本文へ移動

取付ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ホンダS660 スピーカーの音質アップ

2021-04-05
今日ご紹介する1台は、本日の福岡店の完成車から、ホンダのS660です。



ホンダ純正のディスプレイ付きのビルトインオーディオ付きのお車に、
ベーシックパッケージの取付と、ベーシック防振の施工の、Wパッケージの作業を行いました。



S660のドアは横に長くて、耳に近い部分ではスピーカーの音よりも位相がズレた響きが聞こえて、
スピーカーからの直接の音を妨げて音質を悪くしています。



内張裏に吸音フェルトも貼ってないので、オーディオの音も静粛性も悪い状態です。



外板裏には何も貼ってなくて、残響は残りまくりなので、響きの中心を8カ所ピンポイントで抑える
ベーシック防振の施工で残響をダウンさせました。



S660の外板裏は、低い周波数と高い周波数、そして中音域の響きが混在しており、
形状や材質変えてドア全体の響きをトータルで抑えています。



電気系の作業では、インパネ付近は広範囲に分解して、奥の方からオーディオの音信号を取り出して、
ピュアディオブランドのPSTケーブルでグローブボックス下まで引いて行きます。



今回使用したツイーターはアップグレードのATX-30Jツイーターで、
標準品よりも周波数レンジが広い、存在感のあるツイーターです。



S660のオーディオは、年式やグレードで本体の音の特性が微妙に違って、
それに合わせてピュアコンの値を変えていますが、今回は更にツイーターがアップグレードのために、
かなり時間をかけて最高のマッチングを探りました。



入庫した時に比べたら防振の効果で低音の量はアップしていて、
4クリック上げていた低音はマイナス1でスタジオレベルと言える低音のレベルになり、
高音域は5クリック上がっていたのをプラス1で調整を終了しました。



お客様は1度代車に乗って帰られていて、もうサウンドピュアディオの音に
耳が慣れておられると思いますが、代車無しでその間車のオーディオの音を聴いていない方の方が、
納車時に音を聴かれた時の驚き具合が大きい様です。



今回の作業でドアの残響が多く、スピーカーがフルレンジのS660には、
ベーシックのWパッケージは、ピッタリの商品だと再確認しました。



スズキ新型ソリオ カーオーディオの音質アップ

2021-04-04
今日ご紹介する1台は、現在の福岡店の作業から、スズキのソリオ・バンテットです。



スズキ純正の大画面ナビオーディオを装着した状態で入庫となって、フルシステムの取り付けを行いました。



これまでお持ちだった製品にピュアディオ製品を加えてフルシステムとなっています。



まずはJBLの25センチウーファーを、前のお車の時のエンクロージャーは取り外して、
新たにエンクロージャーを製作して床に埋め込みました。



上蓋を取り付ければ、床の高さピッタリに収まり、頑丈なグリルにしてあるので、
荷物の積み下ろししても大丈夫です。



助手席の下にはアンダーボックスがあって、更にその下にアルパインの4CHアンプを取り付けて、
2CHをフロント用として使って、残りの2CHをミックスしてモノラルにして、25センチウーファーを
駆動しています。



運転席の下にはピュアディオチューンのチャンネルディバイダーを取り付けて、
フロントの中高音とウーファー用の低音にナビからの音信号を分離しています。



チャンネルディバイダーが無くてもアンプの中の内蔵の物でも分離出来ますが、
音の分離の仕方でクスミが出てしまうので、チューンされたチャンネルディバイダーでスッキリと
本来の音楽に近い状態で帯域分けを行います。



フロントのドアには方ドア3面のフル防振の施工を行って、ピュアディオブランドのZSPーLTD15を
取り付けました。



ダッシュにはワイドスタンドを製作して、JU60ツイーターを取り付けて、
フロントの2WAYは現行のピュアディオ推奨モデルのハイエンドとなっています。



グローブボックス下にはMDF板を敷いて、その上にピュアコンの8ピース構成の物を取り付けています。



新型ソリオのドアスピーカーの位置が通常のドアよりも高い位置にあるので、
ミッドの上限周波数を決めるコイルは新たに巻き数を多い物を数種類作って、
それを何度も付け替えて音のマッチングを探りました。



ツイーターとミッドのつながりが決まったら、最後にイコライザーを調整して、
音域ごとの音のレベルを合わせました。



ベースがパイオニアの楽ナビだと思いますが、イコライザーの1クリックがこれまでの半分で
動かせる様になった気がして、絶妙なレベル調整が出来ました。



純正ナビを使いながらも音質的にも優れて、スペースを有効に活かしたシステムが完成しました。


ノートeパワーの静粛性をアップ

2021-04-03
今日ご紹介する1台は、昨日の宇部店の完成車から、日産のノートeパワーです。



もうシステムが取り付けられているお車で、静粛性アップのためにフロアーの防振作業を行いました。



オーディオレス車にカロッツェリアのサイバーナビを装着して・・



フル防振の施工を行ったドアに、アウター・スラントのバッフルを製作して、
ピュアディオブランドのZSPーMIDを取り付けています。



ツイーターはダッシュにワイドスタンドを製作して、JU60を取り付けていて・・



リアのラゲッジ下にはパワーアンプとプロセッサーを取り付けて、
25センチ用のエンクロージャーも組み込んで、フルシステムの状態で取り付けられていました。



今回はリアシステムを一度取り外して、フロアーの鉄板から進入するロードノイズを防ぐ作業を行いました。



底面はアンプボードやエンクロージャーで抑えられていますが、サイドは広い範囲で響いていたので、
防振材を貼り付けました。



そして後部座席の座面を外して、こちらにも防振施工を行って・・



足元はよほどロードノイズの進入が多かったからか、工場装着の防振材が貼ってありましたが、
まだ取れていない部分があったので、追加で防振を行いました。



これだけ広範囲に防振を加えると、少しオーディオの響きにも変化が出て、
それに対応するためにデジタルプロセッサーにタブレットをつないで、
イコライザーを0・5デジベルステップで3か所ほど動かして、
残響が取れた状態で最も生音・生声に近くなる様にセッティングしました。



中高音にも変化がありましたが、特に低音のサブウーファーの音域が締まった感じがして、
当初は静粛性だけを目的とした防振でしたが、音質的には予測していなかった改善がみられました。



三菱エクリプスクロス スピーカーの音質アップ その3

2021-04-02
今日ご紹介する1台は、本日の宇部店の完成車から、三菱のエクリプスクロスです。



三菱純正のパワーサウンドシステムのお車に、広範囲の防振作業と、
ベーシックパッケージの取付を行いました。



前後のドアとリアのハッチの防振が終わったので、フロア下の防振を行って、全ての防振作業は終わりました。



ドアスピーカーは車輛アンプから低音のみが送られて来ていて・・



ダッシュの上のスコーカーには中高音が送られて来ているフロント2WAYですが、
ピュアディオブランドのATX-30Jツイーターを取り付けて、中音と高音を独立させて鳴らす様にして、
フロント3WAY構成のスピーカーとなりました。



中音と高音をセパレート化させるのはグローブボックス下に取り付けたピュアコンで、
特殊なインピーダンスや音域制限がかかったプレミアムサウンドシステムに対してシステムアップが
可能となります。



全ての結線が終わって音が鳴る様になったら、ディスプレイオーディオのセッティング機能を動かして
音調整を行います。



まずはパッケージされているイコライザーはノーマルというフラットの状態にして・・



バス・ミッド・トレブルの3トーンを動かして、聴感上のフラットに音を調整します。



自分の調整用のUSBメモリーの他に、お客様の音源とFMラジオで音調整を行って、
お客様の音源の中に自分が実際にお会いして、生の声を聞いた事のあるボーカリストさんの楽曲が
入っていると嬉しくなります。



音調整が終わったら細部の組み立てをこれから行い、その間はEV車用の充電設備で
フル充電んの状態にします。



PHEV車はフル充電の時が音質的にも走りも最もスムーズで、
これからのカーオーディオ専門店にはEV用の充電設備は必要なアイテムだと思います。


トヨタ・エスクァイア カーオーディオの音質アップ

2021-04-01
今日ご紹介する1台は、昨日の宇部店の完成車から、トヨタのエスクァイアです。



天井とダッシュにスコーカーが付いているプレミアムサウンド車に、
他所でサイバーナビを取り付けて来られたのですが、純正アンプに繋ぐアダプターが無い車種だったので、
ドアスピーカーが鳴っていない状態で入庫して来ました。



まず一度サイバーナビを取り外して、配線を引き替えてドアスピーカーが鳴る様にして、
ベーシックパッケージを取り付けました。



16センチスピーカーは取り外して・・



インナーバッフルを製作して、JBLのスタジアムGTO600Cのミッドに交換しました。



ダッシュにはスタンドを使ってピュアディオブランドのATX-25ツイーターを取り付けて、
純正のスコーカーを使うかどうか迷いましたが、2WAYで十分中音域までカバー出来たので、
スコーカーは使用せず、天井のスコーカーは鳴らしました。



グローブボックス下にはMDF板を敷いて、ピュアコンの4点セットを取り付けました。



エスクァイアのドアスピーカーの移置はかなり下の方にあるので、
ピュアコンのコイルの巻き数は減らして、ミッドの上限周波数を伸ばしてマッチングを取っています。



最後にサイバーナビのイコライザー調整を行って、最初にタイムアライメントが全てゼロになっている事を
確認してからイコライザー調整に入ります。



タイムアライメントは車室内で音の定位が合うと言われていますが、
運転席に対して助手席のバランスが極端に悪くなり、更に音色は実際の音楽とズレてしまうので、
ピュアディオでは全てゼロにしています。



数カ所1クリックずつイコライザーを動かして、一番生音・生声に近くなったところでセッティングを
終了しました。



プレミアムサウンド車に対応していない他所で施工されていたので、
サイバーナビの性能がほとんど発揮出来ていない所から、驚くほどクリアーでパワフルなサウンドに
変身しました。



  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る