本文へ移動

取付ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

VWポロ カーオーディオの音質アップ

2024-01-19
今日ご紹介する1台は、現在の福岡店の作業から、フォルクスワーゲンのポロです。



VW純正のナビオーディオを装着したお車に、
フロント2WAYのシステムが取り付けてあるところからのシステムアップです。



ドアはフル防振にアウターバッフルの製作を行って、ピュアディオブランドのZSPーMIDを取り付けて・・



ダッシュにはワイドスタンドを製作して、JU60ツイーターのブラックを取り付けて、
フロントハイエンドの2WAYシステムになっています。



助手席下にはピュアディオチューンの小型のパワーアンプを取り付けて・・



運転席下には30バンドのアナログイコライザーを取り付けて、
サブウーファー無しのシステムでは極めた仕様になっています。



30バンドイコライザーが付いていますが、純正ナビからの信号がフラットではないので、
ナビ側のイコライザーも少し動かしています。



そして昨年ピュアコンを最新バージョンに換えて、システムは完結したと思われましたが・・



ラインケーブルが2012年にハンダ付けしていて・・



後から2017製のSKYⅢのスピーカーケーブルに換えられていたのが、
昨年のチューンでそこが気になっていたので、「次の目標にしましょう。」と言っていたところ、
年が明けてさっそく入庫となりました。



末端の端子を切り落として、RCAケーブルは新新しいプラグを出してハンダ付け直しと、
SKYⅢのスピーカーケーブルは末端を炉で焼き直して新しい端子を付けて、
音の抜けをリフレッシュさせました。



このケーブルが作られた時は自分は色々なお店を回っていた時期で、
半田付けはしていませデしたが、現在は宇部店と福岡店だけになり、
井川が全てハンダと焼き入れを行っていて、音が今までより良くなったとの評判です。



それでも当時社内オーディションを行って、一番ハンダ付けが上手い人を選んでいたのですが・・



10年以上使ったケーブルは焼き直しをする事で、他の機材の性能をフルに発揮出来る様になるので、
是非お勧めしたいと思います。



新型Nボックスの作業

2024-01-18
昨日の宇部店は代車がフルに出て、次男のシエンタまで代車に出されていました。



何だか一台代車が足らないと思っていたら、
新型のNボックスのミラーカバーがゴールドの2号車が作業していました。



ナビ部分が分解されていて・・



これまではステアリングリモコンは使えませんとテプラーで貼っていたのが・・



社外ナビ用のアダプターが発売されたので、急いで付けていました。



ピットに入れたついでにドアのサービスホールを金属シートで埋める防振を追加して、
切り口が水分を吸って後から剥離しない様にして閉じました。



フロントドアは方ドア3層のフル防振になったのですが、
リアのスライドドアはセメントコーティングを行っていなかったので、この機会に防振して、
1台に3人がかりで作業していました。



セメントコーティングが夕方には乾燥しかけて、閉店後に次男が乗って帰る車が無かったので、
内張を組んで乗って帰らせました。



Nボックスを外にだしたらもう周りは真っ暗で、
防振面が増えた事で音のセッティングを取り直してから乗って帰らせました。



自分が何十回と生音で聴いている三味線の上妻宏光さんと、
尺八の藤原道山さんのコラボ曲を聴いてピュアコンのコイルの値を1マイクロ動かして、
イコライザーを少し動かして、音を整えてから次男に乗って帰らせました。



Nボックス2号車はちょっと乗ってみたいとか、代車に借りたいという要望が多い車で、
今日からはステアリングリモコンが使える状態で、4枚ドアの防振作業が終わった状態で乗っていただけます。



ハイエース カーオーディオの音質アップ 後編

2024-01-15
今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の完成車から、トヨタのハイエースの後編です。



ディーラーオプションのナビオーディオ付きのお車に、
フロント2WAYのハイエンドスピーカーの取付と防振などの作業を行いました。



ドアの防振とアウターバッフルの作業が終わって、ZSP-MIDのミッドを取り付けました。



セカンドシートの下にはナカミチのパワーアンプのPA-1002Nを取り付けて、
ナビのスピーカー出力をハイローコンバーターでRCA化して送っています。



グローブボックス下にはピュアディオチューンのハイローコンバーターが置いてあり、
ここでRCA化して、SKYのRCAケーブルでアンプに送って、
増幅した信号が戻って来て合計10ピース構成のピュアコンでツイーターとミッドに周波数帯域と
インピーダンスを決めて、ツイーターはレベルコントロールも加えて4カ所に分配しています。



ナビのリスニング機能に入ると、中身はケンウッド製で・・



全てのスピーカーに106センチのタイムディレイが入っているのを全てゼロにして、
ピュアコンの値合わせとイコライザーで音調整を行いました。



ピットから後ろ部分を外に出して、アイドリングでエンジンをかけながら音を聴いて音調整を行い、
夕方始めた調整は終わる前にはもう日が落ちて暗くなっていました。



ハイエースはこれまで何度も入庫しているので、
ツイーターとミッドが近い距離で合うピュアコンをあらかじめ用意していて、
それでもナビオーディオの音のクセに合わせてユニットを選んで交換して行きます。



イコライザーは最初は動かすバンドも動かす幅も多かったのが、
調整を詰めて行くと1バンドか2バンドを1クリックまで追い込んで来て、
最終的には1カ所1クリック動かした所でメモリーして音調整を終了しました。



お仕事用のハイエースですが、
仕事用だからこそ乗っている時間が長くシステムにはこだわっておられて、前のお車から移設された物と、
今回新たに購入された物とのミックスで、ハイエンドの2WAYシステムとして完成しました。



作り物の造作したサウンドではなく、
ボーカリスト数十人に実際にお会いして生声を確認しての生音・生声に近いサウンドは、
お仕事の活力として唯一無二の存在と言ってもいいでしょう。



ハイエース カーオーディオの音質アップ 前編

2024-01-14
今日ご紹介する1台は、現在の福岡店の作業から、トヨタのハイエースです。



オーディオレスのお車にディーラーオプションのナビオーディオが装着した状態で入庫となって、
プレミアムベーシックの取り付けと、ドア防振の作業などを行っています。



自分が到着した時には純正ナビは取り外してあったので、
インパネを分解してピュアディオブランドのPSTケーブルをフルレンジを4本通している写真を掲載します。



まずドアの内張を外すと、黄色いエッジの純正スピーカーが見えて、
これがマグネットが薄い割にやたらと低音が出るスピーカーです。



今回は違うスピーカーを取り付けるために外して、
2枚のインナーパネルも外して何も貼ってない外板裏にベーシック防振の施工を行います。



響きの中心と周波数を見つけて、響きの周波数に合わせて共振点の違う4種類材質を貼り合わせます。



貼り方に工夫をしていますが、同じ材質を近くに貼ると振動が取れにくくなるので、
なるべく同じ材質は離れた場所に貼る様に工夫をしています。



ベーシック防振が終わったら内側の鉄板の弱い部分に金属シートを重ね貼りして、
金属の高い響きを抑えています。



外した内張には粗目を付ける下処理を行って、セメントコーティングの施工をして、軽い響きを抑えます。



セメントコーティングが乾燥したら、ドアの中ほどにアウターバッフル用の穴を空けて、
表にアウターバッフルを組み付けます。



組み付けたアウターバッフルは内側を金属リングで繋いで、
その上にセメントコーティングを行って合成を上げるのと、
表面に粗目を付けて後ろに回った音を拡散させています。



車室内からPSTケーブルのフルレンジタイプを引いて来て、後はミッドスピーカーを装着するだけです。



純正よりもかなりスピーカー位置が高くなったので、
ハイエースで耳に聴こえ難かった中音域がかなり改善されるでしょう。



ダッシュにはJU60用のワイドスタンドを製作して、一度宇部店に送って表面を植毛塗装して仕上げました。



お仕事用のハイエースですが、かなり凝ったシステムを取り付けています。



今日の所はここまでで、これより先は『後編』でお届け致します。



新型エクストレイル カーオーディオの音質アップ

2024-01-13
今日ご紹介する1台は、昨日の宇部店の完成車から、日産の新型エクストレイルです。



現在このクラスの車としては珍しいオーディオレス車に、3台前のお車から移設し続けられておられる製品と、
新たに購入された製品を合わせてフルシステムの取付を行いました。



まずは2DIN下段にナカミチのCD-700KKモデルを取り付けて、
その上にアルパインのディスプレイオーディオを新たに購入されて取り付けました。



ドアには片側3層のフル防振の施工の後に、アウター・スラントのバッフルを製作して、
ピュアディオブランドのZSP-MIDを取り付けて、これは3台前のお車から移設し続けています。



ツイーターは今回新たにJU60のブラックモデルを取り付けて、ワイドスタンドを製作しています。



JU60はシルバーもブラックも大きさは同じなのですが、何故かブラックの方が小さく見えてしまいます。



ラゲッジルームの右サイドに25センチサイズのエンクロージャーを組み込んで、
ピュアディオブランドのMX-10ZSPを取り付けました。



このモデルは製造工場との打ち合わせで、
「このアルミの強度だとインクののりが悪いから出来ません。」と言われていたのを、
「インクののりが悪くてもこの材質でお願いします!」と言って作ってもらっているので、
最初からインクが薄いのですが、これで4台目のお車でもう20年近く使用されていて、
マークとZSPの文字は薄くなっても音はしっかりと濃いという、見た目と反比例の音になっています。



これは大手メーカーだと絶対に製品化できなかったであろうウーファーです。



そんな貴重なウーファーがラゲッジの荷物がズレて当たってはいけないので、
表を頑丈なグルルでガードしています。



ラゲッジルームにはナカミチのPA-2002Pが2台とピュアディオチューンのデジタルプロセッサーと、
ピュアコンが取り付けられていて、音を鳴らしながらピュアコンの値を変えて音を追い込んで行きます。



自分が運転席で音を聴いて、ハッチを開けて井川家長男がパーツの値を変えて、
また自分が聴いてパーツを変えてを繰り返します。



ある程度音がまとまって来たらプロセッサーにタブレットを繋いで
イコライザーとチャンネルディバイダーの微調整を行って、最も生音・生声に近くなる様に合わせて行きます。



音調整では国内外の楽曲を聴きながら、
最後の最後はDEENさんのアルバム『ポップ・イン・シティ』の中の
『プラスティック・ラブ』で完成させるという一つの流れがあり、
ツアーを追いかけて短期間で何度も『プラスティック・ラブ』を聴いたというのがあり選択をしていましたが、
昨年の暮れにDEENのファンのお客様のお車を調整する時に、やはりDEENと言えばこの曲だろうと、
それに加えて最も録音時期が新しいバージョンの『このまま君だけを奪い去りたい』も追加しました。



これは今までDEENのボーカル池森秀一さんに30回以上お会いして生声を知っていて、
その中で最もステージで聴いた事のある楽曲という事でプラスして、
今年は2月11日にZepp福岡でのコンサートで歌声を聴いて、
その後に生の声も聞ける予定なので、今から楽しみにしているところです。



DEENさんは1月10日に『ダンス・イン・ザ・シティ』というニューアルバムを発売されていて、
これが15年前だと発売直ぐのアルバムを即調整用で使ったりしていたのですが、
今はかなりの時間聴き込んだアルバムが音調整するという手法で、
ニューアルバムが調整用になるまではそれなりに時間がかかって、
現在は趣味の楽曲として車の中で聴いています。



そんな生の声を元に音調整を行っているからこその信頼で、
20年以上4台に渡ってシステムを移設し続けて頂ける様なお付き合いをさせて頂いています。



お問い合わせ
SOUNDPUREDIO 宇部店

〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712

SOUNDPUREDIO 福岡店

〒812-0053
福岡県福岡市東区箱崎7-1-6
TEL.092-260-3660
TOPへ戻る