生まれ変わりました。
 

 

 

 

今回の改善点を一から整理すると・・
 

 

1 クセの強いトレードインスピーカーを純正に戻し


2 音がキレるが余韻が無くなる鉄のプレートを取り外して
 

3 純正スピーカーの末端から取り出していたスピーカーケーブルをナビ根元から

 PSTケーブルを引いて来て


4 鉄板に直接付いていたネットワークをピュアコンに換えて、下にMDFを敷いて鉄の影響を避けて

 

5 ツイーターをシルクドームのATX-25に交換して、

 ツイーターの取付位置はダッシュ上の見晴らしの良い場所に変えて


6 音を強調する機能をオフにして、わざとらしい音を滑らかで自然な音に変える

 

 

 

で、入庫時とは全く違う本来の音楽にとても近い状態となり、お客様はとても喜ばれて、

サウンドピュアディオのステッカーを貼って帰られました。

 

 

 

入門者用のお買い得パッケージですが、様々な音の改善点があるので、

安価なのに比較的生音・生声に近いサウンドを楽しむ事が出来ます。

 


 

  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る