本文へ移動

取付ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

日産デイズ カーオーディオの音質アップ 後編

2019-12-14

今日ご紹介するのは、昨日の福岡店の作業の続きで、
日産の新型デイズのハイウェイ・スターです。
 
 
 
 
ドアにはインナーバッフルを製作して、
JBLのクラブ6500Cのミッドのみを取り付けました。
 
 
 
 
内張を組み付けたら見た目は最初と同じですが、
方ドア2面防振とスピーカー交換で、
音質が良くて静かなドアに変わりました。
 
 
 
 
ピラー根元に純正ツイーターの位置がありますが、
ここは使用せずにスタンドを使って
角度を付けたピュアディオブランドのATX-25ツイーターを取り付けています。
 
 
 
 
グローブボックス下にはMDF板を敷いて、
ピュアコンの4ピースの基本セットを取り付けていますが、
一度4ピース構成で音を追い込んだ後に、
追加でSSFを取り付けて6ピース構成へ変えました。
 
 
 

 
ピュアコンの値合わせを行いながら、
その一方で日産純正ナビの音調整を並行して行っていました。
 
 
 
これはパナソニックのストラーダの内容ですね。
 
 
いつもの様にイコライザーを動かして音の良くなったところで
メモリーを行うのですが・・
 
 
 
 
 
メモリーすると音に抑圧感が出るので、
やや上げ気味でイコライジングするとそれはそれで音がえぐい感じがして、
ピュアコンのパーツの値とイコライジングのパターを動かしながら音を探りました。
 
 
 
 
イコライザー画面とメモリーした後の画面と、
そして完全に再生画面に戻した時に微妙に音が違って聴こえて、
再生画面に戻すまでは音が良く聴こえても安心出来ません。

 
 

 
何度も調整画面と再生画面を行ったり来たりして、
これ以上生音に近くならないという組み合わせまで追い込んで、
調整を終了しました。

 
最後の最後に使った音源は上妻宏光さんの田原坂で、
この楽曲では上妻さんの三味線演奏と同時に、
ボーカルも入っているので、これまで数十回PA無しの生音・生声を聴いているので、
これがきちんと聴こえれば最も生音に近いと判断します。
 
 
最後にドアの雨漏りチェックを行って、
それに合格すれば納車の準備に入ります。
 
 
 
近年のゲリラ豪雨に対応するために、水の量と流す時間を増やして、
現在の気候変化に対応しています。

日産デイズ カーオーディオの音質アップ 前編

2019-12-13

今日ご紹介する1台は、現在の福岡店の作業から、
日産のデイズ・ハイウエイスターです。
 
 

 
 
 
日産の純正ナビオーディオを一度取り外して、ベーシックパッケージの取付けと、
ドア防振の施工と、ドアスピーカーの交換の作業を行っています。
 

 
 
 
 
まずドアの内貼りを外して、外板裏を見てみると、
工場装着の防振材が一枚貼ってあり、よほどここの響きがひどぴのでしょう。
 

 
 
こういう場合はここを剥がしてもっと効きめがある防振材に貼り換えるか、
この防振材を活かして周りを固めるかのどちらかの手法を使うか響きを調べてから決めます。
 
 
新型デイズでは工場装着の防振材を活かして、
その周りに防振メタルと防振マットを貼り合わせて、ドア全体の響きを鎮めました。
 

 
 
 
 
外した内張りにはセメントコーティングの施工を行いますが、
そのままでは表面がツルツルでコーティング剤が貼りつかないので・・
 

 
 
 
手作業で粗目を付けて剥がれない様に下処理をします。
 

 
 
 
 
粗目が付いたら意図的に厚い薄いをランダムに作って、
内貼りを振動が通過しない様に塗って行きます。
 

 
 
 
 
内張り全体にセメントコーティングが塗れたら、乾燥するのを待ってからドアに組み付けます。
 

 
 
 
 
ドアスピーカーを交換するので純正スピーカーは取り外して、
車室内側からピュアディオブランドのPSTケーブルのフルレンジタイプのモデルをひいて来ます。
 

 
 
末端には24金メッキの端子を付けて、根元を銀入りハンダで空気や水が進入しない様に加工して、
ケーブルに酸化が進み難い様にしています。
 
 
ドアには16・5センチサイズのインナーバッフルを製作して、
これからレインガードを取付けるところです。
 
 
 
レインガードの効果と端子の末端のハンダ付けで、
良いコンディションを長く維持出来る様に手間がかけてあります。
 
 
今時点ではデイズの作業はここまでで、これより先は明日の後編に続きます。

VWルポ カーオーディオの音質アップ

2019-12-12
今日ご紹介する1台は、現在の福岡店の作業から、
フォルクスワーゲンのルポです。
 
 

 
 
 
純正デッキをパイオニアの1DINの物に交換と、
ベーシックパッケージの取付けと、ドアスピーカーの交換の作業を行いました。
 

 
 
 
 
元々フロント2WAYのお車に、ダッシュの純正ツイーターを取外し、
スタンドを使って角度を付けたピュアディオブランドのATX-25ツイーターで高音を再生します。
 

 
 
 
 
ドアのスピーカーは純正を取り外して、
JBLの16・5センチのクラブ6500Cのミッドに交換しました。
 
 
 
 
インナーバッフルを製作して、上半分にレインガードを作って、
スピーカー裏やターミナルが濡れない様にしてあります。
 
 
 
車内からピュアディオブランドのPSTケーブルのフルレンジタイプの物をひいて来て、
ロスが少なく音を送って来ていて、
純正ケーブルと比べるとかなり低音が厚くなります。
 
 
 
ドアの内貼りを組み付けたら完成で、これから音調整に入ります。
 

 
 
 
 
1DINデッキには5バンドのイコライザーが入っていますが、
13バンドに比べると2・3本が同時に動いている様な感覚なので、
なるべくここはフラットで音がまとまる様にします。
 

 
 
 
 
グローブボックス下に取付けたピュアコンでツイーターのミッドの周波数レンジと
インピーダンスを調整して、ツイーターに関しては
基本パッケージではツイーターのレベルは変えられます。
 

 
 
同じ周波数幅でもコイルとコンデンサの比率を変えるとインピーダンスが変化して、
インピーダンスを下げ気味だと音がシュッと鋭く聴こえて、
インピーダンスを高めにするとゆったりとした艶のある高音になって、
ドアスピーカーの銘柄と取付位置の高さによって
これらを変えてより生音に近いサウンドに合わせて行きます。
 
 
 
ドアの構造で低音がかなり強く聴こえたので、
5バンドイコライザーの100ヘルツを1クリック下げてバランスを取りました。
 
 
 
コンパクトな車ながら低音にスケール感があって、
高音もしっかり出ている理想的な音に仕上がりました。

スバル・レヴォーグ カーオーディオの音質アップ

2019-12-11

今日ご紹介する1台は、先日の福岡店の作業から、スバルのレヴォーグです。


カロッツェリアの8インチ楽ナビを取り付けた状態で入庫となって、

以前にベーシックのWパッケージを取り付けて頂いていました。

今回はシステムアップのための再入庫で、まずダッシュの上をマスキングして、

JU60ツイーター用のワイドスタンドの製作を行いました。

 



ワイドスタンドが完成してJU60を取り付けると、ピュアディオ推奨システムとしては

現行ではハイエンドのツイーターとなります。



ドア内は外板裏にベーシック防振の施工が行ってあった所から、サービスホールを塞ぐ防振を追加しました。

 




外した内張裏にはセメントコーティングを施工を加えて、方ドア3面のフル防振となりました。




内張を表は全面をマスキングして、アウター・スラントのバッフルを製作します。

 



アウター・スラントのバッフルが完成して、ドアに組み付けた後にピュアディオブランドの

ZSP-LTD15を取り付けたら完成です!



一度は完成と思ったのですが、パワーアンプを追加したという事で、ラゲッジルーム下に

SKY-2のRCAケーブルと、SKY-3のスピーカーケーブルをひいて行きました。


ピュアコンを取り付けている奥から電源ケーブルをひいて来て、

バッテリーの直電をラゲッジまで送ります。

 




車を一度使われたいとの事で、ケーブルだけ通した後に一度出庫して、

後日ラゲッジ内にアンプとチャンネルディバイダーと、25センチのウーファーを取り付けます。

年末年始お休みのお知らせ

2019-12-11
サウンドピュアディオから年末年始のお休みのお知らせです。
 
 
年末は12月30日と31日を、そして年始は1月1日・2日・3日の
合わせて5日間をお休みとさせて頂きます。
 
 
この時期は旅行を兼ねて遠方からのお客様が増える時期で、
取付が込み合うおそれがあります。
 
 
あらかじめピットのスケジュールをご確認の上、ご予約頂く様お願い致します。
 
 
また5連休中はお客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどお願い致します。
  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る