本文へ移動

取付ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

トヨタ・プリウス スピーカーの音質アップ~後編~

2020-08-08

今日ご紹介する1台は、福岡店の先日の続きの作業から、

トヨタのプリウスです。
 

 

 

トヨタ純正の大画面ナビ付のお車に、ベーシックパッケージの取り付けと、

フロントドアにフル防振の施工と、リアドアにベーシック防振の施工を行いました。

 

 


30系のプリウスはドアに縦に楕円の大型スピーカーで、低音はかなり出るので、

プラスチックのケースに入った安いパワードのウーファーを取り付けるよりは、

ドアをフル防振した方が上質な低音を再生出来ます。

 


ダッシュのスコーカーは大型のパーツを使って上質でレンジの広い中音域を再生させて・・

 

 


純正スコーカーのグリルの手前にスタンドを使ってピュアディオブランドの

ATX-25ツイーターを取り付けます。

 


 

 

これで低音から高音までワイドレンジのフロント3WAYスピーカーとなり、

既にある4個のスピーカーを利用しているので、低コストで良い音を再生出来ます。
 

 

 

 

純正のナビオーディオから取り出した音信号はグローブボックス下に送って、

MDF板を敷いてピュアコンを取り付けて音域分けを行います。

 



スコーカー裏にパーツがついているので、実際には6ピース構成です。

 

 

 

全ての結線が終わって音が鳴る様になったら、次はナビオーディオの調整画面で音調整を行います。
 

 

まずは音を強調する機能は全てオフにして素の音にします。

 


防振なしの純正スピーカーだけのかったるい状態だと音を強調しないと物足りませんが、

既に音が整えてあるので、逆に大げさになって、本来のテイストが出せなくなります。
 

 

 

フェダーは少し前に振って、方ドア3面のフル防振をしているフロントスピーカーを重点に鳴らします。

 



イコライザーはフラットでも十分音楽は楽しめますが、自分が実際にお会いして

生声を聞いた事があるボーカリストや、PA無しの生音で楽器をの音を聴いた事のある

アーティストさんの楽曲を聴いて、あれこれとイコライザー調整を行って、

最終的に1か所1クリック動かした所でメモリーして調整を終了しました。

 


純正の6スピーカーはそのままに、ドア防振とベーシックパッケージの力で

より生音・生声に近いサウンドが再生出来る様に改善されました。

ダイハツ・ロッキー カーオーディオの音質アップ ~前編~

2020-08-07

今日ご紹介する1台は、現在の宇部店の作業から、ダイハツのロッキーです。

 

 


オーディオレスの状態で入庫となって、デッキとナビと

アンプ・スピーカーなどの取付を行っています。

 



ドアは4枚ともフル防振の状態にして、外板裏のベーシック防振の施工の後に、

サービスホールを塞ぐ防振を行って・・

 



 

ドア4枚のセメントコーティングと、Aピラーにセメントコーティングの施工を行いました。

 

 



リアのハッチは内張部分を外して格子の間に金属シートを貼り付けて、響きを抑えました。

 

 




ロッキーやライズはハッチが金属ではなくて樹脂で出来ていますね。

 

 



ドア内には以前のお車で使われていたピュアディオブランドのPMBケーブルを、

末端の焼き直しを行って、新しい24金メッキの端子を取り付けて、ドア内にはわしました。

 




ドアのアウター・スラントのバッフルは現在削りを入れていて、この後で表にレザーを貼ります。

 




ラゲッジルームには床に25センチのサブウーファー用のエンクロージャーを置いて、

その周りにアンプやチャンネルディバイダーを取り付けて行きます。

 


後は後編に続きます。

ピュアコン誕生からそろそろ28年

2020-08-06

7月にうちの娘が28歳の誕生日を迎えたので、「そろそろピュアコンが28周年を迎えるな。」

と当時の事を思い出しました。

 

 


まだその頃はマルチアンプを推奨していて、ツイーターにアンプが1台、スコーカーにアンプが1台、

ミッドにアンプが1台、更にサブウーファーにアンプが1台の、車トータルで4WAYでないと

良い音は出ないと信じていました。

 

 

 

ただ4WAYの調整はどこをどうして良いかツボが分からず、そこで導入したのB&W社の

801型スピーカーです。

 

 

 

801はデモカーのナンバーに今でも使っていますが、音の基準にしていたマトリクス801は

福岡店のハンダ付けの机の横に置いていて、作業時のBGMとして使用しています。

 

 


当時スタジオ用モニタースピーカーと言われていたマトリクス801は、

購入時にはマイナーチェンジ後のシリーズ2で、その後シリーズ3に換えて、

ユニットは新品を2回交換していまだに現役で使用しています。

 

 

 

ピュアコンを発売する前はマルチアンプシステムの調整の基準として宇部店の前の山陽小野田市の

現在の第一倉庫の場所に店舗があり、お客様も自由にマトリクス801が聴ける状態にしてありました。

 

 


ただマルチシステムをお使いのお客様はどんなに調整しても801の様な音にならず不満に思われていて、

更に関西や関東のイベントに行かれたお客様が、コイルを手作業で巻き替えたオリジナルのネットワークを

組まれたショップの車を聴かれてきて、「井川さんもコイルを巻き替えてネットワークを作ったら?」

と言われていました。

 

 


確かにネットワークを作って良い音が鳴ればお客様には喜んでもらえますが、

その反面そういう店はメーカーから販売奨励金がもらえず、

ごく一部のファンに支えられているが、裕福とは言えない生活で、

メーカーから「ああいう生活をしたくなかったら奨励金がもらえる販売をしましょう。」と、

天国と地獄みたいなものを感じて、

そういう自作ネットワークの店もそのうち消えて無くなりました。

 

 


そんな背景もあって、お客様から「コイルを巻き替えてネットワークを作ったら?」という提案に

いいとは言えませんでした。

 

 

 

ところがマルチアンプを付けておられたお客様は801のスピーカーを聴けば聴くほど不満が増して来て、

「井川さんももうコイルを巻いてネットワークを作ったら!だいたいネットワーク方式の801を

聴かせておいて、マルチアンプでこの音は出ないでしょう!もう諦めたら!」と強い口調で言われました。

 

 

 

ただ自分は、「それをやってしまうと販売奨励金がもらえなくなるから、生活が困るので・・」

と言い訳をしたら、「目の前にいい音を出すやり方が分かっているのに、それでもやらないってどういう事!

メーカーが生活させてくれているのではなくて、良い音を求めているお客がお金を払って、

それで生活が出来ているんじゃないの?」とかなり怒られました。

 

 


自分は3人目の子供が生まれて、それでメーカーの方針に逆らって販売奨励金がもらえなくなると

生活に困る訳で、でもお客様の言われる事も正しいしと、かなり迷いました。

 

 

 

当時は妻が一番下の女の子と寝ていて、自分が上の男の子二人と寝ていて、仕事中にネットワークの試作品を

作ると収入が減るので、昼間は普通に仕事をして、夜寝室で男の子を二人寝かしつけながらコイルを巻いたり

ハンダ付けをしたりしていました。

 

 


子供は珍しいからハンダ小手に近づこうとするので、「近づくと危ない!」と叱りながら寝かしつけていて、

ハンダ付けで煙が出たからか男の子二人は喉が弱かったです。

 

 

 

秋にはある程度ネットワークの形が出来た時に、ドアスピーカーが下の方に付いている車と、

上の方に付いている車で必要なコイルが違って、同じスピーカーでも中のパーツの値が違う事に

気が付きました。

 

 

 

そこで気が付いたのがミッドの上限を決めるコイルを外付けにして、音を聴きながら巻き数を変えたら、

いちいち箱を開けてハンダ付けし直す必要が無い事に気が付きました。

 

 


これは意外な発見で、これまでのマルチアンプは音が良くてネットワーク方式は劣ると言われていた、

ネットワーク方式の周波数幅を変えられないという欠点を克服しました。

 

 


さらにブラックボックスも仕様を変えた物をいくつか持っておけば、

ミッドスピーカーの取付位置が上の車はツイーターの音域を狭くして、

ミッドが思いっきり下に付いている車には音域を広くしてと工夫したら、

フロント2WAYでこんな良い音が再生出来るの?という、

これまで体験出来なかった艶のある音を聴く事が出来ました。

 

 

 

それと自分は中学・高校とアマチュア無線をしていて、限られた小遣いで遠くに電波を

届かせるために自分でちまちまとローディングコイルを巻いていて、

良いコイルがどういうものかとか、コイルがピッタリマッチングしたらどうなるかという知識があったので、

コイルの巻替えはスムーズに行きました。
 

 

 

しかしそれでも直ぐにある壁にぶち当たりました。

 

 


それは取り付ける車によって同じ音が出ず、床に防振材が厚く貼ってある車が音が良くて、

鉄板がむき出しの車は音が荒いという問題でした。

 

 


その理由は中に入っているコイルが床の鉄板の影響を受けて、まずその影響を防ぐために

ケースをひっくり返して、ケースの底ではなくて天井にコイルを貼り付ける事によって、

鉄板の影響を受けなくするという考えでした。

 

 


更に音質アップのために床に木を敷いてコイルと鉄板の距離を離して、

その木も普通の板やべニア板よりもMDF板を使った方が音が滑らかという事が分かりました。

 

 

 

最初はお客様に叱られて半分いやいやで仕方なく始めたオリジナルネットワーク作りも、

パーツのレパートリーを増やす事でどんどん音が良くなって来て、

「これを普通のオリジナルネットワークとして販売するのは、パーツのストックに

莫大なお金がかかっているので、独自の名前を付けよう!」と、

ピュアなサウンドをコントロールするという意味を込めて、『ピュアコン』と名付けました。

 

 

 

1990年代は国産のトレードインスピーカーも音にクセの無い物が多くて、

トレードインスピーカーにピュアコンプラスでとんでもない数の取付台数をこなしていて、

このままヒット商品が続くのかと思っていたら・・

 

 


1998年ぐらいから国産のトレードインスピーカーの音にクセが強くなって来て、

更にカーオーディオは量販店で簡単に短時間で取り付けられる物となって、

業界がこれまでと違う方向に向いて来ました。

 

 

 

2000年の時点ではもう国産のトレードインスピーカーにピュアコンを付けて改善しても、

逆にクセの強い所が目立って、もうトレードインプラスピュアコンという図式は崩れて、

BOSE社の市販向けの薄型トレードインスピーカーもそのうち販売が終了して、

自動車メーカー向けのスピーカーしか作らないとなって、よいよもって販売する物が無くなって来ました。

 

 


そこで2001年にピュアディオブランドのスピーカーをOEM生産して、

ZSPシリーズと純正のドアスピーカーにピュアコンとツイータープラスの

『ベーシックコース』の販売を開始しました。

 

 


ただZSPは好調に売れたものの、ベーシックコースは数か月に1台という不人気で、

発売から5年経った2006年にマイナーチェンジを行う事になりました。
 


 

マイナーチェンジの内容はある程度の車の台数を購入して、実際に走行時の音を確かめて

パッケージ開発するというもので、もう1つミッドのコイルの点で支えている部分にやすり掛けを行って、

均等に力がかかる様にして、コイルから出る微弱振動をストレスなく下に逃がして

音質アップを図るという手法を取りました。

 

 


全ての足にやすりを入れて、均等に力がかかっているか確かめるとかなり時間がかかりますが、

実車を購入して開発というのと製品の精度が上げるのを同時期に行って、

名前を『ベーシックパッケージ』に変更して、人気商品となりました。

 

 


そして昨年からはJU60用のピュアコンを3桁表記から4桁表記にして、中の精度も上げました。
 

 

 

4桁表記にするにはまず仕入れたコンデンサを全て高精度な測定を行い、

ケースの中にストックして、目標の値の物を取り出してピュアコンに組み込みます。
 

 

 

2・006マイクロのコンデンサが必要なので、1・003を二個取り出して並列接続すると

目標の2・006となりますが・・
 

 

 

実際にケースに組み込むために並べ方を変えて少し押さえると2・007と値が変わってしまします。

 

 


更にそこからハンダ付けするとまた値が変わるために、放熱クリップの数を増やして

中に熱が入らない様に工夫しています。
 

 

 

それでも4桁目で値は変わるので、ケースに組んで押されて、ハンダ付けを行った後の値を調べないと、

正確に4桁表記とはなりません。

 

 

 

これまであと一歩の音が出せなかったのは、フィルムコンデンサに力がかかると値が変わるのと、

ハンダの熱で値が変わるからで、よくあるコンデンサを熱収縮チューブで包んでハイパスフィルターとかは

問題外です。

 

 

 

JU60用に4桁シリーズを発売するより前に、ベーシックパッケージ用のピュアコンは3桁表記として、

これまで以上の精度にしていますが、周波数のレンジの狭い広いと、インピーダンスの高い低いなど

微妙に変えていて、1つのツイーターに対してこれだけの数のブラックボックスの中から

最もマッチングする物を1個選んで組み付けています。

 

 


そんなピュアコンも秋で発売から28周年ですが、28年前の8月にちょうどお客様からマルチアンプに

見切りを付けて、メーカーからの販売奨励金よりもお客さんのメリットを考えろと叱られた事を思い出して、

もしあのままマルチアンプ方式を続けていたら今どんな生活をしていたんだろう?と、

叱って頂いたお客様には今でも感謝しており、8月の今頃になるとその事をハッキリと思い出します。

 

 

 

日産キックスeパワー スピーカーの音質アップ

2020-08-05

今日ご紹介する1台は、現在の宇部店の作業から、日産のキックスeパワーです。

 

 


新型車のためにドア防振調査と、ベーシックパッケージのマッチングの調査をしながら

作業を進めて行きました。

 

 

 

まずドアの内張を外すと、フロントには防水シートに静粛性高めるためのゴってありました。
 

 

 

スピーカーはエクストレイルやセレナと同じ様な日産純正の16センチスピーカーが付いていて、

これまでベーシックで実績のあるスピーカーですから、そのまま使用する事にしました。

 

 

 

次に防水シートを剥がして、外板裏の響きを調べて、防振マットと防振メタルの貼り位置を探ります。

 

 

 

リアも同じ様に貼り位置を探り、リアドアは防水シートにゴムは貼ってありませんでした。
 

 

 

キッツクスeパワーの外板裏には既に工場装着の防振マットが貼ってあって、

その特殊な形も振動減衰に意味があるのでしょう。
 

 

 

その防振マットが貼ってない部分に、響きの種類に合わせて防振マットと防振メタルを貼り合わせて行きます。

 

 


次に純正のナビオーディオからスピーカー出力をグローブボックス下までひいて行って、借り当てで

エクストレイル用のピュアコンを取り付けて、それで一度音を鳴らしてマッチングを探る事にしました。

 

 

 

ピラー根元の純正ツイーターは鳴らない様にして、ダッシュ上にスタンドを使って、

ピュアディオブランドのATX-25ツイーターを取り付けて、純正よりも存在感があって

艶のある音を再生させます。

 

 


全ての結線が出来て音が鳴る様になったら、ピュアコンのパーツの値を少しづつ変えて、

音が整ってきたところで日産純正ナビのイコライザー調整を行いました。

 

 


中身はパナソニック製で、調整画面で音がいいと感じても、一度ユーザー登録した後に再生画面に戻って、

そこで音を確認した後に調整画面の時と差があったらまたイコライザー調整してを繰り返して、

生音・生声に最も近いパターンを探しました。
 

 

 

一度ベーシックパッケージプラスベーシック防振で完成して、音を聴いた後にお客様に電話を差し上げて、

内張のプラスチックがポコポコ鳴っているという事を電話越しにお伝えして、追加でセメントコーティングの

施工をさせて頂く事になりました。

 

 


内張り表と細かいパーツ部分をマスキングして、プラスチックの表面の粗目を付ける施工を行って、

意図的にランダムに厚い薄いを作りながら塗って行って、セメントコーティングが完成しました。

 

 

 

キックスeパワーはノートeパワーに比べるとかなり静かに出来ているのですが、

中音域のノイズがかなり取れているのに対して、物凄く高い周波数や低い周波数の

ロードノイズやこもり音が気になり、このセメントコーティングを加える事で、

そのネガティブな部分が改善出来て、オーディオの音以外に車の静粛性が上がり、

ドアの開け閉めでも高級感がかなり増しました。

 

 

 

全車オーディオレスで全車eパワーという思い切ったモデル構成のために、

カーオーディオファンの方には気になる1台の様ですが、最初の1台の開発が終わり、

かなり良い結果が出せた事をご報告いたします。

 

 

 

またキックスeパワーのお客様にはパッケージ開発のために長期間お車を預けて頂きまして、

大変感謝しております。

 

 

 

トヨタ・プリウス スピーカーの音質アップ 前編

2020-08-03

今日ご紹介する1台は、現在の福岡店の作業から、トヨタのプリウスです。
 

 

 

トヨタ純正の大画面ナビオーディオを装着した状態で入庫となって、ベーシックパッケージの取付と、

ドア防振の施工を行っています。
 

 

 

プリウスのお客様は隣の熊本県からお越し頂いています。
 

 

 

まずは前後のドアの内張を外して、ベーシック防振の施工を行いました。
 

 

 

車輛に最初から付いている防振材と、後から取り付ける防振マットと防振メタルの共振点の違いを利用して、

ドアが重たくならない割に最高の減衰が起きる様にして、ブチルゴムの使う量を最小限に減らして、

ブーミーな音ではなく、スカッとした小気味良いサウンドを奏でる様にしています。
 

 

 

外した内張は細かい部分をマスキングして、ツルツルの表面に粗目を付ける下処理を施して・・
 

 

 

意図的にランダムに厚い薄いを作くりながらセメントコーティングを塗って行って、

ドアが重たくならない割に高い防振効果が得られる様にしています。
 

 

 

セメントコーティングを最初に考案した時は、試作段階では均等な厚さで塗っていて、

「ドアが重たい割に振動が消えないな?」と思って一度剥がして、次に凹凸を付けたら

重さが軽くなったのに振動が消えやすくなって、綺麗に均等に塗った方が音質的には不利という、

見た目と音質の逆転効果が起こった事を思い出します。

 

 


プリウスはダッシュに中高音を鳴らすスコーカーが付いていて、これを使って中音のみの再生にして、

後付けのツイーターとドアスピーカーでフロント3WAY構成とします。
 

 

 

スコーカーの低音域をカットするコンデンサが貧弱なので、大型物に交換して、

更に周波数レンジも少し下の方に広げています。
 

 

 

トレードインスピーカーの純正のスピーカーケーブルの末端から音信号を取り出すのと違って、

ベーシックパッケージではナビオーディオの真裏からピュアディオブランドのPSTケーブルで

音をひいて来て、低ロスで音信号を送っています。
 

 

 

後は後編に続きます。

 

 

 

  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る