本文へ移動

取付ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

エクリプスクロス 三菱パワーサウンド車の音質アップ その2

2021-09-17
NEW
今日ご紹介する1台は、現在の宇部店の作業から、三菱のエクリプスクロスPHEVです。



三菱純正のパワーサウンドシステムのプレミアムサウンド車にベーシックパッケージとドア防振の施工を
行っていたお車のシステムアップの続きです。



ダッシュに付いている純正のスコーカーで中高音を鳴らしていたのを、ピュアコンで高音だけ独立させて、
ATX-30Jツイーターを取り付けていたところから・・



ワイドスタンドを製作してJU60ツイーターに交換しました。



ドアの三菱純正のパワーサウンド専用のシルバーコーンのウーファーは・・



インナー取付でピュアディオブランドのZSP-LTDを取り付けて、中音の下の方から低音域を
鳴らしています。



JU60とLTD15の間に薄い音域が存在しているので、
純正のスコーカーを僅かに鳴らして3WAYとして全音域をカバーしていて、
ピュアコンのパーツの組み合わせで音域とインピーダンスとレベルを調整しています。



それとスピーカーケーブルは、ピュアコンへの入出力の6本をピュアディオブランドのSKY-3に
交換してあります。



ある程度ピュアコンで音を追い込んだら、純正のディスプレイオーディオの音調整を行います。


イコライザーと書いてありますが、実際にはパターンがパッケージになっていて、
フラットで3トーンの調整で、口径を16センチから13センチに下げてもまだ十分に低音が鳴っていて、
バスを1クリック下げてバランスを取りました。


プレミDIAという音を強調する機能が付いていて、オフにするとやや勢いが足らなくて、
ローレベルでかければ強調され過ぎてと、どちらにするかかなり迷っています。


純正の状態に比べればかなり良くなっていますが、スコーカーを今のまま使うのか、
もし交換して合うサイズがあるのか、またそのスコーカーの方が生音に近づくのか、これから試してみます。



トヨタ・エスクァィア スピーカーの音質アップ

2021-09-16
今日ご紹介する1台は、先日の宇部店の作業から、トヨタのエスクァィアです。



トヨタ純正の大画面ナビオーディオを装着した状態で入庫となって、ベーシックパッケージの取り付けと、
ベーシック防振の施工の、Wパッケージの作業を行いました。



まずはドアの内張と防水シートを外して、何も貼ってない外板裏に防振マットと防振メタルを貼り付けて、
内張を元に戻せばドアの作業は完了です。



次にダッシュの上にスタンドを使って適切な仰角・振り角を付けた、
ピュアディオブランドのATX‐30Jを取り付けて、フロント2WAYスピーカーとします。



グローブボックス下には比重の高いMDF板を敷いて、ピュアコンのブラックボックスとコイルを
取り付けます。



純正ナビは一度取り外して、裏から音信号を直接取り出して、ピュアディオブランドのPSTケーブルで
各部に送って行きます。



このダイレクトな取り出しと、PSTケーブルの質感で、一般的なトレードイン取り付けとは
かなりクオリティーの高い伝送を行う事が出来ます。



今回エスクァィアで使用したコイルは、ドアスピーカーの位置が低いために、
かなり巻き数の少ない物を使用して、何もない空のボビンに一から巻き上げて行きます。



強く締め上げると樹脂のボビンと銅線がこすれて、キリキリと音がします。



同じ長さの銅線を巻いても、巻き方が密でないと得られるインダクタンスが少なくなり、
最低限の銅線の長さで高いインダクタンスが得られるコイルが良い音につながります。



特に上から下に降りて、下から上にまた上がる時に、ターンする時のターンの上手い下手が音の決め手で、
水泳もコイルもターンが勝負の決め手です。



最後の方ではリード線を短くして、エナメルにやすりを入れて導通させて、測定しながらエスクアィアに
ピッタリの値に合わせます。



半周ごとで固定出来ますが、本当にピッタリの値に合わせるために途中に刻みを入れて、
欲しい値になった所でパッケージ化します。



音はピュアコンで細かく調整して、それでも追えない所はナビのイコライザーで細かく調整して、
生音・生声に近いポイントに合わせました。



お客様のSDカードの中には自分がこれまで5回お目にかかって、生の声を聞いた事のある
女性ボーカリストの方の楽曲が入っていて、ご本人にお会いした時のイメージで調整しました。



これまで数十人のボーカリストと、数十人の演奏家の方にラジオの番組制作を通じてお会いして、
毎回の様に生音・生声と表現していますが、簡単なシステムでもそのシステムで精一杯生に近い音を
表現しています。



レヴォーグ アイサイトX車の音質アップ

2021-09-15
今日ご紹介する1台は、先日の宇部店の作業から、スバルの新型レヴォーグです。



縦に長いディスプレイが付いているアイサイトXが装着されているお車に、
ベーシックパッケージの取付と、ベーシック防振の施工の、Wパッケージの作業を行いました。



まずはドアの内張と防水シートを外して、外板裏に防振マットと防振メタルを貼り合わせます。



防水シートと内張りを元に戻せば、ドアの作業は完了です。



この時点で外板裏の残響が減っているので、ドアの開閉音が入庫時と変わって高級感が増しています。



ベーシックパッケージなのでドアの16センチスピーカーはそのまま使用して、
純正ではダッシュのツイーターの下限周波数がゆるく落としてあるのを・・



ピュアディオブランドのATX-25ツイーターを取り付けて、純正の倍のスロープで中音域を落として、
ツイーターの適切な向きも合わさって、上質な高音を再生させます。



グローブボックス下に取り付けたピュアコンでは、純正状態ではアンプからストレートに繋がって、
何の制御もしていないドアスピーカーを、こもってしまう高音域をカットして、ゆるい低音域を
インピーダンスをやや上昇させて重みを付けて、ドアの防振の効果と合わせて純正の鳴りとは大幅に表現力を
アップさせています。



全ての結線が終わったら純正オーディオの音調整機能を動かして音を整えます。



バランス・フェーダーの他にボーカルイメージコントロールとバーチャルイメージエンハンサーが
入っています。



イコライザーは低・中・高の3バンドで、純正のオーディオは普通高音が弱くて低音が強いのですが、
レヴォーグのアイサイトX車は逆の音の傾向があります。



音調整の時にハンドルリモコンを使って音量と選曲を操作していたら、タコメータの下に表示が出て来ました。



これは輸入車みたいで走行中には便利ですね。



アイサイトX車のディスプレイオーディオはかなり音に強いクセが付いていますが、
1台目の車両でかなり時間をかけてピュアコンの値を探り出しているので、2台目以降は半分以下の時間で
スムーズに調整は進みました。



アイサイトXで快適な新型レヴォーグが、音質と静粛性をアップさせて、更に快適なレヴォーグへと
進化しました。



エクリプスクロス 三菱パワーサウンドシステムの音質アップ その1

2021-09-13
今日ご紹介する1台は、現在の宇部店の作業から、三菱のエクリプスクロスPHEVです。



山口県の隣の島根県からお越し頂いています。



三菱パワーサウンドシステムが装着されているお車に、ベーシックパッケージの取付と
ドア防振の施工を行っていたところからのシステムアップでお預かりしています。



最近複数件三菱パワーサウンドシステム車についてのお問い合わせがあったので、
ここで詳しく説明させて頂くと、標準の16センチスピーカーのお車と比べると、
ドアスピーカーはシルバーコーンの特別な物を使用しています。



スピーカーの違いだけでなく、ドアには帯域制限をかけた専用アンプから低音と中低音域のみが
送られて来ています。



ダッシュには中高音を鳴らすスコーカーが付いていて、ここにも車輛アンプから帯域制限をした音が
送られて来ています。



その帯域制限は普通の2WAYスピーカーのレンジ幅と極端に違うために、そのままスピーカー交換は
出来ません。



仮にしたとすればかなり間抜けな音になります。



サウンドピュアディオではピュアコンを使って帯域制限されている音信号を制御して、
フロント2WAYの音信号をピュアディオブランドのツイーターを加えて、フロント3WAY化して
音質をアップさせています。



ドアにの外板裏には複数の防振材を貼り合わせて、ドアが重たくならない割に強い防振効果を得ているのと、
使うブチルゴムの量を最小限に抑えているので、鈍くない小気味よいサウンドで鳴る様にしています。



純正のオーディオコントロールはサウンドナビほどではありませんが、三菱独自の調整機能が入っています。



以前からお問い合わせが多いのが、三菱パワーサウンドシステムの
スピーカーが交換出来るかという事ですが、今回1週間お預かりしてその適合を調べて、
お客様のご希望に添えればZSP-LTD15に交換する予定です。



まずは宇部店のEV車の標準充電システムでフルチャージを行って、こらから作業に入ります。


ベンツAクラスAMG カーオーディオの音質アップ その2

2021-09-12
今日ご紹介する1台は、現在の福岡店の作業から、ベンツのAクラスAMGの続きです。



前後のドア内の防振作業を行って・・



内張のドアポケット内に防振メタルを貼り付けています。



納車時に何か材質がポケット内に貼ってあったという事は、ここの響きは耳に付くという事ですね。



今回は音質が良くて静粛性の高いAMGを目指して、ラゲッジ下・リアシート下・フロントシート下と
足元に防振材を貼り詰めて、ロードノイズの進入を防いでいます。



前後のドアのインナープレートにはブチルゴムを含まない金属シートを貼って、音質と静粛性を高めています。



柔らかいゴム・固いゴム・柔らかい金属・固い金属など、その場所に合わせて細かく材質を使い分けています。



スピーカーケーブルは宇部店で末端に焼き入れを行った、ピュアディオブランドのSKY-3ケーブルを
これから引きます。



リアのアンダーには小型のウーファーが付いていますが、これは外部アンプを加えてパワーアップして、
25センチウーファーをエンクロージャーを組んで鳴らします。



かなり本格的なシステムなので、10日以上の納期がかかります。



(これより先はその3に続く)



  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る