本文へ移動

取付ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ダイハツ・ミライース スピーカーの音質アップ

2019-09-09
今日ご紹介する1台は、昨日の宇部店の作業から、
ダイハツのミライースです。
 
 
 

 
お仕事用のお車にベーシックパッケージの取付と、
ベーシック防振の施工のWパッケージの作業を行いました。
 
 
 

 
パッと見1DINサイズのラジオに見えますが、
実は横幅20センチで縦5センチの2DINワイドサイズで、
上の部分にCD挿入口があり、
ステレオミニジャックの外部入力が付いています。
 

 
 
 
ドアスピーカーは以前のモデルは10センチ仕様と16センチ仕様がありましたが、
現在のモデルになってからは全車16センチサイズに統一されています。
 

 

 
純正16センチスピーカーのこもっている高音域をピュアコンで出ない様にして、
ドアからは中低音のみの再生にして、
ダッシュ上に取り付けたピュアディオブランドのATX-25ツイーターで上質な高音を再生します。
 
 
 
ドアは軽自動車で厚みが薄くて残響が残るので、
外板裏の響く部分に防振メタルと防振マットを貼り合わせます。
 
 

 
柔らかいマットでは取れない高い音域をメタルを使ってダウンさせるのがピュアディオ流で、
どんなにマットの量を増やしても
取れない響きを材質の共振点の違いを利用して抑えています。
 
 
 

 
グローブボックス下にはMDF板を敷いて、
床の鉄板から離した状態でピュアコンを取り付けています。
 

 
今回はオプション1品を加えて、6ピース構成としており、
純正ドアスピーカー側の周波数幅とインピーダンスのコントロールを
通常よりも増やして調整しています。
 
 
実はミライースの純正デッキはバス・トレブルの調整が付いておらず、
ピュアコンの6ピースのパーツのみで音調整を行っています。
 
 

シンプルな構成ながらベーシックのWパッケージプラスオプション1品で、
スカッと気持ち良いサウンドで仕事の出来る車にチェンジしました。

トヨタ・ハイエース スピーカーの音質アップ

2019-09-08

今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の作業から、
トヨタのハイエースです。
 
 

 
イクリプスのナビオーディオを装着した状態で入庫となって、
ベーシックパッケージの取付と、
ベーシック防振の施工のWパッケージの作業を行いました。
 

 
まずインパネを取外して、ナビを一度取り出して、
裏から音信号を取り出して、
ピュアディオブランドのPSTケーブルでグローブボックス下までひいて行きます。
 
 

 
床の鉄板の影響を受けない様に厚めのMDF板を敷いて、
その上にハイエース専用の値のピュアコンを取り付けます。
 
 
 

 
ピュアコンでは周波数幅とインピーダンスとレベルを調整して、
ダッシュに取り付けたピュアディオブランドのATX-25ツイーターと、
ドアの純正16センチスピーカーに分配して送られます。
 
 
 

 
エッジに黄色いスポンジが付いているハイエース専用に設計された16センチスピーカーは、
見た目の貧弱さに反して低音は出過ぎるぐらい出ていて、
これまで全てのハイエースでピュアコンとイコライザーの両方で少しずつ低音のレベルを下げて、
それで全体のバランスと取っているぐらいの低音の量が出ています。
 
 
 
 
スピーカーの特性以外ではハイエースのドア自体が低音が出やすい構造で、
もちろんベーシック防振で外板裏に振るえが伝わらない様にしているからのパワフルさもあります。
 
 
 
 
防振メタルと防振マットの絶妙な貼り加減によって、
ドアがあまり重たくならない割に有効な防振効果が得られる様にしてあります。
 
 
 
 
全ての結線と組み立てが終わったらナビのイコライザー調整などを行います。
 
 
 
このナビは一見グラフィックイコライザーに見えますが、
実は7バンドのイコライザーの中心周波数が選べて、
その動かす幅も3つから選べる様になっていて、
実際はパナメトリックイコライザーとなっていて、
単なる上下の調整以外の部分で時間がかかって、
何度も調整してはメモリーしてを繰り返して、納得の行くセッティングにたどり着きました。
 
 
ノーマル時やセッティングが煮詰まっていない時はオンの方が音が良く感じた
ハーモナイザーとラウドネスも、最後にはオフにした方が音がスッキリとまとまって、
エフェクトをかけない素の音の良さが表現出来る様になりました。
 

 
ハイエースのベーシックのWパッケージは見た目の変化が少ない割には、
仕上がりの音はガッツリ変わったというイメージがあり、
長時間乗られる方が多い車だけに、
聴いている時間当りのコストパフォーマンスはとても高いと思っています。
 

BMW4シリーズ カーオーディオの音質アップ

2019-09-07

今日ご紹介する1台は、先日の宇部店の作業から、
BMWの4シリーズです。
 
 
 
 
ハーマン・カードンのプレミアムサウンド車に、
JU60を使った豪華版のベーシックパッケージの取付けを行いました。
 
 
 
 
 
ハーマン・カードンのプレミアムサウンド車はインピーダンスが低くいので、
車両アンプを使用すと市販スピーカーでは能率が落ちるので、
ドアのスコーカーはそのまま使用します。
 

 
 
 
ダッシュにはワンオフでワイドスタンドを製作して、
JU60を取付けました。
 

 
 
 
実は4シリーズのハーマンシステムは、
以前デモカーで持っていた340Iのハーマンシステムと基本的に同じで、
JU60を使ったシステムを取付けていたので、
その時のデーターを元にワンオフでパッケージを製作しました。
 
 
 
 
 
車両のアンプの位置を探し出して、フロントの出力を探し出して、
プレミアム車はセンタースピーカーが付いているので、
その位置も探り出して、
センタースピーカーのレベルをアッテネーター回路を入れて調整しました。
 
 
 
 
 
3シリーズと4シリーズは基本レイアウトは同じですが、
シートとスピーカー位置の関係が微妙に違うので、
ピュアコンの値を探りながら音の調整を行いました。
 

 
 
 
ノーマルの状態では音がハッキリしなくてかなり上げ気味だったバストレブルも、
プレミアムタイプのベーシックパッケージを装着したら、
ほぼバストレブルを強調しなくても音が染み入る様に聴く事が出来る様になりました。
 
 
 
 
好きこそ物の上手なれという諺がありますが、
340I⇒530e⇒740eと短期間で3台のBMWを買って売ってを繰り返して、
BMWのプレミアムサウンド車を知り尽くしているからこそ
出来る作業内容と音の仕上がりです。

スバル・フォレスター カーオーディオの音質アップ

2019-09-06

今日ご紹介する1台は、現在の宇部店の作業から、
スバルのフォレスターです。
 
 

 
スバル純正オプションのパイオニアのサイバーナビを装着した状態で、
スピーカーやアンプの取付を行いました。
 
 
 

 
ドアには方ドア3面のフル防振の施工を行った後に、
アウター・スラントのバッフルを製作して、
以前に乗られていたお車からピュアディオブランドのZSP-MIDを移設して取り付けました。
 
 
 
 
ミッドは15年以上使われていても健常だったのですが、
ツイーターはレベルが下がって来ていたので新しくJU60を降ろして、
ワイドスタンドを製作して取り付けました。
 
 
 
 
システムは先代のフォレスターから現行のフォレスターのeボクサーへのお乗り換えで、
ラゲッジのアンダーにeボクサーならではの装置があって狭くなったので、
アンプが大型の物から小型の物に買い替えられて、
それで25センチのウーファーボックスとアンプ2台とチャンネルディバーダーを納めました。
 
 
 
 
アンプボードと取り付ければ、普通に荷物が積めるラゲッジとなります。
 
 
 
グローブボックス下には合計8ピース構成のピュアコンを取り付けて、
チャンネルディバーダーでミッドのローエンドのコントロールを行っているので、
10ピースのフルバージョンと同じ効果を得る事が出来ます。
 
 
 
 
ピュアコンとチャンネルディバイダーの調整が終わったら
サイバーナビの31バンドのイコライザーの調整を行います。
 
 
 
現行のサイバーナビは5バンドの簡易型のイコライザーも同時に効いていて、
そこがカスタムがフラットになっている時と、パッケージのフラットの時が音色が違って、
最後に5バンドをどちらのフラットにするかで最終的な調整が終わります。
 
 
 
先代のサイバーナビでは外部イコライザーを使うのにサイバー側をフラットにすると抑圧感が出て、
カスタムでフラットの方が音が良かったのですが、
現行型では31バンドとなって外部のイコライザーを使う事がほぼ無くなり、
その時の鳴り方の状態でどちらが良いかを選択しています。

 
 

トヨタRAV4 カーオーディオの音質アップ

2019-09-05
今日ご紹介する1台は、現在の福岡店の作業から、
トヨタのRAV4です。
 

 
ケンウッドの大画面ナビオーディオを装着した状態で入庫となって、
スピーカーの取付や防振作業を行いました。
 
 

 
今回使用するスピーカーはJBLのクラブ6500Cで、
16・5センチミッドのみ使用して、
付属の19ミリのツイーターは使用しません。
 
 
 

 
ツイーターはピュアディオブランドのミドルクラスのATX-30を使用して、
中音域の手前まで力強いサウンドを再生しています。
 
 
 

 
フロントドア内は残響を調べてマーキングして、
どこの場所がどんな音域の響きが残るかで、
材質や形を選んでから防振材を貼り付けます。
 
 
 
 
リアドアも響きを調べてマーキングして、
前後4枚のドアにベーシック防振の施工を施します。
 
 
 
 
フロントドアの内張には、
ツルツルのプラスチックの表面に粗目を付ける加工を行った後に、
セメントコーティングの施工を行って、音質と静粛性と断熱性をアップさせます。
 
 
 

 
グローブボッツクス下にはMDF板を敷いて、
その上にピュアコン取り付けて、RAV4にATX-30とクラブ6500Cの組み合わせは初めてなので、
時間をかけて組み合わせを探ります。
 
 
 
 
現行のケンウッドのナビは106センチのタイムディレイが最初から入っているので、
全てをゼロにしてから調整に入ります。
 
 
 
 
また様々な音を強調する機能が入っていますが、
きちんと音がまとまると逆に邪魔になるので、
最終的にはほぼ全てオフにしてから音を追い込みます。
 
 
純正スピーカーを使用している時や、うまくマッチングが取れていない時は
音響効果を利用すると良く聴こえる事がありますが、
元の音に近くなればなるほどオフになる項目が増えて来ます。
 
  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る