本文へ移動

取付ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

フォルクスワーゲン・ゴルフ スピーカーの音質アップ その2

2023-01-19
今日ご紹介する一台は、現在の宇部店の作業の続きから、フォルクスワーゲンのゴルフGTIです。



純正のナビオーディオを活かしたベーシックの5thパッケージの取付の後半です。



4枚のドアのセメントコーティングは、徐々に乾燥すると化学変化で色味が白から青白くなり、
最後は茶色へと変わって行きました。



ベーシックパッケージなのでドアの16センチスピーカーはそのまま使用しますが、
エッジの手前にゴムのドットが6カ所あり、元々重みのあるゴムエッジに更に重みを付けています。



そして4枚の内張を組み付けたらドアの作業は完了です。



Aピラーの純正ツイーターは鳴らなくして、
ダッシュにピュアディオブランドのATX-25ツイーターを取り付けて、
理想の位置で拡散するタイプのツイーターで上質な高音を拡散させます。



この年式のゴルフはグローブボックス内にプレイヤーがあり、
その後ろのアンプから音信号を取り出して下にピュアディオブランドのPSTケーブルで送ります。



グローブボックス下には比重の高いMDF板を敷いて、その上にピュアコンを取り付けて、
4つのスピーカーに周波数帯域とインピーダンスをコントロールして送っています。



6本のPSTケーブルでも赤みがかかった2本は高音域専用設計で、
通す音域のみにコストをかけて、同じ価格でもより高いクオリティで音を再生出来る様に工夫しています。



最後に3トーンの調整を行って、その後で井川家長男がスペアナ測定をおこなって、
入庫時の測定との差を確認します。



ベーシックパッケージのオプション4品の5thパッケージですが、下地作りにかなり時間がかかり、
数日がかりで一台を完成させていますが、音質が良い事はもちろんの事、静粛性と断熱もアップして、
特別なゴルフGTIに仕上がりました。



フォルクスワーゲン・ゴルフ スピーカーの音質アップ その1

2023-01-18
今日ご紹介する1台は、現在の宇部店の作業から、フォルクスワーゲンのゴルフです。



専用パネルのナビオーディオ付きのお車に、
ベーシックパッケージの取付と、前後のドアの防振作業を行っています。




Wパッケージがベーシック+前のベーシック防振で、
それにセメントコーティングを加えるとトリプルパッケージなので、
それに更にリアドアに2層の防振を加えているので5thパッケージとなります。



まずドアの位置貼りを外すと、ドイツ車ならではのがっちりした鉄板で・・



防振など必要無い様に見えますが、このインナーパネルがけっこう響きます。



ベーシック防振の8枚の防振材のうちの3枚をインナーパネルに貼って・・



外板裏の工場装着の入り組んだ形の防振材の無い部分に3枚貼って、
後2枚を内張のドアポケットの内側に貼って、ドア全体の響きを抑えています。



リアのドアにも同じ様に施工して行きます。



次に外した内張にマスキングして、コーティング剤が浸みてはいけない部分を塞いで、
前側は全体をビニールでマスキングして傷が入らない様にしてあるので、
塗りに入る前にかなりの時間を使っています。



そして手作業で意図的に厚い・薄いを作って、
振動が通過し難い状態にして、ドアが重たくならない割に強い防振効果が得られる様に工夫しています。



リアの内張にもセメントコーティングを加えて、ドア4枚の塗りが終わったら乾燥するの待ちます。



ドア4枚に2層づつの防振を加えるとかなり下準備で時間がかかり、
次回は電気関係の作業の部分を『その2』で掲載致します。



今のサウンドピュアディオが出来るまでの40年史+12 第9話 1983年から85年

2023-01-16
今のサウンドピュアディオが出来るまでの40年史プラス12年は、
年末にやっとカーオーディオ専門店を宇部市にオープンさせたという所まで行って、
今日は普通のカーオーディオ専門店から他のカーオーディオ専門店と違う道に歩み出した頃の
お話を書き込みたいと思います。



オープン当時はまだ取付キットと呼ばれる物がほぼ無い状態で、
音の良し悪しよりも純正のパネルを糸のこぎりと金切りのこの刃とカッターナイフで上手い事加工すれば、
量販店で取り付けた切り口がガタガタの取付よりもオシャレというだけでお客様が集まっていて、
音に対するセンスは選ぶ商品の組み合わせで差を付けている時代が1984年頃まででした。



1983年から4年といえばマイケル・ジャクソンの大ヒットアルバム『スリラー』や、
ヴァン・ヘイレンの『1984』などの洋楽のヒットアルバムが多く、
家のオーディオではなくて車の中の方が音楽を聴く時間が長いからと、
カーオーディオの需要が増えて来た頃でした。



ただこんなチャンスを量販店が指をくわえて見ている訳はなく、
そのうち取付キットなる物が出て来て、パネル加工の差でお客様が集まるという時代も過ぎて来て、
更に取り付け工賃がサービスという量販店の販売方法も専門店の集客や収益に影響を及ぼして来て、
楽ではない周期に入って来ました。



ここでプラスチック加工の綺麗さで集客から、鳴っている音質の差で集客に舵を切る時が来て、
またカーオーディオの製品自体はカーアクセサリーとしての需要が高まって、
キラキラ・ピカピカと光る物が量販店の店頭に並び、それがマーケットで主役となって来ました。



当時はアルパインとケンウッドの2社に力を入れていたのが、
まずケンウッドはホームオーディオの様なシルバーのパネルに、
大型の丸いツマミで他のカーオーディオとは違うイメージだったのが、最も光る様なデザインに変わり、
専門店から量販店向けの商品に変わりました。



アルパインは遅れて派手になったのですが、当初はオートイコライザーという、
マイクで音を拾って自動で強弱を付けてフラットにするという商品が出て来て、
たまたまそのデモカーを作らないかという話があって取付を行ったのですが、
これが何故か何回ピンクノイズを出して測定してもフラットになってしまい、
これではデモにならないという話になりました。



これが自分が知らないうちにフラットの方向に音を持って行ける才能を持っていて、
なぜこんな風になるかは自分でも分かっていませんでしたが、
無線で培った技術や無線で知り合った方に放送局に努めておられた方が多かったので、
何回か放送局を訪ねた時に『本来音楽の音がこういうもの』というのが身に付いていたのでしょう。



そんな事があった後にアルパインもケンウッドの後を追って派手な方向に行き、
段々販売したい物が無くなって来た時にナカミチというブランドとJVCというブランドが出て来て、
派手なイルミは無いが自然な音質が売りのメーカーがやっと出て来て、これが次の主力商品となりました。



そういう販売方法だったために量販店では買いたくないという品の良いお客様が良く来られていて、
その中に投資家のお客様がおられて、株の売り買いで利益が出たら買い物に来て頂ける方でした。



その方がある日買い物ではないけれど来店されて、
「○○○というメーカーが凄く売れる製品を出したというけど、その商品ってどうなの?」と
聞きに来られました。



自分は「値段が安いのにやたら機能が多くて、狭いパネルにいっぱいスイッチが付いて、
あれは将来故障の原因になるので、その商品はうちでは販売しません。」と答えました。



するとそのお客様が投資家向けのメーカーの情報というのを見せて下さって、
そこには『低価格で多機能な製品を発売して、市場でのシェアを拡大する』と書いてあって、
「えーっ、こんなの量販向けで、何年かで使い捨てですよ。」と自分が答えたら、
「じゃあここの株を買うのはやめておく。」と言われて帰りました。



それから何か月か経ってその投資家のお客様が来店されて、
「あの時あそこの株を買わなくて良かったよ。」と言われて、
メーカーが株価が下落すると目先のシェアを上げるために安くて多機能な商品を投入して、
投資家の気を引くというのが分かり、そのお客様から投資家向けの情報を聞いていたのが、
後には自分で投資家向けの情報を入手する様になり、メーカーの本音と建て前を知る事となり、
他のお店がメーカーの言いなりになってつまづくのを横目で見るみたいなビジネスが出来る様になりました。



しかしその後もメーカーの新製品発表会の話と投資家向けの情報は180度違う話が多く、
例えば専門店の前では「これからも専門店を大切にして行きます。」と言いながら、
投資家向けの情報では、「これからは量販店や自動車メーカー向けに販売を進める。」と言っており、
「カーオーディオ専門店はこんな話を信じていていいのか?」と、
業界の未来に不安を感じながら毎日を過ごして行きました。



今自分のカーオーディオ専門店としての40年を振り返った時に、
品の良いお客様を中心にビジネスを考えていた事で、その投資家のお客様と知り合えて、
正しい情報を元に会社を運営出来て良かったと感謝しています。



ヤリス・クロス カーオーディオの音質アップ

2023-01-15
今日ご紹介する1台は、先日の宇部店の作業から、トヨタのヤリスクロスです。



トヨタ純正のディスプレイオーディオ付きのお車に、フロントスピーカーの取付と、
ドア防振の作業などを行いました。



まずはドアの内張とインナーパネルを外して、
鉄板の響きを調べて前後のドアのベーシック防振の施工を行います。



外した前後の内張にはセメントコーティングの施工を行って・・



フロントは表のスピーカーグリルを切り抜いて、アウターバッフルの製作を行って、
ドアとバッフルを金属リングで繋いだ後に表面をセメントコーティングで固めます。



車室内からピュアディオブランドのPMBケーブルを引いて来て、ZSP-LTD15に接続します。



これでアウターバッフルでスピーカーが表に出た、ヤリスクロスのドアが完成しました。



ダッシュの上にはワイドスタンドを製作して、JU60ツイーターを取り付けて、
ピュアディオ推奨のハイエンドのフロント2WAYスピーカーの出来上がりです。



ディスプレイオーディオのスピーカー出力はPMBケーブルでグローブボックス下まで引いて来て、
ここで合計8ピース構成のピュアコンでツイーターの下限周波数とレベルとインピーダンスを
コントロールして、ミッドに対しては上限周波数と下限周波数とインピーダンスを調整して、
イコライザーでは調整出来ない細かな音色を合わせています。



現在の宇部店にはJU60のブラックボックス専用の棚が出来ていて、
ここからあれこれとユニットを持って来て交換して聴いて、最も生音・生声に近いパターンを探しています。



入庫時はトーンコントロールを大きく動かさないと音が物足りなくて、でも動かすとどこか音が変で、
もどかしかった状態が、3トーンがフラットでも体に染み入る自然な音で音楽が聴ける様になりました。



また車速連動のボリュームコントロールは防振が無いとロードノイズの進入が多くて使わないと
物足りなかった状態から、オフにして素の音で十分に音楽が楽しめる様に改善されたのと、
セメントコーティングで断熱性もアップしたので、とても快適なヤリスクロスに変身しました。



スズキ・ジムニー スピーカーの音質アップ

2023-01-14
今日ご紹介する1台は、先日の福岡店の作業から、スズキのジムニーです。



パナソニックのストラーダのナビオーディオを装着した状態で入庫となって、
ベーシックパッケージの取付と、ベーシック防振の施工のWパッケージの作業を行いました。



ジムニーのドアスピーカーは12センチで、口径が小さいので低音が出ないのと、
他の軽自動車と比べると意外とリスナーの耳に近い位置にスピーカーがあるので、
中音域が強く聴こえてしまい、更に低音が薄く聴こえてしまいます。



それでいてツイーターも付いていないので、カーラジオでニュースを聞くという様な音造りとなっていました。



音質改善はまずドアからかかって、内張と防水シートを一度外して、
何も貼ってない外板裏に防振マットと防振メタルを貼り合わせます。



3種類のマットと防振メタルを使って、響きの中心と周波数を見つけて、
ピンポイントで8カ所に防振を加えて、ドア全体でスムーズに残響が静まる様にしています。



店頭のベーシック防振のデモ用の鉄板で聞かれれば分かると思いますが、
響きをドア8カ所で集めて打ち消しているので、鉄板の防振材から離れた所をたたいても、
何故かノーマルの鉄板に比べるとその位置の響きが減っています。



ドアスピーカーの周りが整ったら次はダッシュ上で、
スタンドを使って適切な仰角・振り角を付けたピュアディオブランドのATX-25スピーカーを取り付けて、
フルレンジのスピーカーを2WAY化しました。



ストラーダは一度取り外して、裏から音信号を取り出して、
ピュアディオブランドのPSTケーブルでグローブボックス下に引いて来て、比重の高いMDF板を敷いて、
その上に4ピース構成のピュアコンを取り付けます。



ストラーダの特性に合わせてピュアコンの値を選んで、
12センチスピーカーでなるべく低音が出る様に巻きの大きいコイルを選ぶと音の透明感が落ちるので、
低音の量と透明感のバランスの取れる値を探してあれこれと交換しました。



ある程度マッチングが取れたらストラーダのオーディオチューンの機能を使って更に音を追い込んで、
最終的にはひずみも少なく低音の量もかなり出る様になりました。



パワードのウーファーを付ければ低音の量を稼ぐ事は簡単ですが、
その低音のほとんどは音楽の低音とは別な空気振動で、
ピュアディオはプラスチックのエンクロージャーのその様な物は販売していなくて、
ジムニーのお客様はクロスFMのファンで、その放送の中でサウンドピュアディオの事を知られて、
クロスFMのスタジオの音を知っているからこそのセッティングで、
音楽だけでなくパーソナリティーの方の声の音色も正確に再生出来る様にセッティングしています。



お客様からは、「FMラジオの音ってこんなに良い音なんですね!」とよく言われますが、
本当は良い音なのですが、それが上手く引き出せてないだけなんです。



最後にはゲリラ豪雨を想定した雨漏りチェックを行って納車の準備に入りました。



自分もノーマルのフルレンジの音を確認しており、お客様は入庫時との音の違いに驚いておられたそうです。



残念な事に自分は完成車のセッティングが終わったら直ぐにもう1方の店舗に
急いで戻らないといけない事が多く、お客様の感想を直接聞かせて頂く事が少ないので、
そこが残念な所ですが、間接的に感想をお聞かせ頂いていて、皆さん喜んで頂いている様で、
想像していたよりも良い音だったという感想が多い様です。



  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る