本文へ移動

取付ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

マツダ・アクセラ スピーカーの音質アップ

2020-09-14

今日ご紹介する1台は、先日の宇部店の作業から、マツダのアクセラです。

 

 


マツダコネクト付きのお車にベーシックパッケージの取付と、

ベーシック防振の施工のWパッケージの作業を行いました。

 

 


たしかマツダコネクトはアクセラが最初に採用して、シフトの後ろにダイヤルとスイッチが付いているのは、

アウディを意識してという説もありますが・・

 

 


作業はまずドアの内張とインナーパネルを外して、外板裏に防振マットと防振メタルを貼り合わせます。

 

 


ベーシックパッケージなので純正の16センチスピーカーはそのまま使用しますが、

このアクセラのプラスチックのバッフルはとても固くて、ユニットは低音が出過ぎるぐらい出ています。

 

 


ベーシック防振が終わってドアを開閉すると、余分な響きが抑えてあるので、

オーディオの音以前にドア自体の響きが変わっています。

 

 


ダッシュの両端には純正ツイーターのグリルがあり、

上向きにツイーターが付いているのでガラスの反射を受けて、

グリルによる高い音域のひかかりがあるので、この位置は使用しません。

 

 


運転席から見てガラスにツイーターが反射して見えるという事は、音がガラスに反射しているという証拠です。

 

 

 

グリルの手前にスタンドを使って適切な仰角・振り角を付けて、

JBLのP560のツイーターを取り付けました。

 

 


このツイーターは前の乗られていたお車で使用されていた物で、移設して取り付けています。

 

 


マツダコネクトの車両アンプからピュアディオブランドのPSTケーブルでグローブボックス下まで

音信号をひいてきて、MDF板を敷いた上にピュアコンの4点セットを取り付けました。

 

 


ブラックボックスは以前使われていた物がそのまま使用出来たので、

外付けのコイルをアクセラ用に交換して対応しました。

 

 

 

全ての組み立てが終わったらマツダコネクトの調整を行います。

 

 


バス・トレブルはフラットで、フェダーを若干前に振って、そこがピークポイントだったので、

そこで調整を終了しました。

 

 

 

<p>これまで使われていたツイーターのコンディションが良かったのと、

ブラックボックスがそのまま使えたので、かなり出費が少なくて良い音が再生出来ました。

 

 

 

アテンザ BOSEサウンド車の音質アップ

2020-09-13

今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の作業から、マツダのアテンザです。

 

 


マツダコネクト付きのお車に、ベーシックパッケージの取付と、ベーシック防振の施工の、

Wパッケージの作業を行いました。

 

 


スピーカーグリルにBOSEのマークが付いているボーズサウンド車で、

車両アンプから帯域制限がかかった状態で送られて来ていて、

インピーダンスも特殊なために市販の商品が取り付けられない仕様になっています。

 

 


マツダのボーズ仕様は2種類あって、ツイーターと大型マグネットの組み合わせと、

ダッシュにスコーカーとドアに薄型のフロントマグネットのウーファー付きの仕様があって、

アテンザはスコーカーと薄型ウーファーの組み合わせです。

 

 


ダッシュのスコーカーで中高音を鳴らしているのを、ピュアコン通して2分割化して、

スタンドを使って適切な仰角・振り角を付けて、ピュアディオブランドのATX-30Jツイーターを

取り付けました。

 

 


ベーシックの標準ツイーターに2万円+税でこのツイーターに変更出来て、

最近少しアップグレードされる方の比率が増えて来ています。

 

 


運転席シート下にはボーズの多チャンネルアンプが付いていて、そこから音信号を取り出して、

グローブボックス下のピュアコンに送ります。

 

 


ATX-25を使ったベーシックパッケージのデーターはありますが、

ATX-30Jはまだデーターが無かったので、ピュアコンの値は今回探りました。

 

 


ドアの方は20センチサイズのウーファーが付いている割には何も貼ってない状態の外板で、

材質や形を工夫して貼り合わせて、ドアが重たくならない割に効果の高いベーシック防振の施工を行いました。

 

 


全ての結線と組み立てが終わり、音が鳴る様になったらマツダコネクトの調整を行います。

 

 


最初はバスがかなり上がって、トレブルは最大まで上げてもあまり音楽を気持ち良く体感出来なかったのが、

バスはセンターでトレブルが1クリック上げただけで十分音楽が楽しめるサウンドに変身しました。

 

 


アテンザは年式によって同じボーズサウンド車でも微妙に特性が違っていて、

現在で3種類のパッケージが存在しています。

 

 

 

特にセンタースピーカーのレベルは年式によって強さが違って、モノラル成分が強すぎるために、

ボーカルが目の前から聴こえてもステレオ感が乏しく、今回はATX-30Jの存在感のあるツイーターの

おかげで、センターにあまり頼らない心地良いサウンドに変わり、トーンを大幅に下げているにも関わらず、

お客様が驚かれるぐらいに音は変わっていました。

 

 

 

トヨタ・ヤリス カーオーディオの音質アップ

2020-09-12

今日ご紹介する1台は、昨日から今の午前にかけての福岡店の作業で、トヨタのヤリスです。


なんとマニュアルミッション車です。




ディスプレイオーディオ付きのお車に、ベーシックパッケージの取付と、

ベーシック防振の施工と、ドアスピーカーの交換を行いました。


ヤリスの取付は今回が初めてで、ドア防振のポイントを探って、

ピュアコンの適性の値を探りました。

 

 


ドアのスピーカーグリルは特殊な形状で、かなり苦労してマッチングを探りました。




ピラー根元に純正ツイーターの位置がありますが、ここはデザイン的に良くても

指向性の向きが悪いのと、鉄に近かくて磁力線が曲がるので使用せず、

ダッシュ上にスタンドを使って仰角・振り角を付けて、ピュアディオブランドの

ATX-25ツイーターを取り付けました。


 

次にドアの内張を外して、インナーパネルをを外して、外板裏にベーシック防振の施工を行います。

 

 

 


後でドアスピーカーを交換しましたが、一度純正の16センチの組み合わせで鳴らしてみました。

 

 

16センチスピーカーの穴に13センチサイズのインナーバッフルを製作して、

上半分にレインガードを付けました。

 




取り付けたスピーカーはピュアディオブランドのISP-130で、

前に乗られていたお車から移設して取り付けています。

 




初めてのヤリスなのでグローブボックス下のピュアコンはあれこれと交換して、

やや下向きのグリルのヤリスの特性に合う値を探しました。





トヨタのディスプレイオーディオは最初の音がフラットとは言えず、

トレブルとミッドを上げ気味にして、少し勢いを付けて聴感上のフラットにしました。

 

 


一度はこれまでのピュアコンのパーツでマッチングを出したのですが、

後もう一歩をP出したくて、ピュアコンのブラックボックスは

ヤリスのディスプレイオーディオに合わせたチューニングの物を新たに製作しました。

 



苦労して専用チューンでマッチングを取ったので、お客様には大変喜んで頂きました。

 

 

 

 追伸
最初はCDやDVDが再生出来なかったトヨタのディスプレイオーディオですが、

ユーザーの不満が多かったという事で、オプションで助手席下にプレイヤーが付く様になっていました。

 

4連休のスケジュールのお知らせ

2020-09-12
4連休のサウンドピュアディオのスケージュールについてお知らせいたします。
 
 

19日・20日・21日は通常通り営業いたしますが、4連休の最後の22日は火曜日のため、
サウンドピュアディオ宇部店・福岡店は勝手ながらお休みさせて頂きます。
 
 
 
めったに火曜日が祝日という事はないのですが、火曜日の祝日はお休みとさせて頂いていますので、
なにとぞご理解のほどお願いいたします。
 
 
 

トヨタ RAV4 スピーカーの音質アップ

2020-09-12

今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の作業から、
トヨタのRAV4です。


 

RAV4専用のアルパインのビッグXが装着された状態で入庫となって、

ベーシックパッケージの取り付けと、ベーシック防振の施工の、

Wパッケージの作業を行いました。
 

 

 

まずドアの内張とインナーパネルを外して、外板裏の何も貼ってない部分に

防振マットと防振メタルを貼り合わせました。

 



続いてダッシュ上のツイーターを鳴らなくして、グリルの端にスタンドを使って

ピュアディオブランドのATX-30Jを取り付けます。

 



ATX-25に対して2万円+税のアップバージョンで、

最近選ばれる方が徐々に増えて来ています。
 

 

 

 

ビッグXは1度取り外して、裏からピュアディオブランドの

PSTケーブルで音信号を取り出します。

 



取り出した信号はグローブボックスの下にひいて行き、

RAV専用の値のピュアコンにつなぎます。

 

 

ただしATX-25用の値を元に、ツイーターのレンジの広い状態に合わせて、

純正ドアスピーカー用のパーツはそのままの値を使用しました。
 

 

全ての結線が終わったらビッグXのセッティングを行います。
タイムコレクションは全てゼロにして・・


 

 

複雑な調整のパナメトリックイコライザーを合わせて行きます。
 

 

 

自分の調整用CDの他にお客様が日頃お聴きのSDカードの音源も聴きます。

 

 

 


運良く自分が行った事のあるアーティストさんのライブ音源や・・
 

 

 

 

自分が実際にお会いして生の声を聞いた事のあるMISIAさんの楽曲も入っていました。

 

 

 


MISIAさんはこれまでにJFN2局とJFL2局の合計4局で

サウンドピュアディオ提供の番組を作っていて、お客様にその事をお話しして、

「本人に会って生の声を知った上でセッティングしています!」と、自信を持って答えました。
もちろん音の仕上がりには大変満足して帰られました。

  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る