本文へ移動

取付ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

プリウスPHV JBLサウンド車の音質アップ

2021-10-11
今日ご紹介する1台は、先日の宇部店の完成車から、トヨタのプリウスPHVです。



縦長のディスプレイオーディオ付きのお車に、フロントスピーカーの交換を行いました。



ダッシュのスコーカーのグリルにJBLのマークが付いているプレミアムサウンド車で、
車両アンプから帯域制限がかかった、インピーダンスが特殊な信号が送られてきているので、
かなり困難を極める車種です。



まずダッシュにはスコーカーサイズでセンターにツイーターが付いているコアキシャルタイプのスピーカーが
付いていて・・



ここをJBLのGX302のコアキシャルスピーカーに交換します。



ただしセンターのツイーターは配線をカットして鳴らない様にして、スコーカーのみとして使用して、
更に純正とインピーダンスが違うためにインピーダンス補正回路を入れています。



そしてドアスピーカーは16センチで低音のみを再生していて、
こちらは一番よく使う周波数で9Ω以上のインピーダンスを示していたので・・



インピーダンス補正回路を入れてJBLのスタジアムGTO600Cのミッドバスを取り付けました。



ダッシュにはワイドスタンドを製作して、JU60ツイーターを取り付けて、
JBLのプレミアムサウンド車をJBLのユニットをフル交換で、本来のJBLのスタジオモニター的な
音色に仕上げました。



ドアの中はエアバックの圧力センサーがあるために、外板裏のベーシック防振と内張り裏の
セメントコーティングを行い、サービスホールを塞いでいるインナーパネルはそのままにしています。



グローブボックス下にはブラックボックス4連のピュアコンを取り付けて、
インピーダンス補正が入っているといいながらも通常の4Ω動作の時のピュアコンとは違う値のピュアコンを
選択して、音を聴きながらあれこれとユニットの値を変えて、音色を生音・生声に近くなる様に合わせました。



最後にディスプレイオーディオの3トーンを調整しますが、低音がやや強く聴こえたので少し下げて、
全体のバランスを取りました。



プレミアムサウンドと言いながらもトヨタのJBLサウンド車の音には不満を持たれている方が多く、
今回はハイエンドツイーターのJU60を使った、本当にプレミアムなサウンドのお車に仕上がりました。


 

ホンダ・Nボックス スピーカーの音質アップ

2021-10-10
今日ご紹介する1台は、昨日の宇部店の作業から、ホンダのNボックス・カスタムです。



パナソニックのストラーダの大画面モデルを装着した状態で入庫となって、
ベーシックパッケージの取付と、ベーシック防振の施工の、Wパッケージの作業を行いました。



まずはストラーダを一度手前に取り出して、裏から音信号を取り出して、
裏にピュアディオブランドのPSTのフルレンジタイプを4本取り付けます。



次に左右のAピラーを取り外して、ピラーの根元までPSTケーブルの高音重視のモデルを
グローブボックス下から引いて来て、ツイーターから出ている細いケーブルとつなぎます。



グローブボックス下には比重の重いMDF板を敷いて、その上にベーシック用の4ピース構成のピュアコンに、
オプションのSSFを加えて6ピース構成のピュアコンになっています。



ダッシュの上にスタンドを使ってピュアディオブランドのATX-25ツイーターを取り付けたら
ベーシックパッケージは完成です。



ドアの作業は内張と防水シートを一度取り外して、指で軽くはじいて響きの中心を見つけて、
マーキングした上で防振マットと防振メタルを貼り合わせます。



ベーシックパッケージなのでドアの16センチスピーカーはそのまま使用して、
見た目は悪くても使い方一つでトレードインスピーカーでは絶対に表現出来ない様な
正確な音色で音楽を奏でてくれます。



純正の音そのままではなくて、ピュアコンを通して音に重みを持たせているのと、
こもっている周波数はカットして後付けツイーターに任せているので、不思議と良い音で音楽を
奏でてくれます。



全ての組み立てが終わって音が鳴る様になったら、ストラーダのサウンドチューンの項目に入って
音調整を行います。



まずはDSPをオフにして、スピーカーディレイを全てゼロにします。



ピュアコンでかなり音は追い込んであるので、後はイコライザーを数カ所1クリックづつ動かして、
音を整えて行きます。



調整画面でいくら良い音で聴こえても、メモリーに入れた時点で微妙に音色が変わってしまうので、
調整画面でメモリーして、再生画面に戻って音を確認して、また調整を繰り返して、
生音・生声に近いパターンを探しました。



ベーシックのWパッケージなので、午前中入庫の閉店前出庫の、スピーディーな対応で音質アップを図る事が
出来ました。



ポルシェ911 BOSEサウンド車の音質アップ その1

2021-10-09
今日ご紹介する1台は、昨日福岡店に入庫したポルシェ911です。



カレラTというサーキット走行を想定しているモデルです。



BOSEのプレミアムサウンド車で、ドアにウーファーとスコーカーが付いているお車で、
ドアを開くのはカレラTなので赤いベルトを引く様になっています。



ダッシュに上向きの小型のツイーターがあり、フロント3WAY構成ですが、
低音は緩いのに出過ぎていて、スコーカーの中音は足らなくて後ろ髪を引かれる感じで、
ツイーターの高音はガラスに一度反射して届いてと、車の高性能に反してオーディオはイケていないと
不満足なオーナー様がサウンドピュアディオに持ち込まれました。



それに加えて不満なのがレベルが強すぎるセンタースピーカーで、スピーカーとスピーカーの間に
自然に音像が浮いて来るステレオ効果が得られないのを無理やりセンタースピーカーで定位させて、
お客様が不満に思われているイメージと、自分が感じたイメージが一致して、
JU60とピュアコンなどを使って音質改善を行う事になりました。



純正オーディオはディスプレイオーディオかと思ったら、CDプレイヤーが付いていて、
思わず自分も欲しくなりました。



自分は以前911を2台乗り継いで、その後にパナメーラを2台乗り継いで、
最近はポルシェから離れていましたが、この911はデッキが付いているから乗りたいな!
と思った1台でした。



そうは言っても今乗っているアウディQ5はポルシェマカンと兄弟車で、
どこかポルシェのテイストがあるんですけど、そんな車好きで音楽好きの自分ですから
お客様に入庫して頂いたというのもあります。



そしてお客様が代車に乗って帰られたら直ぐにピットに入れて、マスキングを行ってドアの内張を
外します。



内張を外したらボーズの薄型フロントマグネットのウファ―の横に10センチサイズのスコーカーが
付いていて、まずユニットのインピーダンスを測ります。



一般に公開されているインピーダンスは平均値であったり、静止時の値だったりで、
実際に使用する周波数の下限・中ほど・上限の実効値を測って、純正ウーファーをそのまま使用するのか、
他の物に交換するかを判断します。



お客様からはウーファーもスコーカーも交換していいと言われていますが、
換えて効果が得られなかったり、逆にマイナスになる音域があってはいけないので、
十分に調査を行いながら作業を進めて行きます。



(後はその2に続く)



2021-10-08
現在の宇部店のピットは、前方にプリウスPHVで後方にハイエースが入っています。



宇部店のピットは前はサッシの開き戸で、後ろはシャッターで、後ろから入れてそのまま前に進んで
出庫出来るので、プリウスの前にあったスイフトは昨日出庫になって、後からハイエースが入って来て、
プリウスが前進しています。



スイフトの作業は当初はデジタルトランスポートの取付と聞いていたのですが、
この表示はオーディオテクニカのデジタルメディアプレイヤーですね。



店頭でデモしている商品の、右のシルバーがデジタルトランスポートで、左の黒くて大きいのが
デジタルメディアプレイヤーです。



昨日の閉店前にスイフトは納車させて頂きました。



ハイエースの作業は純正の低い位置のスピーカーグリルを、内張の中ほどに移動して、
アウターバッフルを製作して16・5センチのミッドバスを取り付けました。



その前にドアの金属部分に防振メタルを貼り付けて、カーン!という高い音の響きを抑えています。



内張をドアに組み付けて取り付けたのは、JBLの670GTIのミッドで、
ドアだけで低い低音を再生させるためにいつもの13センチでなくて、あえて16・5センチを
取り付けています。



ツイーターはダッシュの上にピュアディオブランドのATXー30Jを取り付けて、
レンジの広さで16・5の中音域の上の方の薄い部分を補います。



ただ通常は行わない組み合わせなので、ピュアコンの選択はかなり苦労して、
ミッドの上限周波数とツイーターの下限周波数の微妙なつなぎ下限を何度も変えて調整して、
体感音圧と音のクオリティーの絶妙な駆け引きを行いました。



最後は楽ナビの7バンドイコライザーを調整して、今日の午後にハイエースは納車させて頂きます。



週末のドライブに車を使われる方が多いので、金曜日辺りはかなり納車のラッシュとなります。



新・お客様の質問にお答えして 第12話

2021-10-07
お客様の質問にお答えする新シリーズも遂に12話となりましたが、旧シリーズからご覧のお客様から、
「以前に読んだ内容が多いので、前作で全く取り上げられていない話は無いのですか?」という
ご指摘を頂きましたので、これは前作では取り上げていないだろうという内容を今日は書き込みます。



それは「井川社長は師匠という様な方はおられますか?」というご質問で、
旧シリーズの時から質問は合ったのですが、確かこれまでこの事については通常のブログでも
詳しく触れた事は無いと思います。



自分は1980年に20歳の時に自営業を始めて、その2年後の1982年に宇部市に
『カーオーディオ専門店オーディオボックス』を10月10日に開店しました。



1982年といえばマイケル・ジャクソンがスリラーを発売した年で、2年後の1984年は
ヴァンヘイレンが1984を発売した年で、昨日はヴァンヘイレンさんの1周忌でしたね。



1980年に自分が自営業を始めた時も10月10日の当時の『体育の日』に開業して、
後3日で開業から41年にもなり、来年の10月10日でカーオーディオの専門店を始めてから
40周年となります。



そんな自営業を始めた1980年に最初の師匠というか、仕事に関する基本的な心構えを教えて頂いた方に
出会いました。



当時はカーオーディオの出張取付をしていましたが、それもあまり仕事が無かったので、
業務用の無線の基地局のアンテナを立てる作業の手伝いに、ある通信社の仕事の助手をしていました。



その時に自分が手持ちの工具を持って行っていたら、ニッパーがやや刃こぼれ気味だったのと、
種類が少なくて太さに関係なく1種類で対応していたのをO社長が見て、
「それがお客さんからお金をもらうプロの仕事か!」と叱られました。



更に「趣味で作業するのとお金をもらう仕事は違う!」と言われて、その日はO社長の工具を借りました。



しかし次にまたO社長から叱られて、アンテナから出ている同軸ケーブルを
ポールにビニールテープで巻くのに、自分はやや斜めにニッパーで切っていて、
「こういうのは普通真っ直ぐ切るのが当たり前!」と言われました。



なぜ刃こぼれ気味のニッパーを使わず、テープも真っ直ぐ垂直に切らないといけないかというのが
昨年その現場を通った時に、40年が経過しても自分が同軸ケーブルに巻いたテープがほどけておらず、
切り口にギザギザがあったり、斜めに切って鋭角の部分があったらそこが剥がれやすいなど、
実際には巻く時の力の入れ方もあるのですが、これがプロの仕事というのを20歳の時に叩き込まれた事で、
その後の人生が良い方向に進みました。



今ではきちんとサイズが合っていない工具を使うのはとても苦痛で、細かく持ち替える方が楽だという
習慣が付いています。



そこから10年が経って、1982年には珍しくてそれなりに繁盛したカーオーディオ専門店も、
あれよあれよという間にメーカーがどんどん販売店を増やして、過当競争になって儲からなくなった時に、
ナカミチのスペシャルショップに加盟して、その時に東京のM社長に出会う事が出来ました。



M社長は元々カーオーディオとは違うカーエレクトロニクスの仕事をされていて、
そこにナカミチの初代社長の中道悦郎さんから「一緒にカーオーディオをやらないか。」との誘いがあって、
それでそれまでの本業とは別なカーオーディオ専門店を作られた方でした。



自分がM社長と知り合った時には悦郎社長がガンで亡くなった後で、
ナカミチの営業部の暴走が始まった頃で、とにかく販売店の質は問わずに店数を増やして売りあげを
上げろ的な戦略で、あっという間に山口県に内以外にスペシャルショップを3店も作られて、
評論家の先生がほめているアンプやスピーカーとミックスしてナカミチ製品を販売する店の方が
トレンドに合っていて売れて、本来のナカミチの目指している音を再現しようとしている店の足を
引っ張っているという、とんでも無い地獄の状態でした。



そんな中、中道悦郎社長と一時代を作ったM社長の作る音は素晴らしく、
当時生まれた自分の次男にM社長の名前を勝手に付けて、
後で「尊敬するM社長の名前を自分の子供に付けさせて頂きました。」と事後報告をしました。



それでM社長にはかなり気に入ってもらって、色々な事を教えて頂きました。



その教えは『メーカーを信用していけない』という事で、悦郎社長が亡くなった後のナカミチは
信用出来ないという事で、評論家のご機嫌を取っている他のメーカーはもっと信用出来ないという事で、
『井川君、こらからの日本のオーディオ業界はメーカーと評論家と雑誌社が癒着して、
真っ当なオーディオは出来なくなって、いずれ国際競争力が無くなって上場廃止になるだろう。」と、
何と20年後を見事に予測していて、更に「井川君もこの業界に見切りを付けて、
何か他の仕事をした方がいい。」と言われて、業界を去られて、
カーオーディオ業界に入る前のカーエレクトロニクスの仕事に戻られました。



業界がぐちゃぐちゃになっている中で、やっと信頼出来る師匠に出会えたと思ったら、
直ぐに引退されるという、本当に当時はショックな出来事でした。



ただM社長が業界を去られるまでの短い時間に『本当に良いスピーカーケーブルは』とはとか
『良いコンデンサーの見極め方は』という、今のピュアディオ製品の根源になる部分を教えて頂いて、
後は短い期間に教わった事を自分なりに工夫して、過去に放送局のスタジオでスタジオワークを
していた事もあり、そういう情報を総合してオーディオボックスからサウンドピュアディオに
ブランドをチェンジしました。



そういう訳で自分の作業の考えの基礎を教えて頂いた通信社のO社長と、
中道悦郎氏から声がかかってナカミチのカーオーディオの基礎を作ったM社長の2人の教えを
ずっと守ったからこそ今のサウンドピュアディオがあると、しみじみと思い出しました。



そして自分は一度もお目にかかった事が無いのですが、ナカミチの初代社長の中道悦郎さんの、
「音楽を作る人の作品に色を付けてはいけない』という考えで、多くの音楽アーティストと交流して、
会社の中にはスティービー・ワンダーやジャズの大御所などと一緒に写っている写真が飾ってあって、
今のサウンドピュアディオの店内に多くのボーカリストや演奏家と自分が一緒に写っている写真は、
悦郎さんの考えを小さい会社ながら受け継いでいるという証拠です。



そういう意味では音楽に色を付けない、形を変えないという自分手法の根源は、
元を辿れば一度もお目にかかった事のない中道悦郎さんの考えを、M社長を通じて叩き込まれたのかも
知れません。



  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る