本文へ移動

取付ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

日産ノート カーオーディオの音質アップ

2020-08-27

今日ご紹介する1台は、現在の宇部店の作業から、代車のノートに試作品のスピーカーの

装着テストを行っています。

 

 


ピュアディオではノートを合計3台所有していて、白いガソリン車の他に、

ガンメタと青のeパワーのノートがあります。

 

 


3台ともカロッツェリアの楽ナビを取り付けていて、純正の16センチスピーカーを使った

ベーシックパッケージです。

 

 


ただ白いノートはインナーバッフルを製作して16センチの後付けスピーカーのテストをする事が多く、

直前にはJBLのスタジアムGTO600Cのミッドを取り付けていました。

 

 


後ろの形状の違いで同じ16センチサイズでもインナーバッフルが合わなかったために、

インナーバッフルを作り替えて次期製品のISP-160の試作品を取り付けました。

 

 


ツイーターはピュアディオブランドのATX-30を取り付けて、

ツイーター・ドアスピーカー共にアップグレードの品でテストを始めます。

 

 


ピュアコンは6ピース構成で鳴らして、ブラックボックス4連用のベースは付いていますが、

今回はそこはコストを抑えるために使用しませんでした。

 

 


ピュアディオブランドの名乗るスピーカーは音色に極力クセが無い様にしてあって、

イコライザーは1カ所1クリック動かしただけで聴感上のフラットになり、

効率の高いユニットなので、楽ナビの内蔵アンプでも十分に音楽が体感出来るレベルの音が鳴っています。

 

 

 

おそらく発売する方向に行くと思いますが、後は耐久性のテストがパスするかと、

もしそれが通ればコスト計算で販売価格をいくらにするかを決めないといけません。

 

 

 

 

 

 


追伸

 


ピュアディオの代車の白いノートは、後からHIDのヘッドライトに交換していて、

フォグライトはスモール点灯時に周りにリングで光るLED付きで、

更にメッキのベゼルを取り付けているオシャレ仕様です。

 


アンテナはビートソニックのドルフィンアンテナに換えていて、見た目は良いのですが、

ラジオの感度が少し落ちたのが難点です。
 

 

 

ダイハツ・ロッキー カーオーディオの音質アップ 後編

2020-08-26

今日ご紹介する1台は、先日の宇部店の作業から、ダイハツのロッキーの後編です。

 

 


25センチ用のエンクロージャー埋め込んだラゲッジは・・

 

 


両サイドにアンプとプロセッサーを取り付けて、アンプボードを取り付けて、

ピュアディオブランドの黄色いケブラーのZSPウーファーが付いています。

 

 


頑丈なスピーカーグリルを取り付ければ、荷物が普通に乗るラゲッジに仕上がっています。

 

 


基本的に前に乗られていたお車からの移設作業で、これまで使われていた

ピュアディオブランドのPMBケーブルは末端を焼き直して、

新たに新しいターミナルを取り付けてリフレッシュさせています。

 

 


ドアは方ドア3面のフル防振の施工を行った後に、アウター・スラントのバッフルを製作して、

ピュアディオブランドのZSP-LTD15を取り付けています。

 

 


ツイーターはワイドスタンドを製作してJU60を取り付けていて・・

 

 


デッキはナカミチのCD-700KKとサイバーナビの1DINタイプを組み合わせて使って、

ピュアディオ推奨モデルのハイエンドの組み合わせになっています。

 

 

 

全ての結線が終わったらタブレットを繋いでチャンネルディバイダーとイコライザー機能を調整します。

 

 


ウーファーとフロントスピーカーの音域分けはピュアディオチューンのデジタルプロセッサーで行って、

フロントのミッドとツイーターの音域分けとインピーダンスのコントロールによる微妙な音色の調整は

8ピース構成のピュアコンで行います。

 

 


イコライザーで特定の音域のレベルの強い弱いは調整出来ますが、

インピーダンス微妙な上下による音の軽い・重たい・明るい・暗いなどの音の

表情はイコライザーだけでは無理があり、生音・生声的な音色に合わせるにはピュアコン方式が最適です。

 

 

 

このピュアコンという方式は以前にも書いたと事がありますが、

お客様からの「マルチアンプ方式では限界があるので、コイルを巻き替えて独自のネットワークを

作って欲しい!」から生まれていて、</p><p>実際にオリジナルのパッシブネットワークを作ったら

パーツの交換に時間がかかり、短時間でパーツの交換が出来て、

多くの組み合わせを比較出来るというところから、今のピュアコン方式を発案しました。

 

 

 

ロッキーのお客様は3台前のお車からお付き合い頂いていて、今回の取り付けて4台目となり、

もう20年お付き合い頂いています。

 

 


車を買い替えてもパーツの部分的な交換でどんどん次の車に対応して行くので、

そういう意味でもピュアコンは便利なアイテムです。

 

 

 

VWゴルフⅦ 静粛性と音質をアップ

2020-08-24

今日ご紹介する1台は、先日の福岡店の作業から、フォルクスワーゲンのゴルフⅦGTIです。

 

 


以前にATX-30Jツイーターを使用したベーシックのWパッケージを取り付けて頂いていて、

今回はフロントのセメントコーティングとリアドアのベーシック防振を追加するために再入庫となりました。

 

 


ゴルフⅦのベーシック防振は外板裏とインナーパネルとドアポケットの3カ所に分散して行っていて、

主に響く部分をピンポイントで抑えています。

 

 


追加の防振のために内張を取り外すと、裏に吸音フェルトが貼ってあり、これを一度外して作業を行います。

 

 


内張裏はツルツルで、ここに粗目を付ける下処理を行ってから塗り込みを行って、

塗るのにも時間がかかりますが、それ以上に下地を作る方も時間がかかっています。

 

 


意図的に厚い部分と薄い部分をランダムに作って、振動がとどまって消える様にしています。

 

 


吸音フェルトと消える周波数をずらしてあるので、これまで取れなかった周波数の内張に付帯する

嫌な部分が消えて、静粛性アップと音質アップと、更に断熱性もアップします。

 

 

 

2年前のちょうど今頃レヴォーグのデモカーを購入して、納車されたその日に散髪に行って、

1時間半ほど運転席側に西日が当たる状態で駐車していたら、やたらドアの内張からモヤモヤと

熱が伝わって来て、「ノーマルの内張ってこんなに熱が入って来るの?」と驚いた事がありますが、

夏の暑い時期と冬の寒い時期には、セメントコーティングの断熱性の良さが分かります。

 

 


続いてリアドアのベーシック防振の作業を行い、まずは外板裏に防振マットと防振メタルを貼り合わせて・・

 

 


インナーパネルにも防振マットと防振メタルを貼り合わせます。

 

 


ドアポケット裏にも防振メタルを貼って、トータルでリアドアの響きを抑えました。

 

 


そしてフロントドアがベーシック防振プラスセメントコーティングとなって、

リアドアはベーシック防振で、ゴルフⅦGTIはかなりプレミアム性の高い特別な1台に仕上がりました。

 


 

新型ハリアー JBLサウンド車の音質アップ

2020-08-23

今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の完成車から、トヨタの新型ハリアーです。

 

 


新型がもう納車されているので、お客様に「いつ注文されたのですか?」と

お聞きしたところ、「カタログが出来る前に注文していました。」と答えられて、

「やっぱり。」と思いました。




システムはJBLのプレミアムサウンドで、画面は工場装着の前のモデルよりも

横幅が大きくなって、エアコンの表示も出る様になっています。



スピーカーは先代モデルのダッシュのスコーカーがコアキシャルになっていたところから、

ピラーの根元にツイーターが独立しました。

 






ドアスピーカーはオレンジのエッジの16センチサイズは先代モデルから同様で、

外板裏には防振材が貼ってないので、前後のドアにべーシック防振の施工を施しました。

 




そして前後のドアの内張にはセメントコーティングの施工を行って、

音質だけでなく静粛性と断熱性を上げたドアとなり、ハリアーのプレミアム感を更にアップさせました。



ピラー根元の純正スピーカーは鳴らさず、ダッシュのスコーカーと

ドアのウーファーはそのまま使用して、ピュアディオブランドのATX-30Jを使用して

3WAY構成として鳴らしています。




グローブボックス下にはMDF板を敷いて、ピュアコンをあれこれと交換して

JBLサウンド車に音が合う様にマッチングを取りましたが、最終的に

新型ハリアーのJBLサウンド車専用のブラックボックスを新たに開発しました。




音調整は低・中・高音の3トーンと、フェダーの4カ所を動かして、それでもこれまでの

ピュアコンでは足らない所があったので、専用設計のブラックボックスで対応しました。

 

 


ノーマルの3WAYの音を先に聴いてから開発にかかりましたが、今回のJBL仕様は

低音ばかり強く中高音の量もクオリティーも不足気味で、方ドア2面の防振も加えて

真のプレミアムカーとして、特別な一台に仕上がりました。

アウディTTクーぺ スピーカーの音質アップ

2020-08-22

今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の作業から、アウディのTTクーぺです。

 

 


クラリオン製のアウディ純正のナビオーディオ付きのお車に、ベーシックパッケージの取り付けと、

ベーシック防振の施工の、Wパッケージの作業を行いました。

 

 


TTクーペはドアに18センチサイズの大型のスピーカーが付いていますが、

 

 


音がいまひとつという事でケンウッドのトレードインスピーカーに交換されたそうですが、

更に音が悪くなる方向に行ったので、取り外して純正に戻したうえでベーシックパッケージの取り付けを

行いました。

 

 


ドアの中は大きなインナープレートでサービスホールが塞いであって、

ここがポコポコ鳴るので防振メタルで響きを抑えて、後3か所防振材を貼り付けて、

合計8枚でベーシック防振としています。

 

 


内張を組み付けたら見た目はそのままですが、この時点でスピーカーの音だけでなく、

ドアの開閉音も変わっています。

 

 


TTクーペはリアの左サイドに車両アンプがあって、ここに手を入れて純正の鳴りを調整しています。

 

 


ダッシュの純正ツイーターは鳴らさず、グリルの横にはスタンドを使って仰角・振り角を付けた

ピュアディオブランドのATX-25ツイーターを取り付けて、上質な高音をロスも反射も少なく、

理想的な再生をさせます。

 

 


グローブボックス下にはMDF板を敷いて、その上にピュアコンを取り付けて、

周波数幅とインピーダンスとレベルを調整します。

 

 


以前デモカーで所有していたA3と同じナビオーディオで、調整は手慣れたものですが、

純正スピーカーの位置とサイズが少し違うために、ピュアコンの値とイコライザーパターンは変えてあります。

 

 


お客様は完全な純正とトレードインスピーカー付と、ベーシックのWパッケージの3つの状態を体験されて、

「こんなに音がよくなるんですね!」と驚かれていました。

 

 


サウンドピュアディオは音楽番組の制作を通して、本当の音を知っているからこそ出来る、

作り物ではない、他ではまね出来ないサウンドを提供しています。

 

 

 

  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る