本文へ移動

取付ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ゴルフ・ヴァリアント カーオーディオ の音質アップ

2019-11-14

 
今日ご紹介する1台は、先日の宇部店の作業から、
フォルクスワーゲンのゴルフ・ヴァリアントです。
 

 
 
 
 
純正のナビオーディオをを活かして、フロントスピーカーの取り付けと、
ドア防振の作業などを行いました。
 

 
 
 
 
まずドアの内張とインナーパネルを外して、
外板裏にベーシック防振の施工を行います。
 

 
 
 
 
外した内張にはセメントコーティングを施して、
内張に付帯する鈍い響きを抑えます。
 

 
 
 
 
 
ドアの表面にはアウター・スラントのバッフルを製作して、
前に乗られていたお車から移設して来たピュアディオブランドのZSPーMIDを取り付けました。
 

 
 
 
 
 
リアドアの内張も外して、静粛性アップのために
ベーシック防振とセメントコーティングの施工を行います。
 
 
 
 
 
更にリアハッチの内張と、Aピラーの内張にもセメントコーティングを行って、
静粛性の高いゴルフ・ヴァリアントとなりました。
 
 
 
 
 
 
ダッシュにはワイドスタンドを製作して、
青いアルミドームのB&WのATXー40を取り付けています。
 

 
 
このツイーターはもう10数年使われていますが、あまり直射日光に当てていないからか
コンディションが良くて、良い音を奏でてくれています。
 
 
 
フロントの中高音はグローブボックス下に取り付けたピュアコンで分配して、
以前のお車とドアスピーカーの位置が微妙に違うので、
黒いコイルを交換して現在の車に音を合わせます。
 

 
 
そしてスピーカーケーブルは青い色の高級ケーブル・SKYー3を使用しています。
 
 
 
全ての結線が終わって音が鳴ると、
ZSPが10年以上使ってストローク幅が増えているので、
通常はフラットで使う3トーンをバスを下げてバランスを取り、
スタジオ的な素晴らしい音になりました。
 

 
 
 
スピーカーはもう3台に渡って移設し続けられていて、
カーオーディオは条件さえ合えば移設し続けられるので、便利な趣味だと思います。
 
 
今回のゴルフ・バリアントではユニットの出費がない分、
防振にしっかりと予算を使って頂きました。

マツダ CX-5 スピーカーの音質アップ

2019-11-13

今日ご紹介する1台は、先日の福岡店の作業から、マツダのCXー5です。

 


 

 

全車マツダコネクトとなった現行モデルに、ベーシックパッケージの取り付けと、

前後ドアのベーシック防振のトリプルパッケージの作業を行いました。
 

 

 

 

まずはフロントドアとリアドアの内張とインナーパネルを取り外して、

外板裏に防振メタルと防振マットを貼り合わせます。





 

 

その後インナーパネルと内張組み付けたらドアの作業は完了です。

 


 

 

次にマツダコネクトのアンプ部からピュアディオブランドのPSTケーブルで音信号を取り出します。

 



 

ノーマルのケーブルに対してかなり太くなっているのがお分かり頂けると思います。
 

 

 

ケーブルはグローブボックス下に送り、オプション1品を加えた6ピース構成のピュアコンで、

ドアスピーカーと後付けツイーターに音域幅とインピーダンスを調整して送ります。

 


 

 

ツイーターはアップグレードのATXー30を取り付けて、より音域が広くて

存在感のある高音を再生させています。

 

 

 

 

最後にマツダコネクトのセッティング機能をほんの少し動かして、音を整えたら完成です。

 

 



ATXー30は音域の広さでドアスピーカーが純正でも表現力がアップして、

オプションのSSFの装着もあり、驚くほどクリアーでレスポンスの良いサウンドに仕上がりました。

アルファード JBLサウンド車の音質アップ

2019-11-11

今日ご紹介する1台は、昨日の宇部店の作業から、
トヨタのアルファードです。
 
 
 
 
 
工場装着の大画面ナビオーディオ付きのお車で、スピーカーグルルの横に
JBLのマークが付いたJBLのプレミアムサンドの仕様で、
ベーシックパッケージの取り付けと、
ベーシック防振とセメントコーティングの施工の、
トリプルパッケージの作業を行いました。
 
 
 
 
 
まずドアの内張を外して、外板裏に防振メタルと防振マットを貼り合わせます。
 

 
 
 
 
ドアスピーカーには車両アンプから低音のみが送られて来ていて、
楕円の縦の寸法は可動部分で23センチありました。
 
 
 
 
 
外した内張には下処理を行った後にセメントコーティングの施工を行って、
プラスチックの鈍い響きを抑えた後にドアに組み付けました。
 

 
 
 
 
実はこのアルファードのお客様は広島県でも岡山との県境付近からお越し頂いていて、
宇部店ならでは設備で、日帰りでセメントコーティングまでの施工を行っています。
 
 
 
 
 
ダッシュの上には中音と高音を鳴らすスコーカーが付いていて、
ここは中高音のみが車両アンプから送られて来ています。
 
 
 
スコーカーにピュアディオブランドのPSTケーブルを取り付けて、
ピュアコンからの高音を削った信号を送って来ます。
 
 
 
高音はダッシュにスタンドを使って
取り付けたピュアディオブランドのATXー30で鳴らします。
 

 
 
ATXー30は標準仕様のオーディオとプレミアムサウンド用の
2種類のボイスコイルのモデルを用意していて、
現在プレミアムサウンド車にはアップグレードのATXー30お勧めしています。
 
 
純正スコーカーとATXー30の音域分けはグローブボックスに
取り付けたピュアコンで行います。
 

 
低いインピーダンスに合わせた専用モデルで、
小さなコイルは一から手作業で巻き上げています。
 
 
 
ATXー30とピュアコンの効果でスピーカーとスピーカーの間に
音が浮かぶステレオ効果が強くなり、
センタースピーカーから出ているモノラル成分が強すぎるので、
アッテネーター回路を入れてレベルを適正化しました。
 
 
 
 
 
全ての組み立てが終わったら様々な音源を聴いて、
音の確認を行います。
 

 
 
これまでにアルファード・ヴェルファイアのJBLサウンド車で
同じ組み合わせのシステムを取り付けているので、
手順書通りに作業を進めれば3トーンがフラットで最も音のバランスが良くなります。
 
トリプルパッケージの装着でJBLサウンド車は見違える様な
クリアーなサウンドに変わりました!
 
 
車両アンプのインピーダンスが特殊で、帯域制限がかかっているプレミアムサンド車は
通常は後付けの商品が付けられませんが(付けてもバランスが取れない)、
サウンドピュアディオのプレミアムサウンド車専用のベーシックパッケージは、
プレミアムサウンドの音質を改善する、特殊インピーダンス対応製品です。

CXー3 ボーズサウンド車の音質アップ

2019-11-10
今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の作業から、
マツダのCXー3です。
 
 
 
 
 
スピーカーグリルの横にBOSEのマークの付いているプレミアムサウンド車で、
以前にベーシックパッケージの取り付けと、ドア防振の施工をして頂いていました。
 

 
 
 
 
 
ツイーターはピュアディオブランドのATXー25で、
純正ツイーターのグリルはデミオのベースグレード用の
パネルに交換してある定番の組み合わせです。
 

 
 
 
 
 
今回はATXー30をワイドスタンドを使った取り付けを行うために、
木をくり抜いてスタンドのベースを作って、
床の形状に合わせてパテ形成して行きます。
 

 
 
ここから表面を削って滑らかにして、植毛塗装を行う作業があり、
1日で仕上げる事は出来ません。
 
 
 
実はCXー3のお客様は鹿児島県からお越し頂いていて、
作業の希望が日帰りを希望されていたので、1度ダッシュの型取りを行って、
シンプルスタンドでATXー30を取り付けた後に。
後日来店されたらワイドスタンドが完成していて取り付けるというスケジュールで作業を行う事となりました。
 

 
 
 
 
ワイドスタンドの形取りが終わってATXー30をシンプルスタンドで取り付けて・・
 

 
 
 
 
ピュアコンの値を交換して特性をATXー25からATXー30へ変えて行きます。
 

 
 
 
 
バス・トレブルとフェダーを少し動かして音を整えます。
 
 
 
 
 
 
自分の調整用CDの他にお客様の音源も聴きながら音を確認していたら、
渡辺美里さんの楽曲が最初に出て来ました。
 

 
 
渡辺美里さんは以前『サウンドピュアディオ・プレゼンツ ドライビング・トーンズ』に
出演して頂いていて、その時にご本人の生の声を聞いているので、
それを意識されていたのかな?と思いながら音調整を行っていました。
 
 
ピュアコンのパーツはあれこれと交換して、
最も生声に近い組み合わせにしてセッティングを終了しました。

スズキ・ワゴンR カーオーディオの音質アップ

2019-11-09
今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の作業から、
スズキのワゴンRです。
 
 

 
 
 
スズキ純正の大画面ナビオーディオを装着した状態で入庫となって、
以前乗られていたお車からスピーカーを移設して取付けました。
 

 
 
 
 
ドアの純正の16センチスピーカーを取り外して、
インナー取付でJBLのP560の13センチミッドを取付けました。
 

 
 
 
 
ドアの外板裏にはベーシック防振の施工を行っています。
 

 
 
 
 
 
ツイーターはミッドに対してクラスが上の508GTIの物を取付けていて、
一時期Pシリーズのミッドに508のツイーターという組み合わせが流行って、
内蔵アンプで軽く鳴らせながら、それでいて高音はきめ細かく表現出来ると好評でした。
 

 
 
ユニットのみを数百単位で仕入れられるピュアディオならではの組合せで、
単品とセット物の分割販売で確か570セットぐらいを販売したと思います。
 
現在はJBLは508もPシリーズも生産していないので、今では出来ない組合せです。
 
 
もう一つ今では生産されていないのがJBLの20センチウーファーで、
最初のベーシックウーファーパッケージは
主に軽自動車向けに20センチの小型エンクロージャーで組まれていました。
 

 
 
軽自動車から軽自動車への移設で、スッキリとラゲッジに収まっています。
 
 
ウーファーを鳴らしているのはシート下に取付けたJBLのモノラルアンプで、
価格の割にしっかりしたパワーと作りで、これもかなり人気がある商品です。
 

 
 
 
フロントのツイーターとミッドの音域とインピーダンスを調整しているのは
グローブボックス下のピュアコンで、
8ピース構成の物でフロントスピーカーとリアのウーファーとの音のつながりも調整しています。
 

 
 
 
 
全ての組み立てが終わったらナビ側のセッティング画面で音調整を行い、
まずは全てのスピーカーのディレイを全てゼロにして、
ミッドとウーファーが重なった部分を少し下げて、音を整えたら完成です。
 
 
 
 
 
最後の最後にダッシュの軽くて鳴きが出る部分に防振メタルを貼り合わせて、
何となくもやもやしていた部分が無くなり、スピーカーとスピーカーの間にステレオ効果で
ハッキリと音が浮かび上がる様になりました。
 

 
 
 
軽自動車ながらスケール感のある素晴らしいサウンドに仕上がりました!
  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る