本文へ移動

取付ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

トヨタ・シエンタ カーオーディオの音質アップ

2020-09-05

今日ご紹介する1台は、先日の福岡店の作業から、トヨタのシエンタです。

 

 


カロッツェリアのサイバーナビを装着した状態で入庫となって、スピーカーの取り付けと、

ドア防振の作業を行いました。

 

 


まずはドアの内張を外して、つるつるの裏面に粗目を付ける加工を行います。

 

 


次にセメントコーティングの施工を行って、時間をかけて乾くのを待ちます。

 

 


乾燥を待っている間に外板裏に防振マットと防振メタルを貼り合わせる作業を行って、

それが終わったらサービスホールを塞ぐ防振を行い、方ドア3面のフル防振の状態にします。

 

 


純正の16センチスピーカーは取り外して、13センチのインナーバッフルを製作して、

ピュアディオブランドのZSP-LTD15を取り付けました。

 

 


このスピーカーは前に乗られていたお車から移設して取り付けました。

 

 


ダッシュには2台前のお車から移設し続けられているJBLのP560ツイーターを移設して、

裏のスタンドの角度を変えて取り付けました。

 

 


最初にベーシックパッケージとして取り付けられたツイーターが、今でも健常に動作して、

ZSP-LTD15との組み合わせではツイーターレベルを下げて合わせるぐらいのスペックがあります。

 

 

 

グローブボックス下に取り付けているピュアコンは基本的に前の乗られていたお車からの

移設の8ピース構成の物で、シエンタはドアスピーカーの位置が低いので、ZSPの上限周波数を

決めるコイルの巻き数を減らして、上限を伸ばした状態でマッチングを取りました。

 

 


全ての組み立てが終わったらサイバーナビの音調整を行います。

 

 


まずはタイムアライメントは全てゼロにして、全てのスピーカーから同じタイミングで音が鳴る様にします。

 

 

 

次に31バンドの0・5デジベルステップのイコライザーを微調整して音を整えます。

 

 


インナー取付のシンプルなシステムですが、ZSP-LTD15とフル防振の施工で、

スタジオ的な的を得た音色で音楽を奏でています。

 

 

 

新型フィット ベーシックパッケージ開発

2020-09-04

新型のフィットが発売されてから、まだベーシックパッケージの開発が出来ていなかったので、

現在の宇部店のピットで開発を行いました。

 

 


本体はギャザーズの大画面のモデルを使用して・・

 

 

ツイーターはおなじみのピュアディオブランドのATX-25をスタンドを使って取り付けました。

 

 


ピュアコンは4ピース構成の先代のフィット用を一度取り付けて鳴らしてみて、

値の変更を行ってマッチングを取って行き、新型モデルでは6ピース構成を使わないと

イコライザーに頼っても理想的な音が出ないと判断しました。

 

 


またベーシック防振のデーター取りも行って、指で軽くドアをはじいて、

響きの中心と周波数を特定して、どの場所にどの材質を貼るかをマーキングしました。

 

 

 

そして実際に貼り付けて、余分な響きが無くなったのを確認します。

 

 

 

内張り裏には吸音フェルトが貼ってあり、何もしないとロードノイズが進入しやすい内張りなのでしょう。

 

 

 

今回は施工していませんが、是非セメントコーティングをお勧めしたいですね。

 

 

 

最初純正ドアスピーカーで音を聴いてマッチングを取って、

後からインナーバッフルを製作してJBLのクラブ602CTPのミッドに交換しました。

 

 


こちらではベーシックとはまた別な値が必要で、こちらでマッチングを出して納車の準備となります。

 

 


ギャザーズの大画面ナビオーディオは車速連動音量を使うと音が明るく荒く聴こえて、

ミドルからローにするとやや改善されて、理想的にはオフで音を聴くのが

一番滑らかなサウンドで音楽を聴く事が出来ます。

 

 

 

かなり急ぎ足ではありましたが、新型フィットのベーシックのWパッケージの開発のご報告でした。

 

 

 

トヨタ・エスクァイア スピーカーの音質アップ

2020-09-03

今日ご紹介する1台は、昨日の宇部店の作業から、トヨタのエスクァイアです。

 

 


トヨタ純正の大画面ナビオーディオを装着した状態で入庫となって、

ベーシックパッケージの取付と、前後のベーシック防振のトリプルパッケージの作業を行いました。

 

 


まずは純正ナビを取り外して、裏にピュアディオブランドのPSTケーブルを繋いで、

グローブボックス下まで送ります。

 

 


グローブボックス下にはMDF板を敷いて、その上にエスクァイア用のピュアコンを取り付けます。

 

 


ツイーターはアップグレードのATX-30Jを使用しているので、

手順書に書いてあるATX-25の値のピュアコンを取り付けて、

レンジの広い分ほど後で値を変えて対応しています。

 

 


ドアの作業は内張と防水シートを一度外して、何も貼ってない外板裏に防振マットと防振メタルを

貼り合わせるベーシック防振の施工を行います。

 

 


今回はフロントだけでなく、リアのスライドドアににもベーシック防振を加えています。

 

 


全ての組み立てが終わって音が鳴る様になったら音調整を行って、

全てのスピーカーに100センチのディレイがかかっているのを全てゼロにしてから

イコライザー調整に入りました。

 

 


ドアスピーカーはかなり下の方に付いているので、

ピュアコンの上限周波数を決めるコイルの巻き数は少なめにして、

中高音を伸ばして、ATX-30Jの中音域に近い方にレンジが伸びているのも相まって、

かなり濃い中高音を再生させています。

 

 


今回のエスクァイアのナビは0・5デジベルステップのイコライザーで、

純正にしては細かい音の調整が出来て、中高域はそのままフラットでも問題なく使えて、

低い周波数がやや出気味だったので抑えて、調整を終了しました。

 

 

 

前後のベーシック防振とツイーターのアップグレードもあったので、

ベーシックとしては贅沢な仕様で、お客様は「物凄く音が変わった!」と、喜んでおられました。</p>

 


 

JBLのスピーカーが大量入荷

2020-09-02

JBLのカー用スピーカーが輸入元から宇部店に大量入荷して来ました。

 

 


段ボール1箱に4セットづつ入っています。

 

 


段ボールが12箱で48セットで、プラス2セットで合計50セットです。

 

 


「50セット入荷したので何セット必要ですか?」と聞かれたので、「全数下さい!」と答えて、

今回輸入分の全数を確保しました。

 

 

 

ピュアディオでは売れたら仕入れる方法ではなくて、

スピーカーは半年分は先に仕入れておくという方式を取っています。

 

 

 

古い話になりますが、2001年の同時多発テロの時は輸入品の仕入れが一時期止まっていて、

90年代の中東戦争の時はヨーロッパからの製品の船便の輸入が遅れたりと、

欲しい時に商品が手元に無いという事を何度も経験しているので、

出来れば確実に売れる見込みのある製品は半年分は買い入れて倉庫に置いておくという方法を取っています。

 

 


山陽小野田市の倉庫は要塞の様に周りが囲ってありますが、元々は店舗があった所で、

普通の倉庫よりは温度の上がり下がりが少ないのですが、更に夏の日差しをカットしていて、

製品を常温で保存出来る様にしてあります。

 

 

 

先日紹介した代車のノートが

2020-08-31

宇部店と福岡店を行き来している代車の白い日産ノートですが、

最近は宇部店にあって、あれこれとシステム変更して試聴を繰り返していました。

 

 

 

JBLのスタジアムGTO600Cのミッドと、ISP-160の試作品との聴き比べを行っていました。

 

 

 

買いやすい価格帯のJBLのクラブ602CTPも取り付けて試し聴きして・・

 

 

 

ツイーターを普及帯のATX-25に交換してみました。

 

 

 

ATX-25とクラブ602CTPの組み合わせがコストパフォーマンスが高いので、

その状態で組み上げて代車で使っていたのですが・・

 

 

 

ノートを代車で借りられたお客様から「これを販売してもらえませんか?」という話が出て来て、

そのまま販売する事になりました。

 

 

 

代車やデモカーは希望者があれば販売しますが、既存ユーザーの方でご自身が使われるか、

ご家族が使われるかの条件で売却しています。

 

 

 

ノートは他に2台所有しているので、渡りに船で直ぐに商談成立となりました。

 

 


2台あると言えば当社のデモカーのレヴォーグ1・6GTとWRX・S42・0GTですが、

この2台はセダンかワゴンの違いでインパネやドアは全く同じ構造です。

 

 

 

こちらは2台のうちのどちらかを売却して、新型のレヴォーグを購入する資金に充てたいと思っています。

 

 


自動車雑誌では新型レヴォーグのアイサイトXが凄すぎると書いてありますが、アイサイトXを選ぶと

オーディオレスが選べなくなるので、そこはどちらにするかかなり悩んでいるところです。

 

 

 

レヴォーグとWRX・S4はどちらもフルシステムが付いているので、

今現在フルシステムをお持ちのお客様で、部分的にユニットを入れ替えた状態で

購入して頂くというのを条件にしております。
 

 


これまでのデモカーの売却で1番人気はアウトランダーPHEVで、

2台新車を購入しながら既に2台とも売却という状態で、もうモデル末期なので

次が出るまでは買う予定はありません。
 

 


ただ井川ブログを読まれて新車を購入された方も多く、

車的には新しいシステムなので本当に良いかどうか実際の所が分からないと

手が出せないというところもあるでしょう。

 

 


電気で動く車というとノートeパワーを色違いで2台持っていますが、

こちらは今のところ売却する予定はありません。

 

 

 

  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る