本文へ移動

取付ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

トヨタ・ヴィッツ カーオーディオの音質アップ

2021-09-06
今日ご紹介する1台は、昨日の宇部店の完成車から、トヨタのヴィッツです。



トヨタ純正の大画面ナビオーディオを装着した状態で入庫となって、
2019年にベーシックのWパッケージの取付をして頂いていました。



2020年はその状態でお聴き頂いていたのですが、今年になってから数回グレードアップの作業で
入庫されて、昨日ハイエンドのフロント2WAYシステムが完成しました。



まずは2019年に取り付けて頂いていたベーシックのアップグレードのATX-30ツイーターを
取り外して・・



ワイドスタンドを製作して、JU60ツイーターを取り付けました。



ドアはフロントのみのベーシック防振だったところから、リアドアにもベーシック防振の施工を加えて・・



前後のドアの内張にセメントコーティングの施工を行いました。



更にフロントドアにはサービスホールを金属シートで塞ぐ防振を加えて、
インナー取付でピュアディオブランドのZSP-LTD15を取り付けました。



一度はインナー取付で満足されていたのですが、やはり究極はアウターバッフルになるので・・



アウター・スラントのバッフルを製作して、これまで表現出来なかった濃い中音域が再生出来る様になり、
低音域も今まで出来らなかった音域まできちんと表現出来る様になりました。



最初は4ピース構成だったグローブボックス下のピュアコンも、
ブラックボックスが4連の合計10ピース構成のピュアコンに変えました。



インナー取付とアウター取付ではミッドの上限周波数を決めるコイルの巻き数が変わって来て、
今付いている物以外に4種類のコイルを聴き比べて、最も生音・生声に近い値を選びました。



最後に純正ナビのイコライザーを2カ所0・5デジベルづつ動かして、音と整えたら完成です。



現在コロナ禍で好きなボーカリストのコンサートにも行けず、スピーカーのグレードアップや防振の追加で、
カーオーディオを使って好きな音楽を聴きたい時に浴びる事が出来る様になりました。



本来ピュアディオのカーオーディオは、コンサートに向かう道中に気分を盛り上げて、
帰りにさっき聴いた音を思い出しながら帰るというための正確な音色ですが、
家の環境であまり大きい音で音楽を聴けない方には、ピッタリのシステムだと思います。



スズキ・スイフト カーオーディオの音質アップ

2021-09-05
今日ご紹介する1台は、現在の福岡店の作業から、スズキのスイフトです。



オーディオレス車にナカミチのCD-700KKを取り付けて、フルシステムの取付を行っているお車です。



フロントドアは片側3層のフル防振の施工を行って、ドアにはアウター・スラントのバッフルを製しています。



ユニットはピュアディオブランドのZSP-MIDで、ぱっと見は同じですがこのモデルには
タイプ1・タイプ2・タイプ3が存在していて、これはケブラーコーンの色が少し薄いタイプ3です。



ツイーターはJBLの508GTI用のモデルで、2台前のお車から移設され続けておられます。



助手席下にはナカミチの4CHアンプを取り付けていて、デッキのRCA出力を運転席下に付けている
ピュアディオチューンのチャンネルディバイダーでフロント用の中高音とウーファー用の低音に分離して、
ウーファー用の低音はミックスモノラルにして、25センチウーファーを鳴らします。



ウーファーはシルバーコーンでPマーク付きの限定モデルで、フロントのタイプ3のミッドも
どちらも少量生産の希少モデルです。



最初にこのウーファーの規格を決める時に、製造工場からは「ここまで表面を固くすると、
インクの乗りが悪くなります。」と言われていましたが、「この固さでお願いします。」と言った結果、
この薄いインクの乗りとなり、逆にそこがアピールポイントになっていました。



エンクロージャーの上には頑丈なグリルを取り付けて、荷物の出し入れでもウーファーが
痛まない様にしてあります。



グローブボックス下にはMDF板を敷いて、合計8ピース構成のピュアコンを取り付けています。



ピュアコンは10ピース構成がフルになりますが、チャンネルディバイダーが入っている場合は
8ピースが最高となります。



随所に限定モデルが入っていて、コンパクトカーの室内を有効に使った極めてシステムになっています。



アウディA3 スピーカーの音質アップ

2021-09-04
今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の完成車から、アウディのA3です。

 

 


エンジンをかけたらディスプレイがアップして来るタイプのナビオーディオが付いたお車に、

ベーシックパッケージの取付と、ベーシック防振の施工の、Wパッケージの作業を行いました。

 

 


まずはドアの内張を外して、スピーカーとインナーパネルも外して、外板裏に防振マットと防振メタルを

貼り合わせます。

 

 


A3の内張は吸音フェルトが貼ってなくて、中間にスコーカーを取り付ける穴が空いていたので、

ベーシック防振でロードノイズの進入を防いで、更にドア側のスコーカーの穴に金属シートを貼り付けて、

ノイズの進入を防ぎました。

 

 


この年式のA3はグローブボックス内にプレイヤーが付いていて、その後ろにアンプが付いているので、

そこから音信号を取り出します。

 

 


いつも狭い所で信号の取り出しを行っていますが、今回はグローブボックス全体を分解して、

うらから音信号を取り出して、ピュアディオブランドのPSTケーブルに接続しました。

 

 


ベーシックパッケージはドアスピーカーはそのまま使用して、ピラー根元のツイーター位置は使わず、

スタンドを使って適切な仰角・振り角を付けて、ピュアディオブランドのATX-25ツイーターを

取り付けて、上質な2WAYスピーカーに変えます。

 

 


これまでアウディA3は何台か入庫していますが、本体の特性の違いに合わせて、

ピュアコンの値を微妙に変えて、生音・生声に近い方向に持って行きます。

 

 


純正ディスプレイに表示される内容は自分のアウディと同じ内容で、

慣れた手つきでスイスイと調整を行いました。

 

 


ノーマルの状態に比べたらかなり低音はアップしていて、フロントドアは防振がしてあるので、

音が締まっているので、フェダーをやや前に振って、トータルで量感とクオリティーのバランスの良い所で

セッティングを終了しました。

 

 


輸入車を日常使いをしているのと、多くのボーカリストの生の声を知っているからこそ出来る、

オンリーワンのサウンドが完成しました。


 

VWゴルフⅦ サブウーファー取り付け

2021-09-03
今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の作業から、フォルクスワーゲンのゴルフⅦです。



異形パネルの専用ナビオーディオ付きのお車に、ベーシックパッケージの取り付けと、
ベーシック防振の施工の、Wパッケージの作業を行わせて頂いていました。



ツイーターはピュアディオブランドのアップグレードのATX‐30Jを取り付けて・・



ドアには外板裏とインナーパネルとドアポケット内の3か所に分散して、
防振マットと防振メタルを貼り付けています。



今回はシステムアップでラゲッジルームに25センチウーファー用のエンクロージャーを組み付けて、
ピュアディオブランドのISP‐W25で、発売当初は納期がかかってご迷惑をおかけいたしましたが、
最近は潤沢に製品が仕上がっているので、ほぼ即納で取り付けする事が出来ます。



シルバーのアルミコーンのウーファーでは値段が高くて手が出せなくて、
かといってJBLの薄型ウーファーでは物足りないと言われる方にピッタリのグレードで、
人気商品となっています。



ウーファーの上には頑丈なグリルを製作して、荷物の出し入れでエンクロージャーの上に物が当たっても
大丈夫な造りになっています。



JBLのモノラルのパワーアンプを助手席下に取り付けて、25センチの大型マグネットのウーファーを
鳴らすのに十分なパワーを得ます。



右と左をミックス鳴らす方法は、自分は心臓マッサージで右手と左手を合わせて押すみたいな感じを
イメージしています。



フロントのドアスピーカーを鳴らしているピュアコンは、ウーファーが加わった事で若干パーツの値を変えて
対応します。



前回の取り付けでゴルフⅦにATX‐30Jを付けるのは初めてだったので、
多くのピュアコンを交換して鳴らして、最も生音・生声に近くなる値を選んでいました。



今回は25センチウーファーを加えて最もバランスの良い組み合わせを選んでいます。



最後にバス・ミッド・トレブルの3トーンを動かして、音のバランスを取ります。



フロントスピーカーの下限と、ウーファーの上限をピュアコンのパーツと
モノラルアンプの調整で合わせていますが、それでも若干重なって聴こえるので、
バスをマイナス1にしてバランスを取った時が一番音が生き生きとして聴こえたので、
これで調整を終了しました。



パワフルさとクオリティーの絶妙なバランスが取れたゴルフⅦが完成しました。



新・お客様の質問にお答えして 第9話

2021-09-02
『新・お客様の質問にお答えして』も第9話となりました。



今日は初心者のお客様の疑問で多い、「なぜ棚にあんなに多くの種類のコイルが必要なのですか?」
という質問と・・



それに関連した質問で、「多くのボーカリストの方に会われて、生の声を知っているから、
それぞれの人の声が最も良く聴こえる様に合わせてもらえるんですよね。」と聞かれた事もあります。



過去には、「自分はセリーヌ・ディオンしか聴かないので、そこだけ良い音で聴ける様にして下さい。」
と言われた事もありますが、この棚の多くのコイルは『特定のボーカリストに合わせる』ための物ではなくて、
全てのボーカルや楽器の音が本来の音で鳴る様にするために、あるポイントを狙うための数なのです。



そのあるポイントとは、レコーディングスタジオや放送局のスピーカーは
どこかに偏った音造りは出来ず、ピアノの調律の様に正しい音色に合わせて、
全ての音楽ジャンルがきちんと鳴るという大前提の元に成り立っています。



自分が26歳の時に宇部市からFM山口がある山口市まで車で移動していて、
車用のCDプレイヤーで国産の2WAYスピーカーでその日かける予定の楽曲を聴きながら移動していました。



しかし何かがおかしい? 明らかにスポイルしてある音域と、明らかに強調している音域があって、
それをイコライザーでレベルを動かすと今度は音色が変わって聴こえて、
局のスタジオのモニタースピーカーで聴くときちんと聴こえるのは当たり前で、
それどころかCDプレイヤーの頭出しで短時間聴く10センチのフルレンジスピーカーでも
ボーカルはきちんと聴こえて、その時に「カーオーディオの音ってなんでこんなにズレているんだろう?」と、
スタジオからの帰りの車の中では音楽を聴くのが楽しくありませんでした。



1987年の初めには音楽番組を製作する事が無くなって、カーオーディオの販売・取付に
専念する様になったのですが、どうしても一般的なカーオーディオの音ではなくて、
スタジオ用のスピーカーの様なクセの無い音を追い求める様になって、
またそういう音が好きなお客様が自然と集まって来て、他とは違うカーオーディオのお店になっていました。



あれこれ試行錯誤しているうちに、30年まえにメーカー製のパッシブネットワークのコイルは
ほとんどが多めに巻いてあるものばかりで、高音と低音が強調された当時はドンシャリと呼ばれた物で、
そのコイルをじわじわほどいて行ったらミッドの上限周波数が伸びてフラットな音に近くなるというのに
気が付きました。



ただほどき過ぎるとミッドと上限とツイーターの下限が重なってボーカルが薄くなってしまうので、
どうしてもほどき過ぎない様に寸止め的なセッティングになり、
「もう少しほどきたい。でもほどき過ぎたコイルはもう元には戻らない。」のもどかしい
寸止めセッティングで、ある日「あっ!失敗したら代わりにホームオーディオ用のコイルを
入れればいいんだ!」とアイデアが浮かびました。



しかしホームオーディオ用のコイルはカーオーディオ用よりも大きくて中に入らず、
それでボッスの外に出して簡単に交換出来る様にすればいいんだ!と気が付いて、
更にコンデンサも大きくて質の高い物に換えればもっと音が良くなるしと、
今のブラックボックスと後付けコイルのピュアコンの形になりました。



ちなみに現在のピュアコンとコイルの表は宇部店と福岡店でこれだけあり、
青で囲ってあるのがコイルの在庫表で、左側はブラックボックスとそれ以外のオプションの在庫表で、
ピュアコン発売から29年でここまで種類が増えて来ました。



コイルの表にはマイクロヘンリーで数字が記入してあって、一番小さなコイルが1マイクロHで、
一番巻きが大きいのが1100マイクロHです。



1マイクロはミッドの上があまり伸びないスピーカーを、ドアの下の方の位置でインナーで取り付けた時に
使います。



1100マイクロは現行のベンツのCクラスで、ヌケの良いスコーカーを取り付けた時用の値です。



ちなみに1マイクロの次は1・5マイクロで、当初は1の次が2だったのが、
1で耳に入る中音が濃くて、2では逆に薄く感じる車があったので、間の1・5を後から設定しました。



普通ベーシックパッケージは1マイクロ刻みで、ごくまれに0・5刻みでないと本来の音色に鳴らない時は
間の値を作ります。



こちらはある車種で45マイクロで濃く聴こえて、46では薄く聴こえたので、45・5という値を、
その1車種用に作りました。



現在は表で見ても、棚を実際に見ても土日に使って空いている値があるので、
これから週末にかけて作って行きます。



こちらの赤いコイルはこれから女性社員が6本のインシュロックの下にヤスリをかけて、
全て高さを均等にしてからベークライト板に貼り付けます。



全くぐらつきが無い様に平行を保って、6か所からコイルに起こった微弱振動をべーク板に逃がして、
透き通った音が鳴る様にします。



ブラックボックスも足りない数字が出て来ているので製作して、JU60用は最初の数字が4桁で、
ベーシックパッケージ用は3桁の数字で表記されていますが、176ではツイーターのレンジが足らなくて、
177ではレンジが広く感じる車種があったので、その車種用で4桁のベーシック用のブラックボックスを
製作しました。



この差はこれまで何人ものボーカリストに会って生の声を知っているからの数字選びで、
この人の声がこう聞こえて、この人の声がこう聞こえるからこのセッティングが正しいという合わせ方です。



ちなみに『A LC』と記されているのは、Aは入出力の24金メッキギボシがAクラスの物を
使用しているのと、LCは中に入っているコイルが内径の大きいラージコイルを使用しているという意味です。



輸入車のクリーンディーゼル車の燃料制御ユニットから強いノイズが出ているので、
その時は内径が小さくノイズの載らないSCを使う様になるので、そのれが選別出来る様になっています。



ここまで細分化しないといけなくなったのはここ2・3年で、近年車のオーディオや制御などの仕様が
細かくなって、それに追従するために、たった数年で1・5倍ものコイルやユニットの値を違う物を
用意しないと、本来の音楽に近い音が再現出来なくなって来ています。



2000年代前半は、モデルチェンジでも前の車用のパッケージがそのまま使用出来る事もあって、
現在ではグレードでパッケージの内容が変わってしまうので、その時代の車に追従するための
日々開発に励んでいます。



  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る