本文へ移動

取付ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

お客様の質問にお答えして 第4話

2021-07-01
今日は昨日の書き込みの続きをお届け致します。



ここ1・2年サウンドピュアディオの音が良くなって来た理由に4桁表記のピュアコンを作るために
コンデンサのペアリングの精度を上げるために大量購入をやめて、コストがかかっても少量購入に変えて、
その時の工場の生産ロットの状況を読むというのと、ハンダ付けのクリップの数をこれまでより増やして
コンデンサに熱が極力伝わらない様に工夫するなどの事を書き込みました。



その根源は純正オーディオ側に制限が多くなって、前の車で十分音が良かったが、
アフター側でこれまで以上のクオリティーを出さないと前の音にはならないというお話でした。



近年バス・トレブルしか付いていない純正オーディオに、DSP付きのアンプを付ける事で
音質改良と言われていますが、サウンドピュアディオではDSPアンプにスピーカー出力を入れて、
プリレベルに下げる時のロスで音がくすんだのをイコライザーで持ち上げるという事を
良い事だと思っていなくて、またモデルによってはDSPがバグってイコライザーが知らない間に
フラットになっているなどもあって、このDSPアンプを推奨していません。



さてここまでは前置きで、ここからはお客様の「社長が無線を再開されてから音が良くなった様な
気がしますが?」というご質問を沢山頂いておりますが、一昨年の10月に37年間やめていた
アマチュア無線を再開して、更に知らない間にデジタル簡易無線という資格がなくても
5ワット送信出来る無線が許可されていて、現在中学生や高校生の時みたいな無線の工作を始めました。



ここからはかなり長くなりますが、動作原理が分からなくても詳しい事を書かれたら雰囲気で
何となく分かるので是非書いて下さいというお言葉に甘えて難しい話を書かせて頂きます。



元をたどれば中学・高校の時は自宅の他に自転車で移動して無線をしていて、
その時使っていた周波数は145メガと51メガと28メガの3波でした。



145メガの4分の1波長は約50センチで自転車で使うのには問題無いのですが、
これではあまり遠くまで飛びません。



これを8分の5波長の125センチぐらいになるとかなり飛びが良くなって、
更にその根元に位相反転コイルを上手い事利用すれば約150センチ必要な51メガの4分の1波長と
兼用出来て、その両方でマッチングさせるためにコイル巻きにはまりました。



もう1つの28メガは4分の1波長で260センチ必要で、これは自転車に付ける訳にはいかないので、
根元にかなり巻き数の多いコイルを巻いて120センチぐらいでマッチングが取れる様に工夫しました。



ちなみにコイルを巻いてマッチングを取ると、エレメントの長さとコイルを巻いた長さが
トータルで260センチではマッチングが取れず、たった3つの周波数に合わせるだけで
中学・高校の6年間ぐらいあーでもない、こーでもないと、何の勉強の役に立たない事をやっていました。



そのぐらい本当にマッチングするコイルを作るのは大変な事なので、
1990年代にカーオーディオでオリジナルネットワークを作る密かなブームがあった時は、
お客様から「関西の店みたいにコイルを巻いてネットワークを作って下さい。」と言われても、
「うちはマルチアンプでやるので、ネットワークは作りません。」と丁重にお断りました。



ある日お客様数人と一緒に関西のカーオーディオイベントに行った時に、
もう営業されていないお店ですが、オリジナルネットワークでフロント2WAYだけでも素晴らしい音を
鳴らしている音をお客様が聴かれて、「井川さん、もうそろそろネットワークを作りませんか?」
と言われて、しぶしぶネットワークの開発にかかりました。



ただネットワークの悪い所は材料費が沢山かかる割に売れるのは1セットか2セットだと採算が合わず、
納得出来る物が出来るまで時間がかかり、ビジネスとしては魅力的なものではありませんでした。



ただ中学・高校とコイル作りではバカみたいに夢中になっていた人間なので、
あっという間にお客様は褒めていた関西のお店を上回る音が表現出来る様になって、
ネットワークのパーツをブロック化して自由に組み合わせられるピュアコン方式を考案して、
ビジネス的にも採算が合うスタイルを構築出来ました。



お客様に関西のお店よりも音が良いと言われる根源はアマチュア無線で培ったコイル巻き技術だけでなく、
26歳の時に1年間FM山口で音楽番組を製作していて、その時に聴いたスタジオ用のプロ機の音が
頭の中に残っていて、その経験が普通のカーオーディオショップとは違う部分でしょう。



そのFM山口で番組を作るきっかけになったのが、高校を卒業して1年後にディスコという物を知って、
これが面白くて無線どころではなくなって、無線はやめてしまいディスコでノンストップミックスの音楽に
ひたっていました。



ただノンストップミックスを聴いているだけでは満足出来ず、自分でレコードプレイヤーを2台と
ミキサーを買ってノンストップミックスを作っていたら、それをどこかで披露したいとパーディー会場の
DJなどをする様になって、それだけでは我慢出来ずに開局したばかりのFM山口の番組として
多くの人に聴いてもらおうと企画しました。



後で考えてみたら高校時代にアマチュア無線の3級・2級の試験を受けて合格して、
無線工学と電波法の他にモールス信号の送受信の試験があって、その試験に合格するために
モールスの早打ち・早聞きを練習するうちにタイミングを掴むのが上手くなって、
それが曲間をつなぐタイミングの習得に知らないうちにつながっていました。



だから自分がアマチュア無線をしていなくて、上級試験に合格したり、コイル巻きに没頭していなかったら
サウンドピュアディオの今の音造りは無かったでしょう。



そして時は2019年の9月になり、千葉にこれまで想像もしなかった大規模な台風がやって来て、
電力や通信網が絶たれてしまってスマートフォンもパソコンも全く使えなくなったという話が
テレビから流れて来ました。



その台風で孤立した地域でアマチュア無線を使って外部との通信が出来たという話を聞いて、
山口県や福岡県もこれから何が起こるか分からないからと、アマチュア無線機を買って、
切れていた無線局の免許も再交付して、趣味の無線を初めて非常時に備える事にしました。



ところがアマチュア無線を再び初めて知ったのが、自分が中学・高校の時に
145メガの8分の5波長のアンテナの位相反転コイルを利用して51メガの4分の1波長に
同調させるどころの話ではなくなっていて、433メガと145メガと51メガと28メガの4波に
同調とかいう技術が確立されていて、まるで浦島太郎状態でした。



とりあえず福岡のマンションのベランダに145メガで8分の6波長で、
433メガで8分の5波長3段のアンテナを買って取り付けて、「8分の6波長って何に?」
と自分の知らない同調の仕方のアンテナにビックリしました。



しかしベランダに付けた日に145メガで福岡市南区と久留米市の交信を聞いたら、
近い方の南区の電波が聞こえないではありませんか。



そこで取り付けているポールを3メートル離れた方に付け替えたら、
今度は南区が聞こえて久留米市が聞こえなくなって、
これはコンクリートの中の鉄筋の影響を受けているんだなと思って、
アンテナのサイズを小さくして前に突き出して鉄筋の影響を受け難い様にしたら
均等に電波を受ける様になりました。



これってサウンドピュアディオがピラーにツイーターを埋め込まないのと同じで・・



ツイーターの場合はマグネットから出ている磁力線が鉄の影響でねじれて、
スムーズに高音が再生されないのと同じだと思って、電磁波と磁気と音波と微妙に違っていても
技術の根源は同じ所になると思います。



無線を始めたら中の良い人も何人か出来て来て、その中の一人の方がテレビ局にお勤めで、
「そちらの局のWBSのスポンサーに一時期なっていたんですよ。」と話してから特に仲良くなって、
で1年ちょっとで勤務が大阪に変わってしまい、145メガでは話が出来なくなりました。



そこで考えたのが自分がこれまで使った事がない7メガという電離層反射で遠くまで飛ぶという周波数で、
車載アンテナを2本つないで固定アンテナにするという材料を買って組み立ててみました。



ところがこれが測定上で上手くマッチングが取れないんですよ。



同軸ケーブルをバランという平行線2本に変えるアダプターを付けて分配しても、
何だかハイパワー送信すると無線機が発熱して痛めそうな気がするので、これは使えないと調べてみたら・・



車載アンテナのプラスとマイナスのプラス側だけに接続しても、その間に計測すると500pFの
静電容量があって、左右のエレメントが500pF2つを介して繋がっていて、
これでは良いマッチングが取れないはずです。



そこで考え方を変えて、本来の使い方の垂直にエレメントを立てて、
同軸ケーブルで直接接続して、もう1本を水平からやや斜め下に向けて、
プラス側を相手のマイナスに落として、500pFは完全に短絡させてマッチングを取りました。



理想はインピーダンスが50ΩのSWRが1・5以下が、下のエレメントが水平で
インピーダンスが40ΩのSWRが1・9だったのが・・



エレメントを斜め下に向けたらインピーダンス45オームで、SWRが1・65ぐらいで、
無線機側にコイルと可変コンデンサ2個を使ったアンテナチューナーを使って理想の送りと受けに
合わせる予定が・・



アンテナをガレージの屋根に載せた時に、その前のアンテナで使っていたアース線が何本も付いている物を
「ある物は付けておこう。」と付けたのが間違いで、しかも下に降りて測定器をかけて振れ方がおかしいと
気付きました。



付けたらいいという物を何でも付ければマッチングが取れなくなるというのはカーオーディオも同じで、
例えば静電容量を利用して音を良くするパーツと、静電気を除去して音を良くするパーツを同時に付けると
音がよじれて聴こえる様なもので、何でこんな簡単な事に気が付かなかったのかと反省しました。



それから数日後の夕方に再びガレージの屋根に上がって、多重のアース線を外してマッチングを取りました。



他には写真はありませんが433メガと145メガと51メガ28メガの4波が同調するアンテナがあって、
これが下の方の周波数がなかなかマッチングが取れず、51メガが合えば28メガが合わず、
28メガが合えば51メガが合わないを繰り返していて、知恵を絞って4波全てピッタリ合わせる事に
成功しました。



その直ぐ後にBMW740eの調整を行って、これまでの調整とは違う音のツボで調整したら、
今まで「これ以上は無理!」と思っていた音を越える正確な音の表現が出来る様になりました。



つまりオーディオだけであれこれとチューンしてもある程度の所で行き詰っていて、
それが周波数は千倍とか1万倍とかで実験すると、また違う視点でマッチングを取るという発想が出て来て、
そこにちょうど15年以上使ったZSPスピーカーのマッチングを今の状態に合わせるという発想になって、
お客様から「これまでで一番良い音になった!」と言われる根源となっています。



4月に技術に関わる社員を集めて、無線工学の先生を迎えて勉強会を2回行ったのですが、
やはり実際に電波を出して実験しないと技術の根っこの根っこは分からない様な気がします。



最後まで読まれた方、長文にお付き合い頂き、ありがとうございました。



新・お客様の質問にお答えして 第3話

2021-06-30
今日は水曜日で宇部店は1週間の始まりですが、火曜日に仕事をしてしまうと今ひとつ曜日感覚が
無くなっている井川です。



今日の『新・お客様の質問にお答えして』は最近お客様からよく聞かれる
「ピュアディオさんってここ1・2年で音が良くなっていませんか?」という質問です。



確かに自分が聴いてもここ1年半ぐらいでこれまで表現出来なかった音の領域が表現出来る様になって、
より生音・生声に近くなったと思っています。



この答えは合計3つあって、その一つはコンデンサのペアリングの精度をかなり上げて来ていると
いう部分です。



過去のブログではコンデンサの1回の仕入れが200個だ400個だと大量に買い入れている事を
アピールしている時期がありましたが、最近は逆に1回の仕入れを25個に抑えて、
フィルムコンデンサの工場のフィルムの巻き付けトルクの微妙な違いにより、
その生産時期によって規定値の上の方の物が出来るか下の方の物が出来るかで、
買う時期を少しづつずらして欲しい値が手に入る様にコントロールしているという所です。



特に今のピュアコンはJU60用で4桁表記で、ベーシックパッケージでも3桁表記が当たり前で、
一部の車種ではベーシックでも4桁表記の物を使っています。



今困っているのは1マイクロのコンデンサの1マイクロよりも
少し下が必要な場合が多いのに、今の工場のコンディションだと1マイクロを上回る物が多く、
25個仕入れるのも怖いので10個仕入れたら・・



見事に誤差の範囲で問題無い値で上の方が揃っていました。



つまりサウンドピュアディオの音決めのレベルは部品メーカーが指定している誤差範囲の中の
上だ下だとパーツを選別して音調整を行っていて、生音・生声を謳っているという事は、
この僅かな違いで音の良し悪しが決まってしまうという事です。



ちなみに0・47マイクロのコンデンサが必要な組み合わせもあり、こちらも規定値よりは上ばかりですが、
現在多く必要なのは0・48ちょうどぐらいで、今回10個仕入れたら0・480は1個もありませんでした。



でも前と2回前に25個仕入れた時は0・480がそれなりの数があって、
とりあえず製作作業に問題無い数は確保しています。



ただ1マイクロの下の方の値のコンデンサが必要な場合が多く、測定してストックしている物も欠品気味で、
この辺りのコンデンサが4個必要になるピュアディオブランドの40周年記念のホーム用スピーカーの製作が
途中で止まってしまっています。



もう少し時期をずらして1マイクロのオーダーを出します。



いくら制度の高い測定を行ってペアリングしても、その数字が動いてしまうのがハンダ付けの熱で、
フィルムの巻き付けの微妙なトルクで値が変わるのと同様に、ハンダの熱が中のフィルムに伝われば
数値も変わって来て、その熱で動いてもメーカー指定の誤差範囲には収まっているのですが、
4桁や3桁表記のピュアコンではその誤差の中で音決めを行っていて、
極力中に熱が伝わらない様に最初の2本クリップが8本の通称タコクリップになって、
写真は10本使用している通称イカクリップです。



ただこれでも僅かに熱が伝わって一時的に数位置が上がり、その後で冷えて来たらハンダ付け前よりも
僅かに低い値になるので、最終的にハンダ付け後の数値を4桁でピュアコンのケースに表記してあります。



4桁表記のピュアコンは音が良いと言われていますが、その陰にはこうした仕入れのタイミングと選別で
本当に合うコンデンサーを探して装着しているからと、熱に対する他では行わないレベルの対策を
行っているからです。



そして2番目の音が良くなった理由は、最近純正オーディオのデッキやナビが交換出来ない車が増えて、
音造りに制約が多くなって来て、これまでの技術では「前の車の方が音が良かった。」
と言われる事例が増えて来て、これまで以上の技術を持って来ないと前のお車と同じ音のレベルが
表現出来ないというのがあります。



ピュアコンのブラックボックスやコイルの種類は増える事はあっても減る事はなく、
一部の車種ではベーシックパッケージのブラックボックスで4桁表記で、
コイルはZSPで使う様な0・5刻みもベーシックで使用する様になって、
その結果後付けのナビやデッキでその音を再生すると「これまでよりも音が良くなった!」
という事になっているのです。



最近音が良くなった理由は3つあると最初に書きましたので、
3つ目は次回の『新・お客様の質問にお答えして』で書き込みたいと思います。



ホンダ新型CR-V スピーカーの音質アップ 後編

2021-06-28
今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の完成車から、ホンダの新型CR-Vです。



ホンダ純正のギャザーズのナビオーディオを活かしてベーシックのトリプルパッケージの作業の続きです。



当初はギャザーズの内蔵アンプを使用する予定が、新型CR-Vはナビの後ろに車輛アンプが隠れていて、
そこからツイーターとドアスピーカー用が別駆動で出力されていて、通常のピュアコンの接続では
動作出来ない状態でした。



そこで車輛アンプから4系統のスピーカー出力を取り出して、グローブボックス下のピュアコンに接続して、
中低音と高音を別々にコントロールしました。



駆動方式が違うのにプラスして、ドアスピーカーの移置がスピーカー1個分高い位置に付いていて、
更にエッジに絞り込みが入って音がタイトにしてあるので、これまでのホンダ用の値が全く使えない状態です。



棚に乗っているブラックボックスとコイルをあれでもない、これでもないと交換して、
最も生音・生声に近い組み合わせを探しました。



CR-Vのお客様はDEENさんのファンだそうで、入庫してお客様の音源を聴いた時にその事に気が付いて、
これまでボーカルの池森さんとは30回以上お目にかかって生の声を聞いているので、
初めての車種でもどこまで本人の声に近づけられるかと、試行錯誤してセッティングしました。



まずはDEENさんの楽曲に入る前に、池森さんのお気に入りのドナルド・フェイゲンさんの
『I,G,Y,』を再生して、そこそこマッチングが合って来たところからDEENさんの楽曲に替えて
行きます。



古い話になりますが、以前池森さんはクロスFMで『エアー・クルージン』というレギュラー番組を
持たれていた事があって、その番組は東京収録で福岡で放送というスタイルでオンエアーされていて、
一時期自分の登場するコーナーもあって、東京まで収録に行っていました。


その時に池森さんが『I,G,Y,』がお気に入りという事でかけられていて、
車で駅まで送って頂いた時にも車内でかかっていた事があって、この曲で最初に慣らすという手法を
取りました。



東京まで行って大変だったのですが、色々なプロ機の音を聴く事が出来て、
当時は同じレーベルだったMISIAさんともそのスタジオでお目にかかる事が出来て、
当時の東京行きがその後のサウンドピュアディオの音造りに大きく役立った事は間違いありません。



そして他の楽曲を何曲か鳴らした後に、DEENさんの最新アルバム『ポップ・イン・シティ』を再生して、
池森さんの声をイメージしながら値を詰めて行きました。



ピュアコンの値がこれ以上下げても上げても元音からズレるという値を見つけて、
そこからはナビのイコライザー調整を行って調整を終了しました。



中高音はフラットにして、低音域が少し出過ぎていたので2か所1クリックづつ動かして、
ここが限界と感じて、調整を終了しました。
 


調整後には車輛を一度外に出して、防振したドアの窓ガラスに水をかけて、
ゲリラ豪雨を想定した雨漏りチェックを行って、パスしたら納車の準備に入りました。



自分は音が決まったら宇部店に向けて移動を開始して、お客様の音の感想は直接聞く事は出来ませんでしたが、
喜んでおられたと柳井君から聞いています。



好きなボーカリストの方の生の声を知った上でのセッティングというのは、
サウンドピュアディオならではのスタイルです。



ホンダ新型CR‐V スピーカーの音質アップ 中編

2021-06-27
今日ご紹介する1台は、現在の福岡店の作業から、ホンダの新型CR‐Vです。



ドアの内張と防水シートを外して、外板裏の鉄板の響きの周波数と中心を調べて、
どこにどんな材質を貼るかをマーキングします。



最初の1台なので厳密に調べて、手順書に書き込みます。



この角度から撮影すると、4種類の共振点の違う材質を使っているのがお分かり頂けるでしょう。



同じ材質を大量に貼ると、共振点が同じために効果が薄く、更にゴムの鳴りがスピーカーの音に交じり、
ドアも重たくなるとデメリットの方が多くなり、ベーシック防振は効果・重さ・価格のバランスが考えてあり、
かなりのロングランヒットとなっています。


次に外した内張にセメントコーティングを行うためにコーティング剤が付くと問題がある部分を
全てマスキングします。



表面がツルツルだと後で剥がれを起こすので、最初に機械で粗目を付けて、細かい部分は手作業で
粗目を付けて行っています。



ここのブログではおなじみの、規則性を持たないランダムな状態で厚い薄いを作って、
振動が通過しにくい状態を作って、ドアが重たくならない割に振動が吸収する様に施工します。



そして一昼夜寝かせて乾燥させたのがこの状態です。



まだ少し青白い色が残っていますが科学変化で茶色がかってきています。



昨日のブログが前編となっているのが、今日の午前には仕上がって後編で完結となる予定が、
思わぬ所で時間がかかって午後の完成のために中編とさせて頂きました。



その理由は、当初純正ツイーターの裏にはコンデンサが付いていて、
普通はこことドアスピーカーは並列接続されているのですが・・




ナビ裏を分解したら、ツイーター専用の車両アンプを通っていて・・



ミッドも一見普通のホンダ純正の16センチと思ったら、
エッジに絞り込みがあるタイプで、ツイーターとミッドが別なアンプで鳴っているので、
プレミアムサウンドと言ってもいいぐらいです。


そのためプレミアムサウンド専用のピュアコンをワンオフで製作していて、
午前中の完成が無理になって、当初の予定を変更して中編とさせて頂きました。

初めての車種だったので、何かあってはと最長で夕方まで納期を頂いていたので、
これからCR‐Vの音のツボを探ります。

ホンダ新型CR‐V スピーカーの音質アップ 前編

2021-06-26
今日ご紹介する1台は、現在の福岡店の作業で、ホンダの新型のCR‐Vです。



E:HVというエンブレムが付いて、最新のホンダ車だと分かります。



ホンダ純正のギャザーズのナビオーディオを装着した状態で入庫となって、
ベーシックパッケージの取り付けと、ベーシック防振とセメントコーティングの施工の、
トリプルパッケージの作業を行います。



中身はパナソニックのストラーダの様です。



入庫時に一度音を確認するのですが、入庫時の音源がDEENさんで、
「あれっ?まだ音源を入れていないのに?」と驚きました。



DEENさんのファンの方ならちょっとプレッシャーですね。



普通は何も指定が無ければ本人の生声やスタジオの音を基準にセッティングを行って、
コンサート会場のPAの様な音と指定があればその様に合わせますが、
技術的には生声やスタジオの音に合わせる方が大変な作業なので、そちらを優先しています。



パナソニックのナビオーディオは最初は全てのスピーカーに100センチのディレイがかかっていますが、
入庫時にすでにゼロになっていました。



自分の試聴が終わったら次に柳井君が車に乗り込んで、モノラルのスペアナデーターを計測します。



今回のCR‐Vが最初の1台というのもありますが、マイナーチェンジや年次変更等で
音が少しでも変わっていてはいけないと、全車計測を行ってから作業に入っています。



ドアスピーカーは普通の車よりは高い位置にあって、こういう場合は中音域が耳に強く入って、
低音が薄く聴こえる傾向にあるので、フェダーでリアとのバランスを絶妙に調整しないといけません。



ツイーターはミラー裏に付いていて、音の定位を取るのは簡単なのですが、
指向性の中心からかなりそれたゾーンで高音を聴くので、音色的には有利な場所ではありません。



またツイーターは指向性が強い内ドーム型の前方にプラスチックの部品に当てて拡散させているので、
これは上質な外ドームと比べるとレベル的には体感出来ても、音色的にはどうしてもズレてしまいます。



前編では純正の構成の説明を行って、これからインパネや内張を分解して調査を行ってから施工を進めて、
後編ではこのCR‐Vのスピーカーがどう改善されたかをお届けいたします。



  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る