本文へ移動

取付ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

マツダCX-8 スピーカーの音質アップ

2019-08-08

今日ご紹介する1台は、昨日の宇部店の完成車から、
マツダのCX-8です。
 

 
全車マツダコネクト付きのお車で、ベーシックパッケージの取付と、
前後のドアの防振の作業を行いました。
 

 
ツイーターは5年前に前のお車でベーシックパッケージとして購入された
JBLのP560のツイーターを移設して取り付けています。
 

 
ベーシックパッケージなのでドアの16センチスピーカーはそのまま使用して・・

 
ドアの外板裏の何も貼っていない部分に防振メタルと
3種類の防振マットを貼り合わせて、
ドアの残響を防いでスピーカーの音質と音圧を上げて、
外からのロードノイズの進入を防ぎます。
 

 
インナープレートは全体が塞がっていて密閉度はありますが、
プラスチック僅かな鳴きが気になるので、
金属シートを貼ってもやもやした感じを無くしました。
 

 
この金属シートはアスファルトやゴムの成分を含んでいなくて、
スカッとした音が再生出来る様にしています。
 
 
外した内張にはセメントコーティングの施工を施して、
方ドア3面のフル防振の状態にしました。
 
 
 
リアドアにはベーシック防振とドアのセメントコーティングの方ドア2面の防振を行い、
運転席から斜め後ろ方向のロードノイズの進入を防いで、
快適な移動空間に変えています。
 

 
これまでCX-5の入庫は沢山ありましたが、CX-8の入庫は初めてで、
その2車種の差異を探しましたが、基本的には同じシステムで、
サードシートが付いているか無いかの違いで、
CX-5用がそのままマッチングして、
オプションを1品加えた6ピース構成で鳴らしました。
 
 
 
マツダコネクトの音調整ではドアスピーカーの音圧が増したのでバスは
1クリックマイナスで、ツイーターレベルはピュアコンで合わせているので
センターで、フェダーに関してはセンターから2クリックの間をお客様に選んで頂けたらとご説明して、
フロント1クリックの状態で納車いたしました。
 
 

 
CX-8のお客様は広島県からお越し頂いていて、
今回5年前とは違う新しいアップグレードのピュアコンをお買い上げ頂いていて、
同じツイーターでもこんなに音が良くなるのかと驚かれていて、
「じっくりと音楽を聴きながら広島まで帰ります。」と喜んで宇部店を出発されました。
 
 

 
同じツイーターを使っていても、ピュアコンのアップグレードとオプションパーツの追加で、
音はどんどんアップして行きます。
 
 
 

アウトランダーPHEV カーオーディオの音質アップ

2019-08-07

今日ご紹介する1台は、先日の福岡店の作業から、三菱のアウトランダーPHEVです。

 



三菱のオプションのダイアトーンのサウンドナビのMZ200が装着された状態で入庫となって、

ベーシックパッケージの取付と、ベーシック防振の施工と、ドアスピーカーの交換の

トリプルパッケージの作業を行いました。

 

 


トリプルパッケージはWパッケージにもう1工程追加するとトリプルと呼んでいて、

ベーシック防振が前後や、前にセメントコーティングをプラスしてもトリプルと呼んでいるので、

今のところ3種類のトリプルが存在しています。


ツイーターはおなじみのピュアディオブランドのATX-25ツイーターで、純正のミラー裏の

ツイーター位置と比べるとやや奥の方から遠いツイーターは耳にダイレクトに、近いツイーターは

外ドームの指向性の薄い部分でやや弱く高音を受けて、それで左右のギャップが出にくくしています。

 


また外ドームという構造が車には合っていて、内ドームの強い指向性や、内と外を混ぜた

『両方の良い所を併せ持った』という構造はどっち付かずで、もう30年以上外ドーム型の

ツイーターをメインに販売しています。


普段は純正の16センチドアスピーカーをそのまま使用していますが、今回はお客様の希望で

サイズを13センチに絞って濃い中音域をという事で、JBLのクラブ5000Cのミッドのみを使用して、

ATX-25と合わせてJBLのセット物では出せない音を表現しました。




防水ゴムラバーの内側の外板裏にはベーシック防振の施工を行って、車室内から

ピュアディオブランドのPSTケーブルで音をひいて来て、16センチの穴に

13センチのインナーバッフルを取り付けて、クラブ5000Cのミッドを取り付けました。



クラブ5000Cと名乗りながらも実際にはP550やP560の系統の構造で、

P560とほぼ同じ特性で、使用するピュアコンもP560用がベースとなり、

今回はオプション1品を加えて6ピース構成で取り付けています。


ドアのスピーカーグリルはもう見慣れた現行アウトランダーの位置で、比較的短時間で

ピュアコンのパーツの組み合わせは決まりました。


逆にサウンドナビのセッティングには苦労して、再生画面で聴いている音と、AV画面から

右上のセッティングの項目を押した途端に音が変わってしまいます。

 



セッティング画面に入っている時の方が音がハッキリ聴こえるので、これで良いかと

再生画面に戻すと物足りなくなって、調整時にやや派手目にしてからセッティングを終了させて、

それで再生画面で音がちょうど良いかを確認して、足らなかったり出過ぎていたらまた

セッティングという、予測して確認の繰り返しで音を追い込みました。

 


最近のナビオーディオはメモリーする前と後で、後の方が音が抑圧される物が多いのですが、

後で抑圧されるのを前提の予想の調整というのが段々当たり前になって来ています。

トヨタ・プリウス カーオーディオ の音質アップ

2019-08-05
 
 
今日ご紹介する1台は、先日の福岡店の作業から、
トヨタのプリウスです。
 
 
 
 
トヨタ純正のナビオーディオにドアにフル防振の施工を行い、
アウター・スラントのバッフルを製作して、
ピュアディオブランドのZSPーLTD15を装着していました。
 
 
 
 
 
ダッシュにはワイドスタンドを製作してJU60を取り付けて、
フロント2WAYのシンプルで極めてシステムとして一度完結していました。
 
 
 
 
 
今回は純正の7インチのナビを取り外して、
パネルを8インチ用の物に取り替えて、
パイオニアのサイバーナビの8インチの物に交換しました。
 

 
 
 
それと同時にラゲッジに25センチのウーファーボックスを設置して、
JBLのサブウーファーを取り付けて・・
 

 
 
 
運転席下にJBLのウーファー用のモノラルアンプを取り付けて、
左右の信号をミックスしてウーファーを駆動させています。
 
 
 
基本はベーシックウーファーパッケージですが、
追加でエンクロージャーを豪華な物に変更しています。
 
 
 
更に助手席下にはナカミチのPAー1002Nを取り付けて、
フロントの4つのスピーカーを安定して駆動させています。
 

 
 
 
ウーファーの上限周波数の調整はサイバーナビの内蔵チャンディバで行なって、
ミッドの下限周波数と上限周波数と、ツイーターの下限周波数はピュアコンで調整して、
車1台で3WAY構成のシステムに構築しました。
 
 
 
 
最後にサイバーナビの31バンドのイコライザーを調整して、
音を整えたら完成です。
 
 
プリウスのお客様は2013年にベーシックパッケージを購入されてから
じわじわとシステムアップをして行かれて、
今回はナビの変更とウーファーの取り付けと、フロントアンプの追加の、
合計3か所のシステムアップを一気に行なわれて、
全ての音域に対して満足が行くシステムが出来上がったと喜ばれていました。

マツダCX-5 スピーカーの音質アップ

2019-08-04

今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の作業から、マツダのCX-5です。


マツダコネクト付きのお車にベーシックパッケージの取付と、前後ドアの

ベーシック防振の施工の、トリプルパッケージの作業を行いました。

 




ベーシックパッケージなのでドアスピーカーは純正をそのまま使用して、

ドアの外板裏の何も貼ってない部分に防振メタルと防振マットを貼り合わせて、

余分な残響を抑えてスピーカーの鳴りを良くします。

 


 

 

防振材は響きの周波数に合わせて、合計4種類を響きの中心を見つけ貼り合わせています。

 



リアドアの入り組んだ部分にも防振メタルと防振マットを貼って行きます。


ツイーターは純正のピラー根元の部分は指向性の向きが悪いのと、車体の鉄の影響で

磁力線が曲がるので使用せず、ダッシュの上にスタンドを使って仰角と振り角を付けて、

ピュアディオブランドのATX-25ツイーターを取り付けました。





マツダコネクトの車両アンプから音信号を取り出して、グローブボックス下に

左右2枚のMDF板を敷いて、その上にピュアコンを取り付けて、純正ドアスピーカーと

ATX-25の周波数幅とインピーダンスとレベルを調整します。

 

 

ピュアコンで合わせきれなかった部分はマツダコネクトのバスとフェダーを少し

動かして整え、入庫時に比べたら見違える様なクリアーなサウンドに変わりました。

スイフトスポーツ カーオーディオの音質アップ 後編

2019-08-03

今日ご紹介する1台は、先日の宇部店の作業から、
スズキのスイフトスポーツの続きです。
 
 
 
 
一度ジャッキアップしてタイヤを外して、
フェンダーの内側のカバーにセメントコーティングを行ってから、
再びタイヤを取付けます。
 
 
 
水に濡れるのと、力が下方向にかかるので、
通常のセメントコーティングよりはたわみを持たせるつなぎの材質を多めに使っていて、
剥がれが起きない様にしてあります。
 
 
オーディオレスの2DIN部分には上段にカロッツェリアの1DINタイプのサイバーナビを取付けて、
下段にはナカミチのCD-700KKを、前に乗られていたお車から移設して取付けています。
 
 
 
ドアにはアウター・スラントのバッフルを製作して、
ピュアディオブランドのZSP-MIDを移設して取付けて・・
 
 
 
 
ダッシュにはワイドスタンドを製作してJU60ツイーターを取付けています。
 
 
 
 
 
更にリアのラゲッジはアンプボードに25センチ用のエンクロージャーを埋め込んで、
ウーファーとパワーアンプとデジタルプロセッサーを取付けています。
 
 
 
ウーファーはピュアディオの限定の25センチの黄色いケブラーコーンの物で、
量感よりは質感を重視していて、
存在感を抑えてZSP-MIDで再生しにくい超低音をわずかに押し出して、
車1台で3WAYのスピーカー構成としています。
 
 
 
ピュアディオチューンのデジタルプロセッサーは
タブレットでチャンネルディバイダーとイコライザーの調整を行って、
見えない所に仕込んでいるピュアコンと合わせて、
3WAYシステムの調整を行っています。
 
 
 
 
音調整が終わったら車両を外に出して
ゲリラ豪雨を想定した雨漏りチェックを行います。
 

 
 
フットプレートに濡れがあったら、これは普通にそうなのか、
それとも雨水の流れに問題があるのか、
内側も確認してから納車の準備に入りました。
  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る