本文へ移動

取付ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

あるアウディの作業

2019-11-28

昨日から宇部店ではあるアウディの作業を行っています。
 

 
もう自分のアウディQ5が納車されたと思われた方もあると思いますが、
別なアウディです。

 
予算を提示頂いてお任せの取付作業なのですが、
お任せだからこそ限られたコストを有効に使おうと試行錯誤をしております。
 
 
最近の輸入車にしてはまだ16センチスピーカーが付いているのはありがたく、
ここは自分が今回アウディを注文した大きなポイントです。
 
 
 
 
16センチのスピーカーに対して開口部はやや小さめで、
ここはユニットのストロークで押し切らないといけないかな?と思いながら見ていました。
 
 
 
 
まずは16・5センチサイズのインナーバッフルを製作して、
防振をしていない状態で一度鳴らしてみます。
 

 
そこでユニットの聴き比べを行って、防振の層の数とユニットのグレードを決めて行きます。

 
これまでに取り付けた事のある車種なら最初からこの組み合わせがこの価格では
ベストというのがご提示出来ますが、モデルチェンジ前の車しか取付例が無かったので、
今回調べながら作業を行っています。

 
防振は多く響く所を優先させて、あまり響かない所は純正の防振材に頼る事にしました。

 
ウレタンや樹脂の部分はスピーカーの音圧で震えるので、ここはしっかりと抑えます。
 
 
 
 
外した内張にはセメントコーティングを施して、乾くの待っています。
 
 

以前はドイツ車の内張は剛性が高いからセメントコーティングはいらないと思っていましたが、
F31のBMWを乗っている時に最初はノーマルの内張で乗っていて、
途中で「何だか内張がもやもやするような・・」と
セメントコーティングを行ったら効果が絶大で、
現在のドイツ車はプラスチックが柔らかくなって来ていて、
セメントコーティングの効果が実感出来る様に変わって来ています。
 
 
 
そしてドアの16・5センチユニットは最初とは違うグレードにして、
聴き比べています。
 
 
 
 
ツイーターはATX-30を使用して、
広い周波数レンジでドアのスピーカーグリルでひかかっている音域をカバーしています。
 
 
 
防振作業が終わったら、最終的にピュアコンの値を追い込んで完成です。

ノートeパワーNISMO スピーカーの音質アップ

2019-11-27

今日ご紹介する1台は、現在の宇部店の作業から、日産のノートeパワーNISMOです。





アルパインのノートeパワー用のビッグXを装着した状態で入庫となって、

スピーカーの取付や防振の作業を行いました。

 




以前乗られていたお車でISP-130をアウター取付でお使いだったのを、

今回はインナー取付で純正位置に収めています。



ツイーターはダッシュ上にワイドスタンドを製作して、JU60を取り付けて、

ツイーターをワイドレンジにした事でこれまでミッドで再生して音域の上の方を

ツイーターで再生出来る様にしました。





ドア内は外板裏にベーシック防振の施工を行い、サービスホールを塞ぐ防振を行った後に、

内張裏にセメントコーティングの施工を行い、方ドア3面のフル防振の状態にしました。

 




内張を組み付ければ見た目はそのままですが、音質・静粛性共にアップしていて、

ドアの開け閉めの時の音に重厚感があります。


フロントスピーカーの周波数幅とインピーダンスとレベルはグローブボックス下の

10ピース構成のピュアコンで調整して、イコライザーで調整する前にある程度音が整えています。

 




音の物足りなさをカバーするメディアエクスパンダーは必要なくオフにして、

イコライザーでほんの少しだけ音を整えて、より生声・生音に近い音に仕上げます。
 

 

 

 

今回はJU60用のピュアコンを4桁までコンデンサーの値を揃える極めた状態にするために、

時間をかけてパーツの当たりを探っているので、仕上がりにはもう少し時間がかかります。

ダイハツ・キャスト カーオーディオの音質アップ

2019-11-25
今日ご紹介する1台は、昨日の宇部店の完成車から、
ダイハツのキャスト・スタイルです。
 
 
 
 
 
 
 
パイオニアのCD・DVDプレイヤーをベースに
スピーカー交換を行なって音質アップを図りました。
 

 
 
 
 
まずフロントドアの内張を外して、外板裏にベーシック防振の施工を行なって、
純正の16センチスピーカーをJBLのGX600Cの16・5センチミッドに交換しました。
 
 
 
 
 
 
ダッシュにはシンプルスタンドで角度を付けた
ピュアディオブランドのATXー30を取り付けました。
 
 

 
 
 
手前から見ると純正ツイーターの位置はリスナーから逸れていて、
スタンドでの角度調整がいかに適切かがお分かりいただけるでしょう。
 
 

 
 
 
 
GX600CのミッドとATXー30ツイーターの音域訳とインピーダンスとレベル調整は
グローブボックス下に取り付けたピュアコンで行います。
 
 

 
ブラックボックスを4連の合計6ピース構成で鳴らしていて、
お客様がオプションを追加して良いという事だったので、
納車前にもう1品追加して8ピース構成としました。
 
 
 
全ての結線が終わって音が出る様になると、
軽自動車のドアながらかなりの低音が出ていて、
ラウドネスとバスブースターをオフでも余るぐらい出ていました。
 
 
 
 
 
自分の調整用CDの他にお客様のライブDVDでも音を確かめて、
この映像の会場ではないのですが、マリンメッセ福岡でのライブは行っていたので、
その時を思い出して音を追い込みました。
 

 
 
 
イコライザーは2ヶ所1クリックづつ動かして、ここが最も生演奏に近いポイントと感じて、
メモリーして調整を終了しました。
 

 
 
 
 
軽自動車の薄いドアですが、パワフルなサウンドで、
パワードのウーファーの必要性を感じないスケール感のある音に仕上がりました。

ホンダ・フィットのシステム変更

2019-11-24

代車兼デモカーで使っているホンダ・フィットは、しばらく福岡店に置いてありましたが、
現在は宇部店へ戻って来ています。
 
 
 
 
 
ツイーターをATX-25からATX-30へグレードアップして、
それと同時にミッドもグレードアップしました。
 
 

 
 
 
以前フィットにはJBLの670GTIのミッドを取付け用として、
マグネットが大き過ぎて鉄板をカットしないといけなかったので諦めて、
今回はそれよりもやや小ぶりなマグネットのスタジアム
GTO600Cのミッドを当ててみました。
 
 

 
 
 
ベーシックパッケージでは純正のドア配線をそのまま使用するのですが、
車室内からピュアディオブランドのPSTケーブルをひいて来て、低ロスで音を送ります。
 

 
 
以前純正スピーカーにPSTケーブルをつなぐ実験をしてみたら、
純正スピーカーは細い純正ケーブルでも低音が出る様に設計されているので、
低音がオーバー気味になってしまい、メリットが感じられなかったので、
純正ドアスピーカーには純正のケーブルを使い、
ミッドを交換する時にケーブルも交換する様にしています。
 
逆に純正のスピーカーケーブルにスピーカー交換はロスの事は別にして、
音のバランスには問題ありません。
 
 
 
フィットの内貼りを外したら以前セメントコーティングがしてある部分が見えて、
ドアからの騒音が強く聞こえるのか、白い吸音フェルトが2カ所貼ってあって、
その手前にセメントコーティングがしてあるので、
ノーマルに比べたら静かなドアになっています。
 
 

 
 
670GTIでは鉄板をカットしないと付かなかった場所にスタジアム
GTO600Cのミッドは
スッキリ付いたのですが、スピーカーのフレームが前に出っ張っているので、
やはり後ろにずらして鉄板カットが必要になりました。
 
 
 
 
ノートではカットなしで付いていたスピーカーがフィットでは
後ろの穴が小さい為に当たってしまい、
それよりもマグネットの小さいGX600Cのミッドなら
加工無しでスッキリ取付けられました。
 

 
 
 
実際にはGX600Cよりもマグネットが小さいクラブ6500Cを取付けて、
フィットのドアの内貼りを組み付けました。
 
 

 
 
 
最後にATX-30とクラブ6500Cに合わせたピュアコンを取付けて、
楽ナビの13バンドイコライザーを調整したらフィットの作業は完了して、
お客様の代車として、たまにはデモカーとして新システムで稼働しています。
 

ホンダ・フィットのシステム変更

2019-11-24

代車兼デモカーで使っているホンダ・フィットは、しばらく福岡店に置いてありましたが、

現在は宇部店へ戻って来ています。


 

 

ツイーターをATX-25からATX-30へグレードアップして、

それと同時にミッドもグレードアップしました。

 



 

 

以前フィットにはJBLの670GTIのミッドを取付け用として、マグネットが大き過ぎて

鉄板をカットしないといけなかったので諦めて、今回はそれよりもやや小ぶりなマグネットの

スタジアムGTO600Cのミッドを当ててみました。

 


 

 

ベーシックパッケージでは純正のドア配線をそのまま使用するのですが、

車室内からピュアディオブランドのPSTケーブルをひいて来て、低ロスで音を送ります。

 

 


 

 

以前純正スピーカーにPSTケーブルをつなぐ実験をしてみたら、純正スピーカーは

細い純正ケーブルでも低音が出る様に設計されているので、低音がオーバー気味になってしまい、

メリットが感じられなかったので、純正ドアスピーカーには純正のケーブルを使い、

ミッドを交換する時にケーブルも交換する様にしています。
 

 

逆に純正のスピーカーケーブルにスピーカー交換はロスの事は別にして、

音のバランスには問題ありません。

 

 

フィットの内貼りを外したら以前セメントコーティングがしてある部分が見えて、

ドアからの騒音が強く聞こえるのか、白い吸音フェルトが2カ所貼ってあって、

その手前にセメントコーティングがしてあるので、ノーマルに比べたら静かなドアになっています。

 



 

 

670GTIでは鉄板をカットしないと付かなかった場所にスタジアムGTO600Cのミッドは

スッキリ付いたのですが、スピーカーのフレームが前に出っ張っているので、

やはり後ろにずらして鉄板カットが必要になりました。

 



 

 

ノートではカットなしで付いていたスピーカーがフィットでは後ろの穴が小さい為に当たってしまい、

それよりもマグネットの小さいGX600Cのミッドなら加工無しでスッキリ取付けられました。

 


 

実際にはGX600Cよりもマグネットが小さいクラブ6500Cを取付けて、

フィットのドアの内貼りを組み付けました。






最後にATX-30とクラブ6500Cに合わせたピュアコンを取付けて、楽ナビの

13バンドイコライザーを調整したらフィットの作業は完了して、お客様の代車として、

たまにはデモカーとして新システムで稼働しています。

  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る