本文へ移動

取付ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ダイハツ・ムーヴ スピーカーの音質アップ

2022-04-24
今日ご紹介する1台は、昨日の宇部店の作業から、ダイハツのムーヴです。



ダイハツ純正のナビオーディオを装着した状態で入庫となって、
ベーシックパッケージの取付と、ベーシック防振の施工の、Wパッケージの作業を行いました。



最近は防振材が全く貼ってない車種があり、外板裏は潰れる事によって車内の人を守る構造になっているので、
外板裏のベーシック防振はかなり効果的です。



ベーシックなのでドアの16センチスピーカーはそのまま使用して、
よく純正はマグネットが小さいと言われますが、実は小さい割に磁力はかなり強いので、
見た目以上の鳴り方がします。



またトレードインスピーカーでマグネットが大きく見えても、
実はプラスチックの張りぼてのカバーだった物もあるので、単純に見た目では判断出来ません。



ベーシック防振の施工が終わって、スピーカーを元に戻して、内張を組み付けたらドアの作業は完了です。



続いてダッシュのツイーターの作業は、ピラーの上の方の純正のツイーター位置は使わずに・・



ダッシュの両端にピュアディオブランドのATX-25ツイーターを取り付けます。



適切な仰角・振り角と、ガラスの反射も無くて、Aピラーの鉄の影響で磁力線も曲がらない、
理想的な位置がここです。



グローブボックス下には比重の高いMDF板を敷いて、その上に4ピース構成のピュアコンを取り付けます。



白いボビンにピンクのラベルの、井川が一から手作業で巻き上げているコイルは音が良いと評判です。



コイルの性能に加えて、ブラックボックス内のコンデンサはかなりペアリングの精度を上げていて、
ペアリングの精度が高くてもハンダ付けの時の熱が加わると誤差が出てしまうので、
2年ぐらいまえからかなりの放熱クリップの数で、
せっかく合わせた左右の誤差の無い状態が維持出来る様に工夫しています。



この年式のムーヴ様にピュアコンのブラックボックスとコイルの数字を合わせて、
最後に純正ナビの5バンドのイコライザーを調整してから納車の準備に入ります。



ベーシックのWパッケージは値段の割に正確な音色が評判で、クラッシック音楽のファンの方は
「車の中でクラッシック音楽がきちんと聴けるというのは諦めていたのに。」と、
純正の音でもトレードインスピーカーの音でもない、正確な音に喜んで頂いています。



デリカⅮ5 カーオーディオの音質アップ その3

2022-04-23
今日ご紹介する1台は、現在の福岡店の作業から、三菱のデリカD5の続きです。



ドアの純正16センチスピーカーを取り外して、インナーバッフルを製作して、
その上半分に金属シートでレインガードを作って、マグネットや端子が濡れない様にしています。



そこへ13センチサイズのピュアディオブランドのZSP-LTD15を取り付けます。



13センチにサイズを絞った事と、コストがかかったケブラーコーンを使用する事で、
濃くて正確な中音域を再生する事が出来ます。



フロントの内張を取り付けると、グリルの奥に黄色いケブラーコーンが見えます。



ダッシュの上にはワンオフでワイドスタンドを形成して、水曜日に宇部店で植毛塗装を行って、
JU60ツイーターを取り付けました。



車輛にはっているスピーカーケーブルはピュアディオブランドの最高級ケーブル・PMBを使用して、
低ロスで正確に音を送っています。



システムは以前乗られていたお車から移設して来ていて、
フロントスピーカーと25センチウーファーを鳴らすナカミチのPA-2004のPバージョンと・・



ピュアディオで中身をチューンしたチャンネルディバイダーを取り付けました。



ウーハーはピュアディオブランドのZSPのシルバーバージョンで・・



上に頑丈なグリルを付けて、荷物が当たっても大丈夫です。



ここから先は細かい組み立てと音出し調整となり、その4でデリカD5のブログは完結すると思われます。


 

レクサスLS カーオーディオの音質アップ

2022-04-22
今日ご紹介する1台は、水曜日と木曜日の宇部店の作業から、当社のデモカーのレクサスのLSです。



レクサス純正のナビオーディオを活かして、
一度JU60を使ったプレミアムベーシックパッケージの状態で改正させていました。



純正の中高音を鳴らすコアキシャルスピーカーが少し内側に入っているためにステレオ感が乏しくて、
両サイドに高性能なJU60ツイーターを取り付ける事で音の広がりと輪郭が大きく変わりました。



またセンタースピーカーのレベルが高く、ほとんどモノラル音が目の前から聴こえる状態を、
JU60のステレオ効果でセンターの音は絞った方がバランスが良くなり、
アッテネーター回路を入れてフロント7スピーカーのトータルのバランスを取りました。



これで一度は完成していたのですが、プレミアムベーシックとしては出来が良いものの、
その直前まで乗っていたBMW7シリーズは、ドアのスピーカー交換してあって、
パワーアンプとイコライザーが入っていて、どうしてもそれと比べてしまうと物足りなく感じてしまいます。



そこで水曜日に3人がかりで、木曜日は2人がかりで一気に作業を進めて、
7シリーズの時と同じレベルまでのシステムまで組み上げました。



まあ組み上げたと言っても仮設で4CHのパワーアンプと、
ピュアディオチューンのデジタルプロセッサーと、
今回はフロントの低音と中高音をミックスするコンバーターを入れて、
それも一度バラバラにしてハンダ付けをやり直せる所は全てやり直して、
更にコンデンサも換えれる所は全て換えてのスペシャルバージョンで、フルレンジの信号を作り出しました。



ドアのスピーカーは18センチウーファーから
ピュアディオブランドのZSP-LTD15に換えて下限100ヘルツまでの中音域を鳴らして、
純正のコアキシャルは鳴らなくしてJU60とでフロント2WAYでピュアコンを通して駆動しています。



100ヘルツ以下はリアトレイの純正ウーファーで鳴らしていて、
ピュアディオチューンのデジタルプロセッサー経由でチャンネルディバイダーとイコライザーが
かかっています。



リアドアの純正スピーカーは鳴らさなくていいかなと思ったのですが、
ここが鳴っていないとバランスが悪いので、少しレベルを下げて鳴らして、
センタースピーカーがアッテネータ回路経由でナカミチアンプで5スピーカー鳴らして、
純正アンプで3スピーカー鳴らす8スピーカーの超プレミアムサウンド車に変わりました。



車自体の調整機能は3トーンをフラットにして、
サラウンドオフでALSを使うか使わないか何度も入り切りを行って・・



最終的には31バンドのイコライザーで音を調整して、
ノーマルのレクサスLSでは絶対に表現出来ない音を再生させています。



後はピュアコンを専用設計の物を作って細かく音を追い込んで、
トランク周りを綺麗に造作したら出来上がりです。



このクラスの輸入車は全てディスプレイオーディオでCDもDVDも再生出来なくなっていますが、
レクサスLSの魅力はブルーレイディスクも再生出来る所で、
市販のディスク以外の自宅で作ったブルーレイも再生出来て、
それがエアサス付きのラージセダンで可能になって、まさに夢のカーオーディオシステムとなっています。



新・お客様の質問にお答えして 第20話

2022-04-21
新・お客様の質問にお答えしてのシリーズも、遂に20話となりました。



旧シリーズが確か18話で止まってから1年以上経ってからのスタートだったのと、
その間に新しい読者の方が増えたのと、更にここ数年で車の純正オーディオが大きく変わって来て、
そのシェアも急激に増えているので、新しく仕切り直しています。



20回という節目という事もあって、昔話的な20年前によく有ったお客様からのご質問というか
要望をいくつかピックアップしてみます。



20年前はまだカーオーディオは全盛期を少し過ぎた頃で、
全盛期は1990年から1996年ぐらいがピークで、2002年はやや下降気味で、
2001年にピュアディオブランド及びピュアディオ商品がスタートしたばかりでした。



当時はまだ自分はブログというものを始めていなくて、数か月に1度ユーザーの方を集めた
『ユーザーミーティング』という事を行って、その会場でお客様からのご意見を聞くという催しでした。



その中で最も多かったのが、
「サウンドピュアディオの製品が音が良いのなら、カーオーディオのコンテストに出して優勝して欲しい。」
というご要望がかなりありました。



それに対して自分は
「コンテストに勝とうと思えば通常の音造りではなくて、もっと勢いを付けたり作り込みに時間をかけて、
当社では使わないタイムアライメントを使わないと無理なので出来ません。」とお答えしたところ、
「日頃の音造りとは違っても、コンテストに勝てる車を一時期でも合わせて作って欲しい。」
というご要望もありました。



しかし、「日々のお客様の音造りで精一杯で、わざわざ違う音を作る時間がありません。」
と自分はお断りしていました。



これと似た様な質問で、「ZSPはカーオーディオの専門誌で全く評価されていないので、
是非評論家の先生に褒めてもらう様にして欲しい。」というご意見もありました。



それに対するお答えは、「他の評価されているスピーカーの様にするには、
雑誌対策や評論家の先生のご機嫌取りなどかなりの費用がかかって、
それを使った場合ZSPの価格は倍ぐらいになりますが、それでも買って頂けますか?
それとも知る人ぞ知る製品として今の価格とどちらがいいですか?」とお答えしたところ、
全員が今の価格がいいという話になりました。



実際に同じ製造工場で作っている同じ様なフレームやマグネットなどの構造の物では
倍ぐらいの値付けだったので(音のチューニングは違うが)、かなりお買い得感はあったと思います。



前の話に戻って、コンテストの話では、
「将来的に純正オーディオが変えられない車や、インピーダンスが特殊なプレミアムサウンド車が
増えた場合に対応出来る様に、インピーダンス変換技術を磨いて10年後・20年後に備えると、
わざわざやり方の違うデモカーを作って賞をもらう時間が無駄になります。」と、
数カ所のユーザーミーティングの会場で同じ回答をしていました。



あれから20年が経ってどうでしょうか?



インピーダンスが特殊なプレミアムサウンド車がどんどん増えて、その対応に毎週追われていて、
タイムアライメントを使ったコンテストに勝つための時間を使わなくて良かったという事は、
当時のミーティングに参加された方も今は、「そういう事だったのか。」と、納得して頂いているはずです。



ただ2002年当時はお客様に納得して頂ける強い根拠も無かったのも事実で、
2006年から三味線奏者の上妻宏光さんとのお付き合いが始まって、
2007年からはDEENのボーカル・池森秀一さんとのお付き合いが始まって、
後のそのお二人からどんどん演奏者やボーカリストの方のお付き合いが増えて来て、
今の『生音・生声』と言っている根源になる体験で音造りが大きく進歩しました。



20年前に比べたら技術力が上がっているから、1台あたりにかかる調整時間というのは
短くなりそうなものですが、車側の大きな変化によって、
20年前にでは考えられない様な時間がかかっていて、
ユーザーミーティングではお客様のご要望にはお答えしていませんでしたが、
選択としては正しかったと今実感しています。



デリカⅮ5 カーオーディオの音質アップ その2

2022-04-20
今日ご紹介する1台は、福岡店に長期にお預かりしているお車のデリカⅮ5です。



福岡店は火曜・水曜の週休2日ですが、火曜日に福岡店にお預かりの車両がある場合は、
休みでも自分は必ず福岡店に移動して作業を確認する様にしています。



社員だと休みの日に仕事をしてはいけないのですが、経営者は働き方改革の対象外なので出て来ても
全く問題はありません。



作業は外板裏のベーシック防振の貼り位置の確認で、指ではじきながら音の響きの周波数と中心を見つけて、
防振マットと防振メタルを貼り合わせます。



防振メタルはカーン!という高い響きの中心に貼って、
防振マットは低音か中音よりの低音かで貼る材質を変えています。



工場装着の防振材と合わせてトータルでドアの響きを静めます。



あまり沢山の防振材を貼っていないのは、貼り過ぎるとスピーカーの音が詰まってしまって、
音楽的につまらない音になってしまうので、必要以上の量は貼らない様にしています。



リアのスライドドアはかなり構造が入り組んでいて、フロント以上に細かなノウハウが必要になります。



日曜の夕方の時点ではツルツルの内張裏に粗目を付けてセメントコーティングが剥がれない様に
下地を作っていたところから・・



月曜日に塗り込んで、昨日はもう乾燥していました。




フロントドア2枚に・・



リアのスライドドア2枚に・・



ハッチ裏1枚と・・



左右のAピラーの内張裏にもセメントコーティングの施工を行いました。



デリカⅮ5のお客様はもう5台ぐらいお付き合い頂いていて、
長く落ち気合のあるお客様ほど防振の効果を実感しておられて、広い範囲の防振作業を希望されます。



フロントドアはZSP-LTD15を取り付けるので、サービスホールに金属シートを貼る防振を行っていて、
方ドア3層のフル防振にしてあります。



インパネ周りはまだバラバラの状態で、これより後の作業はその3でお届け致します。



  • 株式会社オーディオボックス
〒759-0204
山口県宇部市妻崎開作484-1
TEL.0836-45-0712
FAX.0836-44-9191
TOPへ戻る