本文へ移動

取付ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

続・お客様の質問にお答えして 第14話

2024-07-18
NEW
不定期のお客様の質問にお答えするは、
以前から質問が多くて過去のシリーズでもお答えした事がある
『手巻きのコイルを使うと機械巻に比べてどういう所が良いのですか?」という事にお答え致します。



まず『手巻きコイルは必要な時にその都度巻いているのですか?』というご質問には、
実は前もってあらかじめ予備巻きをしている物を用意していて、
必要が出て来たら微調整して製品化しています。



これは宇部店の2階の通路に置いている予備巻きしたコイルのストックです。



完全に製品化した物はピットの横の棚に置いていて、
1桁のマイクロ数から1000マイクロまで、かなりの数のコイルを用意していて、
どんな車が入庫して来てもピッタリのインダクタンス数に合わせて、最も生音に近い状態に合わせます。



手巻きと言っても大きい巻きは一度機械巻したコイルを
じわじわとほどきながら欲しいインダクタンス値に合わせて、思いっきり締め付けて良い音にしています。



もう一つ何も巻いていない純白のボビンに一から巻いて行くコイルは、
最近ボビンがこれまでの物よりやや大きな特注の物を作って、
これまで得られなかったインダクタンス値を得ています。



巻き置きから2個取り出したら、
小さいボビンが19マイクロで大きめのボビンは何と189マイクロ取れています。



ほんの少しボビンが大きくなった様に見えても10倍のインダクタンスが得られていて、
このインダクタンスを得るには10倍の時間がかかっています。



この10倍のインダクタンスを得たコイルはJU60用のブラックボックス内で使用されていて、
センターの軸が小さくて高いインダクタンスが得られるコイルは輸入車などの
電磁波がコイルに影響を受けるのを防止していて、この手のメーカー製のコイルが製造されなくなったので、
最近一から手巻きしたコイルを使う様になりました。



JU60用のボックスだけでもこれだけの種類がありますから、
外付けコイルとブラックボックス4連の組み合わせだと、かなりの数のパターンが選べて、
その中から最も生音に近くなるまで延々と組み合わせを変えて行っています。



つまりJU60用で4連のブラックボックスだと4個のコイルプラス後付けで2個で、
合わせて1台の車で6個のコイルを使っているという事です。



ちなみに市販のネットワークのコイルと自分が手巻きしたコイルを比べると、
線の太さと銅の純度が違って、元の音質が良いのに更にピッタリの値を探しているので、
これが低価格で良い音と言っている根源です。



巻きの多いコイルは銅線が10メートルぐらい巻く様になって、宇部店の階段を利用して、
自分の体重をかけながらじわじわ巻きながら階段を登って行きます。



そうはいっても力をかけても完全に銅線が真っ直ぐなる訳ではないので、
そういう時は巻いてほどいてを繰り返して、階段を上り下りしてクセを付けて形の良い丸で巻いて行きます。



なぜここまで努力するかというと、
良いコイルは銅線の長さが短い割に高いインダクタンス値が得られるので直流抵抗が低くなり、
締め付けが強い事で音もビシッとハリが出ます。



ただ市販のコイルの中には硬いボビンを使って無理に解像度を上げたりしている物もあり、
透明の厚いボビンのコイルは音が硬過ぎて聴き疲れするので、
テストで使用したコイルが給湯室の食器乾燥機の上のインシュレーターで使っています。



店頭に置いていたらお客様から、「これが音の良いコイルですか?」と聞かれた事があって、
見た目は確かに透明でクリーンな音がしそうですが、実はコイルから出た微弱振動が中に閉じ込められて、
それで音にストレスがかかるので使っていないのですが、「あのコイルはどこに置いたっけ?」と探したら、
ここに使われていました。



ここまでお話して、最終的にサウンドピュアディオが生音・生声を表現と言っているのは、
手間をかけて質の高いコイルを使っているのと、
そのコイルの種類の多さで最適な2・3組を見つけているからで、
本当は33年前には「うちの店はマルチアンプ方式を使うので、ネットワークの自作はしません!」と
お客様にお断りしていたのは、手を出せば物凄い手間とストックが必要になると分かっていたからで、
それでも強く「自作のネットワークで作って欲しいと!」望まれたお客様あっての
今のサウンドピュアディオの音造りです。



そのお客様の熱意に最終的に負けたのは、
「マルチアンプで良い音を出すために、B&Wの801を聴いて音を調整しても、
801がネットワーク方式なのでどうにもならないでしょう。諦めたら。」と説得されたからです。



確かにネットワーク式で出ている音に合わせようとしたら、
コイルとコンデンサーの組み合わせで出さないと出る訳がないという、今考えたら当たり前の話でした。



毎年7月になると、その時の事を思い出します。



最近の宇部店の作業

2024-07-17
今日は最近の宇部店の日々の細かな作業をご紹介します。



まずは廃バッテリー置き場は、お客様のお車から外したバッテリーが溜まって来たので、
シエンタに積んで業者に持って行きました。



一度ゼロになったのにまた週末に一台交換して・・



これから交換する予定のバッテリーが今日1個とまだ箱に入っているのが2個の合わせて3個で、
灰色のバッテリーはメモリー保持用です。



他には既にシステムが装着してあるお車のドアの内張を外して・・



3台前ぐらいのお車から移設している20年ぐらい使っているケーブルのドア部分のみを交換しています。



ツイーター部分は水がかかる事が無いので、20年以上使っても傷んでいないのですが、
ドアスピーカーのケーブルのみの交換を提案したら、ほぼ毎日1台は交換しているペースで作業をしています。



PMBやSKY3のケーブルは銅線が1本1本絶縁してあるので、
それをハンダの炉で焼き入れをしないといけないので、毎日焼き入れを行っています。



370度に熱して、純度の低い部分を表に炙り出して、すくって純度の高い部分に漬け込みます。



すくった部分はヘラで集めて右端に持って行き、純度の高い部分が残っているのを絞り出します。



これが一滴一滴しずくが重なると、まるでオブジェの様な見た目になります。



集めて横に並べて眺めてほっこりしていますが、
作業が立て込んで来るとハンダのレベルが減って来るので、炉に戻さないといけません。



先週かここから2個が炉で溶かされました。



純度の高い部分を絞った金属は、産業廃棄物となりますが、
ロシアのウクライナ侵攻以前は純度の高い部分が残っていてもそのまま捨てていて、
軍事用に持って行かれて純度の高いハンダの入手が難しくなってから再生する様になりました。



2001年の同時多発テロの後に純度の高いハンダが一時期無くなりましたが、
1年以内には元の供給に戻ったので、今回も1年ぐらいで元に戻ると思っていたのですが、
まだまだ終わりが見えず、リサイクルでハンダを大事に使わないといけない状況は続くと音っています。



鉛と錫が50対50のハンダなら今でも簡単に入手が出来ますが、
当社が使っているレベルのハンダはかなり入手が難しいグレードの高い線品です。



N-ONE スピーカーの音質アップ

2024-07-15
今日ご紹介する1台は、昨日の宇部店の完成車から、ホンダのN-ONEです。



今回は2回目の入庫で、以前ホンダ純正のナビオーディオを活かして、
ベーシックのトリプルパッケージを取り付けて頂いていたところからのグレードアップです。



これまではフロント2層の防振でリアドアは何も防振していなかった所に、
鉄板の響きを調べて響きの中心にマーキングして行き・・



その響きの周波数に合わせた材質を貼り合わせて、ベーシック防振を完了させました。



外したリアの内張は粗目を付ける下処理を行った後に、手作業で規則性の無いランダムに厚い薄いを作って、
適度にたわみを持たせる成分が入った材質を塗って行きます。



時間をかけて乾燥させると、たわみを持たせる成分が科学変化を起こして、
青白い色が茶色っぽく変色したら乾燥が完了で、一度外した吸音フェルトを内張に貼って、
ドアに組み付けたら終了で、前後共に片側2層の防振の、
音質・静粛性・断熱性がアップしたドアになりました。



ダッシュ上のツイーターは最初はATX-25を取り付けていましたが、
ダッシュにマットを装着したので、車は静かになりましたがツイーターの音も吸音気味になったので、
サイズの大きいATX-30に変更しました。



またATX-30はJU60と同サイズで設計されていて、JU60用のワイドスタンドの中に入れて、
マットをその部分を切り取って、かなり安定した取付になっています。



グローブボックス下のピュアコンはSSFを除いて交換して、ATX-25から30用に変更しています。



音を鳴らしながらピュアコンのブラックボックスとコイルの値を変えながら音を聴いて、
マットで吸音されている部分はイコライザーを上げて、聴感上でフラットになる様に調整しました。



この純正ナビは中身はケンウッド製で、音を強調する機能がいくつか入っていて、
最初はマットで吸音された部分を勢いを付けて補っていたのですが、
最終的にはピュアコンとイコライザーのい調整だけで音を合わせて行き、
最終的に強調する機能は全てオフにしました。



強調すれば簡単にレベル上のフラットにはなるのですが、音色が本来のボーカル音とズレて来て、
自分が30回以上お会いして生声が直ぐに頭にイメージ出来るアーティストさん2人の声が
きちんと聴こえるセッティングになったので、そこで音調整を終了しました。



カーオーディオの音だけでなく、遮音性と断熱性もアップした、コンパクトプレミアムと呼ぶにふさわしい、
特別な一台に仕上がりました。



ジムニーシエラ スピーカーの音質アップ 後編

2024-07-14
今日ご紹介する1台は、先日の宇部店の完成車から、スズキのジムニーシエラの後編です。



オーディオレスの2DINスペースにアルパインのディスプレイオーディオを取り付けて、
大型画面でジムニーの雰囲気は変わりました。



ドアはベーシック防振が終わって内張を元に戻して・・



ダッシュ上にスタンドを使って
適切な仰角・振り角を付けたピュアディオブランドのATX-25ツイーターを取り付けて、
フルレンジスピーカーから2WAY化しました。



グローブボックス下にはMDF板の上にピュアコンの4ピース構成の物を取り付けて、
純正の12センチスピーカーは高音域を入らない様にして中低音のみにして、
インピーダンスをやや上昇させて音に重みを持たせて純正のイメージとは変えて、
高音域はATX-25に任せて余裕を持って鳴らしています。



ジムには吸音マットの無い部分は鉄板が見えて、鉄はコイルに対してインダクタンスを上昇させるので、
近づけると巻き数が上がったのと同じ様になり、目標の値がズレるのと、値が合っても音が濁るので、
MDF板の厚みで鉄から離しています。



普通のメーカー製のネットワークは部品がケースの下に付いていて、
上がアクリルで透けて見える様にしてありますが、ピュアコンはケースの上にパーツが貼り付いていて、
その分MDFの厚みプラスで鉄から離れているので、ほぼ影響がない様にしてあります。



パーツの精度をいくら高く取っても、
ここでズレが出ては意味が無いので、1990年代からこの手法は続けています。



全ての結線が終わって音が鳴る様になったら、ディスプレイオーディオの電源を入れて、
まずは音を強調する機能と時定数を変える機能は全てオフにしてから調整に入ります。



またリアスピーカーが付いていないので、普通はフェダーを全て前に振るのですが、
アルパインのディスプレイオーディオはスイッチがあるので、そこをオフにして調整に入りました。



純正の12センチスピーカーは中音が強くて低音が弱く、
そこをピュアコンの値とイコライザーのパターンを変えてバランスを取って、
変に強調する訳ではなく、自然な音色ながら力強く聴こえるパタンを探しました。



色んな音源を使って音調整していたら、
運良くFMラジオではFMYサウンドピュアディオスタジオからの生放送の時間で、
勝手知ったる自社のネーミングのスタジオの音で、最も生音・生声に近いパターンに合わせました。



調整中にシフトを見たら今回もマニュアル車で、これで3台MT車のジムニーが続いています。



こだわりのあるジムニーシエラにこだわりのオーディオを加えて、特別な一台に仕上がりました。



ホンダ・ヴェゼル カーオーディオの音質アップ

2024-07-13
今日ご紹介する1台は、先日の福岡店の完成車から、ホンダのヴェゼルです。



オーディオレス車にカロッツェリアのサイバーナビを装着した状態で入庫となって、
プレミアムベーシックパッケージの取付と、ドアスピーカーの交換とフル防振の施工を行いました。



外板裏に防振マットと防振メタルを貼り合わせた後に、サービスホールを金属シートで塞いでいきます。



金属シートはゴムの成分を貼り合わせていない物を使用して、一枚物を貼るのではなく、
切り合わせて重なる部分を作って合成を上げて、切り口は全てシリコンを塗ると、手間のかかる作業を行って、
スカッと心地良いサウンドに仕上げています。



外した内張は一度吸音フェルトを外して、セメントコーティングを行った後に吸音フェルトを戻して、
方ドア3層のフル防振が完成します。



元々純正の16センチスピーカーが付いていた場所には13センチのバッフルを製作して、
ピュアディオブランドのZSP-LTD15を取り付けました。



13センチながらストロークが深いので低音はサイズ感を超えて出ていて、
中音の綺麗さは13センチならではのものがあります。



ダッシュにはワイドスタンドを製作して、JU60ツイーターを取り付けて、
フロント2WAYのハイエンドシステムとなりました。



グローブボックス下には比重が高くて厚いMDF板を敷いて、
その上にピュアコンの10ピース構成の物を取り付けて、10ピースならではの複雑なスロープ角を付けて、
繊細な音表現をしています。



またスピーカーケーブルはピュアディオブランドの高級タイプのSKY3を使用して、
シンプルな構成ながら極めたシステムとなっています。



全ての結線が終わって音が鳴る様になったら、
サイバーナビの音調整機能と、ピュアコンの値合わせで音を追い込んで行きます。



まずはタイムアライメントは全てゼロにして、時定数をずらす事はしません。



最初はピュアコンのツイーターの音域は広めに設定していて、
少しずつ狭くして行ってちょうど良い値を探って、
ミッドの上限周波数を決めるコイルは小さめの値から徐々に上げて行ってマッチングを探ります。



最初は高音域が足りなく感じて7カ所も上げたバンドが有ったのに、
ツイーターとミッドのレンジを徐々に狭くして行って最も生音・生声に近くなったら、
何故かイコライザーは高音域は3バンド下げた所が最もバランスが良くて、
ツイーターの音域を狭くしたのに高音が出て来るという、
ミッドの上限周波数の重なる部分を減らした事でキャンセルされる部分が減って、
それで高音質と高能率の2つを同時に得る事が出来ました。



高音だけでなく低音域も予想よりも量感が得られて、下の方の周波数では下げている部分もあり、
トータルではイコライザーは下げている部分だけで、本来の音楽に近いサウンドに仕上げる事が出来ました。



ヴェゼルのお客様は長崎県からお越し頂いいて、
遠くからサウンドピュアディオの生音・生声に近いサウンドを求めて来店して頂きました。



遠方よりのご来店ありがとうございました。



お問い合わせ
SOUNDPUREDIO 宇部店

〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712

SOUNDPUREDIO 福岡店

〒812-0053
福岡県福岡市東区箱崎7-1-6
TEL.092-260-3660
TOPへ戻る